Oldschool & Newschool…

 

PAULcampを知ってるかい?

 


 
PAUL COMPONENT / ポールコンポーネントが先日開催したイベントは、カリフォルニアの名だたるビルダーをはじめとした様々なビルダーや、パーツメーカーが一同に会した催し。 それこそカリフォルニアではMYM(Meet Your Maker Tour)というショーも開催されていますが、今回もまさにMYMと同じくして作り手本人に会う事ができる貴重な機会なのです。
 
まずは、みんなでカリフォルニアはチコのダートやトレイルをグループライド。
 

The bikes of #paulcamp are something else. Awesome to finally see these in person. Ride all the bikes!

Billy Sinkfordさん(@souphorse)がシェアした投稿 –


 
Retrotec/レトロテックのカーティスが用意したのは、ファンデューロATB。
 

Hot fire from @sklarbikes! #paulcamp

Billy Sinkfordさん(@souphorse)がシェアした投稿 –


 
sklar/スカラーのアダム君も参加。 この日のために製作したモンスタークロスは、27.5×2.1″のタイヤを呑み込みます。 話を聞くと、700x45cとのコンパーチブルで楽しめるようで、マルチパーパスドロップバーバイクっていうコンセプトが個人的にツボ。
 
そう、ここで気付いた人もいると思いますが、この日のために参加ビルダーはそれぞれスペシャルバイクを製作し、それらにはリミテッドカラーのブルーアルマイトのポールパーツ群がアッセンブルされているのです。
 

Sweet titanium #odditycycles here at #sierranevadabrewing #Paulcamp #dirtrag #bicycletimes !!!

Dirt Rag Magazineさん(@dirtragmag)がシェアした投稿 –


 
ライドの後には、ポールと同じくチコに拠点を置くシェラネバダのブリュワリーの中でバイクショー。 参加したビルダー達のバイクがそのまま展示され、美味しいビールを片手に、作り手と直接話をすることが出来るのです。
 

HUGE thank-you to @sierranevada for letting us throw the first bike show ever in the brewery yesterday! Paul was beaming the whole time. ☺️ #PAULcamp

⠀⠀⠀ coмponenт engιneerιngさん(@paulcomponent)がシェアした投稿 –


 
そして、MYMよろしく、ポールの工房を巡るツアーまで開かれ、ポールさんが過去に製作したフレームや、数々のプロトタイプなどを見ることができたりと盛りだくさんの内容。
  

Paul in his cave. #PAULcamp

White Industriesさん(@whiteind)がシェアした投稿 –


 
ちなみに、この写真をアップしているのはホワイトインダストリーズ。 そう、彼らもまた今回のイベントをサポートしており、同じカリフォルニアで良質な自転車パーツを作り続ける彼らはとても強い絆で結ばれており、そこには商売敵とかそういった変な関係はなく、同じ自転車が好きな仲間として繋がってるのがカリフォルニアの人々の良いところなのです。
 

Oops. Sorry #Paulcamp

Jeremy Sycipさん(@jbsycip)がシェアした投稿 –


 
おっと、これ以上は写真NG。。。
 
まだまだ気になる事はたくさんありますが、そのあたりは次回の宿題ってことで、今日は先日のNAHBSでポールから新製品として発表されたシートクランプが待望の入荷を果たしたのでお知らせします。
 
【Paul Component】QUICK RELEASE SEATPOST COLLOR ¥7,600(税抜)
 
ご購入はこちら

 
 
彼らのクイックリリースシリーズでも採用されている優れたインターナルカムデザインをシートクランプにも活用しない手はない!ということで開発されたシートクランプ。
 
良質なアルミとステンレスを用い、1つ1つ削り出して作られるそれは、長く使い続ける事ができるという、彼らのメーカーとしての本質的な目標をしっかりと果たしながら、サイクリストの好奇心をくすぐるプロダクトに仕上がっています。
 


 
Paulcampではこんなバイクの姿も。 ドロッパーポストなんてなかった時代先人の知恵ですね。 果たしてこれはオールドスクール? もしくはニュースクール? それはあなた次第! コレだ!って思えばそれはずっと使い続ける事の出来る素晴らしい製品なのですからね。
 

What’s going on? in the SLC

  
ポートランドからバン一杯に荷物を積んで、1200km離れたソルトレイクシティへと辿り着いた我々一行は、色々とトラブルがあったものの無事に前日のブース設営も終わり、 翌日の開催を待つのみでした。 ただひとつ心配だったのは、隣のブースの出展者が一向に姿を見せなかったこと、、、
  
