遊ぶための隙間を見つけるのが実は仕事だったりする。

 
とりあえず、こちらでの生活も落ち着いてきた。
もちろんここでのミッションは様々あるが、遊ぶことも重要である。
  
ってことで、火曜の夜といえばの、お決まり行事。
 

 
The Athletic / ジ・アスレチック のジェレミー・ダンの呼びかけで毎週集まっているバスケットボールナイト。 いつからかこちらに来るときは必ずバスケットシューズも持って来るようにしている。 そしてここへ行けば色んな人に会えるし、様々な情報を手に入れることだってできる。 これこそ、The Athletic Communityと言われている所以なのだ。
 
それで早速、翌日にナイトクリテリウムがあるよって情報を教えてくれたので、仕事帰りに寄ってみた。
 
平日のど真ん中ですが、夕方仕事を終えたサイクリストたちが、街からも比較的アクセスしやすいマウントテイバーという公園に続々と集まって来る。 ナイトクリテリウムとは言っても、陽が長いおかげで全然明るい。
 

 
ちゃんとレディースカテゴリーもあって、しかもみんな普通に速い。
 
東海地方でいうと、平田クリテリウムのように、当日エントリーで気軽にチャレンジできるレース、ただ登り下りの複合コースなので、ちょっとまた違った感じ。 公園には犬の散歩をしてる人や、ランニングをしている人、ビール片手にヤジを飛ばす人など、みんな共存しているのが印象的だった。
 
 
すると、見覚えのあるジャージが目の前を駆け抜ける。
 
BreadWinner / ブレッドウィナー のアイラ・ライアンもこのレースに出ていたのだった。 うっかりこんなところで再開。 よく見ればシクロクロスに跨っている。 カーボンのレーサーばかりの中に、乗り慣れたスチールのフレームでしっかりと集団でレースを展開していた。 彼の中では既に#crossiscomingなのであろう。
 
 
工房から仕事を終えて直接レース会場へ。 レースが終わったら約1時間の道のりをライドするのだとか。 彼こそまさに#workhardridehomeを体現している男である。
 

 
上位カテゴリーには、ジェレミー率いるTeam Wooly Mammothの姿も。 一目見たら忘れないその特徴的なチームキットが何人も揃って走るのは壮観だったし、何より見つけやすいおかげで写真も撮りやすかった。
 
 
ジェレミーは昨晩バスケをしたにも関わらず、きっちりと完走していた。 こちとら筋肉痛で通勤ライドもままならなかったというのに。 とにもかくにも、日々の暮らしの中に、しっかりと遊ぶことも組み込んでいる彼らに負けずに、仕事も遊びも目一杯向き合って行こうと思う。 自転車という、実用的で、そして最高の遊び道具でもある乗り物でご飯を食べさせてもらっているのだから!
 

We ride for live, we ride for play…

 

こちらに着いてあっという間に1週間が経ちました。

 

 
マコさんは無事に任務を終え、日本へ戻っております。 早速昨日から現場に戻ってきているので、ぜひ色々とお話を聞いてみてください。 こちらに来て以来、ほとんど晴れの日が続いており、初めて迎えた週末は、ちょうど雨季が終わり、本格的な夏の到来のタイミングとなったこともあってか、人々が待ちわびていたかのように一斉に外へと動き出しているのを肌で感じました。
 
 
街へと出かければ、自転車の手入れをしたり、修理の依頼を出したり、という光景も見られ、夜21時でようやく薄暗くなるほど陽が長いので、夕方、帰宅途中には、仕事を終わってライドへ出かけるであろう人たちと何人すれ違っただろうか? とにかくみんな活発に外へと繰り出しています。 マコさんには申し訳ないのですが、本当にベストな季節に訪れることができたわけです。
 
ちなみに、彼が日本へ旅立った日は、ポートランドが涙を流したかのような雨模様だったということも付け加えておきます。(本当に不思議なものでその日だけ雨でした。)
 
そういえば、アメリカへ向かうフライトの機内で、SINGという映画を見ました。 主人公の不屈のチャレンジ精神に勇気をもらっただけでなく、エンターテイメントの今を、エンターテイメントを通して直球に伝えようとする痛快さもある作品のおかげで、いよいよ始まった一人での暮らしもしっかりとやっていけそうです。 というわけで、早速自転車通勤を開始。 片道約20kmの距離を、道に迷いながら1時間かけて通勤しました。
 
