梅雨ですね。

IMG_1503
この時期の生暖かい、どんよりとした空気は外へ出かける気分を少し重たくさてしまいますが、いざ走り出し山間部が近づけば、気分は軽くなってくるものです。 少しずつ標高を重ねていけば、空気は冷たく気持ち良いものとなってきます。 峠の頂上まで着いた時には大量の水分を消費し、疲れも現れますが、それ以上の満足感も得ることができます。
 

IMG_1509
こんな日が1年の間ずっと続くとたまったものではありませんが、1年の中のほんの一部の時期だと考えると、それもまた楽しめるものになるってものです。 もちろん、雨に降られる事も多くなりますが、それもまた気持ち良く楽しいものだと思えてしまったりもするのです。 (あまりにも強いとげんなりしてしまいますけどね。逆にテンションが上がりすぎてしまう人もひょっとしたらいるかもしれませんが…)
 

だからと言ってなんの装備も無しに出かけてしまうとそれはあまり楽しいものでは無くなってしまうので、そんな時は高い耐水性を持ったベストを備えて出かける事をオススメします。
 

IMG_1501
走り方にはよりますが、サイクルジャージとレーサーパンツスタイルでしっかりと走る際、通常の長袖のレインジャケットでは体温が上昇してきた時、ジャケットの中はサウナ状態で暑くて着ていられたものじゃありません。 かといって何も着ていないと体はどんどん冷えていってしまいます。 そんな時には体の中心部分を守ってくれるベストが丁度良いです。 もちろん腕は濡れますし、時間が経つにつれて体の中心部も濡れてきてしまいますが、それぐらいが程よかったりするのです。
 

そんなこの時期に僕が頻繁に使用しているのはSerach and State / サーチ アンド ステイトS1-V Riding Vestです。
13405572_799082923527131_51256736_oSearch and State
S1-V Riding Vest

¥29,500(税抜)

 

このライディングベストは高い防水性と透湿性を備えた生地を使用したベストです。 ダブルジップを採用しているところも大きなポイントで、ベンチレーションの無いこのベストの換気を効率良くしてくれるとともに、ジャージのバックポケットへのアクセスをスムーズにしてくれます。 もちろん、このベストのみ止水ジップを使用したポケットも備えられておりそれは大変役立つのですが、雨足が強くなってくると雨が侵入してくるので、サイクルジャージのポケットに必需品を移すのをオススメします。
 

もう一つ、オススメのベストがこちらです。
13410579_799082940193796_1271629716_o7mesh
Resistant Vest

¥27,000(税抜)

Color : Ember(オレンジ), 2 Ball Blue(ブルー)
 

GoreTex®Windstopper®を採用したこのベストは、実は高い耐水性を持っています。もちろん完全防水ではありませんが、この梅雨時期や真夏の雨の日のライドには大いに活躍してくれるベストです。背面には透湿性と伸縮性を持った生地が配されているので、その箇所からは雨は侵入してきますが熱くなった体をほど良く冷やしてくれます。
 

どちらも高い耐水性を持って入るのですが、その形状は完全防水というわけではありません。でもこのくらいの時期からの雨の日のライドにはとても活躍するアイテムです。

梅雨のライドを楽しみたい方はぜひこのスタイルをお試し下さい。

いろんな自転車の楽しみ方。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、

ここ最近、毎週のようにパンプトラックに遊びに行っている友田です。

パンプトラックとは、ペダルをこがずに周回する事が出来るダートのトラックの事で、

連続するコブを、パンピングとかプッシュと呼ばれる動作で越え周回します。

パンピングのコツは、コブを越える前にハンドルを引き、コブを越える時にペダルを押して

自転車に勢いをつける、腰の動きを使った加重移動。

って、読んでも分かり辛いと思うので、やってみたい方は僕に一声かけて下さい。

難しそうですが意外とすぐ出来ます。何より楽しいです。

と言う訳で、この前の休日も行ってきました。

僕が乗るのはHunter CyclesのGopher。Rick Hunterの作るパンプトラック用バイクです。

DSC_9399

昨日はもう1台Gopherが。違う組み方の2台、乗り比べるのも楽しい。

DSC_9386

ビルダーのRick Hunter曰く、120mmストロークくらいのフォーク付けときゃ良いよ

との事ですが、パンプトラック、ダートジャンプをするならこれくらいかなと、

僕は100mmストロークのフォークをつけてます。

ちなみにGopher、サークルズに現在3台ストックありますよ。

先日パンプ初体験のEarlyBirdsケイタ氏。最初は1周するのがやっとという感じでしたが、

数周乗っただけでコツをつかみ、この通り見事なライディング。

(後半の黄色いGopherに乗ってるのがケイタ氏)

