冬眠阻止計画!オーバーホール強化月間!!

 
ジャっす!
ジャスです!
 
寒さが一層増して厳しくなってきている今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?
先日のシゲちゃんのブログ「冬こそ自転車に乗る季節」にあったように、どんどん自転車に乗って人間のエネルギーというものを感じてほしいと思います。
 
さて、そうは言っても寒い…どうしても乗る機会が減ってしまう…
「そうだ!! この機会にオーバーホールに出そう!!」
 
そう思われる方も多いと思います。現に、ありがたい事に1月中頃からたくさんのオーバーホールのご依頼を頂いております。
 
「2月中にオーバーホールに出せば、出来上がるのが2、3週間後でー、3月、4月の暖かくなって来た頃にはピカピカになった自転車に乗れるなー!」
 
「ちょうどいいなー!」…
 
あまーーーい!!!!
 
そうはさせない!!
 
寒い時にこそ自転車乗ってもらいたい!!
 
と言う事で、この2月をオーバーホール強化月間として、キャンペーンを開催します!!
 

 
オーバーホール強化月間キャンペーン!!

 
期間:2月3日(金曜日)〜2月28日(火曜日)

 
☆内容
・期間中にご依頼頂いたオーバーホールにつきまして、通常2週間〜3週間程の納期を1週間でご納車いたします!!(特殊なパーツの取り寄せ、パーツの欠品があった場合にはお時間を頂く事もございますのでご了承下さい。)
 
しかも!!
お預かりした全ての自転車に対し、サークルズオーバーホールサービス最高クラスのプレミアムクラスで作業させて頂きます。
 
☆作業内容
・全ワイヤー交換、パーツ全バラし、洗浄、グリスアップ、防錆処理、ワックスコーティング、車輪振れとり、スポークテンション調整、ハブのオーバーホール
 
☆金額
¥20,000(消耗品など交換パーツ代別)
どんな自転車でもかまいません!!皆様のご相談お待ちしております。

 
そもそも、オーバーホールって?
 
改めてサークルズで行っているオーバーホールサービスについてご説明を。
 
車に車検があるように、自転車にも定期的な点検整備というのがとても重要となります。 サークルズのオーバーホールではお持ち込み頂いた自転車の各部をチェックした上で、装着されているパーツを全てバラし、フレーム・パーツの汚れをクリーニングします。 スチールのフレームではフレーム内部の防錆処理もしっかりと施し、変速機やハブなどは分解できるところまでしっかりと手を入れ、各部を点検・グリスアップしながら元の通りに組み立て、ブレーキやシフトのワイヤー類も新しくすることでスムーズな動きを取り戻し、快適に乗っていただけるように作業をします。
 
長く使い続けられるような丈夫なものをお薦めさせて頂いているサークルズですが、そういった自転車をより長く使っていくためには、1年〜2年に一度のお手入れが重要となります。 日々の通勤や通学といった乗り手の日常生活に寄り添って毎日乗り込まれる自転車ほど、しっかりと手を入れてあげる必要があるのです。
 
今お乗りになっている自転車はご購入からからどれくらい経っていますか? 何か異音がしたり、不調に感じる事は無いでしょうか? 手遅れになる前に、しっかりとメンテナンスをして、また快適に乗れるようにサークルズが全面サポート致します!
  
さて、今日もご依頼頂いていたオーバーホールが完成いたしましたのでご紹介いたします。
 
 
お持ち込み頂いたこちらの自転車。
ご本人の言葉をそのまま頂くと、「ダサくてあまりのっていない」との事(笑)。 ダサいかどうかはさておき、外見からはそこまで汚れているという印象は受けません。
 
 
細かく見ていくとカンチブレーキ周りの汚れやブレーキシューの摩耗も見受けられます。 また、レバーを握ってみると、ワイヤーの錆もあってかレバーの引きが重くなっています。
 
 
チェーンは汚れと錆でまっくろくろすけ。
 
 
こうなってくるとスプロケットも汚れていますね…
こういう汚れや、消耗品などの交換が必要な箇所などは担当スタッフがお客様と一緒にご確認し、ご説明させて頂いたうえで自転車をお預かり致します。
 
 
さて、早速作業開始ということで、お預かりした自転車を全部バラしていきます!
 