 
バイクレーンや街区の仕組みに悩まされ、最初の日には何度道に迷ったことか。 そしてこっちの人はみんな結構重いギアをグイグイと踏んでいくので、私のようにクルクル回していると、あっという間に置いてけぼりにされてしまいます。
 
 
とはいえ、自転車というその独特のスピード感のおかげで、気になるお店を発見したり、街の輪郭を把握することができたり、行きたいと思うところへ気軽に足を運ぶことができます。(やはりこちらの通勤ラッシュは日に日にエスカレートしている様子)
 
そう、自転車は移動手段としても、遊ぶための手段としても楽しめるから好きなのです。
 
 
行きたいところへ行けて、会いたい人へ会える。 そんな自転車の楽しさは、RIDEALIVEという僕らの遊びにも繋がっています。 4月の三重編とはまた違った7月の静岡編、もし敷居なんてものがあるならそんなものは取っ払ってしまえと思ってグリーンコグ山本さんはじめ、ケイタやカモちゃん、そしてこの春独り立ちしたハッピーも加わって、生きるってことや遊ぶってことに向き合っています。 いつだって僕らはポップなエンターテイナーでありたいと思っておりますので、どうぞどなたさまもお気軽にご参加くださいね!
 

UT LOADER renewal !!!

 
日々自転車を活用するサイクリストにとって普遍的なアイテムを! というコンセプトのもとに作られた、良質かつシンプルなデザインを持ち、長期に渡って使い続けることができるサイクリングバッグ、RAL LOADERS / ラルローダーズ シリーズ。
 

 
全てのアイテムは、カリフォルニアに拠点を置き18年以上の歴史をもつサイクリングバッグメーカーにより、バッグを構成するためのメイン・ファブリックとなるコーデュラ・ナイロン、ジッパー、マジックテープのフープ、リフレクターなど全ての素材にこだわり、アメリカ国内で生産されています。
 
そのラインナップの中でも特にご好評いただいている、UT LOADER / ユーティリティ・ローダーがこの度リニューアルして登場いたしました。
 
 

UT LOADER
¥4,000(税抜)
 
Peacock, Black, Mandarin, Saffron, Woodland Camo, Midnight
 
・容量:1.36リットル
・サイズ:18 x 10 x 7cm
・本体素材:Cordura® NYLON
・Made in USA 
 

ご購入はこちら

 

 
2本のチューブとパッチキット、CO2ボンベや携帯ツールなど、日々の通勤ライドはもちろん、週末に少し足を伸ばして長距離ライドに行くときなど、いつ、どんなトラブルが起こっても対応できるアイテムが十分に収まる容量を持ったUT LOADERは、雨にも泥にも負けぬようにと、しっかり入口を締めることができる、ウェザー・タイト仕様のサドルバッグに仕上がっています。
 
 

 
これは、キャンプやトレッキングなどでよく使われるドライサックが差し込まれたような構造で、防水性が高いのはもちろんロールアップ形状の間口という事もあり、一般的なサドルバッグに比べ「あと少し」が収納しやすくなっています。 ディテールについては収納したものの重みでロール部分がたるみにくいよう、下から上へと巻き上げる形へと変更。 間口が広いため荷物の出し入れも容易なのものこのバッグの特徴の一つです。
 
 

 
固定ストラップを通すループ箇所を上面、底面ともに4箇所に増やすことにより、様々なサドルにフィットするようにもなりました。 またたくさんの荷物の重みでバッグ自体がたるまないようにしっかりと固定する事も可能です。
 
 

 
カラーについては、こちらも好評いただいているFRONT LOADERと同じく6色展開に、そしてEDIT監修のロゴも装いを新たに存在感を放ちます。 どんなときもサドルの下に備えておきたい、僕らの考えるベストなオールテライン・サドルバッグ。 夏へ向けて様々なフィールドへ出かける際の最良の相棒になることを約束します。
 
 

オレゴンより愛を込めて。

 
すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、今私はアメリカオレゴン州ポートランドにいます。
 
 
つい先日もNAHBS2017トリップで行ったばかりではありますが、重大なミッションを果たすべく、再びこの地へ戻ってきたのです。
 
 
シアトルで乗り継いで、ポートランドの空港に着いたのはお昼過ぎ。 先週から雨季が終わり、誰もが口を揃えて最高だと言う時期がやってきたオレゴン、早速柔らかい陽の光がお出迎え。
 
