Paul Component X SimWorks

 
ジャスです。
 
僕がPaul Component/ポール コンポーネントというメーカーを意識するようになったのは、サークルズで働く少し前。 僕が今でもずっと大切に乗り続けているSurly CrossCheck/サーリー クロスチェックをサークルズでオーダーした日でした。 もう5年以上も前の話です。
 
当時、接客してくれたトレーシーからポールのカンチブレーキを薦められました。
ショーケースの中を覗くとそこには、キレイなアルマイトのかかった様々なパーツ。一瞬で心を奪われてしまったのを覚えています。
 
予算が限られていた僕は、消去法的に泣く泣くポールのブレーキを諦めてしまったけれど、いつかはポールのパーツを使って自転車を組んでみたい!と強く思い続けていました。 その後、どんどん自転車の魅力に取り付かれ、その半年後にはサークルズに入社を決めていたのでした。
 
時間が経つのはとても早く、当時の「最新コンポーネント」と呼ばれていた物はもちろん「最新」ではなくなり、次から次へと真新しい物が溢れるように湧いて出て、何も無かったかのように姿を消していく。 そんな時代。
 
そんな中、当時僕が覗いたショーケースには今でも当時と変わらない場所にポールのパーツ達を奇麗にビシッと並べています。 基本を失わずにバージョンアップを続け、常に世界が求める新しい物を作り出す姿勢が世界中のサイクリストに愛される理由なのではないのかと思います。
 
 
ただ、当時と違うのはシューケースの1番上の段には我らがシムワークスの熱い想いを形にした、ポールとのコラボレーションアイテムが所狭しと並べられている事。 あの日、買えなかったポールのブレーキへの憧れは今でも変わらず、今はさらに生み出す事への憧れへ。
 
今日はそんな憧れを形にしてくれた、シムワークスとポールのラインナップに新たに加わったアイテム達をご紹介いたします。
 

【Paul Component x SimWorks】
MOTOLITE BRAKE/モトライト ブレーキ
¥18,500(税抜)

 
ご購入はこちら

 
ブレーキの形状は、20年近く前に発表されたブレーキです。 ディスクブレーキ全盛の今の時代、その存在が薄れてきたVブレーキ。
 
そんな中何故、「今」、モトライト ブレーキなのか? 答えは「今」のホイールサイズの豊富さにあります。
 
26インチ、27.5インチ、650B、700C、29インチと求めるライディングスタイルによって選択できるホイールサイズが増えてきました。 そして昨今のトレンドでもある26インチの27.5インチ化、ディスクブレーキを搭載したバイクに与えられるインチアップカスタムもしかり。
 
しかし、サークルズに持ち込まれる自転車のホイールサイズに関するご相談は、26インチのディスクブレーキを搭載していないオールドマウンテンバイクや、使い込まれたクロスバイク、ツーリングバイクといったものがまだまだ多いのです。
 
 
このような自転車にこそ、このモトライトの持つブレーキシュー取り付け位置をアジャストできる機能がとても役に立ちます。 上下にアジャストするブレーキシューホルダーは、ホイールサイズの壁を少しだけ越えることができるのです。
 
 
例えばサーリーの名ツーリングバイク、ロングホールトラッカー。 こちらもサークルズではクロスチェックに負けじと大変人気のある車種です。 このロングホールトラッカーは26インチですので、モトライトを装着する事で27.5インチへのインチアップカスタムが可能です。
 
では、26インチから27.5インチへインチアップする事のメリットとは?
 
まずはホイールサイズが大きくなる事で26インチよりもよく進み、段差なども乗り越えやすくなり、トータル的に走破性が上がります。
次に見た目のバランスも良くなります。これはフレームサイズにもよりますが、フレームサイズが大きいバイクに対して26インチホイールはどうしてもアンバランスになりがちです。(個人的にはそのサイズ感、バランス感も好きなのですが。)
それが27.5インチになる事によりバランスよくなります。
 
デメリットとしては、スタンドオーバーハイトが多少上がってしまうことと、あと個人的にはフェンダーの取り付けぐらいでしょうか。 タイヤとブレーキ本体、タイヤ上部に張られるブレーキワイヤーのクリアランスが少なくなるため、タイヤサイズによっては装着が厳しくなる可能性もあります。 しかしながら、それを差し引いてでも650B化してみるのはものすごく面白いと思うのでおすすめです。 ロングホールトラッカーにThe Homageを履かせて、新たな冒険に出掛けませんか?
 
