New Product from RAL…

 

あなたはライドに出掛ける時にどんな荷物を持ち運びますか?

 
財布、携帯といった必携品からカメラやサングラス、小説やおやつなど、あなたのライドをより豊かなものに彩ってくれる道具たち。 きっと人それぞれライドを楽しむために持って行きたいものは様々にあると思います。
 
 
自転車のある暮らしをサポートするアイテムとして、サドル バッグやフレーム バッグ、パニア バッグなど様々なアイテムを展開している RAL LOADERS / ラル ローダーズより、2017年第一弾のリリースとなるのは、それらの道具を気軽に持ち運ぶことのできるハンドルバー バッグ、その名も FRONT LOADER / フロント ローダーです。
 
 
FRONT LOADER
¥5,900(税抜)

サイズ:21 x 8 x 15cm
容量:2.52ℓ
素材:CORDURA®ナイロン
Made In U.S.A

 
ご購入はこちら

 
 
大きなU字の形をしたハンドルバーバッグは、携帯電話や財布といった貴重品、ハンド ポンプや携帯ツール、そしてサングラスやウインドブレーカー、グローブなど、気軽に出掛けるシティーライドからしっかりと装備を整えてのロングライドやロードトリップまで、とにかくあなたのライドにおいて必要となるちょっとした道具をスマートに収納できます。
 

 
耐久性に優れたコーデュラ ナイロンを用い、内側にはポリエチレン製の補強材が備えられている事で摩擦や裂けに強く、悪路を走っても安心して使える仕様となっているフロント ローダー。メインの荷室に加えて小さなフロント ポケットには携帯電話や鍵などが収めやすくなっています。
 
 
幅21cm x マチ8cm x 高さ15cmというちょうど良い大きさで、収納力を確保しながらもドロップバーからフラットバーまで車種やハンドルの形状を問わずに取付しやすいのもこのバッグの特徴です。
 

 
バッグ背面にしっかりと縫い付けられたストラップをハンドルに、そして調節のしやすいバンジーコードをヘッドチューブやステム、アウターケーブルなどに回すことで確実な取付ができ、また万一取り外しをする際にもスムーズに取り外すことが可能です。
 

 
カラーは、Woodland Camo/Black・Peacock/Grey・Mandarin/Brown・Saffron/Olive・Midnight/Grey・Black/Greyという6展開。 RAL LOADERSのコンセプトでもある使い切れるアイテムとして、自信を持っておすすめできるものとなっています。 是非ともあなたのバイクに合うカラーをチョイスしてみて下さい!
 

Bedrock Sandals
New Products

 

bedrockimages01
 
日常生活からランニングやトレッキングまで、またキャンプツーリングのお供としても、様々なライフスタイルにフィットする、カルフォルニア州のリッチモンドで生まれた Bedrok Sandals/ベッドロックサンダル 。 この夏から取り扱い始めたベッドロックから、待望のニュープロダクツ Cairn/ケルン の登場です。
 
15145187_1403612056323179_854475904_o 

注目すべきところは、これまでになかったストラップの構造。 Syncline/シンクライン や他のモデルとの大きな違いは、3つのストラップシステムで構成されているところです。 さらに、踵のストラップにもマジックテープで調節出来るような仕組みを採用している事から、履く人の様々な足のカタチに合わせて完璧なフィッティングを可能としました。
 
dsc_8828-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_8838-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_8846-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 

そして、14mm (ミッドソール8mm/アウトソール6mm)もあるソールの厚みも大きな特徴の1つです。 特注のVibram社製のアウトソール Regolith は、独特なパターンの深い溝が切ってあり、高いグリップ力と走行を妨げない柔軟さを兼ね備えています。 またミッドソールの表面には、GraniteGrip と呼ばれるダイヤモンドパターンを採用する事で、汗や水などの逃げ場をつくり、常に肌と接する部分を少なくして清潔に保つ役割を担っているのです。 この様なソールにする事で、確かなクッション性と安定性を確保し、長時間の着用をより快適なものとしています。
 
dsc_8324-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_8849-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_8851-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 
シンプルでミニマムだったデザインから一新して登場した ケルン も、彼らが考える最高のサンダルを作ろうとするビジョンをもとに、幾度にも及ぶフィールドテストを経て生み出された確かなもの。 この ケルン を履いて、様々なフィールドへと足を運べば、より多くの出会いがあなたを待っているはずです。
 

