きました!!SALSAのNEW BOTTLE CAGE!!

 
お久しぶりです。JUSです。
 

僕が心待ちにしていボトルケージがきました!!

SALSA CYCLES/サルサ サイクルズのSIDE ENTRY WATER BOTTLE CAGE/サイドエントリーウォーターボトルケージ¥1,500(税抜)

 

アドベンチャーバイクの皇帝、サルサ サイクルズから発売されたこのボトルケージ。
パッと見はよくあるボトルケージですが、なるほどなるほど!!JUS的に涙腺崩壊かつ即購入な素敵なギミックを兼ね備えております!!
 

早速ボトルを装着してみましたよ。
うん、素晴らしく良いホールド感!
 

そして何と言ってもこのボトルケージの特徴はサイドオープンの片側持ち式と言う事。
そう、つまりサイズが小さいフレームや、フレームバッグを装着していてもボトルの出し入れがしやすいように考えられているのです!!
 

最近のJUSスタイルはロードバイクでサクっと走る時には、サドルバックやフロントバックは付けずに、フレームバックのみ。
フレームバッグはポーセリンロケットのユニバーサル・フレーム・パック。
これが本当に調子が良い。
 
財布やスマホをフレームバッグにイン。
ついでに、携帯工具や携帯ポンプ、スペアチューブなんかもイン。
そしてさらにはコンデジもイン。
1つのフレームバッグで全部まとめられます。
 
しかしネックだったのは、ウォーターボトルの出し入れのしにくさでした。
それを解消してくれたサイドエントリーウォーターボトルケージ。
僕のようにフレームバッグ愛用家にはナイスでマストなアイテムなのです。(もちろん自分用に1ペア仕入れました。)
 
このボトルケージ、実はココからすごい!!
 

ジャン!!
ホールドする部分がセパレートします!!
 

ココで分かった人!!さすがです!!
 

答えはクルッと180°ひっくり返してホールドパーツの向きを変えて取り付ければ、ボトルを出し入れする向きを左から右に変える事ができます!!
 

今までこの手のサイドオープン型のボトルケージはだいたい左側でしかボトルの出し入れができませんでした。
右手でボトル取り出し派の僕にはものすごく使いにくかったのです。
フレームバッグを装備していても取り出しやすいサイドオープンだけじゃなく、右手でも左手でも出し入れできるようになるサイド エントリー ウォーターボトルケージ!!
と言う事でコレ、オススメです!!
 
JUSでした!
バーイ、サンキュー!!