必殺!握りの職人!!

 
昨日のSYKESのWood Fenderフェンダー職人に続き、本日もサークルズのピットに職人が登場しました。
  

 
何をやらせてもナイスな職人顔のトモダさんですが、なんとサークルズに入る前はおにぎり職人だったのです。 職人スマイルで握ってもらったおにぎりなら美味しいこと間違いないはずです。
  

間に!合って!ない!けど!間に合った! #おにぎり屋TMD

Watanabe Takutoさん(@nabetak100)がシェアした投稿 –

 
もう職人としておにぎりを握ることはなくなり、今では自転車のハンドルを握る毎日。
そう! 自転車で「握る」と言ったらハンドルですよね。 今日はその中でもグリップにスポットライトを当ててみます!
 
トップバッターは、最近相棒のハンターを、これまたハンターのスムースムーブでアーバン仕様にしたシゲさん。
  

 
トモダさんにも負けないスマイルは置いておいて、今回見てもらいたいのはグリップですよ。
  

 
シゲさんはWTBTECHNICAL TRAIL/テクニカル トレイルをチョイス。 ジップタイ用の溝があるため、突然の雨で濡れてしまっても滑りにくくなっています。 分厚すぎないのでグリップシフトやトリガーとの相性も抜群。 好みに合わせて切って長さを調整するのも簡単。
 
 
続いては僕のベロオレンジのPassHunterDisc。面白い形のCasey’s Crazy Barに、バーテープと組み合わせているのはMOTO X Grip/モトエックスグリップ
  

Today's my cockpit. . #circlesjapan #circleslifestyle #teamralloaders #bikeporn #veloorange #simworks

鴨ちさん(@kamochi150)がシェアした投稿 –

 
オフロードをガシガシとハードにライドしなくても、パニアバッグを積んでダンシングしたりすると思った以上にハンドルを強く握ることになります。なので回りづらい、ロック機構が付いたグリップがオススメ。 加えて、タコの吸盤の様なパターンが非常に高いグリップ性能と衝撃吸収性能を発揮。 素手で握るとちょっと痛いほどグリップするので、ライドの時はグローブ着用をオススメします!
 

タカさんはDoppoにORIGINAL TRAIL/オリジナル トレイルをチョイス。
  

 
スムースで握りやすい八角形が指の関節にフィット。 DNAラバーコンパウンドの少し硬めな握り具合、そして小ぶりなフランジがトレイルやアーバンまで、あらゆるライディングに優れたパフォーマンスを発揮。 長らく欠品中でしたが、先月入荷したので是非一度お試しあれ。
  

 
 
もちろんグリップはWTBだけじゃありませんよ。
懐かしいなんて言わせない。 今でも現役の競輪グリップも負けていません。
  

 
元競輪選手が手掛けているCHAMP Grip/チャンプグリップは、僕らも取り付けるのも大変なくらいハンドルとの密着度が高いのが特徴。 ピストでスキッドするときにハンドルを握り込んでも滑りづらいですよ! 厚みとカラーの種類が豊富なのが悩みのタネだったりします。
 
 
ん? 何か聞こえますね…
「握り具合とか滑らないとかもいいけど、もっと可愛いグリップはないの!」
そんな君にこんなはどうでしょうか?
  

circlesさん(@circles_jp)がシェアした投稿

 
チョコです。 もうまさにチョコ。 ライド中にお腹が空くこと間違い無し。 もちろんルックスだけでなく、柔らかすぎず硬すぎない丁度良いグリップ感。
 
 
グリップというとシリコンのイメージが強いと思いますが、実はこんなシックなレザーのグリップもあるんですよ。
  

PDWのウィスキーグリップは、天然オイルとワックスで仕上げられた高品質なイタリアンレザーが使われています。 レザーサドル同様、使い込むほど味が出ていきます。 また、手の平を支えてくれるマスタッシュタイプはゆったりとアーバンクルーズする方にオススメ。
 
思っている以上にグリップひとつでライドフィーリングが変化するので、「いつもと同じ」ではなくて今回は別のグリップをチョイスして握りの職人を目指してみましょう!
   

サドルバッグの中身は?
〜ナベタクの場合〜

 
こんばんは。ナベタクです!
ツールドフランスはフルームの3連覇で幕を閉じましたね。
ライブビューイングに来てくださった方々、ありがとうございました!
 
CoJv88gWgAENGrQ.jpg-large
フルームはバイクトラブルからのランニング事件があったりアシストの自転車に乗ってゴールしたりとヒヤヒヤさせてくれました。
次はオリンピックのロードレース。誰が金メダルを獲るのか気になりますね。
 
普段はシクロクロスばかりの印象が強いナベタクかもしれませんが、ツールに影響された僕は日曜日に初めてのロードレース(平田クリテリウム)に参加してきました! もちろん、出来たてホヤホヤの新サークルズジャージを身に纏って!
 