ここでもしっかりとフレームのチェックをします。 極稀にクラックと言って亀裂が入っていたりフレーム自体が曲がっている事もあります。 バラしてみないと気付かないような問題が見つかる場合もありますので、やはり定期的なオーバーホールをオススメします。
 
 
こちらはBBシェルと言ってボトムブラケットが入る所ですが、フレームの中心部になり水が溜まりやすい場所でもあります。 錆が酷かったり、グリスがしっかりと入っていない場合があるので、ここもオーバーホールのうえで重要な箇所です。 場合によっては、専用工具でBBのネジ切りを立て直したり、BBシェルのフェイシングをして、より確実にパーツを装着できるように整えさせて頂きます。(別途料金)
 
尚、サークルズでご購入頂いた自転車は、どんな自転車でも組み付けの際はしっかりとフェイシング、タップ立て、防錆処理を施して組み付け作業をしておりますが、オーバーホールにお持ち込み頂いた場合も再チェックを致します。
 
 
若気の至りのステッカーチューンも剥がしてくれとのご依頼。
 
 
そして、磨いて磨いて磨きまくります。 余談ですがマット塗装フレームはつやが出てしまうのでワックスがけは出来ませんのでご注意下さい。 (過去に自分のマット塗装フレームでワックスをかけてしまった経験あり…ツヤツヤになりました…)
 
 
続いてはハブのオーバーホールです。
自転車の要と言っても過言ではない回転部分、見えている部分よりも見えない部分の方が汚れている場合も多いです。
 
 
そして磨いて磨いて磨きまくります。
 
 
しっかりとグリスアップし、玉当たりの調整してスムーズに回るように手を入れさせて頂きます。
 
 
変速機系は汚れをしっかりと落とした後に可動部分にしっかりと注油をしていきます。
 
 
磨いてグリスアップし終えたパーツ達を組み付けていきます。
消耗品や仕様変更に伴うカスタムパーツの取付も同時に行っていきます。
 
 
今回はチェーンも交換します。
 
 
あとはワイヤーを張ってバーテープをビシッと巻いて完成です。
ロゴの色とバーテープがうまくマッチして綺麗にまとまりましたね。
 
 
あとは納車の時にポジションの確認をしてお渡しです。
 
乗り方の変化やセッティングの変更に伴い、お持ち込み頂いた際のポジションから変更する場合もあるので、しっかりとチェックさせて頂きます。 間違ったポジションは乗りにくいだけでなく、体を壊してしまう可能性もありますので、しっかりアドバイスさせて頂きます。
 
このような流れでオーバーホール作業はしっかりと丁寧に、且つスピーディーに行ってまいりますので、寒い時期だからこそピカピカになった相棒とどんどん外に出かけてみましょう。
 
もうすでに春を感じる事もあるかもしれませんよ!
 
それでは皆様のご相談お待ちしております!!
 
※オーバーホールの事例や、作業の様子については是非こちらもチェックしてみて下さい!
 

一手間、二手間がテーマです。

花粉シーズン真最中ですが、皆様いかがおすごしでしょうか?
どうもJUSです。
僕はというと、結構酷い花粉症で毎年かなり苦しめられているのですが、今年は何故か
症状が軽いです。このままこの状態が続いてくれる事を願っています。

さて、ここ最近日中は暖かく過ごしやすくなってきて、春の訪れを感じ始めました。
新生活に向けて通勤、通学に初めてスポーツ自転車の購入を検討されているお客様の
ご来店も増えてきました。
そこで今日はサークルズで御購入いただいた自転車が、どのように組み立てられていくのかをお話します。

image5こちらが完成した納車前の自転車です。
問屋さんから送られてきた時は7部組の状態で届くのですが
サークルズでは1度全てのパーツを外しゼロから組み立て直します。

