Oldschool & Newschool…

 

PAULcampを知ってるかい?

 


 
PAUL COMPONENT / ポールコンポーネントが先日開催したイベントは、カリフォルニアの名だたるビルダーをはじめとした様々なビルダーや、パーツメーカーが一同に会した催し。 それこそカリフォルニアではMYM(Meet Your Maker Tour)というショーも開催されていますが、今回もまさにMYMと同じくして作り手本人に会う事ができる貴重な機会なのです。
 
まずは、みんなでカリフォルニアはチコのダートやトレイルをグループライド。
 

The bikes of #paulcamp are something else. Awesome to finally see these in person. Ride all the bikes!

Billy Sinkfordさん(@souphorse)がシェアした投稿 –


 
Retrotec/レトロテックのカーティスが用意したのは、ファンデューロATB。
 

Hot fire from @sklarbikes! #paulcamp

Billy Sinkfordさん(@souphorse)がシェアした投稿 –


 
sklar/スカラーのアダム君も参加。 この日のために製作したモンスタークロスは、27.5×2.1″のタイヤを呑み込みます。 話を聞くと、700x45cとのコンパーチブルで楽しめるようで、マルチパーパスドロップバーバイクっていうコンセプトが個人的にツボ。
 
そう、ここで気付いた人もいると思いますが、この日のために参加ビルダーはそれぞれスペシャルバイクを製作し、それらにはリミテッドカラーのブルーアルマイトのポールパーツ群がアッセンブルされているのです。
 

Sweet titanium #odditycycles here at #sierranevadabrewing #Paulcamp #dirtrag #bicycletimes !!!

Dirt Rag Magazineさん(@dirtragmag)がシェアした投稿 –


 
ライドの後には、ポールと同じくチコに拠点を置くシェラネバダのブリュワリーの中でバイクショー。 参加したビルダー達のバイクがそのまま展示され、美味しいビールを片手に、作り手と直接話をすることが出来るのです。
 

HUGE thank-you to @sierranevada for letting us throw the first bike show ever in the brewery yesterday! Paul was beaming the whole time. ☺️ #PAULcamp

⠀⠀⠀ coмponenт engιneerιngさん(@paulcomponent)がシェアした投稿 –


 
そして、MYMよろしく、ポールの工房を巡るツアーまで開かれ、ポールさんが過去に製作したフレームや、数々のプロトタイプなどを見ることができたりと盛りだくさんの内容。
  

Paul in his cave. #PAULcamp

White Industriesさん(@whiteind)がシェアした投稿 –


 
ちなみに、この写真をアップしているのはホワイトインダストリーズ。 そう、彼らもまた今回のイベントをサポートしており、同じカリフォルニアで良質な自転車パーツを作り続ける彼らはとても強い絆で結ばれており、そこには商売敵とかそういった変な関係はなく、同じ自転車が好きな仲間として繋がってるのがカリフォルニアの人々の良いところなのです。
 

Oops. Sorry #Paulcamp

Jeremy Sycipさん(@jbsycip)がシェアした投稿 –


 
おっと、これ以上は写真NG。。。
 
まだまだ気になる事はたくさんありますが、そのあたりは次回の宿題ってことで、今日は先日のNAHBSでポールから新製品として発表されたシートクランプが待望の入荷を果たしたのでお知らせします。
 
【Paul Component】QUICK RELEASE SEATPOST COLLOR ¥7,600(税抜)
 
ご購入はこちら

 
 
彼らのクイックリリースシリーズでも採用されている優れたインターナルカムデザインをシートクランプにも活用しない手はない!ということで開発されたシートクランプ。
 
良質なアルミとステンレスを用い、1つ1つ削り出して作られるそれは、長く使い続ける事ができるという、彼らのメーカーとしての本質的な目標をしっかりと果たしながら、サイクリストの好奇心をくすぐるプロダクトに仕上がっています。
 


 
Paulcampではこんなバイクの姿も。 ドロッパーポストなんてなかった時代先人の知恵ですね。 果たしてこれはオールドスクール? もしくはニュースクール? それはあなた次第! コレだ!って思えばそれはずっと使い続ける事の出来る素晴らしい製品なのですからね。
 