 
設営時間のギリギリにやってきた隣の出展者の正体は、お馴染みカリフォルニアビルダーのカーティス・イングリス / レトロテックサイクルズジェレミー・シシップ / シシップバイクスの二人。カリフォルニアからお互いのバイクを詰め込んだ大きなバンで、事前にユタ入りし、マウンテンバイキングのメッカであるモアブで3日間しこたまマウンテンバイクに乗ってから会場に現れたのです。
 
 
「いやぁーモアブ最高だった!」とご満悦の二人、テキパキと準備を澄ませた彼らのブースには、モアブの乾いた赤土まみれバイクももちろん展示されました。
 

 
クリスキングからは、特殊なマットフィニッシュの新色マットスレート、マットジェットに加え、今年のリミテッドカラーとしてマットエメラルドを発表。週明けからオーダーも可能です。
 

 
こちらはさらにスペシャルなバーボンカラー。 極少量の生産ということで、販売についての詳細はまだあがっていませんが、このバーボンカラーを使ったシエロのリジットマウンテンもまたラインナップにないスペシャルカラーです。 ガンガン降りずに山を楽しむならこういうセッティングの方が楽しいなと個人的には思っています。
 
 
キングケージのロンさんのブースは、やたらとでかいボトルケージが目印。 最近どーう?と話をすると、「とっておきがあるよ」ってニヤリ。
 
 
Do you know what’s the difference?
真ん中が通常のボトルケージ。 うーん、穴の位置が違いますね。 ずばり、フレームバッグとの干渉を防ぐために作ったケージも近々発表の予定。
 
 
ポールはついにシートクランプを作ってくれました!
 
 
トムソンのブースには、何やらMaster Piece Cとマークされたシートポストが、、、、
アルミのマウンテンドロップもそろそろ出るようです。
 
 
ワウンドアップもついにテーパードコラム・スルーアクスルモデルの製作に着手。 ソルトレイクに拠点を持つ彼らとは、ショーが終わったら工場案内をしてもらう事を約束させてもらいました。
 
 
まさに先人達の知恵。
 
 
そしてそれがあったからこそなし得る事。 自転車に乗ることを目的としても良いし、何かをするための手段にしても良い。 それが自転車の面白い所。
 
 
ただのグラベルロードかと思ったら大違い。
 
 
ついにグラベルバイクにもサスペンションフォークを付ける時代がやってきた?
 
 
リムまで同色に塗っちゃう思い切りの良さに関心。 ガッチガチに決めたアッセンブルも良いけれど、こんな自由な発想や組み方に触れることが出来るのも、NAHBSに足を運ぶことの醍醐味。
 
 
そしてティーザーも上がっていてみなさんの関心も大きいであろうこちらのリム。 名盤ともいえるマビックのオープンプロがリニューアル。 リム幅も少し広くなり、チューブレスに対応するようです。 まだまだ発売については未定ですが、オープンプロだけに、問屋さんには是非ともオープンな体制で展開して頂きたいですね。
 
 
そして渦中のリムを装着するのは、サンタバーバラの新進気鋭ビルダーチームSTINNER FRAME WORKS / スティナーフレームワークスのロードフレーム。 こちらは何を隠そう、チームドリームのショーンのバイクです。
 
スティナーのように少しずつ新しい世代のビルダー達が活躍してくるようになったことで、このコミュニティーの未来への持続性を感じたショー初日。 誰が誰のために、そしてどんな目的で。 それらと向き合い、1つ1つ丁寧に手を動かして作られるもの。 マスプロがやり方を真似たって、簡単に真似はできないリアリティや、決して絶えることのない情熱がそこにはある。
 
 
締めはキングのナイトパーティー。 どの土地で開催されても必ずこうやってローカルバイクショップとともにコミュニティーの輪を広げ、結束を強くしようとする姿勢は見習わねばなりません。 一日中歩き回って喋りまくったのもあってか、クリス・デミーノやキングクルーによって振る舞われた美味しいタコスを食べたら完全ノックアウト。 デミーノは来週からポートランドに新しくお店を構えるという事で、この旅のうちに必ず立ち寄る事を約束。
 