image1フレームからホークを外し、ヘッドセットやコラムのグリスアップを行います。
この時、フレーム、ホーク内に防錆処理も施していきます。

image2クランク、ボトムブラケットももちろん外し、しっかりとグリスアップしていきます。
ボトムブラケットを外してみると、ほとんどグリスが入っていない場合も…
ボトムブラケットが付いている場所(BBシェル)は水が溜まる場所でもあるので
たまに外して「水抜き」をしてやる必要があります。
これを放っておくとボトムブラケットがフレームに固着して外れなくなる事もあります。
クランク、ボトムブラケットの外し方は次回「JUSの目指せホームメカニック」でお伝えします。

image3アウターワイヤー、インナーワイヤーも適正な長さに調整しケーブル内にはケーブルグリスを塗ります。
ワイヤーが長すぎたり短すぎたりケーブルグリスが切れていると、ブレーキの引きが重かったり変速性能が十分に発揮できません。
変速機の調整もしっかりとやり直します。

image4これから相棒になる大切な自転車、少しでも長く良い状態が続くように
最善を尽くしてお客様にお渡しします。
もちろん定期的なメンテナンス、オーバーホールは必要ですよ!

春の新生活。あなたの人生が「自転車」で少しでも豊かになればと思いながら
また今日も僕らメカニックは六角レンチを握ります。

JUSのオーバーホールのすすめ。

JUSです。

Circlesは自転車屋です。
でも他の自転車屋さんとは少し?いや、だいぶ違う。

とにかく遊ぶ事が大好きな僕たちはキャンプ、ランニング、フィッシング、サーフィンなどなど、「自転車」という物を通してワクワクする事や、とにかく楽しい事が何か提案できないかな?と常に考えています。

それはお店に来ていただければ良ーく分かります。
他の自転車屋さんには無いような物がたくさんあります。

しかしCirclesは自転車屋です。
自転車の点検、修理、カスタムが大好きです。
これもお店に来ていただければ良ーくわかります。
1階売り場と同じくらいの広いピットスペース。
お隣EARLY BIRDSからも丸見えなピットスペース。
ママチャリ修理専用のピットスペース。
買い物をしながら、美味しいご飯を食べたりコーヒーを飲みながら、僕たちのピットワークを見ていて下さい。

他店で買われた自転車も大歓迎!!
困った事があればいつでもお持ち込み下さい!

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日のJUSブログはオーバーホールの事。
自転車はあくまでも「道具」ですので長年使っていけば、もちろん汚れていきますし、最悪壊れてしまいます。

オーバーホールと言うのは自転車のバラせる部品を全てバラバラにして、磨いて、直して、リフレッシュさせるという
circlesお得意のサービスです。

12637086_964751316937324_547882559_o今日のオーバーホールはこちらの自転車。
シクロクロスシーズンも終盤になり今シーズンのレースを終えたSycip/シシップ のディスククロスバイク。
オーナー様の日頃の自転車への愛情がすごく良く分かります。ドロドロのオフロードも走るシクロクロスレースを、何レースも走っているバイクなのにものすごくキレイに洗車されています。
「ならオーバーホールしなくていいでしょ?」と思われる方も多いと思います。

しかし「表」はものすごくキレイでも実は「中」がものすごく汚れている事があるのです。
この「中」の汚れが故障につながったり、最悪フレームの寿命を縮めていってしまうのです。
12631032_964751343603988_1513677283_o普段は外に出る事はないバーテープのさらに内側、ケーブルを止めているビニールテープの中にも砂がぎっしり入っています。
と言う事はブラケットの中も当然砂まみれなので、ブレーキ、変速のトラブルの原因にもなりますね。

12620734_964751200270669_281080372_oお次ぎはこちら。ボトムブラケット。普段はここにクランクが付いているので、なかなか表面上も磨きにくいポイントでもあります。
このボトムブラケットを外すと…⬇️
12631075_964751180270671_400958602_oやっぱり…BBシェルの中に水や泥が入っていました…がしかし、ボトムブラケットの取外しがものすごくスムーズでした。
これは単に、BBが緩んできてしまったり、締め付けが甘かった。という症状ではなく固着がなかったのです。

