SNEAKS in 森道市場2017

 
森、道、市場の「空間」は、“空” 気感と“ 間” 合いを意味します。
その土地が持つ魅力や時代の変化といった五感で感じることのできる空気感、
人と人、人と自然、人と食、人と作品、人と音楽など、
それぞれの関係性(間)に気持ちの良い距離感や心の変化が生まれてくることを大切にしています。
 
こうした「空間」をバランスよく調和したイベントが「森、道、市場」です。
この世界には、私たちがまだ知らない、そして気づいていない素晴らしいアイディアが存在しています。
 
「森、道、市場」は、そうしたアイディアをニュートラルな立ち位置で、次世代を担う人たちに向けて、
多様な選択肢の一つとして継承していきます。
 
どこにでもあるようだけれども、その場所にしかない地域の個性や魅力の再発見、再認識のきっかけになれば幸いです。
私たちが忘れてしまった大切なものを探しに森、道、市場を通して感じて頂き、
みなさまの日常をよりよいものにしてもらいたいと願っています。 
                           森道市場ホームページより抜粋
 
 
僕が森、道、市場に初めて参加したのは、5年前のこと。 当時はまだ、移動販売をしていたsunday spice島田さんのお手伝いでカレー屋をやった。 当時は三ヶ根山の麓で開催していた、まさに文字通りの”森”道市場だった。 当時から感度の高いお客さんや出店者さんの中でもすごく話題になっていたし、現場はとても刺激的な場所だった。
 
個性あふれるお店が軒を連ね、参加する側も出店側もどんどん新しいことへの探究心が高まっていた。
 

 
そのエネルギーは年々増していき、ラグーナ蒲郡という海辺の大きな会場へと場所を移し、今や東海地方を代表する良質なイベントとなったのだ。
 
アーリーバーズとしての出店も一昨年と去年と今年の3回。
 
1年目、盟友KAKUOZAN LARDERと何か面白いことをやろうよとタッグを組んでやってきた。 僕たちだからこそできることって何だろうって思い挑戦した。 この年は正直に言うと不完全燃焼だった。 周りの出店者の面白いアイデアやアクションに埋もれて僕たちのアイデンティティを十分に表現できることができなかったことは、今の自分たちにとって本当に勉強になったと思っている。
 
2年目、その反省や悔しさをバネに全力で表現したいと思った。
店名も「SNEAKS by kakuozan larder & earlybirds breakfast」とし、僕らの本気の遊びの覚悟を決めた。 とにかくがむしゃらにやりきった。 小屋を設計から設営までやってくれた安井さんもその僕らの覚悟をしっかり正面から受け止めてくれ、とんでもなくかっこいいお店を作ってくれた。 そこに僕らの思うアメリカのテキ屋をぶち込んだ。
 
 
そして今年。さらにアップグレードして臨んだ。

「お店」というものは本当に面白い。 何もない場所にテーブルを置いて、そこでモノを置き、ヒトが立てば、たちまちそれは「お店」になる。
そこにヒトが集まり、出会い、そしてまた新たな繋がりが生まれる。 そんな些細な奇跡の連鎖を日々お店に立つことで感じている。 この森道市場でもその連続がたった3日間の間に何度もあったはずだ。
 
 
大きな要塞の中に15人もの仲間を集め、各自の担当が責任を持って仕事をこなしていく。 決して笑顔だけの現場ではなく、一瞬一瞬が緊張感のある現場だった。 みんなそれぞれの歯車の噛み合わせを調整しながら、たくさんのお客さんに「美味しい食事」を提供した。 それでも時折ある、ハプニングやエピソードに心がほぐれ笑顔になる瞬間がたまらなく楽しい。
 
 
ラーダーの丹羽さんと何度も何度も打ち合わせを重ねた。 当日までの準備や仕込み、スケジュール調整、スタッフの確保、車の配車、食材の調達、安井さんとの小屋の計画。。。 あげればきりのないほどにある。  もう本当にたくさん。笑
 
なぜ僕らがここまでしてこんなことをしたいのか? なんてことを考えたりしても、なんだかいい答えは見当たらず、当てはまるならただ「楽しい」っていうことだけなのかもしれない。
 

 
そして僕らのアクションにしっかりと反応してくれるたくさんのお客さんが当日たくさんいてくれたことは本当にありがたいことだった。
 
細かい準備を入れたらすでに今年の頭からスタートし、一ヶ月前には本格的準備を始め、設営から片付けの5日間は本当に怒涛の日々。
みんなに言うとなんでそうまでしてと、苦笑されるし、僕自身もそう思うんだけど。 終わってみるとやっぱり楽しかったということだけが頭をよぎる。
 