Paul Component X SimWorks

 
ジャスです。
 
僕がPaul Component/ポール コンポーネントというメーカーを意識するようになったのは、サークルズで働く少し前。 僕が今でもずっと大切に乗り続けているSurly CrossCheck/サーリー クロスチェックをサークルズでオーダーした日でした。 もう5年以上も前の話です。
 
当時、接客してくれたトレーシーからポールのカンチブレーキを薦められました。
ショーケースの中を覗くとそこには、キレイなアルマイトのかかった様々なパーツ。一瞬で心を奪われてしまったのを覚えています。
 
予算が限られていた僕は、消去法的に泣く泣くポールのブレーキを諦めてしまったけれど、いつかはポールのパーツを使って自転車を組んでみたい!と強く思い続けていました。 その後、どんどん自転車の魅力に取り付かれ、その半年後にはサークルズに入社を決めていたのでした。
 
時間が経つのはとても早く、当時の「最新コンポーネント」と呼ばれていた物はもちろん「最新」ではなくなり、次から次へと真新しい物が溢れるように湧いて出て、何も無かったかのように姿を消していく。 そんな時代。
 
そんな中、当時僕が覗いたショーケースには今でも当時と変わらない場所にポールのパーツ達を奇麗にビシッと並べています。 基本を失わずにバージョンアップを続け、常に世界が求める新しい物を作り出す姿勢が世界中のサイクリストに愛される理由なのではないのかと思います。
 
 
ただ、当時と違うのはシューケースの1番上の段には我らがシムワークスの熱い想いを形にした、ポールとのコラボレーションアイテムが所狭しと並べられている事。 あの日、買えなかったポールのブレーキへの憧れは今でも変わらず、今はさらに生み出す事への憧れへ。
 
今日はそんな憧れを形にしてくれた、シムワークスとポールのラインナップに新たに加わったアイテム達をご紹介いたします。
 

【Paul Component x SimWorks】
MOTOLITE BRAKE/モトライト ブレーキ
¥18,500(税抜)

 
ご購入はこちら

 
ブレーキの形状は、20年近く前に発表されたブレーキです。 ディスクブレーキ全盛の今の時代、その存在が薄れてきたVブレーキ。
 
そんな中何故、「今」、モトライト ブレーキなのか? 答えは「今」のホイールサイズの豊富さにあります。
 
26インチ、27.5インチ、650B、700C、29インチと求めるライディングスタイルによって選択できるホイールサイズが増えてきました。 そして昨今のトレンドでもある26インチの27.5インチ化、ディスクブレーキを搭載したバイクに与えられるインチアップカスタムもしかり。
 
しかし、サークルズに持ち込まれる自転車のホイールサイズに関するご相談は、26インチのディスクブレーキを搭載していないオールドマウンテンバイクや、使い込まれたクロスバイク、ツーリングバイクといったものがまだまだ多いのです。
 
 
このような自転車にこそ、このモトライトの持つブレーキシュー取り付け位置をアジャストできる機能がとても役に立ちます。 上下にアジャストするブレーキシューホルダーは、ホイールサイズの壁を少しだけ越えることができるのです。
 
 
例えばサーリーの名ツーリングバイク、ロングホールトラッカー。 こちらもサークルズではクロスチェックに負けじと大変人気のある車種です。 このロングホールトラッカーは26インチですので、モトライトを装着する事で27.5インチへのインチアップカスタムが可能です。
 
では、26インチから27.5インチへインチアップする事のメリットとは?
 