手前味噌ながらこのバイクは新車の組み付けも自分が担当させていただき、レース、泥、水、高温、高トルク、という事を考慮して組み付けをしました。

その結果がこうしてレースシーズンを終えたバイクのオーバーホール時に見えてくるのもメカニックとしては楽しみでもあるし、不安な所でもあります。

レースの自転車だけじゃなく、どんな自転車でもオーバーホールは必要です。

毎日、毎日、雨の日も雪の日も暑い日も寒い日も、僕たちにワクワクや楽しみを与えてくれる自転車。
外も中もピカピカにしてあげて、ずっと一緒に走っていけたら素敵ですね。
そんなお手伝いができたらと思います。
是非ご相談ください。

12620444_964751223604000_1173559534_o今日もCirclesピットではパーツやフレームを磨き終えた自転車の組み付けが進んでいます。
H君もう少々お待ちくださいね。

12591878_964751130270676_840460318_o
今、PCで筆を走らせていると、またオーバーホールのご依頼です。
寒さがピークで少し自転車に乗る機会の減っている今がオーバーホールのチャンスですよ!!
(本当は1番寒いこのくらいの時期にたくさん自転車に乗っていただきたいですが。)

例年ですと春先ぐらいはオーバーホールラッシュでお預かり期間が通常より長くなってしまう可能性があります。
通常納期:10日~2週間程
金額:¥18,000~(作業工賃のみの金額ですので別途消耗品、交換パーツ代がかかります。)
是非ご依頼はお早めに!!

12591775_964751160270673_1130769407_oさて!バラし終わったのでピッカピカに磨きますか!!

オーバーホールへの想い。

「グルメセンチュリーライド足助」が今週末にいよいよ開催されます。

日本国内外から沢山の方々が集まります。

もちろん集まるのは人だけではなく、沢山の自転車も集まるわけで

みんながどんな自転車に乗っているのか見られるのも個人的には楽しみの1つ。

皆さんの「想い」のつまったバイク達に合えるのを楽しみにしています。

さてさて、今回はちょっとオーバーホールの話。

オーバーホールは過去にも何回かブログ等でご紹介させて頂いておりますが

ただ単純に「キレイにして、消耗品を交換すればいい。」と言うわけではありません。

今回ご依頼いただいたのはご依頼主がお父様から35年前にプレゼントされたと言う古いロードバイク。

ずっと乗っていなかったそうで、倉庫で眠っていたそうです。

「これをなんとかまた乗れるようにしてほしい」

そんなご依頼。

IMG_3363.JPGとにかく1度ばらしてみて、各パーツの劣化具合や動きのチェックから。

IMG_3362.JPGフレーム内はごらんの有様。

IMG_3366.JPGリムはシルバーではなくポリッシュだったのね…

IMG_3367.JPG古いMAVIC製のホイールは汚れが酷かったですが、スポーク、ニップル、リムの状態は良く、とにかく徹底的に磨き上げ、振れとり、スポークテンション調整、ハブのグリスアップで見事復活!

IMG_3358.JPG35年分の汚れ。

IMG_3359.JPG汚れをしっかりと落としてやればまだまだ使える部品ばかり。

IMG_3360.JPG

IMG_3365.JPGハブやヘッド、BBのベアリングの状態も良くしっかりとグリスアップしてやればスムーズに回るようになりました。

IMG_3344.JPG他のパーツも徹底的に磨き上げ組み付けていって完成。

IMG_3345.JPGもちろん故障、劣化具合によっては交換しなくてはいけないパーツと言うのは必ず出てきます。
「安全に走行できる。」
と言うのが大前提ですから。

しかし何でもかんでも新品に交換するのではなく、直せる物はしっかりと直して、ちゃんとまた使えるようにする。

メカマンとして当たり前で基本的な事ですが、正直少し忘れていたような気がします。

IMG_3357.JPG御納車させていただいた時のお客様の笑顔を拝見した瞬間、「35年の想い」がものすごく伝わってきました。

I様、息子様にゆずる日が楽しみですね!

それには定期的な点検が必要ですよ!

いつでもご来店下さいね!