 
そして、今回の展開するカラーは6色と豊富に取り揃えています。
もちろん日本のこれからの時期に素足で履くのは勇気が要りますよね。 そんなシーズンだからこそ、ソックスと合わせて足元を彩ってみてはいかがでしょうか。 近日 RAL/ラル から発売する足袋ソックスも乞うご期待下さいませ!
 
dsc_8771-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
 
サイズ感は少し小さめになりますのでWEBストアの詳細をご確認下さい。
また、購入は下記よりお好みのカラーを選んで下さい。

Light Blue

Copper

Black

Charcoal

– Restock!! – RAL / Defender Shirt

 
名古屋でも気温が15度を下回るようになり、特に朝晩はかなり冷え込みがきつくなってきました。 一歩一歩着実に冬が近づいてきているといったところですが、こんな寒い時こそ体を動かして、寒さに負けずに快適な冬を過ごしたいものですね。
 
さて、先日ご紹介したRAL By Deepr’s Wearのニュープロダクト、DEFENDER SHIRT / ディフェンダーシャツ。 おかげさまでご好評いただいており、一部のサイズやカラーの在庫が欠けてしまっていましたが、本日再入荷し、全カラー全サイズが再び揃い踏みしました。
 
14881631_1378249588859426_1544304162_o 
寒い寒いと言っても、ひとたび自転車に跨り、10分も走れば身体は自然と温まってきます。 もちろん冬のウェアにおいて暖かさは重要な部分ですが、あまりにも暖かすぎるウェアというのも禁物です。 その点でこのディフェンダーシャツは、裏側がうっすらと起毛しているヘビーフランネル生地のおかげで、ちょうど良い暖かさを実現。 そしてライド時に直面する冷たい風を防ぐために、前身頃にだけ裏地が貼られており、さらにその内側には薄い保温シートがキルティングされているので、走っている最中に冷えやすい前面を寒さからしっかりと防御/DEFENDERするのです。
 
サドルの上でも、サドルから降りても気軽に羽織っておける、僕らが考えるベーシックな日常着としてのネルシャツ。 早速お買い上げ頂いたお客様や、既に日々の生活で大活躍しているスタッフのスタイルをチェックしてみましょう。
 
RAL DEFENDER SHIRT 
Tops : Defender Shirt / size5 (身長:182cm/体重:81kg)
Bottoms : Deeper’s Wear / High Kick Jeans
 
カラシを選んでくれたジャスミン。 最近仲良くさせてもらっている彼は、ポートランドで開催されるSSCXWC(シングルスピードシクロクロス世界戦)に向けてフレームを手に入れ、これからカルチャークラブで自分の手を動かして組み付ける予定です。 ディフェンダーシャツと一緒に購入してくれたハイキックジーンズで、シティライディングスタイルのお手本のようなスタイルで着てくれています。
 
RAL DEFENDER SHIRT 
Tops : Defender Shirt / サイズ3 (身長:163cm/体重:55kg)
Inner : Ibex / Woolies1
Bottoms : Deeper’s Wear / Fast Pass Baker
Shoes : QuocPham / Urbanite Classic-Low
 
そして私はアイイロをチョイス。チェックが苦手な方でもこの色なら抵抗なく着ていただけるので、オススメです。 中にメリノウールの暖かいベースレイヤーを1枚着た上から羽織っていますが、全く問題なし。 もう少し朝晩の冷え込みが強くなってきたら、通勤時はナイロンのウインドシェルを羽織ろうかなと思っています。
 
RAL DEFENDER SHIRT

RAL DEFENDER SHIRT 
Tops : Defender Shirt / サイズ4 (身長:170cm/体重:63kg)
Inner : Cafe Du Cycliste / BeThe Merino Hooded Top
Bottoms : Deeper’s Wear / High Kick Jeans 
 
赤がトレードマーク(?)のヤナックはやっぱりエンジをチョイス。 注目すべきはそのレイヤード術。 カフェドゥシクリステのビーザメリノフーデッドトップを中に着込み、上から羽織るスタイル。これによってベースレイヤーとしての機能に加え、フードがあるおかげで朝晩冷え込んだ時に快適にライドができるのです。
 
まだまだ冬本番はこれからですが、皆さんもそれぞれのライドスタイルに合わせて、このDEFENDER SHIRT / ディフェンダーシャツを上手く着込んで下さいね! 店頭在庫・Webshopともに全カラー全サイズ揃っています! 冬支度にお乗り遅れのないように!
 