こうしてソルトレイクの夜が更けていったのです。
 

サンタクルズからのグッドオファー。

 
久々にサンタクルズから飛来したのは、Hunter Cycles / ハンターサイクルズ からのグッドオファー。
 

 

JB BarPass&Stow / パスアンドストウのフロントラックが印象的なリラックスして乗れるバイクは、Logging Road Cruiser / ロギングロードクルーザーという名のシティーコミューター+オールテラインクルーザーというコンセプトの一台。
 

 
リックが作るラウンドトップのフレームが描く美しいカーブにはいつも見惚れてしまうのですが、このバイクも例に漏れることはなし。 ゆったりとした曲がりをもつJB Barを握って街へ出掛ければ、いつもと少し違った景色が見れるはず。 シングルスピードのクルーザーはアッセンブルもリック自身によるもので、ポールのワードハブ + ブルースゴードンのロックンロードタイヤが収まる完璧な足回りと、ちゃっかりブレイズオンタイプのポールのレーサーブレーキが付いていたり、、、でも全然背伸びしていない使い切るアッセンブルがなんとも彼らしいなと思う。
  
リックの地元の馴染みのある方からのオーダーだったこのバイク、日常のためのバイクをカスタムオーダーすることってなかなか簡単にできることではないけれど、日々の生活に何をすれば豊かになるかってことを想像した先に、こんなオーダーをしようって決断ができるのです。 訳あって前オーナーさんはこのバイクを手放す事になってしまいましたが、大事に乗られていたバイクは状態も良好。 我こそはその意志を継がん!という方いかがでしょうか?
 
遠方からご来店される方、またウェブショップにてご覧になった方も、ご来店が可能であれば、一度現物をご覧頂いた上でご購入を決めて頂けます。 またお支払方法についてもご相談に応じます(現金お支払以外にも、クレジットカード、またご来店の場合はジャックスカードローンでのお支払いも可能です)ので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。
 

【Hunter Cycles】 Logging Road Cruiser ¥398,000(税抜)
サイズ:トップチューブ(水平換算)/550mm , シートチューブ/430mm

 
ご購入はこちら

 

-SPECS-
HeadSet Cane Creek Ten
Crank Sugino RD
Brake Paul Component Racer Brake(Braze On)
Rims Pacenti SL23
Hub Paul Component FHub & WORD Rear Hub 32H
Tire Bruce Gordon Rock’n Road Tire 700x43c
Stem SimWorks By Nitto Tomboy
Handle Sycip Design JB Bar
Lever Paul Component Canti Lever
Seatpost SimWorks By Nitto Beatnik Post
Front Rack Pass&Stow 5 Rail Rack

 
※おまけ
 

 
現在、オレゴンの山の中にいます。 週末にNAHBS2017が開催されるソルトレイクシティに向けてポートランドから約1200kmのドライブ中。 1200kmってまったく想像が付かないけれど、明日の夜にはソルトレイク入りできそうです。 今回は、自分自身今までとは違う出展者という立場でのNAHBSでもあり、シムワークスりょーたくんとカルチャークラブまこさんとともにベストを尽くして参ります。 もちろん渡米中の様子も随時アップしていきますので、サークルズテーラードのIGアカウントや、#SWustour2017を是非チェックしていて下さいね!
 

お土産話とハンドキャリーグッズ。

一昨日、我々アメリカ特派員が無事帰国し、昨日よりフルメンバーで営業しております。
実際に目で見て、話をし、肌で感じてきたことや、珍道中の裏話など、お土産話もありますので、ご来店頂いた時には色々とお話しできればと思います。

早速ですが、お土産話とともに僕ら特派員がハンドキャリーで持って帰ってきたアイテムをご紹介。早速店頭とWebshopにて販売しております。

まずは、地元カリフォルニア開催ということもあり、
常にブースが賑わっていたPAUL COMPONENT

Paul Component Klamper

【PAUL Component】Klamper T-Shirt ¥3,800(税抜)

【PAUL Component】Klamper Water Bottle ¥2,300(税抜)

一度見たら忘れない独特なキュートなタッチのイラストが印象的なBicycle Crumbsによって描かれた、PAULのディクスブレーキKlamperがモチーフになったTシャツとボトル。NAHBS会場にてゲットしたものを鮮度が落ちないうちにお届けです。

Pass and stow

Pass and stow

続いて、オークランドでクールなフロントラックを作っているPass And Stow Racks。リックハンターのショーバイクをはじめ、会場でも色んなバイクに装着されていました。Matt Feeneyの人柄も相まってか、ビルダーやサイクリスト問わずファンの多いラックメーカーです。