6月に入り梅雨入り間近です。あなたの「想い」のつまった愛車も

是非オーバーホール(¥16,000~)いかがでしょうか?

ご相談お待ちしております。

CHRIS KING

今回ご依頼いただいたのは、コンポーネントをカンパニョーロからシマノへと交換
するにあたって、CHRIS KING R45 Discのリアハブのフリー交換です。

IMG_2701⬆️カンパニョーロ対応のCHRIS KING R45 Disc ハブ

ご存知CHRIS KINGのハブは回転性能はもちろんの事
そのメンテナンス制にも大変優れています。

使うコンポーネントによって車輪(ハブ)を組み変える必要がなく
ハブのフリーの部分とシャフトを交換してやるだけでカンパ→シマノ(スラム)
シマノ(スラム)→カンパにチェンジできます。(R45、R45Discのみ)
IMG_2702⬆️[Chris King] R45 Road Rear Hub,11speed Conversion Kit ¥31,320

と言う事は、R45ハブをお使いの方で現状10速用のフリーがついていても
将来的にコンポーネントを11速対応に交換する際
せっかく購入したR45ハブを買い直す事なくシャフトとフリーを交換するだけで
11速にも対応できるという事です。

IMG_2708⬆️まずはフリーを外します。この交換作業は専用工具無しで行う事ができます。

IMG_2712ここからオーバーホール作業ですが、その模様は次回、詳しくお伝えします。

IMG_2725⬆️パーツを細部まで磨き終わったら専用グリスでグリスアップ。
シャフトとフリーを取り付けて完成です。
これでカンパニョーロ用からシマノ用にコンバージョンできました。

CHRIS KING。
見た目の美しさや、回転性能はもちろん
メンテナンスしながら末永くずっといい状態で使っていただけるパーツです。
IMG_2775⬆️こちらはシングルスピードで乗られていたSURLY CROSS-CHECKをギアードに。それに伴って車輪もCHRIS KINGハブで新調しました。
最近は色々な方にCHRIS KINGハブを使っていただける事が増えてきました。

ハードに。タフに。
毎日の足として、週末のレースやグラベルライド。
キャンプツーリングに、日本一周。
「とにかく自転車に乗る方」にどんどん使って頂きたいCHRIS KINGパーツ。

1度使うと、もうあなたは「KING」の虜。

シーズンオフからシーズンイン!

どうもJUSです!

シクロクロスシーズンもいよいよ終盤ですが、本日も各地で熱い戦いが繰り広げられております!

本日もCRCメンバーやCIRCLESスタッフからは

TAKA&ハッピーが東海シクロクロスへ参加しました。

結果はどうであれみんな楽しんでいたようで何よりです。

DSC_2848

DSC_2708

さてさて、「シーズンオフ」と聞くと僕らメカニックにとっては「オーバーホールのシーズンイン」になります。
クロッサーのみなさんバイクのオーバーホールおまちしておりますよー!

しかしオーバーホールは何もレースバイクにだけに言える事ではなく

日々の生活で使っているあなたの自転車にも言える事。

まだまだ寒い日が続きますが少しずつ日も長くなり

日差しに暖かみを感じる日も増えてきたように思えます。

春が近づいてこれば自転車に乗りやすくなる日も増えてきます。

これはまさに快適自転車生活の「シーズンイン」です。

しかしながら、冬の間眠らせておいた自転車にいざ乗ろうと思ったら…

チェーンがサビサビ…

変速がきかない…

ブレーキシューがすり減って、タイヤもひび割れてる…

何よりも「自転車きったねーな!おい!」

と思われる方も多いのでは?

春の新生活のスタートに、ボロボロ、サビサビの自転車では

それだけでスタートが出遅れちゃう気がしますね。

そこで、みなさんが春のスタートに出遅れない為にも(大げさ?)

CIRCLESでは自転車のオーバーホールをオススメします。

オーバーホールとは自伝車のパーツをフレームからすべて外し

丁寧に磨いて、グリスアップ、メンテナンス、消耗品の交換をして

また組み立て直すというCIRCLESお得意のサービスです。

IMG_2568.JPG⬆️バラバラにしたパーツを丁寧に磨いて組み付けて行きます。

SURLYのフレームならデカールを張り替えるのはどうでしょう?(詳しくはこちらのAB蔵ブログをチェック)

IMG_2569.JPGビフォー。

IMG_2570.JPGアフター!
リフレッシュ感が半端ないですよ!

