自然に身を投じる楽しさは、
自転車も山登りも同じ。

 

始まりました〜ridealive photo exhibitin at circles 3rd floor ’factory'

Tanaka Eriさん(@2komat)がシェアした投稿 –


 
いよいよ2週間後に迫ったRIDEALIVE Vol.1 三重 / “Bike To Hike & Bike”。 昨日よりサークルズ3階ではえりつぃんによる写真展も開催されております。 過去3年間、実際に参加しながら彼女が切り取った瞬間をご覧頂き、少しでもその現場の空気を吸って、願わくはライドアライブという僕らの考える生き方に興味を持って頂けたらと思います。
 
そう、コンピューター上であーだこーだ言ってもしょうがない! 僕らはやはり現場主義であって、この目で確かめないと気が済まない!ということで、木曜日にはキョーヘイちゃん、そしてジャスとともに下見ハイクを敢行するべく、竜ヶ岳を登ってきました。
 

 
心配していた天気もなんとかもって、当日のルートを確認しながらゆっくりハイク。 登り方のコツや身体の使い方など、キョーヘイちゃんにレクチャーを受けながら順調にのぼっていきます。 雨こそ降らないものの、生憎頂上付近は霞んでおり、お目当ての絶景は拝む事は出来なさそうだが、それでも前へと進む我々一行。
 
 
頂上付近はまだ少し雪も残っており、残念ながらご覧の通り視界のない中を彷徨う事に。
 

 
ここでの素晴らしい景色は当日までのお預けのようです。
 
実は、自分にとっていわゆるハイキングは初めてだった今回(自転車を担いで山を彷徨ったことなら経験あり)。 自然を相手にするのだから、きっといつ足を運んでも山はその時々で表情を変えるし、ライドアライブ当日もまた違った姿を見せてくれるのだろうと思うと楽しみでならないわけで、だから僕らはこうやって好き好んで自然に身を投じるんだなという事を考えながら山を降りてきたのです。
 
それは自分の足で山を登っていても、自転車に跨がって峠を越えるときも同じことがいえます。
 
 
だからこの日も、特に気張る事なくいつものライドと同じ考えでウェアを選びました。
 
トップス:【Search And State / サーチアンドステイト】 S3-B Base Rayer
 
ベスト:【Search And State / サーチアンドステイト】 S1-V Riding Vest
 
ボトム:【Deeper’s Wear / ディーパーズウェア】FastPass Baker
 
頂上付近は10℃くらいでしたが、この2枚のレイヤードで十分快適に過ごせました。 頂上で少し留まるならウインドブレーカーを持っておくと良いかなというところ。 登っている時に汗をかいても、メリノのベースはすぐに乾いてくれるし、下りで冷える事もなし。 何より1枚でサラッと着れてしまうサーマルスタイルのベースレイヤーなので、ライド以外にも活躍している一着です。
 
ボトムはキョーヘイちゃんとも被ったファストパスベーカーパンツ。 ライド良し、ハイク良しのマルチタレントなパンツは二人ともヘビーユースしている一本。 僕のはそろそろお尻の擦れが気になってきたのでもう一本買い足そうかと思案中。 キョーヘイちゃんは山での酷使に堪えかねて壊れてしまったボタンを修理という名のカスタムをしてまだまだ履き込んでいます。
 
 
ファストパスというだけあって、汗などの水分を素早く吸い込み乾いてくれるので、これからの時期のアクティビティに欠かせないパンツ。 一見カジュアルなチノパンルックなこのパンツに使われている生地の正体はポリエステル100%。 とても軽く、またストレス無く伸びてくれるので、ライドからハイキングやクライミングまで幅広く対応する事ができるのです。
 

ご購入はこちら

  
来たるベストシーズンに向けて、FastPass Bakerが各サイズ揃って再入荷しております。 また、不動の人気を誇るHigh Kick Jeansも揃っています。 まずは是非一度試着してみて下さい。 ジャンルを問わず、外でアクティブに遊びたいという皆様にとって必ずや気に入って頂けるパンツだと思います。
 

Life-Spec Meeting!!

