ついにやってきた!
クオックのロードシューズで早速ライドへ。

 
全国的に天気が良く、日中はTシャツでも過ごせてしまうのではないかという昨日。 ジャスとケイタはATBライドへ行っていたようですが、私は久しぶりのロードライドへ。 ビブショーツと薄手のロングスリーブジャージで十分快適に過ごせた1日でした。
 
 
速く、遠くへ行くにはロードバイクに跨がるのが一番。 とはいえ多少のダートを見つければ、楽しそうな道に対する嗅覚が反応してつい脇道へそれてしまうのが僕の悪い癖でもあります。
 
それでもなぜロードでライドにこだわったかというと、このシューズ履いてライドに出掛けたかったというのが一番の理由。
 
 
多くの方が待ちわびていたQUOC / クオックの新しいロードシューズ NIGHT / ナイトが待望の入荷を果たしました。 開発から生産に至るまで、デザインや用いる素材、そしてその生産方法など様々な困難に直面しながらも、クオックが理想とする高いクオリティを実現するために1つ1つの問題に真摯に向き合って解決していったシューズがようやく完成をみたのです。
 
早速新しいシューズに足を通し、いつものルートをトレース。 昨日のライドを踏まえて特徴をご紹介します。
 
 
◆サイズ40からのラインナップ
 
まず、このナイト、サイズが40(24.5cm)からということで、足のサイズで頭を抱えていた方にとってはとても嬉しいサイズ展開。 クオックのシューズに関心はあったけど、サイズが無くて諦めていた方にはまさに朗報といえます。 何を隠そう、私もその恩恵を受けた一人です。
 
 
◆ 特許を取得した新しいシューレース・システム Lock-Lace system
 
ジロのエンパイアなどを筆頭に、近年ではシューレースタイプのパフォーマンスシューズが増えておりますが、今回クオックによって新たに開発されたLock-Lace systemを搭載、中心と終点部分が二重のレーシングとなっており、抜群のフィット感を実現するだけでなく、ズレを軽減し、ライド中に緩んでくるといったストレスもありません。
 
シューレースタイプのシューズは、脱ぎ履きが大変であるのはもちろんそうなのですが、シューズに足を通し、そして1つずつしっかりと紐を締めるという行為は、ライド前に気を引き締める儀式のようなもの。 何よりシューレースという方式だからこそ、足をしっかり包み込むような優れたフィット感を得られるのです。
 
 
◆ マイクロファイバーとブラックレザーのアッパー
 
2種類のアッパー素材が選べるナイト、今回私はマイクロファイバーをチョイス。
 
レザーがクオックのアイデンティティーといっても過言ではないので、レザータイプの足入れの心地よさは言わずもがな。 とても気持ちよくフィットし、履き込む程にライダーの足型に馴染んでいってくれますが、個人的にはマイクロファイバーも想像以上の馴染みだったのです。 レザーはブラック一択ですが、こちらはブラック・ホワイト・ピンクの3色展開。 絶対に自分だったら選ばないピンクをあえてチョイスしたのは、ネイビーのジャージやビブジョーツとの相性が良いと思ったから。 もう頭の中ではコーディネートは決まっています。
 
通気性にも優れ、またレザーに比べて軽く、お手入れがしやすいのがマイクロファイバーの特徴、対してレザーアッパーのモデルは、年月と距離を重ねていく毎に深い味わいになっていくでしょう。 お手入れは通常のレザーシューズと同様です。
 
 
◆ カーボンコンポジットソール
 
今まで様々なロードシューズを履いてきましたが、ナイトを履く前は、好んでジロのナイロンソールのシューズを履いていました。 普段グラベルライドをする機会も多く、グラベルでバイクを押したり、また長い距離を走ることが多い自分のライドスタイルにはナイロン特有のしなりが好都合だったのです。
 
ナイトはカーボンコンポジットといわれる、軽量なカーボン複合素材を用いています。 恐れていたカーボン特有のガチガチな硬さというよりは、ほどよくしなるので違和感無くペダリングができ、しっかりとペダルに力を伝達してくれます。 また、ヒールはスペアパーツとして入手可能なので、グラベルライドをされる方にも安心な作り。 シューズ内部まで貫通したベンチレーションのおかげで、昨日のライドでもシューズ内の蒸れが気になりませんでした。
 
