ピーターボロ リアバスケットは
フロントでも良し。

 
ジャっす!
ジャスです。
 
今回ご紹介するバイクはKONA COCO/コナ ココPeterboro Basket/ピーターボロ バスケット のリアバスケット。 本来はリアキャリアに取り付けるリアバスケットですが、実はフロントラックに取り付けても調子良いので合わせてご紹介します。
 

KONA COCO/コナ ココ ¥82,000(税抜)

 
コナのココは、サークルズが女性に自信を持っておすすめする、スカートでも乗り降りのしやすいミキストフレームに前後フルフェンダー+ディスクブレーキという、見た目のかわいさと使い勝手の良さを両立している優秀なバイク。 雨や濡れた路面でも安定した制動力を持つディスクブレーキは、握力の少ない女性でも取り扱いしやすい親切なブレーキシステム。
 
このバイクでお買い物から、ちょっと足を伸ばしてどこかへお出掛けしたりとアクティブな自転車生活を送りませんか?
 

Peterboro Basket RearBasket/ピーターボロバスケット リアバスケット
¥10,800(税抜)
 
ご購入はこちら

 
そして目が行くのはやはりピーターボロのリアバスケット。 リアバスケットと言うぐらいなので、その名の通り本来ならリアキャリアに取り付けるのですが、フロントに取り付けてもかなり調子が良いです。
 
バスケットのサイズは幅:35.5cm x 奥行:30.5cm x 高さ:30.5cmなので少し大きめの天板のフロントキャリアならほぼ取付け可能です。
 
 
本来キャリアへの取付けには、バスケット底板とキャリアの天板をはさみ込むパーツが用意されているのですが、キャリアの天板との相性が合わなければ結束バンドなどで取り付けても良いです。
 
 
ココのようなコミューターバイクはもちろん、クルーザーなんかにもマッチしそうです。 先日は婦人車にも取付けさせていただいたりと、こんな素敵なバスケットが付いた自転車が街中にたくさん増えてほしいですね!!
 


リアバスケットではありませんが、先日のCRCライドではピーターボロのフロントバスケットを取り付けたロードバイクで参加して頂いた方も!!素敵すぎます!!
 
 
朝晩の冷え込みはまだまだ厳しいですが、日中は時よりあたたかな陽の光で春を感じる事も多くなってきました。
こんな素敵なバイクとバスケットでピクニックなんて素敵じゃないですか?
 
ピーターボロではその他にもペンシルバスケットや、ダストボックスなど日常生活でも役に立つ可愛いアイテムが揃っていますので、是非店頭でご覧下さい!
 
ピーターボロのアイテムはこちら

 

春まで待てない!!KONA WHEELHOUSEと帰ってきたサンモニライドのお知らせ!!

 
ジャスです。
 
三寒四温などと言われる季節、皆様体調は大丈夫でしょうか?
今日の名古屋は冷え込みが少し落ち着き、陽の光に暖かみを感じるようになってきました。
春の足音が聞こえたかと思えば、またその足音が遠くなる。
早く春が来てほしいと思うと同時に花粉が怖い…と思うジャスなのでした。
 
さて、春が来れば自転車に乗るには最高の季節。
今日ご紹介するバイクはまさしく春に乗りたくなるそんな1台、通勤、通学はもちろん週末にはこのバイクと一緒にどこか遠くに行きたくなる。「最速」ばかりを求めるのではなく、どこまでも走って行きたくなる軽さと、速さ、そして心地よさのバランスがミックスされた、そんなロードバイクです。
 

KONA WHEELHOUSE/コナ ホイールハウス ¥185,000(税抜)

 

コナが作り出すスチールのロードバイク ホイールハウスは最新の規格を存分に採用しながらも、とても身近に感じられる一台です。

飽きのこない落ち着いたカラーとブラックで統一された文句無しのパーツアッセンブル。
700X30Cのタイヤを装備する事ができ、オンロードはもちろんグラベルにもガンガン突っ込んで行けるポテンシャルを兼ね備えています。

 

完成車ながら、良質なスチールパイプ、Reynolds853/レイノルズ853を使い、鉄の持ち味を活かしたしなやかな乗り心地。落ち着いたハンドリングとどこまでもペダルを漕ぎ続けたくなるような伝統的なロードバイクの良さを大切にしたフレーム設計となっています。
 

 
驚きなのは、この価格帯でカーボンフロントフォークを標準装備していること。
ブレーキケーブルはフォーク内を通るインターナル使用で、ディスクブレーキはTRPのSpyreと文句無し。
しかも、これからのスタンダードになるであろう100X12mmスルーアクスルとフラットマウントブレーキ仕様でしっかりと最新のトレンドを押さえてます。
そして何より、フォークの内側にフェンダー取り付けダボがあり、フェンダーの装着も可能、至れり尽くせりの仕様となっていて、目から鱗とはまさにこの事。
 
 
リアエンドももちろんニュースタンダードの142X12mmスルーアクスルにフラットマウント。フロントフォーク同様、リアエンド、シートステーには、アイレットがあり、フェンダー、キャリアも装備可能でキャンプツーリングにももってこい。
 
 
最新のトレンドを押さえつつも、今までのスタンダードをしっかりと残し、日常から使いやすく、非日常にチャレンジできる。
コナの新しいロードバイクの形を是非あなたのものしてみて下さい!
 