Pass&Stow Tshirts【Pass And Stow Racks】P&S T-Shirt with Parking Brake Code ¥3,800(税抜)

Pass&Stow Tshirts

Pass&Stow Tshirts

シンプルなプリントTシャツを束ねているドローコートは、パーキングブレーキと名付けられ、フロントラックを付けたバイクにありがちな、駐輪時にハンドルが切れてしまうというトラブルを防ぐ事ができます。Pass And Stow Racksはラックも取り扱いも始めますので、乞うご期待ください。

そして、ここからはお土産話。というか自慢話。

サクラメントでのNAHBS視察を終えて向かったポートランド。滞在最終日の夜にはThe AthleticJeremy Dunnのお誘いでバスケをすることに。何を隠そう小中高とバスケットをしていた私。急遽現地でバッシュを調達し、彼が教えてくれた住所のメモを頼りにコートへと向かいました。

毎週火曜日の夜に仲間とプレーをしているらしく、この日もジェレミー以外に、North St BagのケビンやChris Kingのスタッフもいて、みんなと楽しむことができました。実はサークルズやシムワークス界隈にはバスケ部出身が多いので、これはもうコート借りなきゃ!なんて思っています。元バスケ部の方もそうでない方もその時はぜひ一緒に遊びましょう。コートの情報も求む!ちなみにバッシュはアシックス派でした。

まさかアメリカでプレーする機会があるなんて思っていなかっただけに、ついつい張り切ってしまって全身筋肉痛なのはここだけの話です。

Retrotec Half Road with PaulComponent Racer Medium Brake.

オーダーから一年の歳月を経て無事に海を渡ってやってきたRetrotecのカスタムフレーム。
先日ペイントもあがり、完成を待ちわびていたオーナーさんの元へと旅立っていったので、ここにご紹介させて頂きます。

DSC_2958

シンプルなHalf Topスタイルのロードレーサーと思いきや、マッチペイントされたWound UpのLRBフォークに加え、PaulComponentのRacer Medium Brakeに最適化された作りで、30cのタイヤを呑み込むスポルティフスタイルのモダンレーサーに仕上がっています。

DSC_2947

オーダー時に、当時のリミテッドカラーだったCKターコイズを使うということが決まったのですが、カラーはそれに合わせてお任せだったので、熟考してこのカラーをご提案させて頂きました。

DSC_2956

個人的には、これぞカーティスの作るRetrotecらしいバイクが出来上がったなという気持ちです。コンペティションばかりがクローズアップされがちなロードレーサーですが、やはり日々のライドで様々な冒険をすることにも楽しさが詰まっていて、Retrotecをオーダーされる方の多くはその遊び方を知っている人ばかりというのも事実です。

ラウンドトップスタイルの持つ美しさ、カーティス本人の大柄な体格からは想像もつかないほどの繊細なパイプワーク。そこにはスペックという次元を超越した確かな価値基準が存在しているのですが、かつてエアフォースに所属していた彼は、ものづくりの本質をしっかりと理解した上で、最良のチュービング選定をし、一本一本丁寧に仕上げていくのです。それらは実に軽量で、とてもハンドリングの良い素直に良く進むバイク。一度跨がれば全てわかります。

N様お待たせしました。カーティスが奏でる小気味よいリズムに合わせて踊るように、ライドを楽しんでくださいね。

DSC_2938

 

-BIKE SPECS-
Frame Retrotec Cycles Half Road
Folk Wound Up LRB
HeadSet Chris King NTS Turquoise
BB Chris King Ceramic
Crankset Shimano 105 FC-5800 50/34T
Brake Paul Component Racer Medium
Brake Lever Shimano 105 ST-5800
FD Shimano 105 FD-5800
RD Shimano 105 RD-5800 SS
CS Shimano 105 CS-5800(11-28T)
Rims H PLUS SON AT-25 28H
HUBS Chris King R45
Spokes DT Swiss Champion Silver
Tires Grandbois Cypres 700x30c
Handle Nitto M106SSB 400mm
Stem SimWorks Dirty Rhonda 100mm
Seatpost SimWorks Beatnik
Saddle WTB Rocket-V

 

Retrotecのオーダーについてご興味のある方、ご不明な点はお気軽にお尋ね下さいませ。