【Paul Component x SimWorks】
THUMBIES for microSHIFT/サミーズ フォー マイクロシフト
¥9,800(税抜)

 
ご購入はこちら

 
そしてもう一つは、サミーズ フォー マイクロシフト。
 
サミーズはと言えばシマノのバーエンドコントロールシフターを使い、サムシフターとして使う事の出来るアイテムなのですが昔から存在します。
 
では一体何が新製品なのでしょうか?
 
答えは名前にあります。そうです、サミーズ フォー マイクロシフト。
 
 
シムワークスの取り扱うプロダクト、マイクロシフト社のバーエンド・シフターとシフティング・レバーに互換性をもったサミーズ。 そして本家にはないオープンクランプ式の取付け方法や、より薄く製造された台座のおかげでそのレバー調整に対する自由度が広くなり、メンテナンス性能も格段に向上しています。
 
サーリーのクロスチェックの完成車にはマイクロシフト社のバーエンドコントロールシフターがドロップハンドルに付いていますので、ドロップハンドルからフラットハンドルへのカスタムも、このサミーズを使う事により最小限のパーツ交換で容易に行う事ができるようになります。
 
 
何よりもこの美しい台座に刻み込まれた「P」と「♡」
あなたのバイクをより美しく、豊かにしてくれます。
 
今後もPaul Component X SimWorks の動きから目が離せません!!
 

安心安全のサンドイッチパワー!!

 
久振りにロングスキッドし過ぎてリアタイヤで、次はVITTORIAのRandonneurにしようかなーと考え中のフィクスドボーイのカモです。
 
昨夜開催されたCHILL!!準備運動編のトリ練には、名古屋の自転車乗りはもちろん、三重や岐阜、掛川、豊橋など遠方の方も来てくださって寒さを忘れるくらい盛り上がりましたよ!
 

 


 

 

 
来月のCHILL!!は第3金曜日の2月17日です!詳細はまだ内緒ですが、1回目なのでアーレーキャットをやります。ロングスキッド大会でリアタイヤが擦り減ってしまった人たちは忘れずに準備しておいてくださいね。
 
トリ練の中でも一番盛り上がったのはスタンディング大会でした。スタンディングとは地面に足を着かずにピタッと止まり続ける技のことです。(実際の様子は、CHILL!!に来ると見えたりしますよ)

 
最初はハンドルを両手で持ったままですが、片手を離し、両手を離し、片足を離し、と順々にレベルアップしていきます。
自転車は僕ら人が乗っていればスタンディング出来るのですが、どうしても自転車だけでスタンディングしてほしい時もありますよね。
 
街中で駐輪しようと思ったけど立て掛ける壁やバイクスタンドが見当たらない時、ツーリング中でパニアバッグやサドルバッグから荷物を取り出したい時、意外と普段の生活の中でもそんな場面があったりしますよね。 とまぁ、半ば強引な形で自転車のスタンドについてのお話をしようと思います。 というのも、SURLY/サーリーから、かゆいところに手が届くナイスなアイテムが入ってきたからです。
 

 
その名の通り、キックスタンド(センタースタンド)を装着する時に使用するプレート。
ただし、対応するのはツーリングモデルであり荷物を積むシーンが多い、Long Haul Trucker/ロングホールトラッカーDisc Trucker/ディスクトラッカーの2車種のみに対応するという、良くも悪くもかゆいところに手が届くものです。
 

 
このアイテムの味噌は溝です。チェーンステーにピッタリはまるようになっているこのプレートでサンドイッチすることで、ズレとフレームへのダメージを抑えてくれます。
 

   
続いて裏側の取り付けですが、プレートとリアディレイラーのインナーワイヤーに干渉してしまいます。このままだと変速の調子が悪くなってしまうだけでなく、インナーワイヤーが削れて、最悪の場合には切れてしまうこともあります。
 
そこで役に立つのがコレ!
 

 
そうです、何の変哲もない短く切ったシフトアウターワイヤーです。コレを干渉するところに入れるだけ、インナーワイヤーがしっかりガードされます。
 

 
これでスタンドを取り付ける準備が整いました。
今回使用したスタンドはESGE/エスゲのダブルレッグスタンド。エスゲのスタンドは切って長さを調整するため、シンプルかつ頑丈なのが特徴です。
 

 
ネジにはしっかり緩み止めを塗りましょう。これも安心して自転車に乗るために重要なポイント。
 

 
スタンドが真っ直ぐになるようにしてネジを締めていきます。
 

 
BB裏に取り付けることのできるスタンドは、畳んだ時のシルエットがキレイに見えます。
 

 
これでどこにも安心して自転車を立たせることができます!
そして、カーゴバイクやもっと重たい荷物を載せる自転車にオススメなURSUSのダブルレッグキックスタンドが再入荷しています。こちらは以前にブログでも紹介しているので要チェックです!
 