だからまたやりたくなるんだと思う。
 

 
もう来年の構想なんかを考えたりしてるし、小林幸子状態というのが正しいのかわかんないけど、周りの期待はすでに高まっている。笑  
またみんなが笑顔になっちゃうようなことをしでかしたいとは思っている。
 
また来年、森道市場という現場だけにしか現れない「SNEAKS by kakuozan larder & earlybirds breakfast」をよろしくお願いします。
 

 
キャスト
・鉄板役A:NIWA
・鉄板役B:KEITA  
・鉄板役C:GISHI・MIYUKI・KINU
・レジガールA:NISHIPAN
・レジガールB:NAOKA・OHAGI
・肉の番人:SHINYA
・盛付のプロA:REIKO
・盛付のプロB:KENCHAN
・盛付のプロC:RINCHAN・CHIAKI
・バンズ焼:TEKEJI
・パイナップルボーイ:MASATO
・ビールボーイ:NISHI-P
・サワーガール:ASUMI
・工場長:YASUI
 
あの状況をしっかり支え、やりきってくれたスタッフ、たくさんのサポートしてくださった周辺の関係者様、そして何よりあの現場で長い時間並んで頂き、ハンバーガーを食べて頂いたたくさんのお客様に感謝しております。
 
 
そして森、道、市場が明けた次の月曜日、僕らはアーリーバーズをいつもと同じようにオープンし営業しました。 たくさんのヒトが平日に来てくれることに感謝し、フラフラになりながらもやれたこともまた一つの勉強です。 好きでやれている仕事に感謝しながら、今日もまた朝7時よりオープンしております。
 

PHOTO by 2komatmokayasu

EarlyBirds joint City(s) & Park(s)

-EarlyBirds joint City(s) & Park(s)-

 

4/29水-5/6水のゴールデンウィーク期間中
名古屋パルコ東館西口横に
我らアリバの盟友KAKUOZAN LARDERの二店舗目

 

=================
CITY(S)&PARK(S)
KIOSK BY
KAKUOZAN LARDER
=================
が期間限定でオープンしています。
 

オーナーの丹羽君いわく、

欧米をはじめとした海外の街には

人々が行きかう交差点に、

親子連れが憩う公園の入口に、

ビジネスマンが足早に駆け上がる地下鉄の出入口に、

店名もない小さな新聞屋またはよろず屋、

オシャレに言えばニューススタンド、

またはキオスクと呼ばれるお店があります。

 

そんな街の風景と人々の生活に溶け込むお店こそが、ガイドブックには載らない一番の「海外の風景」なのかもしれないと。

スクリーンショット 2015-05-02 12.25.37

今回は第1回目「パーク」編として、敷地内に芝生を敷き詰め、STORE IN FACTORYによるビンテージベンチを併設、期間中は日替わりにてCOMPASSunlike.DAISY MESSENGERCLOVERizauraアトリエみちくさLIEB BOOKS(出店順)による雑貨、ビンテージ家具、古着、自転車リペア、本屋などのガレージセールも日替わり開催されるそうです。

 

15601372942_4c071cea60_k

5/4昼頃には名古屋のバンド「ハートカクテル」のライブ演奏、
そしてEARLY BIRDS BREAKFASTのビアバイクも登場して、名古屋の中心地、栄の街を盛り上げたいと思っていますので、みなさまお誘い合わせの上、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

11193241_464060433749237_3146378117765248768_n

 

入荷情報やらバーガー情報。

IMG_4539.JPG僕たちスタッフも待ちに待ったGIROのニューモデルヘルメット“SYNTHE”。予定より随分と遅れてようやく入荷しました。
コンパクトに整ったエアロフォルム。全体的にスッキリしていて、いわゆる“キノコ型”とは決して言わせない面構えは思わず手に取り被ってみたくなります。
IMG_4540.JPGヘルメットが頭の上で若干浮くようにデザインされたインナーの作りは、確かな通気性と冷却効果をしっかり生み出してくれます。
IMG_4541.JPGサイドにはサングラス収納ポート付き。安定したフィットで大事なサングラスを固定させ、走りながら再びかけることだって容易です。
ロードレーサーも、休日のライダーでも、きっと機能をしっかり満たしてくれるヘルメット。是非店頭で一度お試しください。
GIRO 「SYNTHE」¥36,000(税別)

他にもGIROの商品でお買い得なシューズが入荷しています。IMG_4537.JPG右:GAUGE ¥29,000→¥23,000(税別)
中右:TRANS HV ¥28,000→22,500(税別)
中左:TREBLE ¥14,000→¥11,000(税別)
左:REPUBLIC ¥18,500→¥15,000(税別)

IMG_4538.JPGJACKET ¥16,500→13,000(税別)
これらは全てGIRO2014年ラインナップのもので今年から廃盤になるモデル、カラーをお値打ちに仕入れることができました。モノによってはサイズもいくつかございます。是非お早めにどうぞ。
WEBSHOPからでもご覧いただけます。