シクロクロスなどオフロードを走る上で役に立つ技術でもあるので、

レースのためのスキルアップを目的にやってみるのも良いかと。

でも、僕はただ楽しいからやってるだけなんですけどね。

皆でわいわい言いながら乗るのも楽しい。

14138621684_b8f482c931_b

ロードバイクで峠を登る、マウンテンバイクで里山トレイルを走るのともちょっと違う、

1つの自転車の楽しみ方。

僕はだいたい毎週乗ってるので、興味ある方は一緒に行きましょう!

 

 

木曜日は#holidayride。

水曜日はSimWorksの面々が何やらCompany Rideなるものを楽しんでおりましたが、
我々も木曜日になればそれぞれが#holidayrideに出掛けるのです。

雨雲レーダーと睨めっこして、降られる前にさくっと走ってくるのです。

IMG_9543

SNSを見れば他のスタッフもみんな近い所で走ってる模様。
揃いも揃って仲が良いといえば良いが、気持ち悪いといえば気持ち悪い。

すると、いつもの峠をちょっと奥へ入ったところにあるパンプトラックでもどうやらうちのスタッフが楽しんでるらしいので、ちょろっと冷やかしに行ってみた。

弊社のパンプ番長は昨日も絶好調でした。

WTB Saddles!!

昨日はアリバ店主、ジャス&タカ、CRCエガちゃんと一緒に山へ。
店主が朝早く起きて用意してくれたクラムチャウダーとサンドウィッチ、そしてコーヒーの支度をして、よっこらしょとダートを登り、山頂へと到着すればそこは絶景と最高においしいご飯のご褒美付き。昼寝したりあーでもないこーでもない談笑したりのんびりしてから、山を下って帰ってきました。

IMG_1185

以前から(最近は特に。まぁ冬はロードじゃ乗れない所もありますしね。)山遊びを楽しんでいる我々ですが、別に速く走ろうとかそんなのではなく、自然そして自分の跨がるバイクと対話しながら走るのが山サイの醍醐味かと思います。そこに集うのはフルサス、ハードテイル、リジットと様々ですが、スペックどうこうというのは置いといて、行き着くのはオールテラインバイクなのです。

そんなATB感を高めるのにピッタリなWilderness Trail Bikes略してWTB。
1982年からカリフォルニアでマウンテンバイクのパーツを製作していたWTBは、20年以上経った今でも変わらずに愛されているメーカーです。特に彼らの作るサドルは野暮ったさの中にも機能美があり、本当に長く愛せるものを作り続けています。少し前まで、Surlyの完成車にはこぞってWTBのサドルが採用されていたというのも事実。やはり、良い物は良いのです。

今回はそんなサドルのなかでも定番の物がどっさりと入荷しました!

69848047_o1WTB “Rocket V” ¥4,095

69848047_o2

数あるモデルの中でも最もオールマイティに使えるRocket V。
程よいボリューム感で、ロードからシクロクロスバイク、マウンテンバイクまでどんなバイクとも好相性です。世界チャンピオンも使用するのが納得出来るWTBのスタンダード。

69848212_o1WTB “Pure V PRO” ¥9,345

69848212_o3

こちらはRocket Vに似ている形状ですが、少し大きいシルエットでよりクッション性も高めたマウンテンバイク用のPURE V。これは一度座ると他のサドルに戻れません。故に僕は座布団サドルと呼んでいます。マウンテンバイク用ではありますが、もちろんツーリングやコミューターバイクにもオススメです。

69848297_o3WTB “Silverado Pro” color:Black,White ¥9,345

最後に紹介するのは上述の2モデルよりすっきりとした印象のSilverado。こちらはロードやシクロクロスにオススメです。スリムながら座面も十分にとられており、安定したライディングを約束します。

是非、騙されたと思ってお試しくださいませ!(僕たちスタッフのバイクに装着されている物もあるのでお試しもできます。)

WTBリコメンド

その他のWTBの製品についても人力リコメンドで紹介しておりますので、こちらも要チェックです!