DSC_7228Photo by Kikuzo
 
シクロクロスとロードレースは全くの別物で、戦略と位置取りのゲーム、というように感じました。
先頭集団に居るために、うまく人の間を縫って行かないとコーナーの立ち上がりで引き離されて先頭集団から切れてしまう。
 
焦って一人で追いつこうと思って引きすぎると最後のスプリントまで足を残せなくなるので、周りの人と協力してローテーション回せるかも重要。
 
そう思うと、新城選手のツールの逃げがどれだけ凄いことか。百聞は一見に如かずでした。
 
レース中は楽しくて、しんどいはずなのに笑ってしまうほど。
一緒に走った方々、ありがとうございました!
 
DSC_6173Photo by Kikuzo
 
レースもいいけれど、新緑萌える夏の峠を走るのもとても気持ちが良いので、先週も山へ自転車を走らせていました。
 

サクッと短い時間走るときでも、パンクなどのトラブルに遭うリスクは避けられないので、サドルバッグに応急処置ができるパーツや工具を常に入れて走っています。 
 
bolg-1
 
今日はそんな、サドルバッグに入れるべきなオススメのアイテムをご紹介します。

 
【PDWのニンジャポンプ】
 
bolg-2
CO2インフレーターとポンプがセットになった携帯ポンプ。
ポンプ自体が小さいと1回ポンプするときに入る空気の量が少なく大変なので、僕はインフレーターの予備と割り切ってます。
でもポンプ機能ががあると無いとでは雲泥の差。備えあれば憂いなし、です。
 


 
こんなお茶目な動画を作るPDW、他にも痒いところに手が届くプロダクトがたくさんありますので要チェックです。
 
【CO2ボンベ】
 
bolg-3
トピークのインフレーター使ってるからってトピークのCO2じゃなくても大丈夫です。ほとんどモノに互換性があります。
最近多いグラベルロードのような太めのタイヤだったり、チューブレスレディのタイヤはビードが上がりにくいのでCO2は16g用がベストだと思います。かなり太いSimWorksのHomageWTBのHORIZONのような極太タイヤには、MTB用の25gというボリュームのものもあります。
 
ただ、CO2は普通の空気よりも抜けやすいので、あくまで携帯用と捉えて頂き、ポンプがある場所に着いたら一度全部抜いて入れ直すようにしてください。
 
 
【パンク修理キット】
 
bolg-5
チューブも持ってるのになんで必要なの?という声が聞こえてきそうですが、これも「備えあれば憂いなし」なシリーズのひとつです。
チューブ1つは持っているけど、2回パンクしたら、、、?ということで持ってます。
おすすめはパークツールのセット。ちゃんとプラスチックのケースに入っているのでバラバラになりにくい所がポイントです。
 
 
【チューブ】
 
bolg-4
僕たちのお店ではシュワルベのチューブをリコメンドしています。
なにより対応サイズの幅が広く、バリエーションが豊富で、少し重いけれど耐パンク性はお墨付き!ツーリングやロングライドには特におすすめです!
チューブをサドルバッグの中に入れる時は、そのままではなくラップで巻いたり、ジップロックなどのビニールでチューブを保護すると長持ちしますよ。
 
 
【携帯工具&ミッシングリンク】
 
bolg-6
チェーンが切れてしまったりディレイラーがもげてしまったときのために、携帯工具はチェーン切り付きのものがオススメです。
 
万が一チェーンが切れてしまったり、不慮のトラブルの時に役立ちます。 もちろんミッシングリンクがないとチェーンを繋いでライドに復帰する事ができないのでこちらもお忘れないように!
 
【サドルバッグ】
 
bolg-1【RAL】UT LOADER 3,888円(内税)
 

そして最後は肝心なサドルバッグのご紹介。
RALのサドルバッグはたっぷり入る大容量ながら、どんな自転車にも合うデザインのお陰でスタイリッシュに荷物をまとめてくれます。
迷ったらとりあえずコレです。
ちなみにRALの名前の由来になったRIDEALIVE、エントリー受付中ですよー。
 

この紹介は一例ですので、自分なりに必要なもの、不必要なものが出てくると思います。
疑問に思った時はぜひお店に来てスタッフに相談してみてください。あなたにぴったりの装備をご紹介しますよ!

それではまた、サークルズで!

夜道もたのし!

明日は東海CX。サークルズからもスタッフが何名か出る予定です。
SimWorkerリエボーもその一人で、僕は彼女に自分のバイクを貸すため昨日は行き/バイク、帰り/ランニングという方法をとりました。

バイクで15分くらいのところを50分近くかけて。

慣れないことをしたので、身体の変なところに疲労感があります。

そんな帰りの道中、歩道をランニングしていて後ろから自転車に抜かれると結構ヒヤッとするもんだなと思い、やっぱりこんなときには合った方が良いよなぁと思ったのです。。。

Spurcycle bell【Spurcycle】
Raw Bell:¥6,200(税抜)
Black Bell:¥7,800(税抜)

Spprcycle

もはや定番といっても誰も疑わないであろう、Spurcycleのベル。
車種問わずすっきり収まり、綺麗な音で嫌みなく前方に注意を促します。

あればすぐに売れる人気者。
問屋さんの在庫を買い占めとまでは言いませんが、たんまり仕入れたので是非どうぞ!