というわけで、ロングホールトラッカーやディスクトラッカーにお乗りの方でスタンドを導入しようと思っている方や、既に導入している方も是非ご検討下さい!

Surly “Disc Trucker” & “Long Haul Trucker”.

disctrucker

Surlyの”Disc Trucker”というのは、ご存知”Long Haul Trucker”をディスクブレーキ仕様にしたモデルです。Long Haul Truckerはツーリング用に作られたフレームなので、どちらのモデルも前後にキャリアを付けて、今すぐにでも長距離ツーリングに出掛けられるようなバイクです。

キャリアに重たい荷物を載せても安定感のあるハンドリングや、長距離ライドでもリラックスして乗れるという点では、デイリーユースからダートツーリングまで幅広く使える懐の深いバイクだと思います。基本的には26インチホイールでの展開ですが、大きいサイズになると700cサイズでの展開もあるので、小柄な女性から背の高い方までフィットするサイズが見つかるというのも特筆すべき点。(むしろそれを当たり前にやっているSurlyはやはり愛すべきメーカーですね)

Disc〜を選ぶか、Long〜を選ぶかは、使い道や制動力を求めるかどうか、手持ちのパーツを使いまわす等人それぞれですが、今日はそんな2台をそれぞれ特徴的な組み方をしたバイクが出来上がったのでご紹介します。

まずは、Disc Trucker。

DSC_0759

DSC_0754

26インチフレームですが、クリアランスを活かして650Bをインサート。ディスクブレーキだから成せるアッセンブルです。
SimWorksのSmile BarにMTB系のコンポを組み込んで、普段乗りも楽しいけど、週末にダートを走ったりツーリングするのが楽しくなるような、まさにALL TERRAINなバイクになりました!

球体ペイントによるペイントも、一見すると純正カラーのMaroonっぽいですが、綺麗なカラーに塗り替えています。

DSC_0751

 

-BIKE SPECS-
Frame Surly Disc Trucker(26″ Frame)
HeadSet ChrisKing NTS – Green –
Crankset Shimano Deore FC-M615
Brake Shimano BR-M416A
Brake Lever CaneCreek Drop-V
FD Shimano Deore
RD Shimano Deore RD-M591
Rim Grandbois Papillon 650B
Hub Shimano Deore HB/FH-M615
Tires Panaracer Pacenti Neo-Moto 27.5×2.1″
Handle SimWorks by Nitto Smile 560mm
Stem Nitto UI-25
Saddle Gilles Berthoud Tourer

 

 

もう一台はLong Haul Trucker。
しかもこちらは、これからの梅雨時期にも是非とも乗り倒してほしいスペシャルオファーです。

DSC_0914Surly “Long Haul Trucker” Circles Special Complete size:50cm(26″ Frame)

DSC_0920

DSC_0930

SycipのJJ Barに、SykesのWoodfenderを装備、タイヤにパナレーサーのパセラ26×1.75″をセレクトしたバイクは、デイリーコミューティングをとにかく快適な物にしてくれます。

もちろん、ラックをつけて週末にツーリングするも良しな一台。Sykesのフェンダーは見た目に反して、毎日ガンガン使っても平気なヘビーデューティーアイテム。梅雨に入りましたが、そんなの気にせず一杯乗ってあげて下さい!

というわけで、
こちらのスペシャルオファーは¥160,000(税抜)です。
サイズ的にも引き合いの多そうなサイズなのでお早めに!!