ATBで行こう!

我々、基本的には木曜がお休み故に、スタッフ同士で走りに行く事が多いのですが、たまたまお休みの合ったCRCメンバーから山ライドのお誘いがあり、二つ返事でOKして行ってきました。

いくつか点在するシングルトラックを舗装路でつないでいくように50kmほど乗ったでしょうか?やはり初めて走る所はワクワクします。

揃ったバイクはフルサスからハードテイル、車輪径も26″,27.5″,29″と勢揃い。モンスタークロスやシクロクロスも出動したので本当に多種多様なバイクが揃いましたが、特に誰かが抜きん出て速い訳でもなく、誰かが遅れる訳でもなく、走り出してしまえばみんなワイワイガヤガヤ。それぞれ操るバイクは違えど、充実感と疲労感と、楽しい時間を過ごせた事はみんなに共通する事です。

雲の流れ、風の音、鳥の鳴き声や、落ち葉を踏みしめる音。身体全体で自然を感じながら、めまぐるしく変わる路面に神経を集中し、バイクと対話をするような感覚。本当に山サイは楽しいです!

「ここいけるかな?」っていうところをいかに転ばずに走れるか、そのスリルは、小さい頃に友達と「段差を自転車で降りれるか?」みたいなことで競い合った時のそれと同じですね。アリバ店主お手本のような転び方ですw

とまぁ、笑いあり感動あり(?)のライドでしたが、アテンドしてくれたCRC江上氏&福澤氏ありがとうございました!

山へ行くとなると、それに適したバイクが必要と思うかもしれませんが、もしそう思っていらっしゃるあなたがSurlyのLong Haul TruckerやDisc Truckerのようなバイクに乗っているなら、まずはそのバイクにブロックタイヤを履かせてみましょう。それでも十分に楽しめると思います。ちょうどこんな感じです。↓

DSC_1144-1024x680Surly Long Haul Trucker ※詳しくはこちらのブログを要チェック!

やっぱりライドは1つの冒険であり、忘れていたあの気持ちを取り戻すには良い機会。
時代の進歩とともに、色んなものが進化していっていますが、僕らはブレずに遊んでいこうと再確認できた今回のライドでした!

年末年始の営業案内

12/25(水):10:00〜20:00
12/26(木):定休日
12/27(金):10:00〜20:00
12/28(土):10:00〜20:00
12/29(日):12:00〜19:00(年内最終営業日)

12/30〜1/3までお休みを頂きます。

1/4(土):10:00〜20:00
1/5(日):12:00〜19:00

以降、通常通り営業致します。

Holiday “Not Fast” Ride.

先週のお休みのことです。アリバのケイタ君から告げられた集合時間は夜も明けきらぬAM6:00。なんとか布団から抜け出してアリバ前に集合しました。アリバの人達の朝は早い。。。

目指すは三重県菰野町の片岡温泉アクアイグニス。ちょうど僕も全日本が終わってのんびりとする予定だったので、みんなでひとっ風呂浴びに行ってきました。

レースシーズンとなると、トレーニングと銘打ってついつい速く速くと行ってしまいますが、やはりそこから一歩引いてのんびりと走ってみると、いつも見えてなかったものが見えたりして、何か気になる物があれば止まってその景色を楽しんだり、写真を撮ったりとできるのが自転車の良い所だったりします。

IMG_6539

途中参加という名の遅刻(?)をメイクしたタカちゃんを待っている間に多度大社を散策したり、ほんとに時間を忘れてのんびりと、3時間くらいで行けるところを倍近い時間をかけて到着しました。それだけ濃密な時間が過ごせたのだと思います。