 

そういえば先日の夜お客様と自転車で“覚王山LARDER”さんへ行きました。この日の様子を軽くご紹介です。IMG_4513.JPG昨年の“大名古屋自転車風俗展示会”でもお世話になったLARDERさんはサークルズから自転車で約30分程。
なるべく裏道を通りながらののんびりライド。
信号で止まる度に誰かが口を開き笑いが起こる和やかライド…寒いしお腹は空く。でも楽しいナイトライド。IMG_4519.JPG数多くあるメニューの中、僕が頼んだのはベーコンとアボカドのチーズバーガー。
肉を感じる粗挽き牛肉100%と、バゲットラビット特注ハード系バンズを使用した食べ応えと噛み応えが最高にマッチング。お腹にずっしり来ると思いきや、一緒に頬張るサイドのポテトは油で揚げずにオーブンで焼き上げてあっさりヘルシー仕上げ。絶品でした。
写真見てたらお腹空いてきたぁ…wIMG_4527.JPGバーガー以外にも、ブリトーなどアメリカンフードが充実したメニューのLARDERさん。
週末には店内でライブをやることも多く、作家さんによる展示も行なっていたりと、人が集まるローカルなコミュニティの場所となっているようです。オーナー夫妻の優しいお人柄も、また来たいって思わせてくれることでしょう。
是非一度行ってみてください!

テレビ塔での2日間。

あっという間に一週間の幕を閉じた「大名古屋自転車風俗展示会」。街に自転車があれだけ集まったのはきっと初めてだったと思います。

22日、23日はテレビ塔下広場でCircles、EARLYBIRDSともに出店させていただきました。
通常営業と平行しながらの出店でしたが、僕は2日間ともこちらの会場に。Circlesは主にスタッフバイクと写真展示と、EARLYBIRDSはフードサーブを。IMG_4248.JPGIMG_4287.JPGIMG_4246.JPGIMG_4264.JPGIMG_4243.JPG普段中心街から少し離れた場所に構える僕たちCirclesは、今や遠く離れた県外からのお客様はとっても多く、または海外から足を運んでくださる方だっています。そういったコトへの嬉しさだったり、心が踊るような驚きというのが決して当たり前になってはいけないって、今回僕たちが住む街この「名古屋」で自分たちを表現することによって改めて気付かされました。

世界のあらゆるモノ、ヒトと繋がっていても、そもそも住んでいる街に僕たちの提案する自転車という乗り物が、どう活気のある「街作り」に繋がれるかが、とっても大切だってことを2日間を終えて強く感じました。IMG_4247.JPGIMG_4286.JPGIMG_4289.JPGIMG_4251.JPGIMG_4250.JPGEARLYBIRDSは今回“覚王山LARDER”さんとのフードコラボ出店。そして“store in factory”さんによる什器のセッティングと、ridealive2014でもお世話になった“ATELIER MITIKUSA”さんのデコレーション。もうこれは奇跡のような組み合わせだったのです。

アリバのケイタ氏が、名古屋のこの地で得た人の繋がりと、その先に作り上げたこの空間には美味しいアメリカンフードと、常にたくさんの人集り。2日間の街の活気はきっとここに集まっていました。
皆が自転車で来てくれて、美味しいご飯を食べて遊べる環境は、世の中にどれほどあるのでしょうか。
「自転車」と「食」だけでもきっと生活は豊かになれると心から思います。そして日々生活していく中で皆で美味しく楽しく食事をするって当たり前なコトさえ、改めて気付かされました。IMG_4267.JPGdaisymessengerが街の中心に必要不可欠なサイクルリペアーを行うことも「街づくり」の大きな一つです。2日間ともたくさんのお客さんが修理、メンテナンスに来られていました。
通勤通学、勤務中の移動など街では自転車を活用する人が増えています。もちろん毎日乗っていればパンクなどのトラブルは付きもの。daisymessengerが始めた出張修理サービスも、これからの自転車社会を盛り上げていこうとする未来にきっと必要な要素です。IMG_4277.JPG23日にテレビ塔をゴールに行なった「Sunday Morning Ride」には23人のも方が集まっていただきました。顔見知りの方も、初めてって方も、女性もたくさん!w
こんなふうにして自転車乗りが増えて、仲間が増えてたくさんの楽しさが溢れていく未来を皆で作っていきたいと思うのです。
Sunday Morning Rideの模様はまた後日アップさせていただきますね。Flickrはこちら。
10407906_511460035623191_3621712917262109673_n大名古屋自転車風俗展示会、関係者スタッフ皆様、
遠方からお越し頂いた業界の皆様、
自転車で駆けつけてくれたお客様の皆様、
そして主催者であるチャリ研伊達さん。
本当にありがとうございました!!