クオックらしいその落ち着いた佇まいとは違い、ポテンシャルを秘めた全く新しいロードジューズ、ナイト。 早速この春から活躍するシューズとなりそうです。 まずはブラックレザーと、マイクロファイバーのブラック・ピンクがラインナップ。
 
 
お問合せも多いホワイトはもう少しで入荷する予定となっております。 クオックが生み出したかった理想のシューズ、是非足を通してみてください。 店頭では全サイズご試着頂けます。
 

ご購入はこちら

 

QuocPham Night

 
QuocPham Night 
待ち望んでいた方も多いのではないかというQuocPhamの新型ロードシューズNIGHT。クラシックなレザーシューズが中心だったQuocPhamに新しくパフォーマンスラインが登場です。コンペティションで戦える性能を備えつつ、クラシックな雰囲気も漂わせ、最近のトレンドでもある、シンプルかつ発色の良い美しいサイクル・ジャージにもよく合うスタイリングが可能になっています。
 
組織としてマーケットに向き合う大手メーカーとは違い、プロダクトデザイナーであるQuoc本人の美意識とデザイン、そして生産や流通へのこだわりをカタチにするには様々な困難があり、なかなかすんなりとはいかないようですが、全てをじっくりとクリアして、今ひとつの完成をみました。
 
そして、これまでサイズが無くて諦めていた方に朗報です!
日本向けにSize40 (24.5cm) が新たにラインナップされます。私も今までサイズで断念していた中の一人ですが、今回40サイズはフィットしそうなのでロードシューズは新調しようと思います!
 
QuocPham Night 
“Contemporary Style for Performance Riders” と銘うたれたNIGHTは、新たにQUOCによって開発され、特許となったシューレース・システム、Lock-Lace systemを搭載し、抜群のフィット感と、ズレの低減を実現しています。
  

◆ アッパーについて

アッパーはマイクロファイバー製と、ブラックのレザー製の2種類。
マイクロファイバーは通気性を持ち、非常に軽量で手入れがしやすい高性能素材を採用しています。 ブラック/ホワイト/ピンクの3カラー展開です。

そしてレザーを得意とするQuocならではの牛革製モデル。なめらかで快適なレザー素材は、年月と距離を重ねていく毎に深い味わいになっていくでしょう。 お手入れは通常のレザーシューズと同様です。
 

◆ ソールについて

軽量なカーボン複合素材を用い、強度と軽量性、適度なしなりを実現。ヒールカップは取替え可能になっているので、徒歩で削れてもシューズ自体がダメになることはありません。 またシューズ内部まで貫通したベンチレーションが有り、シューズ内の蒸れを最大限に軽減いたします。
 

◆ インソールとヒールカップ

汗を吸収発散し、臭いを抑えるマイクロファイバー製のインソールを採用しています。 またヒールカップには3M™製のリフレクターを装備し、夜間走行における安全性を高めています。

 

重量:

マイクロファイバーモデル:283 g (size 43)
レザーモデル:323 g (size 43)
 

サイズ:Quoc Pham独自のサイズ表記です。

40(24.5cm) – 41(25.5cm) – 42(26.5cm) – 43(27.5cm) – 44(28.5cm) – 45(29.5cm) – 46(30.5cm)
 

価格(予価):関税の影響で多少の変更になる場合があります。

マイクロファイバーモデル: 27,800円(税抜)
レザーモデル: 31,800円(税抜)
 

入荷予定:

10月末頃(多少前後する場合があります。)
 
QuocPham Night 
今回、そんなNIGHTの実物サンプルを手に取ってご覧頂ける機会を設けました。シムワークスのディーラーさんに順番にご案内して行く為、期間が限られますが、ご都合のつく方は是非一度現物を手にとってご覧頂ければと思います。
 
・9月9日(金曜日)終日/9月10日(土曜日)正午まで
 
今回ご都合が付かない方もいらっしゃるかと思いますので、各ディーラーさんへの回覧が済みましたら後日改めてご覧頂ける機会を設けさせて頂きます。