その他、オーバーホールに合わせて球体ペイント(¥18,000〜)でフレーム塗装もオススメです!

今なら通常オーバーホールはお預かり2週間程でお渡し可能です。(オーバーホール¥16,000〜)

フレーム塗装込みですとお預かり1ヶ月〜(フレームの素材、色数によって異なります)

となっております。

さぁ、春の新生活に向けてあなたの相棒をリフレッシュさせてみませんか?

どんどんご相談お待ちしております!

シマノチェーンの統廃合。

IMG_9248

ご覧頂いておりますのはシマノのチェーン、今では6/7/8sから11sまでラインナップも数多く、パッケージデザインも昔はそれぞれ特色がありましたが、今ではある程度統一感を感じます。

サークルズでは11sももちろん動きますが、実は一番動きがあるのは6/7/8sもしくは9sチェーンだったりするのです。これは日頃からオーバーホールを数多く頂いているというのが大きな理由だと思いますが、最新のコンポでなくても、しっかり直したり、手入れをしてあげて末永く使っていこうという意志の強いサイクリストが多いということでもあり、嬉しい気持ちです。

増加の一途をたどっていたシマノチェーンのバリエーションですが、11sが広まっていくなかで、無くなるモデルや新しく生まれ変わるモデルが出てくる等、チェーンに統廃合的な動きがあるので、ちょっとまとめてみました。

11s

まずは、105の11s化で話題の11sシリーズ。もちろんこれからを担うものですので、こちらは無くなると言うよりはむしろリニューアルといった感じです。間もなく11s化でモデルチェンジされるXTRもCNHG900を推奨しており、ロードとMTBのチェーンが共用となっております。

10sroad

今となっては影を潜める10sのロードチェーンたちですが、いくつかのモデルに集約される形となりました。ですがまだまだ出番は多いです。僕自身もまだ10s使ってます。

10smtb

MTB用の10sチェーンも同様にラインナップが絞られています。

9s

9sも4モデルあったものが2モデルに集約されています。このあたりはしっかりと在庫しておりますので、チェーン交換はもちろんオーバーホールのご相談もお気軽にお問い合わせ下さい。

6.7.8s

そして、6/7/8sモデルは4モデルが廃止となり、ニューモデルと継続モデルの2種類に絞られました。このアナウンスを聞いてあわててCNHG50を補充しましたが、これももうすぐ底をつきそうです。CNHG40も当面在庫がない状況のようです。

シマノさん、是非ともCNHG71のお早い入荷を心からお待ちしております!

Repaintで生まれ変わったCross Check!!

先日ともやんがアップしたように、オーバーホール絶賛受付中です。本当に有り難いことに毎週様々なバイクがオーバーホールのご依頼でピットインしてきます。我々メカニックも嬉しい限りです。あなたの愛車をしっかりとケアしますので、お気軽にご相談下さい。

そんな中、オーバーホールのタイミングでリペイントも含めて新しく生まれ変わったバイクをご紹介します。

DSC_6963

SurlyのCrosscheckです。2年ちょっとの間通勤でしっかりと乗られていたものをオーバーホールするタイミングで、思いきってリペイントもさせて頂きました。リペイントのみをご希望の場合は塗り上がった後の組み立て工賃(車種にもよりますが、10,000円〜)が発生してしまいますが、少しアップチャージを頂いてオーバーホール(16,000円〜)と一緒にご依頼頂くと一石二鳥です。フレーム内部の防錆処理から、パーツのクリーニング・グリスアップまで徹底的に行います。

DSC_7000

そして球体ペイントによる再塗装はもともとノーマルのグロスブラックだった面影が無くなる程ガラリと印象が変わりました。ステムはフレームフォークとマッチペイントで、リアバックは黒に切り替えてSimWorksのOn The Roadとマッチさせています。

DSC_6995

雨の日や昨日の雪のような日でもガンガン乗っている人は、どうしてもフレーム内部に水が侵入して錆が進行しやすくなります。出来る限り1年から1年半に一度はしっかりメンテナンスしてあげたいですね。是非ともご相談下さい!