RAL by DEEPER’S WEAR
DEFENDER SHIRT

 
14881631_1378249588859426_1544304162_o 
冷たい風に、ようやく秋の訪れを感じらえるようになってきた今日この頃、ちょっと暖かいウェアに袖を通したくなってきましたね。
 
毎日、自由気ままなカジュアルなスタイルで過ごす僕たちが、何気なく手にして羽織ることができるもの。 T-シャツの上からでもよくて、ボタンダウンシャツやシェンブレーシャツの上からでも、もちろん寒さが増してくればちょっと厚手のカットソーや冬用の温かいウェアの上にも羽織ることができるもの。
 
また、サーリーやサルサといった自転車を毎日の生活に落とし込み使用している僕らが好むウェアは、やはり自然と、どこかアメリカの無骨な匂いがほんのり香るもの。 伝統的なアメリカのハンティングジャケットなんかでも使用されていた大きな格子柄が特徴のバッファローチェック、今ではカジュアルウェアの定番の柄としても長く愛されており、もちろん僕らの大好物でもあります。
 
そんなシャツとしてもアウターとしても気軽に使え、ちょっと土臭さの感じるウェアが欲しいという思いを、夏のFAST PASS SHORT / ファストパスショーツでもお世話になった、盟友DEEPER’S WEAR / ディーパーズウェアさんに伝え、カタチとなったのがこのDEFENDER SHIRT / ディフェンンダーシャツ
 
もちろん僕たちがリクエストしたからには、自転車が毎日の相棒となっている人に好んで着てもらえるようなものになっていて、ガシガシに着込んで、生地がクタクタになってきたってそれでも迷わず袖を通せる質感のものに仕上げてもらいました。
 
dsc_6799

– RAL by DEEPER’S WEAR – 
DEFENDER SHIRT

¥16,000(税抜)

カラー : カラシ, エンジ, アイイロ
サイズ :  3,  4,  5,  6
(※サイズ感についてはWebshopのサイズ表記をご参照ください)


 
dsc_6886
自転車に乗る人達が、これからの時期に着るウェアにはもちろん暖かさが必要だけれども、常に体を動かし自ら発熱しているのでそれがすぎてしまうのは禁物。 今回使用している生地は、裏側がうっすらと起毛されたヘビーフランネル生地。この生地が適度な暖かさを提供してくれます。 また、冬場自転車に乗る時の最大の敵となってくるのが冷たい風。 それを防ぐためこのシャツには前身頃にだけ裏地が貼られ、更にその内側には薄い保温シートが備えらえているので、前身頃にはプラスαの暖かさを与えてくれます。
 
dsc_6883
ハンドウォーマーポケットは、自転車に乗っている時に使うシチュエーションはあまりないですが、冷たい空の下では何かと手を温めたくなるもの。 あるとやはり重宝するのです。
 
dsc_6865dsc_6836
自転車に乗る時はもちろんですが、それ以外の日常でも気軽に使えるのがこのディフェンダーシャツ。 ぜひ、秋から冬が去る頃までの皆様のワードローブに加えて下さいね。
 

お買い求めはWebshopから!

– RAL by DEEPER’S WEAR – DEFENDER SHIRT

Pelago Commuter Front Rack

 
週末の雨予報を見事に裏切った秋晴れの名古屋。
吹く風は気持良く、外へ出て遊べ!と言わんばかりの週末。
 
そんな外遊びにピッタリなフロントラックが入荷したのでご紹介します。
 

dsc_6103

Pelago Commuter Front Rack/ペラゴ コミューターフロントラック¥14,500(税抜)
 
ペラゴは以前ブログで車体をご紹介しましたが、車体だけではなくフロントラックやリアラックなども作っています。
 
dsc_6107
ペラゴが提案しているコミュタースタイルのバイクはもちろん、26インチから28インチのどんな自転車でも美しくつけられるようにと、大小さまざまな小物が付属しています。実はこの写真のフォークへの取り付けパーツはキーホルダーにして栓抜きになるという優れもの。使わなかったパーツは是非栓抜きに使って下さい。
 
dsc_6128 
天板は幅330x奥310と広めに作ってあるので、大きめのバックパックや、箱も乗せられそうですね!もちろんRALのGR LOADERもマッチします。
 
dsc_6138 
そしてこのペラゴラック、天板下にパニアバッグがかけられるようにステーがついています。
天板に荷物をおいて、両サイドにパニアをかけられるので、かなり量の荷物を運ぶ事が出来るので、キャンプライドにもバッチリ!(ステーに引っ掛けるフックの場所が動かせないパニアバッグは取り付けられない可能性があります。)
 