夢のある自転車の買い方。

今日は2台のSurlyをご紹介します。

DSC_8565

1台目はStraggler。
通勤をメインに週末にはツーリングや、ダートライドをしたりというオーナーのイメージに合わせたオールラウンダーな一台に。

DSC_8588

ハンドルはSimWorksのCalsaga Bar。完成車はドロップにSTIレバーという組み合わせですが、もう少し気楽に乗れる様にWレバーをチョイスしています。

DSC_8595

タイヤは通勤で調子の良いSchwalbeのKojak 700-35c。是非とも将来的にはBruce GordonのRock’n Roadを履いてダートツーリングを楽しんでもらいたい一台です。

お次ぎはPacer。やはりマルチプレーヤーとしてはCross Checkが抜きん出ていますが、もう少しスピードを求めたり、より遠くへ行ける相棒をお探しの方にはPacerがオススメです。

DSC_9327

巷では11sの105が出ると騒がれていますが(もちろんうちにもたんまり入ってきますのでご心配ねぐ)、なんだかんだいって10sでも十分だというのが僕の答え。(現にまだ11sコンポを持っていない、、、)通勤でも使いながら、やはり週末に遠くへ行ったり、多少のグラベルもこなせるような冒険ロードをお探しだったオーナーさん。

DSC_9346

純正のカラーを気に入って頂けたので、赤に合わせてブラウンをポイントに。サドルはBROOKSにいってしまいがちですが、予算的にもBLUE LUG別注のWTB Silveradoをチョイス。これを野暮ったいと思うかどうかはあなた次第ですが、とっても綺麗にまとまっていると思います。なによりWTBは座り心地最高です。

今回ご紹介した2台は、どちらも純正カラーをそのまま活かしたバイクです。一見すると完成車がベースと思いがちですが、フレームセットからパーツをチョイスしています。ポイントは完成車のプライスよりお値打ちに組んでいるということ。

自転車を選ぶとき、「どんな事に使うか」とか、「どんな所を走りたいか」といったイメージがしっかりあれば、それはきっと最高なバイクに出会うことができます。でも実際乗ってみないとわからない部分もあったりしてついつい完成車を選んでしまいがち。完成車を買う事が別に悪い事ではないですが、その人にとって完成車のスペックが必要な部分とそうでない部分とあるとすれば、きっちりそこと向き合ってひとつずつ選んで行くというのもアリだと思います。だから僕らが好きなSurlyというメーカーは完成車も展開しながら、フレームセットを用意しているのですね。

コンポのスペックとか難しいことはわからないという人は是非我々サークルズスタッフにご相談下さい。多分スタッフそれぞれに色んなセレクトをすると思います。最終的に形となったバイクは様々でも、お客様にとってどういったバイクがいいか知恵を絞って出来たバイクはそれぞれがサークルズとしての解答例です。

12988963344_52fa760226_o

DSC_8492

せっかくなら塗装もしたいなと考え始めると、良い値段になってしまうこともありますが、、、完成車相当の値段もしくはそれ以上の金額の買い物をするのであれば、もしくは何となく完成車で良いかなぁとお考えの方、こんな自転車の買い方は夢があるのではないでしょうか?僕ら自転車屋も腕が鳴りますぜ。

ATBで行こう!

我々、基本的には木曜がお休み故に、スタッフ同士で走りに行く事が多いのですが、たまたまお休みの合ったCRCメンバーから山ライドのお誘いがあり、二つ返事でOKして行ってきました。

いくつか点在するシングルトラックを舗装路でつないでいくように50kmほど乗ったでしょうか?やはり初めて走る所はワクワクします。

揃ったバイクはフルサスからハードテイル、車輪径も26″,27.5″,29″と勢揃い。モンスタークロスやシクロクロスも出動したので本当に多種多様なバイクが揃いましたが、特に誰かが抜きん出て速い訳でもなく、誰かが遅れる訳でもなく、走り出してしまえばみんなワイワイガヤガヤ。それぞれ操るバイクは違えど、充実感と疲労感と、楽しい時間を過ごせた事はみんなに共通する事です。

雲の流れ、風の音、鳥の鳴き声や、落ち葉を踏みしめる音。身体全体で自然を感じながら、めまぐるしく変わる路面に神経を集中し、バイクと対話をするような感覚。本当に山サイは楽しいです!

「ここいけるかな?」っていうところをいかに転ばずに走れるか、そのスリルは、小さい頃に友達と「段差を自転車で降りれるか?」みたいなことで競い合った時のそれと同じですね。アリバ店主お手本のような転び方ですw

とまぁ、笑いあり感動あり(?)のライドでしたが、アテンドしてくれたCRC江上氏&福澤氏ありがとうございました!

山へ行くとなると、それに適したバイクが必要と思うかもしれませんが、もしそう思っていらっしゃるあなたがSurlyのLong Haul TruckerやDisc Truckerのようなバイクに乗っているなら、まずはそのバイクにブロックタイヤを履かせてみましょう。それでも十分に楽しめると思います。ちょうどこんな感じです。↓

DSC_1144-1024x680Surly Long Haul Trucker ※詳しくはこちらのブログを要チェック!