そして、春を待ちきれないあなたへ!!
 
 
帰ってきました!!ジャス&タカプレゼンツのサンデーモーニングライド!!
2月26日(日曜日)開催決定!!
自転車に乗り始めたばかりで、色々と不安だなぁというあなた。 トレーニングとかレースには興味が無いけど皆で一緒に走りたいなというあなたに向けた、気軽に参加できるイージーライドです。 ママチャリでもなんでもOKなお気軽ライドをみんなで楽しみましょう!
集合時間や詳細は追って発表いたしますのでお楽しみに!!
 

始めませんか?自転車旅。

いきなりですが、僕は「視力」に絶対の自信を持っていました。
が、しかし年を重ねるごとに視力が低下し、あれよあれよと言うまに
両目で0.4と言う視力に…
なので最近、眼鏡デビューしました。
どうもJUSです。

いいですね、眼鏡。
少し賢くなった気がします。ですので、今日は少し知的に攻めようと思います。
有名な数学者、アインシュタインは言いました。

「In the middle of difficulty lies opportune」

僕の好きな言葉です。
日本語にすると「困難の中にこそチャンスがある。」という意味です。

今回ご紹介するバイクは、困難をチャンスに変えてくれる。そんなバイクだと思います。
_MG_3137KONA/SUTRA コナ/スートラ ¥167,000(税抜)
2016年モデルのスートラはフレームのジオメトリーから見直され、ロングライディングでの快適性がアップされました。
決して軽いバイクではありませんが、沢山の荷物を積み、長い距離を走る。
そんな困難に耐えうる強度を持ったこのバイク。

_MG_3144前後フェンダーはもちろん、リアラックも最初から搭載されています。
大きなパニアバックに沢山荷物を入れても踵が当たりにくい設計になっています。

_MG_3138ブレーキレバーは個人的にも好きなTRPのRRL ALLOYが標準装備。
シマのは性能はいいけどちょっとゴッツイとか、カンパは逆で握りやすいけど…とか。
そんな事はお気になさらず、とにかく握ってもらえれば分かるこのTRPのレバーの握りやすさ。小さい手の方でも握りやすい設計になっています。

_MG_3128ブレーキはディスクブレーキでどんな天候、路面でもリムブレーキに比べ制動力が落ちにくく、重い荷物を積んでいても高い制動力を保ちます。

_MG_3123シフターはバーエンドコントロールを採用。もしものワイヤートラブルの際にも交換が容易です。

_MG_3124そして、ツーリングサドルと言えばこれ!
なんと!BROOKS B17が最初から装備されています。使い込んでいけばいく程フィットしていく、まさに”キングオブレザーサドル”です。

hz21024190762_27962a3430_k-ride-alive-800x500車や電車、飛行機なんて使ってしまえば旅は楽できるのかもしれません。
そこを自転車という乗り物で、必要最低限な荷物だけ詰め込んで旅に出かけてみませんか?
旅とは日数や距離ではなく、新たな事にチャレンジしてみると言う旅。

20846324018_a9fbd72c04_o初めてのテント泊。
21034267065_712ff248c7_o初めてのアウトドアクッキング。

IMG_4430-e1442727306657近所の公園でコーヒーを淹れてみる。
どれも立派な旅であり冒険です。

アインシュタインの言葉じゃないですが
「困難な旅の中に自分を成長させてくれるチャンス」があるのではないでしょうか。
そのチャンスをこのスートラと一緒に探す旅をしませんか?

レトロテイストでも新しい!!2016 KONA HUMUHUMUのご紹介。 

JUSです。

「ちょっとそこまで自転車で。」
「街をブラブラ自転車で。」
そんな時どんな自転車に乗っていきますか?

わざわざビンディングシューズを履いて、ちょっとそこまで?
サスペンション付きのフレームにブロックタイヤを履いて街をブラブラ?

疲れちゃいますよね。

今日は街を快適に、よりスマートに走れる自転車をご紹介!!

20160207-1KONA HUMUHUMU/コナ フムフム ¥104,000(税抜)

手軽で乗り心地の良いバイクとして開発されたモデルのフムフム。
クルーザースタイルにダブルトップチューブ、ワイドなモーターサイクル風のハンドルが採用されています。
SyCip J.B.Barもベストマッチしそうですね!