無事到着したら、まずはお風呂で汗を流しさっぱりリフレッシュ。そしてご飯を食べ、スイーツを食べ、仮眠スペースでお昼寝という贅沢な時間を過ごしました。

そして輪行で名古屋へと帰りました。普段はほとんど自走スタイルで走りに行っていますが、普段あまり行かない所や、おいしいものを食べに行きたいなぁなんていう時には輪行袋と最小限の荷物で走りに行くのも楽しいです。何かあったときでも最寄りの駅から輪行で帰るという良い意味での諦めもつきます。今回行ったアクアイグニスも名古屋からだとちょっとありますが、「暖かい温泉」、「おいしいご飯」というご褒美が待っていると思えば、きっとペダリングも自然と力が入り、気持ちよく進みます!みなさんも是非こんなライドに行ってみてはいかがでしょうか?

冬は寒いですが、勇気を出して家を出て10分も漕ぎ続ければ身体も温まり、人間の内から出るエネルギーを実感できると思いますよ!

展示会に行ってきました。(ミズタニ自転車編)

水曜日はミズタニ自転車さんの展示会へ。
西日本のショップ向けの開催は大阪の堺で1日のみの開催だったので賑わっておりました。

まず会場に入るとドドーンとGiroブースがお出迎え。

IMG_4681

AirAttackに新色が追加です。リミテッドも含めカラバリがかなり増えました。

IMG_5350

そしてロードモデルながらAirAttackとは対照的な印象の新作ASPECT。
非常にクールです。通勤やデイリーユースでも取り入れやすく、重量もAirAttackのシールド無しの状態より少し軽い仕上がり。ロードモデルのAtomosと比べても少し軽く、週末のライドでもしっかり使えます。価格は¥25,500(税抜き)で、年末頃に入ります。お楽しみに!

IMG_0246

Empireもカラバリ増えました。どうも今年はオレンジがキテいます。

8198356035_698fa6e2f6_b

ちなみにHunter/SimWorks CX TeamのチームバイクもHunterロゴはオレンジです。

IMG_0729

マコさんからインターバイクでも目立っていたと聞いて気になっていたNinerのRLT9。
ディスククロスとしても行けますが、仕上がりはどちらかと言うとグラベルをスピーディーに走るという感じです。アルミフレーム+カーボンフォークながら、フェンダーダボも備えているちょっと面白い一台です。気になるプライスは¥126,000(税抜き)。

IMG_7711

日東さんのブースではサンプル商品でボトルケージのブラスト処理をしたものがありましたが、
その影に隠れてこっそりと置いてあったのがこちらです。隠れ人気アイテムのバーエンドにフラットバー対応のサイズが出ます。内径15.5mm〜17mmまで対応します。

これにて2014の新作展示会は一段落。色々情報持ってますので、気になる事がある方はお気軽にお尋ね下さい!

追伸

お休みの昨日は、トモヤンと僕の自転車屋組と、朝食屋のEarlybirdsケイティー、鞄屋であり塗装屋でもあるWelldoneイノッチと、仲良くさせて頂いている服屋さん兼雑貨屋さんと、お花屋さん兼紙屋さんという何とも多種多様な業種のサイクリストで一緒に山ライドへ。

頂上からの景色は格別ですね!楽しんで頂けて良かったです。ちなみに某氏が乗っているCieloが超絶クールなのでまた今度ご紹介します。お楽しみに。

Holidayride.

お休みの昨日はどこに行こうか悩んだ結果、先週も行った山へ。ただし、手法を変えました。
クロスで、アプローチも違う所から。
クロスなら家から踏んで行けるし、サドルバッグにおやつやタオルなんかを詰め込んで行ってきました。

IMG_5197

想像通り、クロスで十分登れるダートのアクセスを発見。

IMG_1866

まだまだ開拓の余地があります。こういった探査ライドにはクロスがとても強い見方になります。少しためらう距離であれば輪行袋も持って行くと安心ですね。

まぁしかし30度を越えた昨日は、山の中の木陰であろうと暑いのなんの。頂上でゆっくり休んで帰路へ。昨日一日で茹でタコのように真っ赤に日焼けしてしまいました。みなさん暑さ対策はしっかりしましょうね。