やっぱりライドは1つの冒険であり、忘れていたあの気持ちを取り戻すには良い機会。
時代の進歩とともに、色んなものが進化していっていますが、僕らはブレずに遊んでいこうと再確認できた今回のライドでした!

年末年始の営業案内

12/25(水):10:00〜20:00
12/26(木):定休日
12/27(金):10:00〜20:00
12/28(土):10:00〜20:00
12/29(日):12:00〜19:00(年内最終営業日)

12/30〜1/3までお休みを頂きます。

1/4(土):10:00〜20:00
1/5(日):12:00〜19:00

以降、通常通り営業致します。

乗せ換え to Long Haul Trucker。

まずはこちらの写真をご覧下さい。

IMG_3482

HAROのEXTREME。今ではあまり見かけないかもしれませんね。当時の匂いがプンプンします。
写真は全てパーツをバラしてしまった状態ですが、何年か前からオーバーホールやパーツ交換等をさせて頂いていたバイクです。

今回お持ち込み頂いたのは、、、

IMG_8007

異音がするという事だったのですが、シートチューブにクラックが入っていました。。。
街乗りメインとはいえ、長く使っていたので、、、、乗り倒したというのは正にこの事ですね。

これを機にバイク新調のご相談をさせて頂いたのですが、愛着のあったバイクであることや、何度かオーバーホールさせて頂いたパーツはまだまだ使えそうなのでフレーム以外のパーツはほとんど乗せ換えするプランをご提案させて頂き、組み上がりました。

フレームはSurlyのLong Haul Trucker。
ヘッドセットやステム以外はほとんど前のバイクからの移植パーツです。

IMG_1422

IMG_3884

Haroではハンドル高が低く、乗りにくいという事だったのですが、LHTなら長めのヘッドチューブでとにかく楽チンに乗れます。その気になれば、2.0″くらいのブロックタイヤに履き替えて、里山ライドなんかも楽しいATBとして生まれ変わりました!

今回はフレームがダメになってしまい、パーツを乗せ換えさせて頂きましたが、これが正しい物の使い方だと思います。こういった機会を与えて頂けてうれしいです。

もちろんまだまだ現役で使えるバイクは定期的なオーバーホールでしっかりケアしてあげて、ガンガン使って頂きたいです!(有り難いことに毎週のように色んなバイクがオーバーホールのご依頼でやってきます。)

オーバーホールのご相談もお待ちしております!

そして、気になる年末年始の営業案内です。年内は29日までの営業となりますので、よろしくお願いします。

年末年始の営業案内

12/25(水):10:00〜20:00
12/26(木):定休日
12/27(金):10:00〜20:00
12/28(土):10:00〜20:00
12/29(日):12:00〜19:00(年内最終営業日)

12/30〜1/3までお休みを頂きます。

1/4(土):10:00〜20:00
1/5(日):12:00〜19:00

以降、通常通り営業致します。

LHT

surly-long-haul-trucker-26-inch-183682-1

“Long Haul Trucker”言わずと知れたSurlyのツーリングバイクです。
「長距離トラックの運転手」というネーミングの通り、
ホイールベースが長く、ロングライドやツーリングにおいて、キャリアに荷物を積んだ状態でも安定感のある走りが得られます。

IMG_9708Surly Long Haul Trucker “Touring&Commuting Concept”

フェンダーを付けたりフロントラックを付けて、通勤バイクや買い物バイクとしてアッセンブルする事も得意なバイクです。

最近ではディスクブレーキを採用したDisc Truckerも登場し、アドベンチャー系な土臭い乗り方も意識されている中、ちょっと山に心惹かれるなぁなんていう方もいっらしゃるのでは。やり方次第でLong Haul Truckerでも山サイが楽しめるのです。

IMG_2660Surly Long Haul Trucker “Mountain Biking Concept”
Size:46cm
Color:BK
Price:¥162,750

IMG_5449
太いタイヤも呑み込むSurlyの長所を活かして、OnzaのCanis 26×2.25を奢り、
ブレーキはDXRのVブレーキでしっかりコントロールできる仕様に。

IMG_2972
ハンドルはSimWorksのGet Around Barでオンオフ問わず、扱い易い仕上がりになっています。キャリアを付けて林道ツーリングも良し。フレームバッグや大容量のサドルバッグと共に良さげなシングルトラックを求めて走るのも楽しい。そんなバイクです。気になる方は店頭にて展示しておりますので是非!!