RALのEX LOADERDL LODERはフロントラックへのローディングも考慮した絶妙なサイズ感に設定しているだけでなく、ステーにかけるフックが移動できるのでバッチリです!
 
dsc_6094 
是非、日々の通勤や街へのお出掛け、そして週末のピクニックライドからキャンプライドまでガンガン使って下さい!!

今週末と来週末も催し物が目白押し!

 

・週末はライフスペックミーティング!

 
今週末はトヨロックが開催され、キッズロアBike To トヨロックも開催されますが、明後日10月7日(金)〜10月10日(月・祝)は、ディーパースウェアライフスペックミーティングも開催されます!
 
 
日常生活(LIFE)において衣服に求められる機能(SPEC)を追求して生み出された日常着(WEAR) = LIFE-SPEC WEAR/ライフスペックウェア生み出す彼らが、全ラインナップを携えて、名古屋にやってきます!
 
普段は、数あるラインナップの中からサークルズが自転車をベースとしてみなさんの生活にフィットするモデルをセレクトしてご提案させて頂いておりますが、この4日間は全てのラインナップが手に取ってご覧頂け、もちろんお買い求め頂けるチャンスです!
 
・現行の商品の販売会
・秋冬物新作の展示/販売会
・2017年春夏商品の展示会
 
そして、初日の7日夜には、ヘッジホッグダイナーの全面協力のもと、居酒屋おーるゆあーずを開店!
 
 
ケイタやまっつんによる、お酒の進むメニューや、しっかりとお腹を満たす事のできるメニューまでご用意して皆様のお越しをおまちしております!
 

DEEPER’S WEAR
LIFE-SPEC MEETING TOUR “1ST STEP”
Nagoya


 
日時:10月7日(金)〜10月10日(月・祝)
場所:サークルズ 2Fテーラードにて
※イベント詳細ページはこちら。

 
少しずつ秋めいてきて、店頭では汗や水分の染みが目立たないハンズアップシャツや、とにかく驚きの動きやすさをもったハイキックジーンズといったアイテムの動きが出てきています。是非この機会にみなさまの日常生活に活用できるライフスペックウェアを手に入れてみてはいかがでしょうか?
 
 
・来週末は新城のハングアウトに出展!

 

そして、来週末もイベントが続きます。10月15日(土)、16日(日)に新城市の愛知県民の森にて開催されるHANGOUT/ハングアウトにサークルズとして出展致します!
 
 
東海地方では初めてとなる、トレイルランニングやバックパッキングを初めとした国内外の名だたるブランドが集結する展示体験型のイベント。また、日曜日には同じ会場にてダモンデトレイルというトレイルランニングイベントも開催。こちらは既にエントリーが締め切られておりますが、様々なジャンルの垣根を越えて楽しめる2日間、サークルズでは、アウトドアライフに自転車をプラスする事で広がる楽しさをお伝えできればと思い、出展致します!
 
・オリジナル商品の販売

・OMM BIKEを実際に走ったスタッフバイクの展示・試乗

・ALLCITY・KONA・SALSA・SURLYといったメーカーのバイクの乗り比べ

・自転車に興味があるけど、乗った事がないという方や、バイクパッキングやツーリングに興味があるという方へ向けて、上記の試乗車による会場内のショートライドツアーを開催

 
山までのアプローチは自転車で、そして山に着いたらバイクを停めて靴を履き替えてトレイルに繰り出したりと、トレイルランニングや、ハイキング、キャンプやフィッシングなど、様々なアウトドアアクティビティを楽しむ上で、自転車があると今まで以上に色んな遊び方が広がっていきます。
 
この二日間は、ハングアウト会場にてそんなライフスタイルのご提案をしたいと思います。
試乗車の情報や、詳細については追ってご案内致しますので、乞うご期待下さい!