20160207-4

レトロなテイストでありながらスライド式のドロップアウト、ディスクブレーキ、29インチのタイヤを備え、現代的なテイストも搭載しております。もちろん、昔も今も変わらずシングルスピードでトラブル知らずなアーバンクルーザーです。

20160207-2

フロントにWALDのバスケットを取り付けたり、リアキャリアやフェンダーを取り付ける事も可能ですよ!

20160207-5

このバイクに乗ってゆったりと、のんびりと街を走ってみてはいかがでしょうか?

いつもの景色が少し違って見えるかもしれませんね。

 

Kona Humuhumu – The Legend Returns from Kona Bikes on Vimeo.

このムービーに出てくる初期のフムフムもカッコいいですねー!

嘘か真か?C.M.B.C 信じるか信じないかはあなた次第です。

どうもJUSです。
まだ夜が明けきらない誰もいない薄暗い山中。
CRCやSUNDAY MORNING RIDEの裏で密かに、活動している僕たちCircles Mountain Bike Club(CMBC)
そんな秘密結社な僕たちCMBCを密かにご紹介。
IMG_3157.JPG今回集まったのは6名。残りの2人は顔出しNGらしいです。
秘密結社ですから。
嘘です。
全員ご紹介します。
IMG_3163.JPG先日KONA EXPLOSIFの納車翌日、僕に富士見パノラマに強制連行させられ、華々しいシェイクダウンを飾ったP氏。

IMG_3162.JPGSURLY PUGSLEY SSで登りも下りも果敢に攻めまくるシバちゃん

IMG_3164.JPGノリと勢いでSALSA ALA CARTE TI を購入して本日2度目のトレイルライドのムラッさん

IMG_3165.JPGハンドメイドフレームビルダーのShin君。もちろん「Shin」の29er XC BIKEで登場。イカすぜ…

IMG_3166.JPGそして最後はダートの申し子KAZOO君。スポンサードを受けるblkmrktのROAMにまたがったとたんチャイルドフェイスが鬼の形相に。

IMG_3179.JPG個人的にもKAZOO君とはずっと一緒に走りたかったのでそんな思いが叶った本日。
ついてくのに必死でしたがものすごく勉強になりました。

IMG_3196.PNGさすがのライン取りとテクニックを見せつけたKAZOO君。

IMG_3191.PNGそんなKAZOO君に負けじと必死に食らいつく僕。
過去最高ぐらいに、ナイスに下れた本日。

IMG_3194.PNG

IMG_3195.PNG

IMG_3168-0.JPG

IMG_3192.PNGそれぞれが自分のペースで登って下って。
早いも、遅いも関係なくてみんなで声を掛け合って助け合う。
それがとっても気持ちがよくて、またみんなとトレイルに行く。
走れる場所や環境に感謝して、遊ばせてもらっているんだって事を忘れずに。
安全に時に激しく。

IMG_3188.JPGこんな僕たちとマウンテンバイク遊びしたいって人がいたらサークルズでこっそり僕に声かけて下さい。
一緒に遊びに行きましょう!
初めての方も大歓迎!
山で楽しく遊ぶには山の厳しさを知り、マナーやルールを守る事。
そう言ったところから、まずは一緒に初めてみませんか?
IMG_3197.JPG最高のライドの後は美味しいお楽しみが待っていますよ!

東海シクロクロス atワイルドネイチャープラザ

DSC_5350今回も参戦して来ました、東海シクロクロス。
前回のコースとは打って変わり、大半が砂地ばかりの”砂地獄”。
こんなに砂の中走ったのは、小学生以来でした。
DSC_1185DSC_1246DSC_1301DSC_5336DSC_1174参加したほとんどの方は、苦しみを味わったのではないでしょうか。
だって1周でもヘトヘトになるんですもん。
でも、レース後はみんな自然と笑顔だった気がします。

そんな達成感を味わった一人でもある、SundayMorningRide常連のKさんは今回が初参戦。
DSC_1225先日のNewYearSaleでシクロクロスバイクをGETした後のレースでしたが、素晴らしい走りを見せてくれました。
ぜひまた参加しましょうね!


僕はと言えば、前回カテゴリー4から今回は背伸びしてカテゴリー3でエントリー。
あまり良い結果ではなかったので悔しいですが、とても良い経験になりました。
もちろん次回もカテゴリー3で参戦するので、よろしくお願いします。
DSC_1308
そして何と言っても今回、シクロクロスレースを見てみたいという方がいました。
DSC_1336いや〜ほんと嬉しいです。
今後も相乗り歓迎ですので、興味がある方がいましたら気軽に声かけて下さいね。

Photo by Happy,Taka
他の写真はこちらから。