 
日常生活(LIFE)において衣服に求められる機能(SPEC)を追求して生み出された日常着(WEAR) = LIFE-SPEC WEAR/ライフスペックウェアというコンセプトのもとに「あたりまえを、あたりまえにしない」という信念を持って作られているのが、ディーパーズウェアのアイテムたち。
 
Deepers Wear High Kick 
用途に応じて伸縮性・撥水性などの機能を持たせたもので、天候や地理、はたまたそれを着る人の年齢といった枠組に囚われることなく、その人それぞれの環境に順応する日常着として作られています。
 
そんなディーパーズウェアのアイテムは、自転車を一つのツールとして通勤やお買い物、休日のちょっとしたお出かけまで、生活に結びつかせて使用している僕らにとっても、とても使い易い日常着・作業着なのです。
 
今回は数あるラインナップの中でも、僕らサークルズが彼らと繋がるキッカケになったといっても過言ではない、定番のHIGH KICK JEANS/ハイキックジーンズが、過ごしやすくなってきたこの季節に合わせて入荷しました。
 
Deepers Wear High Kick

【ディーパーズウェア】 ハイキックジーンズ HK150009 ¥15,000(税抜)

このジーンズは、リーバイズ501のような定番のシルエットをベースに、膝下から裾にかけてラインを少し細めにしたシルエット。
 
何よりその一番の特徴は生地にあります。コットンがメインの生地ではありますが、ハイキックという名がつく通り、その伸縮性が他のストレッチジーンズを遥かに上回ります。自転車に乗る時はもちろん、日常生活の中で、立ったり座ったりという何気ない動作の中にストレスを感じる事なく過ごす事ができます。
 
Deepers Wear High Kick 
実際、初めてこのジーンズを履いて自転車に乗った時にはその快適さに思わず声を出してしまうほど驚きました。去年の秋から履きつづけていますが、膝が出てくるなどの型崩れが現れる気配はありません。
 
見た目や質感はまるでコットン100%のジーンズかのように、履き込み、洗濯を繰り返すととても良い表情が現れてきます。また、履き込んでいった際のちょっとした緩み、そして洗濯すると元の張り感に戻るという、ジーンズ本来の醍醐味も味わえるものとなっています。
 
そして、ストレスにならない理由として、実は腰回りの作りにもポイントがあります。
 
Deepers Wear High Kick 
後ろ側の中心にセルビッジ、耳と呼ばれるものが見えますが、実はこの部分こそ、ハイキックジーンズがその他のジーンズよりも快適なものとなる隠れたポイントとなってきます。これは見た目を考慮したものではなく、ウエスト自体に少しでも伸縮性を持たせるためのもの。
 
伸縮性のある生地と言っても、それには伸び縮みする方向があるので、それを考慮した上でのカタチとなっているのです。また、ウエストサイズは28インチから2インチ刻みですが、ウエストボタンが2個配置されているので、シルエットを崩さぬまま、1インチサイズダウンで履く事もできます。
 
Deepers Wear High Kick 
そして、これは私も実は最近まで気付いていなかったのですが、バックポケットにはディーパーズのDの形をしたタブと、意外と知らない人も多いのですが、ポケットの内側にはウェアのWという文字がチェーンステッチされており、履き込んで当たりが出てくると浮き上がるようにちょっとした遊び心も落としこんでいるところは彼ららしいですね。サークルズではワンウォッシュとブラックウォッシュの2カラー展開となります。
 
Deepers Wear High Kick 
先にもお伝えした通り、ディーパーズウェアは自転車に特化したウェアではなく、みなさんの日常生活においても必ず活躍してくれるポテンシャルを持ったウェアです。通勤や通学等、日常的に自転車を活用されている方から、アクティブに活動される方、または作業着として、とにかく多くの方々のライフスタイルにフィットしてくれることでしょう。
 
そして、そろそろ本格的に秋の装いとなってきましたが、気になるライフスペックというものを実際に体感できる機会を設けさせて頂きました!
 

 

DEEPER’S WEAR
LIFE-SPEC MEETING TOUR “1ST STEP”
Nagoya


 
日時:10月7日(金)〜10月10日(月・祝)
場所:サークルズ 2Fテーラードにて
※イベント詳細ページはこちら。

 
10月7日から10日までの4日間、サークルズにてディーパーズウェアの全ラインナップ来年の春夏の新作が勢揃いする展示販売会を開催致します。
 
(Photo By .Hyakkei / Hao Moda)
 
お馴染みライフスペック伝道師こと木村氏と、大型ルーキー大林君をお迎えして、様々なライフスペックや、ディーパーズウェアのものづくりについて解説をしながら実際にご試着いただけます。
 
 
初日の7日(金)の夜には、アーリバーズの夜の顔ヘッジホッグダイナーもライフスペック特別営業!
 