Levi’s Commuter

 

dsc_6007-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcジーンズが誕生して今年で143年を迎えました。

 
そのジーンズの生みの親であるLevi’s(リーバイス)が、1873年の5月20日に馬のブランケット用に使われていたテント地とポケットをリベットで補強したパンツ(リーバイスジーンズの元祖で501品番が誕生する前のもの)で特許を取得したのは有名な話。
そして古着が好きだった僕は、やはりリーバイスのビンテージジーンズに憧れていた時代もありました。
 
dsc_6041-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcしかしあまりにも高価なもので、なかなか買えず501の66BIG”E”を好んで履いていました。(愛用している私物です。)
 
そんなリーバイスも昨今では、色々な側面から提案をしています。
いわゆるビンテージの復刻版や、ジャパンメイドのジーンズ、速乾性や通気性のある素材を使用したジーンズなどと様々。
そして2011年の秋から誕生した自転車乗りユーザーに向けてのコレクション、Levi’s Commuter(リーバイス コミューター)が2016年からさらに進化を遂げていたのをご存知だったでしょうか。
 
levis-commuter-collection-ss-2016-0 
大きく進化を遂げたのはそのデニム素材。

今まではコットンにストレッチ素材とオーソドックスなものでしたが、自転車界のジーンズの定番であるSWRVE(スワーブ)と同じくCOUDURA社とタッグを組み、今までよりも耐久性を意識したものとなっています。
そして僕が一番気に入っているところ、それはCOUDURA社のファブリックとは言えども、生地感やアーキュエイトステッチなどのリーバイスジーンズというものを損なわずにモノ作りをしているということです。

やはり、歴史のあるメーカーにしかないこだわりがそこにはしっかりとあるのです。(もちろんスワーブにはスワーブの良さがあるので、それについては後日改めてご紹介させて頂きますね。)
 
dsc_5992-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_5994-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 
耐久性が増したデニム素材には、撥水性と防汚性のあるPHOBOTEX加工を施しています。 その加工は素材を固くせず自然なライディングが出来る機能的なものとなっています。
そしてベルトループの部分にはU字ロックをホールドすることができ、裾をまくるとセルビッチ(サイドシーム)には3M社のリフレクターを搭載して夜間での視認性を高めているのです。
 
モデルとしては2つあり、好みや体格に合わせて選んで頂けます。
 
[511]いわゆるスリムフィット。 定番で最も人気のあるシルエットです。
[541]ゆったりとしたアスレチックフィット。 太ももがっちりとしたアスリート向けに作られたシルエットです。

 
自転車向けにデザインされたジーンズはまだ多くはありませんが、そのブランドそれぞれが考えるコンセプトがハッキリとしていて、どれを選んでも間違いのない自信を持ってオススメできるアイテムとなっています。しかし、好みは人それぞれですので、実際に試着したり素材に触れたりとぜひ試し頂ければなと思います。

そして僕らがSURLYやALL-CITYやSALSAなどを扱っているのと同じように、普段身につけるものも出来る限り長く使い切っていきたいものですね。
 

サマーネバーエンズ。

 
RIDEALIVE2016 
台風の動きに安心できないまま、当日を迎えたRIDEALIVE2016。2日間ずっと青空の下でとはいきませんでしたが、おかげさまで無事に開催する事ができました。
 
笑いあり涙ありの2日間。それぞれが色んな思いで過ごしたひと夏の冒険は、参加した方々ひとりひとりの心に深く刻み込まれる時間だったと思います。ご参加頂いた皆様、そしてご協力頂いた皆様へ最大の感謝を込めて、まずは御礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。
 
まだ終わらない夏を噛み締めながら、少しずつ日常に戻っていきます。追って2日間の軌跡を記していきますので、どうぞお楽しみに。
 

Thank you for all coming RIDEALIVE2016!!

今週末のお知らせ

 
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、今週末の8/27(土)8/28(日)の2日間、サークルズはお休みを頂きます。

その日はサークルズの夏休みがコンセプトのイベント【ライドアライブ2016】の日なんです。

今回のライドアライブのアクティビティーの1つ、夜のトレイルランニングを担当するメンバーで最後のコース下見に行ってきました。
 
少しだけコースをネタバレすると。
 

前半は緩やかな下り基調のダブルトラックです。でも走るのは真っ暗な中。そんな状況の中走った事がない人の方が多いはず。皆でわいわい話しながら走りましょう。

 
そして後半はこんな感じの登りです。

写真から伝わると思いますが、なかなかの斜度があります。ましてや真っ暗。ナイトトレイルランというよりきもだめしになる可能性あり。

 
当日参加頂ける皆さんに用意して頂きたい物として1番重要なのは、何と言ってもライトです。ヘッドライトでも構いませんしハンドライトでも構いませんが、お持ちのライトで1番明るいものをご用意下さい。後は走り易い格好と走り易い靴を履いて来て頂ければOK!