 
空港に降りたって真っ先に向かったのは、手荷物受け取り口からすぐのところにあるバイクアッセンブルエリア。 そう、今回の滞在は約3ヶ月と長い。 ということで、もちろん持ってきましたマイバイク。
 

 
工具や空気入れも完備したバイクスタンドのおかげで、長旅の後にすぐバイクを組み立てて乗ることができるのです。 果てしなく広大な土地をもつこの国では、飛行機が日本でいう電車のような感覚で移動手段として使われ、特にポートランドのようなバイクタウンは、旅先でもライドを楽しむということに対して非常にウェルカムなのです。
 
 
街では、前回訪れたとき以上に多くのサイクリストが通勤や通学と行った日々の生活の中にしっかりと自転車を取り入れています。 この時期にポートランドを訪れるのは初めてですが、正直初日から既に、その過ごしやすい気候の虜になってしまいそう。
 
 
空港から一目散に向かったのは、この場所。 そう、前回の旅の軌跡でも記したように、シムワークスは新しい拠点を手に入れたのです。 そして私の役目はそのバトンをしっかりと受け継ぎ、次へ繋ぐこと。
 
会いたい人も行きたいところもたくさんありますが、3ヶ月しっかりとやってきます。 サークルズとして、シムワークスとして、色んな角度からこちらの様子を伝えて行きますのでどうぞお楽しみにしていてください。
 
 
っていうことで着いた次の日には早速、長旅で鈍った身体を動かすのがタノシムワークス的流儀。 パンプトラック行こうって言ったら、すぐにフルフェイスを被って準備万端待ちきれない蔵よろしく待ちきれない子ちゃんなオスカーの愛娘アディスンを連れて、近所のパンプトラックがある公園へ。
 
 
陽が長く、夜20時近くまで外は明るいので、この時期のポートランドは仕事終わりに気軽にライドに行けてしまう。
 
 
アディスンは父であるオスカーに後ろから追いつかれないように必死。
 
 
今回の襷を繋ぐ(a.k.a シムマラソン)前走者であるマコさんも元気そうで何より。 さぁ、ここから始まる3ヶ月。 終わってしまえばあっという間なのだろうけど、みんなから授かった襷をしっかりと握りしめて走り続けたいと思います。
 
とにもかくにも、みなさま良い週末を!
 
 
 

What’s New!!
from RAL By Deeper’s Wear

 
RIDEALIVEの開催をきっかけに、ぼくたちの遊びゴコロはますます加速していき、自転車を軸としたさまざまなアクティビティがどんどんと巻き込まれていきました。
 
そんな遊び場ではもちろんのこと、日々の生活においても、自分たちが一番信じている自転車という道具と同じくして、長く愛着持って付き合って行くことができ、さらにはしっかりと使い切ることもできる道具たちを、実際にカタチにしていこうとして生まれたコンセプトブランドが、RAL / ラルです。
 
 
この度、RALプロダクトにおいて、ライドに限らず日々の暮らしにおいても欠かす事の出来ないウェアシリーズに新しいラインアップが加わりました!
 
 

【RAL BY DEEPER’S WEAR】

FASTPASS Active Shirt ¥12,000(税抜)
FASTPASS Active Short ¥10,500(税抜)

 
ご購入はこちら

 
盟友DEEPER’S WEAR / ディーパーズウェアのアイテムにおいて、自転車が暮らしの基本軸にある人にとって最も馴染みやすいライフスペックといえば、FASTPASS / ファストパス(汗等の水分を素早く吸い込み、乾燥させる機能)が挙げられるのではないでしょうか?
 

 
 
今回、そんなファストパスシリーズの従来の生地とは異なる、より軽く、通気性の高い生地を用い、暖かくなるこれからの季節に活躍するシャツとショーツをリリースする事となりました。
 

 
ライドやハイク、そしてランニングなど夏のアクティビティで気軽に羽織りたいと思えるオープンカラーのボックスシャツは、スナップボタンで脱ぎ着しやすく、また右後ろにはバックポケットも備えており、サイクリングジャージのバックポケット同様に小物を収めておくことができます。
 
ショーツはベルトループを省き、代わりにゴムを設け、紐で調整するミニマムな仕様となっており、リラックスして着用できるものになっています。 また、膝上にくるように設定した丈の長さはライドをはじめとした様々なアクティビティで活躍します。
 
 
何より特筆すべきはその快適性。 一見するとリップストップのような生地はとても軽く、その格子状の線の交点の部分にレーザーで特殊な穴開け加工を施してあります。そのため通気性が非常に高く、シャツ内が蒸れることもないため1日中快適に着ていられます。
 