この夜限定で、居酒屋おーるゆあーずを開店します。ケイタによるお酒の進むメニューやがっつりご飯メニューをご用意してお待ちしております。同時開催で、通常展示会期間中に店頭には並ばないセカンドライフシリーズ(古着に様々なライフスペックの要素を付け加えたもリメイクウェア)の販売も行いますので、どうぞみなさまお誘い合わせのうえお越し下さい!

LIFE-SPEC WEAR

DSC_3883日常生活において衣服に求められる”機能”=”LIFE SPEC”を追求して生み出されるDEEPER’S WEARのアイテム群。それらは伸縮性、撥水性などの機能性を持たせたもので天候や地理、はたまた年齢といった枠組に囚われることなく、その人それぞれの環境に順応する日常着として作られています。

もちろんそれは、自転車を一つのツールとして、通勤やお買い物、休日のちょっとしたお出かけまで、生活に結びつかせて使用している僕らにとっても、とても使い易い日常着、作業着として使用できるものなのです。

DSC_3888

今回入荷したHIGH KICK JEANS(ハイキックジーンズ)はSWRVELEVI’S COMMUTERといった、より自転車に乗ることに特化した、股下のガゼットやロールアップした際に現れるリフレクターといったギミックは設けらえてはいませんが、その生地の特性とカジュアルウェアとしての形状はそれらを十分に補えるものとなっています。

DSC_3871DEEPER’S WEAR
HIGH KICK JEANS / ハイキックジーンズ / HK150001R
サイズ(inch) / 28, 30, 32, 34, 36
(※ウエストサイズ少し小さめなので普段よりも一つ上のサイズ選択がオススメです。)

¥15,000(税抜)

 
DSC_3892このジーンズの一番の特徴はその生地にあると言えるでしょう。コットンがメインの生地ではありますが、その伸縮性が其の他のものを遥かに上回ります。これはもう言葉で言い表すのは難しいのですが、とても気持ちが悪いのです(これは褒め言葉です)。初めてこのジーンズを履いて自転車に乗った時思わず口にしてしまった程。見た目や質感はジーンズなのですが、兎に角よく伸び、布団に入る時に履いていてもそれほどストレスにはならないです。ちなみに履き続けて3か月ほどとなりますが、膝が出てくるなどの型崩れは現れていません。
 
そしてストレスにならない理由は実は腰回りの作りにもあります。
DSC_3925後ろ側の中心にセルビッジ、耳と呼ばれるものが見えますが、ここがポイントとなってきます。これは見た目を考慮したものではなく、ウエスト自体にも、少しでも伸縮性を持たせるためのもの。伸縮性のある生地と言っても、それには伸び縮みする方向があるので、それを考慮した上での形となっているのです。

 
DSC_3869このハイキックジーンズ、通常ラインナップされているのはHK150001という昔ながらの少し太めの品番と、HK150009というそれよりも少し細めの品番となりますが、今回入荷したのはHK150001を元に膝下から裾へのラインを少し細めにしたスペシャルモデル。(そのため品番はHK150001Rとなっています。)

先にもお伝えした通り、DEEPER’S WEARのアイテムは自転車に特化しているわけではないので、そのライン自体はオーソドックスなものとなっています。しかし、僕ら自転車乗りにとってあまり裾幅にゆとりがあると、どうしてもチェーンリングへ干渉してしまいます。それ故今回のこのスペシャルモデルは僕らにとってとても嬉しいものなのです。そしてこれは少量生産の為、当店Circlesか、もしくは不定期でオープンしているALL YOURS WEEKEND SHOPでしか手に入れる事が出来ないものとなっています。

 
With BicycleちなみにこのDEEPER’S WEARの仕掛け人である木村氏自身もサイクリスト、名古屋に来た際は必ず顔を出してくれます。

 
まだまだスタートして間もないDEEPER’S WEAR。僕らもお付き合いを始めてまだ間もないですが、今後、よりDEEPな関係を築けていけそうな予感がビンビンしております。その他のアイテムも色々と入荷してきますので皆様ご期待下さいませ。