まずはホイールサイズが大きくなる事で26インチよりもよく進み、段差なども乗り越えやすくなり、トータル的に走破性が上がります。
次に見た目のバランスも良くなります。これはフレームサイズにもよりますが、フレームサイズが大きいバイクに対して26インチホイールはどうしてもアンバランスになりがちです。(個人的にはそのサイズ感、バランス感も好きなのですが。)
それが27.5インチになる事によりバランスよくなります。
 
デメリットとしては、スタンドオーバーハイトが多少上がってしまうことと、あと個人的にはフェンダーの取り付けぐらいでしょうか。 タイヤとブレーキ本体、タイヤ上部に張られるブレーキワイヤーのクリアランスが少なくなるため、タイヤサイズによっては装着が厳しくなる可能性もあります。 しかしながら、それを差し引いてでも650B化してみるのはものすごく面白いと思うのでおすすめです。 ロングホールトラッカーにThe Homageを履かせて、新たな冒険に出掛けませんか?
 
【Paul Component x SimWorks】
THUMBIES for microSHIFT/サミーズ フォー マイクロシフト
¥9,800(税抜)

 
ご購入はこちら

 
そしてもう一つは、サミーズ フォー マイクロシフト。
 
サミーズはと言えばシマノのバーエンドコントロールシフターを使い、サムシフターとして使う事の出来るアイテムなのですが昔から存在します。
 
では一体何が新製品なのでしょうか?
 
答えは名前にあります。そうです、サミーズ フォー マイクロシフト。
 
 
シムワークスの取り扱うプロダクト、マイクロシフト社のバーエンド・シフターとシフティング・レバーに互換性をもったサミーズ。 そして本家にはないオープンクランプ式の取付け方法や、より薄く製造された台座のおかげでそのレバー調整に対する自由度が広くなり、メンテナンス性能も格段に向上しています。
 
サーリーのクロスチェックの完成車にはマイクロシフト社のバーエンドコントロールシフターがドロップハンドルに付いていますので、ドロップハンドルからフラットハンドルへのカスタムも、このサミーズを使う事により最小限のパーツ交換で容易に行う事ができるようになります。
 
 
何よりもこの美しい台座に刻み込まれた「P」と「♡」
あなたのバイクをより美しく、豊かにしてくれます。
 
今後もPaul Component X SimWorks の動きから目が離せません!!
 

お土産話とハンドキャリーグッズ。

一昨日、我々アメリカ特派員が無事帰国し、昨日よりフルメンバーで営業しております。
実際に目で見て、話をし、肌で感じてきたことや、珍道中の裏話など、お土産話もありますので、ご来店頂いた時には色々とお話しできればと思います。

早速ですが、お土産話とともに僕ら特派員がハンドキャリーで持って帰ってきたアイテムをご紹介。早速店頭とWebshopにて販売しております。

まずは、地元カリフォルニア開催ということもあり、
常にブースが賑わっていたPAUL COMPONENT

Paul Component Klamper

【PAUL Component】Klamper T-Shirt ¥3,800(税抜)

【PAUL Component】Klamper Water Bottle ¥2,300(税抜)

一度見たら忘れない独特なキュートなタッチのイラストが印象的なBicycle Crumbsによって描かれた、PAULのディクスブレーキKlamperがモチーフになったTシャツとボトル。NAHBS会場にてゲットしたものを鮮度が落ちないうちにお届けです。

Pass and stow

Pass and stow

続いて、オークランドでクールなフロントラックを作っているPass And Stow Racks。リックハンターのショーバイクをはじめ、会場でも色んなバイクに装着されていました。Matt Feeneyの人柄も相まってか、ビルダーやサイクリスト問わずファンの多いラックメーカーです。

Pass&Stow Tshirts【Pass And Stow Racks】P&S T-Shirt with Parking Brake Code ¥3,800(税抜)

Pass&Stow Tshirts

Pass&Stow Tshirts

シンプルなプリントTシャツを束ねているドローコートは、パーキングブレーキと名付けられ、フロントラックを付けたバイクにありがちな、駐輪時にハンドルが切れてしまうというトラブルを防ぐ事ができます。Pass And Stow Racksはラックも取り扱いも始めますので、乞うご期待ください。

そして、ここからはお土産話。というか自慢話。

サクラメントでのNAHBS視察を終えて向かったポートランド。滞在最終日の夜にはThe AthleticJeremy Dunnのお誘いでバスケをすることに。何を隠そう小中高とバスケットをしていた私。急遽現地でバッシュを調達し、彼が教えてくれた住所のメモを頼りにコートへと向かいました。