生地自体に撥水性も備えているので、汗をかいてもすぐに乾き、真夏のアクティビティでも大活躍。 それでいてストレッチ性も兼ね備えています。 また、シワになりにくい柔らかな生地のおかげで、広げても気にせずすぐに着る事ができるので、バッグに収めて持ち歩いたり、旅行の時にも重宝します。
 
 
シャツは、ブラックウォッチ・ジラフチェック・キナリの3色展開で、ショーツはブラックウォッチ・ジラフチェックの2色展開。 セットアップで選んでも良し、ショーツだけで選んでもお勧めです。
 

HAVE A GOOD DREAM from Ryota Kemmochi on Vimeo.

  
ライドはもちろん、山遊びや水辺でのアクティビティなど夏に手放せないアイテムに仕上がっております。 汗をかきながら力強くペダリングして峠を越えたり、山頂から絶景を望んだり、街にも溶け込むウェア、ぜひみなさまの遊びや日々の生活に取り入れてみて下さい!
 

 

RIDEALIVE Vol.1 Day2 レポートを公開しました。

 
 
 
夜中に目が覚めてしまう程の強い風は、朝起きると雲一つない青空を届けてくれた。 こんな最高のコンディションの中で山に登れるなんてと高まる気持ちを抑え、頂上へと足を進める。
 
SNSや写真で見てきたあの素晴らしい眺望を実際にこの目に焼き付けるために。 自分たちの足で一歩ずつ進んで頂上を目指すからこそ見える景色。 そしてそれを共に分かち合う仲間。
  

– RIDEALIVE Vol.1 Mie Day2 –

 
RIDEALIVE / ライドアライブ Vol.1 三重。 2日目竜ヶ岳へのハイキングからこの冒険を締めくくるクライマックスまで、今回のアンバサダーであるADAPT / 中村キョーヘイちゃんが綴ってくれました。
 
またあの景色を見に行きたいな。 もちろん山までは自転車でね。
 

未来へのイメージは膨らむばかりです。

 
 

from 中日春秋。 みらいはいま。 #circlesjapan

circlesさん(@circles_jp)がシェアした投稿 –

本日の中日新聞朝刊、中日春秋より。

 
 
まったくもってその通り。 未来は今。

サイクリストとして、今この時をどうやって生きていくかが未来の自転車環境を決めると言っても過言ではありません。
   
あなたにとって、自転車に乗るという行為は、週末に足を伸ばしてライドに出掛ける事であったり、日々の通勤や通学の事を意味する場合もあるでしょう。 今日は後者の日常的な乗り方について考えてみます。
 
自転車に乗る時に、「どうやってモノを運ぶか?」というのは、いつもついてまわる永遠のテーマのようなものです。
 
バッグを背負ったり、キャリアやパニアバッグを付けたり、もしくは持ち物を最小限に済ますという考え方もあります。とはいっても、日常的に使うバイクではモノを運ぶということは切っても切れない関連性がある故に、引き算をしていくわけにもいきませんよね。
 
 
SOMA/ソーマのカーゴバイク、TRADESMAN / トレードマン。 前後異径ホイールでフロントに荷物を積んだときに重心が低くなるように設計されたバイクは、ロングテールバイクとは違いミニマムな作りながらも十二分にその積載力を発揮してくれるカーゴバイクです。
 
市場への仕入れに、もしくは家族で公園までピクニック。
やりたいっていうそのイメージを、自転車で実現できるなんて素晴らしいですよね。
 
家から少し離れた公園まで愛犬を連れて行って、そこで散歩やピクニックをする休日。 今回は、そんな希望を現実にするお手伝い。
 
目的に応じた木箱やテーブルを計画し、実際の製作はお店づくりにおいて日頃からお世話になっているStore In Factoryさんにお願いをし、フロントテーブルにちょうどフィットする木箱とリアラックにあわせたテーブルをご用意しました。
 
 
フロントには愛犬を乗せられるよう深めのボックスを。
 

 
リアラックには折り畳めるテーブルをボルトオンで取り付け、公園でテーブルを広げば、どこでも気軽にコーヒーを淹れて一休み。
  
 
自転車には、大切な家族や、思い、夢をのせることだってできるのです。 あなたは何をのせますか?
  