でもヘッドライト持ってないから参加を躊躇してる方、実はサークルズにも明るいヘッドライトが置いて

    ありますよ。
     

    tomodablog-1

    【Prinston Tec】VIZZ ¥6,300(税抜)

    165ルーメンの十分な明るさ。この明るさがあれば大抵のナイトトレイルを走る事が出来ます。
     
    tomodablog-3

    【Prinston Tec】Eos Bike Multi ¥5,800(税抜)

    こちらはモデル名にバイクと付いている事から分かるかもしれませんが、付属しているバンド次第でヘッドライトとしても使えて自転車のヘルメットにも取り付けが可能です。80ルーメンの明るさは暗い山道では心もとないですが、みんなで走る今回のナイトトレイルランなら十分な明るさだと思います。
     

    T M Dさん(@htomoda)が投稿した写真


    僕自身日曜の夜に東山公園を走っています。それもあってナイトトレイルランをアクティビティーとしてやろうと思い立ちました。毎週ほぼ欠かさず走っているので、興味がある方は一緒に走りましょう!
     
    冒頭でもお知らせしましたが、今週末の8/27(土)8/28(日)の2日間、サークルズはお休みを頂きます。ご迷惑をおかけします。週末にご来店予定だった方は金曜までにお越し下さい。あ、ヘッドライトが欲しいって方も金曜までにお越し下さいね。
     
    本日もご来店ありがとうございました。明日も営業しておりますので、ご来店お待ちしております。

    RAL HOSE LAUNCH !!!

    14037746_1297036343647418_792474375_o (1)

    毎日の生活をより快適に。
     

    僕たちが豊かで健康的な毎日を過ごす為に、肌触りが良く、1日を通して快適性を確保できる靴下を身につける事はとても重要です。 靴下は直接肌に触れるものなので、肌触りの良さや、1日の生活の中で流すたくさんの汗に対応する吸湿速乾性などの機能面に優れたものが好ましいです。 そして、もちろんそこには機能面だけでなくルックスにも拘りを持ちたいと思っています。
     

    通勤や通学などの日常生活はもちろんのこと、ライドやランニング、キャンプやトレッキングようなアクティビティを楽しむときにも快適性を維持し、いつでも足元のサポートができるようなものをと、RAL HOSE / ラル ホーズ が新しく ラル プロダクツ のラインナップに加わります。
     

    DSC_3519

    – RAL HOSE – 
    RS HOSE
    Ribbed Short Hose / リブドショート ホーズ

    ¥1,800(税抜)

     

    カラー : White, Olive, Grey
    サイズ :  S (22 – 24.5cm),  M (25 – 27.5cm),  L (28 – 30cm)
    素材 : COOLMAX®, Polyester, Lycra
    Made in Colorado, U.S.A


     

    DSC_3635
    DSC_3553 

    Core-Spun COOLMAX® を使用し、通気性、速乾性、吸湿性といった点においての高いアドバンテージを誇る RS ホーズ は、真夏の快適性はもちろん、汗を素早く吸い上げ発散させる特性は冬場の汗冷えも防ぐ優れものです。 運動するときにはもちろんですが、普段の生活で1日を通して履き続けていくとその快適性を、実感して頂ける事でしょう。
     

    3インチという高さとリブ編みで仕立てられた RS ホーズ は、シャツとデニム、足元はスニーカーといったカジュアルなスタイルから、サイクルジャージにビブショーツ、足元はビンディングシューズといったライドスタイルまで、フォーマル以外の様々なスタイルに組み合わせて頂けるでしょう。
     

    DSC_3516
    DSC_3573
    DSC_3543
     
    ラル ホーズ からは、この夏にリリースした RAL x DEPER’S WAER の ファストパスショーツ のように、毎日の生活に溶け込むルックスと、サイクリングやトレッキングなどの様々なアクティビティにおいても活躍するパフォーマンスを持ち合わせた靴下を、今後もリリースする予定となっております。
     

    そして、それらを1年を通して様々な場面で皆様の足下のサポートできるラインナップにしたいと思っておりますので、今後の動向にもご期待下さい。