Levi’s Commuter

 

dsc_6007-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcジーンズが誕生して今年で143年を迎えました。

 
そのジーンズの生みの親であるLevi’s(リーバイス)が、1873年の5月20日に馬のブランケット用に使われていたテント地とポケットをリベットで補強したパンツ(リーバイスジーンズの元祖で501品番が誕生する前のもの)で特許を取得したのは有名な話。
そして古着が好きだった僕は、やはりリーバイスのビンテージジーンズに憧れていた時代もありました。
 
dsc_6041-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcしかしあまりにも高価なもので、なかなか買えず501の66BIG”E”を好んで履いていました。(愛用している私物です。)
 
そんなリーバイスも昨今では、色々な側面から提案をしています。
いわゆるビンテージの復刻版や、ジャパンメイドのジーンズ、速乾性や通気性のある素材を使用したジーンズなどと様々。
そして2011年の秋から誕生した自転車乗りユーザーに向けてのコレクション、Levi’s Commuter(リーバイス コミューター)が2016年からさらに進化を遂げていたのをご存知だったでしょうか。
 
levis-commuter-collection-ss-2016-0 
大きく進化を遂げたのはそのデニム素材。

今まではコットンにストレッチ素材とオーソドックスなものでしたが、自転車界のジーンズの定番であるSWRVE(スワーブ)と同じくCOUDURA社とタッグを組み、今までよりも耐久性を意識したものとなっています。
そして僕が一番気に入っているところ、それはCOUDURA社のファブリックとは言えども、生地感やアーキュエイトステッチなどのリーバイスジーンズというものを損なわずにモノ作りをしているということです。

やはり、歴史のあるメーカーにしかないこだわりがそこにはしっかりとあるのです。(もちろんスワーブにはスワーブの良さがあるので、それについては後日改めてご紹介させて頂きますね。)
 
dsc_5992-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_5994-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 
耐久性が増したデニム素材には、撥水性と防汚性のあるPHOBOTEX加工を施しています。 その加工は素材を固くせず自然なライディングが出来る機能的なものとなっています。
そしてベルトループの部分にはU字ロックをホールドすることができ、裾をまくるとセルビッチ(サイドシーム)には3M社のリフレクターを搭載して夜間での視認性を高めているのです。
 
モデルとしては2つあり、好みや体格に合わせて選んで頂けます。
 
[511]いわゆるスリムフィット。 定番で最も人気のあるシルエットです。
[541]ゆったりとしたアスレチックフィット。 太ももがっちりとしたアスリート向けに作られたシルエットです。

 
自転車向けにデザインされたジーンズはまだ多くはありませんが、そのブランドそれぞれが考えるコンセプトがハッキリとしていて、どれを選んでも間違いのない自信を持ってオススメできるアイテムとなっています。しかし、好みは人それぞれですので、実際に試着したり素材に触れたりとぜひ試し頂ければなと思います。

そして僕らがSURLYやALL-CITYやSALSAなどを扱っているのと同じように、普段身につけるものも出来る限り長く使い切っていきたいものですね。
 

Levi’s Commuter

 
デニムといえばLevi’s、きっと世界各国共通の定番ブランド。
 
DSC_27422015年秋口よりCirclesでも、そんなLevi’sがサイクリストのために打ち出しているLevi’s Commuterの取り扱いがスタート。たった数ヶ月でCirclesが長年取り扱いを続けているSwrveと双璧をなす定番アイテムへと駆け上がってまいりました。
 

DSC_2731
それはやはり、長年培ってきたデニムメーカーとしての経験と感性が詰め込まれたアイテムだからこそ。そして自転車に乗ってペダルを漕ぐ時いかに快適かを追求した機能、伸縮性と耐久性に優れた生地の使用、前傾姿勢をとった時の背中が出ないように高めに取られた後部の腰の位置、ロールアップしたら現れるリフレクター、U字ロックを携帯するループなどなどのギミックでサイクリストにとって定番の1本となったのでしょう。
 

そんなLevi’s Commuter、僕自信は511という品番を履いており、その股上の深さや腰まわりのフィット感、そして裾口までのラインの美しさがバランス感が良く、とても気に入っております。

DSC_2697Levi’s CommuterCommuter 511 Slim / ¥10,000(税抜)
 

DSC_2702バックポケットの大きさと位置も絶妙です。使い易い大きさはもちろん、ヒップのシルエットがキレイにそして足も長く見えるのです。リーバイスの象徴のひとつでもあるアーキュステッチも印象的です。
 

 

そしてこちらは522という品番のモデル。
511Slimとなりますがこの522Slim Taperとなっております。

DSC_2712Levi’s CommuterCommuter 522 Slim Taper / ¥10,000(税抜)
 

DSC_2716どこに違いがあるかというと、股上が深く、ヒップ、そして太もも回りが広くなっているのです。しかしそこからぐっと絞り込み、裾口は同じサイズであれば同じ太さになっています。
511は腰回りもジャストなフィット感がありますが、522は同じサイズでも気持ちルーズに、少し腰で落として履く感覚です。余裕を持たせているものの、履いてみるとこちらもまたシルエットがキレイでカッコ良いです。また、お尻の大きな人や太ももが太い人にもオススメのモデルです。
 