【PDW】Alexander Graham ¥2,800(税抜)
【Incredibell】Striker ¥2,400(税抜)

PDWのアレキサンダーグラハムは、コラムスペーサーと入れ替えて使うタイプのベル。ドロップハンドルなどハンドル周りに取付が難しい場合でもこれなら解決してくれます。

そして、点取り屋さんの予感がするネーミングのStrikerは、ステムのトップキャップに付けるタイプの珍しいベルです。コラムスペーサー部分にも取付が難しい場合の最後の砦感がこれまたグッド。

【Viva】真鍮、真鍮銅メッキ、アルミベル

どうですか?!一見同じようなベルでも色々仕入れちゃうのは、僕らの悪い癖かもしれませんが、やっぱり定番どころなこちらもしっかりと押さえております。コラムスペーサータイプと、ハンドルクランプタイプからお好みでお選び下さい。

夜道ではライトはもちろん、ベルもお忘れなく!

Brand new Dirty Rhonda!!

RIDEALIVEが終わって、次に控えているのはSSJや野辺山CX、名古屋ではソーシャルタワーマーケットや大名古屋自転車風俗展示会の本開催等、イベント目白押しです。そんな中、リニューアルと言うビッグニュースをタイムリーに皆様へお伝えする事ができずに時間が経ってしまいましたが、やはりここできっちりとご紹介するべきSimWorksのBrand new “Dirty Rhonda”について書かせて下さい。

14745292317_47fa7040f9_bSimWorks by Nitto “New Dirty Rhonda” ¥12,000(税抜)

Material : CrMo Steel with Al Faceplate
Extension : 70, 80, 90, 100, 110 & 120mm
Angle : 80 deg.
Bar Clamp : 31.8mm
Post diam. : 28.6mm
Color : Silver & Black

14931490902_6cb0ec8b0d_b

14941955206_10dee5312d_b

待望のリニューアルを果たしたSimWorks by Nittoの名作”Dirty Rhonda”。
RhondaWendy,Tomboyと同様に、アルミのクランプは4ボルト化されており、従来モデルよりもクランプ力がアップしているだけでなく、Dirty Rhondaの特徴であった突き出し上部でアウターを受ける方式はそのままに、お好みで新型のストッパーを用いて突き出し下部で受ける事も可能となりました。

IMG_1798

こちらが旧型のDirty Rhonda。

IMG_7500

こちらが新型を使った場合のトップルーティン。
アジャスター付きの受け部分もすっきりとしながらの主張のあるものに変わっていますね。
そしてやはり4ボルトによる固定力アップは、CXレースやグラベルライドでの使用時にも安心して使えます。通常のカンチ受けを必要としないので、ハンドル高を下げたい方や、ヘッドチューブの短いバイクでも使いやすいですね。

IMG_8213

そしてこちらが新方式のダウンルーティン。
トップルーティンはごちゃっとして嫌だという方や、プロムナードバーやフラットバーで使われる方はこちらの方がワイヤーの取り回しも綺麗に収まります。

ただし、こちらでの使用は必ず緩み止め樹脂付きボルトを使用するように注意して下さいね。

IMG_9101

そしてダウンルーティンの場合、上部にはこのような雨除けボルトが装着されます。もちろんこのままでも良いのですが、やはりそこは何かしたくなっちゃうのが僕らの悪い癖なのでしょうか。。。

IMG_9677

ネジを外して、Silicone TIDDSをカバー替わりに装着するというのもアリですが、、、せっかく”ネジちゃん”が切ってあるので、これを上手く使いたいところです。

ということで、こうなりました。

IMG_1552

PDWのAlexander Grahamというベルを装着。VIVAのベルも問題なくいけそうです。(突き出しの長さが短いものは厳しそうですが)こういった活用はコミューターバイクにはオススメな方法です。Dirty Rhondaの可能性を感じた本日でした。

というわけで、Dirty Rhondaの上部の有効活用について閃いた方は、是非ともinstagramのハッシュタグ#howitworkswithdirtyrhonda(長いタグですみません)にて素敵なアイデアを投稿して下さい!

優秀投稿者には何かある、、、かも(笑)。

IMG_7106

ステムは各カラー各サイズ揃っておりますのでよろしくお願いします!

Work Hard. Ride Home.

574484_311511805637419_1330896885_n

Breadwinner CyclesのTony PereiraとIra Ryanより新しいムービーのお便りがやってきました。
日々の製作に忙しくも、Breadwinner CX Teamのみんなで週末のレースも楽しんでいるようです。

Work Hard. Ride Home. from PDW on Vimeo.

Ira Ryanがバッグにレース用のホイールを括り付けて背負っている様はさすが元メッセンジャーという感じでシンパシーを感じました。みんな本当に楽しそうだし、自転車大好きなんだっていうのがすごく伝わります。

僕らも負けていられません。