 

-BIKE SPECS-
Frame Surly Cross Check / Repaint
HeadSet ChrisKing NTS – Gold –
Crankset Shimano FC-5700 with Wolf Tooth 40T
Brake TRP CX-9
Cog Chris King Stainless Steel Cog 17T
Single Speed kit Surly SS kit
Rims DT RR585 32H
HUBS Shimano 105(5700) 32H
Spokes DT Champion
Tires Freedom by WTB Ryder 700-38c
Handle SimWorks Wildhoney / 410mm
Stem SimWorks Four Rhonda / Match Paint with Frame
Bar Tape Lizard Skins DSP 3.2
Saddle fizik Aliante Versus
Rack SimWorks On The Road -Black-

 

消耗品のこと

まだ寒い日が続きますね。

名古屋も今朝から雪が降っています。

雪を見て興奮するサイクリストは多いと思いますが、

乗るのが億劫になる方もいらっしゃると思います。

それもしょうがない、寒いですもんね。

なかなか乗る機会が少ないこの時期、ご自身の自転車のメンテナンスの事なんて

少し考えてみてはいかがでしょう。

先日オーバーオールをご依頼頂いた自転車。

フロントチェーンリングにご注目を。

写真

手前が未使用新品、奥が5年ほど乗られたチェーンリング。

結構すり減ってますね。名古屋風に言うとトッキントッキン。

タイヤやブレーキシューが消耗品だという事は、

多くの方が思いつきますよね。

でも、チェーンリングやリアスプロケットも消耗品なんです。

写真

左がすり減ったリアスプロケット。

ロー側 (大きなギア側)から3、4段目が特にすり減ってますね。

長く使っていればチェーンとの摩擦で少しづつすり減ってきます。

そして、すり減ったチェーンリングやリアスプロケットは変速性能に大きく影響します。

なんか最近変速が調子悪いなと思われれる方は、まずこれらをチェックしてみては。

サークルズに持って来て頂ければ僕らもチェックしますよ。

 

寒くて乗る機会が減っちゃうこの時期に、

オーバーホールを終わらせちゃおうっていう賢いお考えの方が多くて、

組み仕事も相まり、この時期にしてはピットは意外に忙しいです。

でも、まだ間に合います。

いまご依頼頂ければ、春っていう最高に気持ち良い季節には

気持ち良い状態に蘇った自転車に乗って頂けますよ。

その他、少しでも気になる事があればいつでも持って来てください。

その他にも消耗してる所があるかもしれませんからね。

 

 

 

 

 

Mint green.

関西シクロクロスも間もなく、最終戦を迎えます。
これが終われば、本格的なトレイルシーズンでは無いでしょうか?

さて、そんな山遊びに向けて可愛らしいバイクがロールアウトしましたので、ご紹介です。

DSC_6424
DSC_6440
女性がオーナーさんのこのバイク、一度走った山道が忘れられず、モット楽しく快適にという事でペイントとパーツ交換をご依頼頂きました。
まあ、パーツ交換と言っても前のバイクから使ったのは、フレームとヘッドパーツのみですので、ほぼ新車ですかね(笑)
タイヤは、山道用と街中用で付け替えます、今回は街中バージョン。

今回のパーツセレクトは、「長く使えそれでいて出来るだけ軽いモノ」というご依頼であれば間違いなくココはShimano XTをチョイスです。
まさに、安定のシマノさん。
DSC_6434
あとは、幾つかのアクセントになりそうなパーツを、フレームのペイントを活かすようにおとなしめで配置した結果。
DSC_6430
可愛らしいバイクに仕上がりました。
はやく山道を走り抜ける姿が見たい物です。

春に向けて、パーツ交換やペイント、オーバーホールのご相談いつでもお待ちしています。
熱い思いだけぶつけに来て下さいね。

春は、もうすぐ。