ちなみにどんな感じでラインが違うかというと。。。
(下の置かれたのが522、その上に511が重ねてあります。)
IMG_1969IMG_1970太もも回りで最大3cm、そして裾口は同じ広さ、微妙な違いのように見えますが実際に履いてみるとその差が顕著に現れます。
 

どちらが好きかは本人次第。
 

世界のLevi’sが打ち出すCommuterシリーズ、是非お試しください。

 

Levi’s Commuter

このムービーに登場するのは、ご存知グルメセンチュリーライドで来日したChris Diminno。そして彼がこのムービーで来ているウェアこそ、Levi’s Commuterです。2011年の秋にコロラドのデンバーで生まれたこのLevi’s Commuterは、自転車に乗る上で必要とされる快適さと機能性を追い求めたまさにサイクリストのためのラインと言えます。

Levi's Commuter

そんなリーバイスコミューターの取り扱いを始めました!
ラインナップの中でもやはり気になるのは、デニムパンツ。

Levi's Commuter【Levi’s Commuter】Commuter 511 Slim Taperd ¥10,000(税抜)

一つ目は、数あるリーバイスのシルエットの中でも、スリムパンツの定番シルエット511をベースに、バックライスを高くして前傾姿勢をとっても背中が出ないように工夫され、裾が細くなった「Commuter 511 Slim Taperd」。

Levi's Commuter【Levi’s Commuter】Commuter 522 Slim Taperd ¥10,000(税抜)

そしてもう一つは511よりも股上が深くとられたシルエットの522をベースに、腰回りにゆとりを持たせ、膝から裾にかけすっきりと細くテーパードさせた「Commuter 522 Slim Taperd」。こちらはインディゴデニムと同色のステッチでクールな印象に仕上がっています。

Levi's Commuter

Levi's Commuter

どちらもストレッチ性に富んだデニムを使用し、U字ロックを収納できるウエストバンドやサイドシームにリフレクターをマークするなど、しっかりと自転車乗りの事を思って作られています。

Levi's Commuter

また、CommuterラインのパンツはスイスのSchoeller社のecorepel(エコラペル)加工を施しています。これは鳥の羽根が持つ撥水性からヒントを得たもので、とても緻密な膜で繊維や糸をスパイラル状に包み込んだ構造になっており、パラフィンをベースとした膜は表面張力が低いため、撥水性に加え、汚れも落としやすくなっています。

正直、侮っていました。撮影で一本おろして履いたらあまりにも履き心地がよかったので、そのまま購入決定。現在、511を履きながらこのブログを書いています。想像以上に綺麗なシルエットに加え、期待を良い意味で裏切ってくれた動きやすさ。(※タカすまん。Swrveキャンペーンにぶつけてしまったがこれは良いパンツだよ。)

まずは是非一本、とにかく履き倒すつもりで使ってほしいパンツです。
みなさんも騙されたと思って是非一度ご試着に来て下さい。お待ちしております!

Levi's Commuter【Levi’s Commuter】Commuter Oxford Workshirt ¥12,000(税抜)

そして、パンツ以外には、ベーシックながらストレッチの効いたオックスフォードシャツも展開。比翼ボタンとベンチレーションとアクションプリーツを背中のプリーツなどサイクリストにとっては嬉しい仕様となっています。

Levi's Commuter【Levi’s Commuter】Commuter Trucker Jacket ¥16,000(税抜)

そして、やっぱり彼が一番似合うと思ってモデルに起用したジャスが着るのはトラッカーズジャケット。こちらもデニムパンツ同様伸縮性に富み、ecorepelによる撥水性と防塵性を兼ね備えています。

Levi's Commuter

バックヨーク部分にはベンチレーション、そしてリフレクターも配置。

Levi's Commuter

スタンドカラーには止水ジップを用いてフードが収納されており、急な雨や少し肌寒い時にも役立ちます。

数あるラインナップの中でも、デニムを中心に毎日の自転車生活がより充実するウェアをセレクトしています。Levi’s Commuter、是非ご来店頂きお試し下さい!

そして、デニム繋がりでもう一つニュース

ブルックリン・ロサンゼルス・ロンドンのリーバイスコミューターワークスペースで集められたリサイクルデニムを使用し、 世界限定1000個で限定生産という形でLevisデニムとの融合を果たしたBrooks Cambiumのリミテッドサドル。もともと入荷数も限られており、おかげさまで完売してしまったのですが、今回なんと少しだけですが、再入荷しました。

DSC_8292【Brooks】Cambium C17 Denim LTD ¥24,200(税抜)

Cambiumサドルの突出すべき快適性と、通常ラインと同じ防水性に富んだスペシャルサドルは、ユーズドデニムを素材として採用することで一つ一つがそれぞれ違う表情を持っていることも特徴です。シリアルナンバーも入ってます。

Cambium Denimサドルについてはこれが最後の入荷となりますので、お見逃しなく!