もちろん、この他にもお使いのフロントラックや、リアキャリアにフィットするようなサイズでオーダーも承っております。 働く自転車が、街にもっと増えていくことを願って、いつでもそのお手伝いを致します。 是非お気軽にサークルズまでご相談下さいませ。
 
 

RIDEALIVE Vol.1 Day1レポートを公開しました。

 

 
あの楽しかった2日間からあっという間に1週間が過ぎましたが、心はまだ竜ヶ岳の頂上に置き去りです。
 
その全貌が全く見えないほどにオーガナイザー自身が楽しんだと専らの噂のRIDEALIVE / ライドアライブ Vol.1 三重。 本日その軌跡を綴ったレポートの前編を公開致しました。 結構ハードだったのですが、終始みんな笑っていたのが印象的。
 
– RIDEALIVE Vol.1 Mie Day1 –

 
 
今回も、写真はえりちんこと、エリ タナカが走りながらシャッターを押し続けてくれました。 とても素晴らしい写真ばかりです。 是非お時間ある時にご覧下さい。
 

Brand-New Fastpass Short!!

 
みなさまゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
昨日は急な雷雨に見舞われましたが一変、今日の名古屋は半袖で過ごしやすい暖かな1日。
 
そろそろショーツが履きたくなる時期ですね。
 
 
僕らの生活にフィットし、いつまでも飽きる事なく使い続け、使いきれるものというコンセプトをカタチとしているRALプロダクトから、DEEPER’S WEAR / ディーパーズウェアにご協力いただき昨年リリースした、これがあれば十分だと言い切れる限りなくニュートラルなデザインで、高い吸汗速乾性と伸縮性を持ったショートパンツがリニューアルして帰ってきました!
 

【RAL By Deeper’s Wear】 Fastpass Short ¥10,000(税抜)

 
ご購入はこちら

 
 
ディーパーズウェアのもつライフスペックのなかでも、最も自転車にフィットしているファストパスと呼ばれるシリーズ。 使用される生地は、汗などの水分を素早く吸い込み、乾燥するという特徴持っており、暑くなり多汗なこれからの季節には正しく最適。 また、この生地は良く伸びてくれるので、運動時において高い快適性を提供してくれます。
 
 
ライドはもちろん、トレッキングやクライミングなどのアウトドアフィールドでの使用もオススメです。 また、カジュアルなルックスということも相まって、コットンがメインの生地にも見えますが、実はポリエステル100%の生地ですので、先に挙げた機能面に加えて、製品自体の軽さも感じて頂けます。
 
 
どんなシーンでも使いやすく、ついつい毎日履いてしまいたくなるベーシックなルックスだけでなく、日頃から履き込むことに耐えうる丈夫な作りも特徴です。 リニューアルということで、前モデルに比べてレングスを少し短く、そして少し細身に仕上げ、ペダリングやハイキングで足を上げた時にもストレスがないように改良されています。 もちろんそうする事で、より多くのウェアとバランス良く組み合わせる事ができるようにもなりました。
 
 
カラーはネイビー・カーキ・ベージュの3色展開。 すぐ乾くので、3色買って一夏をこのパンツだけで乗り切る事だってできます。 25℃近くまで気温が上がった名古屋では活躍しそうだなと思っていたら、早速今日はスタッフみんなショーツを履いてきているっていう気の合いっぷり。 いや、ただ暑がりなだけ?
 
 
早速Wenshopにもアップしております。 もちろん店頭にも全サイズ・カラーが揃っていますので、連休後半のアクティビティで早速履いてみてはいかがでしょうか?
 


 
こっそりティージングも上がっていますが、今回ご紹介したファストパスショーツとは別に新しいアイテムも近々ご紹介できそうです! こちらも乞うご期待! 皆様よい休日を!
 

 
 

RIDEALIVE2017 Vol.1 was so gooooood!!!

 
Photo By Eri Tanaka
 
雲一つない青空のもと、RIDEALIVE2017 / ライドアライブ Vol.1 Bike To Hike,and Bike in Mie を無事に開催することができました!
 
週始めに襲ってくる筋肉痛はきっとこの週末を楽しく遊び切った証。 まずは2日間の冒険を共に楽しんだ同士へ最大の感謝と尊敬を! そしてみなさんにもこの2日間の軌跡をRAL / ライドレポートにてお伝えしていきますので、楽しみにお待ち下さい!
 
RIDEALIVE2017 Vol.1 was so good!! We’ll write about this trip on RAL / Ride Report later. Hope your weekend has been filled with smiles and miles!!