毎週火曜日の夜に仲間とプレーをしているらしく、この日もジェレミー以外に、North St BagのケビンやChris Kingのスタッフもいて、みんなと楽しむことができました。実はサークルズやシムワークス界隈にはバスケ部出身が多いので、これはもうコート借りなきゃ!なんて思っています。元バスケ部の方もそうでない方もその時はぜひ一緒に遊びましょう。コートの情報も求む!ちなみにバッシュはアシックス派でした。

まさかアメリカでプレーする機会があるなんて思っていなかっただけに、ついつい張り切ってしまって全身筋肉痛なのはここだけの話です。

Sycip Bikes “All around CX”.

Jeremy Sycipが作るSycip Bikesのバイクは、何というか優しさで溢れている。
もちろんシリアスライダーのためのレーサーバイクから、素敵なコミューターバイクまで幅広く製作しており、彼のユーモアがそのまま自転車に現れています。素材も、スチールはもちろん、チタンやアルミまで積極的に製作しています。個人的には彼の作るアルミフレームはオススメです。(どなたかレーサー組みませんか?!)

IMG_7363

IMG_7365

IMG_7371

今回はCRCのメンバーであるSさんのオーダー。

関西CXをメインにシクロクロスレースにも積極的に参加するSさんのオーダーは、「CXレースと週末のツーリングを楽しめるバイク」ということで、あえてレースジオメトリーにせず、安定感のあるハンドリングを持ったバイクに仕上がりました。オリジナルのセグメンタルフォークとフレームどちらにもラックアイレットがついており、ツーリング時にラックを取り付けることのできる仕様です。背伸びしていない自然体なアッセンブルでこのバイクと一緒に過ごす週末は絶対に楽しいに違いないです。

IMG_7368

というわけで、早速関西CXでレースを走られたSさん。新しいバイクとの対話を楽しんで頂けたようです。スチールフォークを装着したこの状態で10.3kgという数字はツアラーバイクとして考えればかなりのライトウェイト!レースでも重量は気にならなかったそうです。これからいろんな所に行きましょうね!

 

-BIKE SPECS-
Frame Sycip Bikes All around CX -custom-
Component Shimano 105 5700
Brake Paul Component Neo-retro&Touring Canti
BB Chris King
HeadSet ChrisKing NTS – Mango –
Rims HED Belgium 32H
HUBS Shimano 105 HB-5700/FH-5700
Spokes DT Champion – Black –
Tires Challenge Grifo -700x33c-
Handle SimWorks Wild Honey
Stem SimWorks Four Rhonda
Saddle Fizik Antares Versus
SeatPost Beatnik

 

怒濤の2日間を越え、狙い目な平日がやってくる!

IMG_7704

初日、2日目とNEW YEAR SALEが終わりました。まだまだ1/8(水)までやっております!

IMG_1333

ありがたいことに以前ご紹介したあのバイクがお嫁に行ったり、2Fの福袋もほぼ完売となってしまいました。
とにかくドタバタな2日間でしたが平日はもう少しゆっくりとご覧になれると思います。

IMG_2007

完成車からフレームはもちろん、

IMG_7019

あれもこれも全て10%オフになります。
フレームの在庫が無くても、その他のパーツをお得にゲットして、ゼロから組み立てていくのも良いですね。明日からはそういったアッセンブルについてもゆっくりとご相談できると思います。

IMG_5350

もちろん、タイヤやチューブ等の消耗品をこの機会に買い込んでおくのも賢者です!

是非ともお待ちしております!
明日はまたスペシャルな一台をご紹介しちゃいます。お楽しみに!

見た目は野蛮、やればハマる!

DSC_8065

見た目は野蛮、モテそうでモテない、

でもやればハマるそれが「BikePolo」。

Paul Duplex LeverをPolo車にアッセンブルした彼は、

勉強、練習熱心で色々と試します。

僕も見習わないとね!