#男子ってこういうのが好きなんでしょ!!

 
ジャっす!
ジャスです。
改めジャス子です。イオンちゃんって呼んでね!(イオンは昔ジャスコだったからね。そこからのイオンちゃんね。)
 
いきなりだけど、今日は女子の気持ちになってバイクチェックしてみるわ。
男子が好きそうなスペシャルなSURLY STRAGGLER/サーリー ストラグラーが組めたので紹介するわよ!
 
こういうブログ書いてる時点で、男ってほんっとにバカよね♡
それじゃ、バイクチェック!ワァーン ツゥー カモ〜ン♡
 

シングルスピードにマット塗装が好きなんでしょ!!

 
球体ペイントによるマットブラック塗装のストラグラーは、変速機無しのシングルスピード使用なの! 男はシンプルに直球勝負!ごちゃごちゃ言ってないでシングルよ。シ・ン・グ・ル♡
 

マットブラック塗装にブラックデカールであわせちゃうんでしょ!!

 
サーリーロゴはブラックで、ブラックにブラックを合わせる上級者テクね! 素敵!
 

油圧ブレーキシステムって聞くとテンション上がるんでしょ!!

 
ハンドルはシシップデザインのJ.J.Barに、ブレーキレバーはTRPのHYLEX。 シングルスピード向けの油圧ブレーキレバーは制動力もタッチもGOOD♡
 

太めのタイヤでオンロードもオフロードも走りたいんでしょ!!

 
タイヤはSimWorks by panaracer The Homage 650B。
43cのボリュームでブロックサイドにヤスリ目センター。オンでもオフでもこれ1本!!
ポリッシュのリムにフルブラックのタイヤ、シルバーのスポークにもってきがちなの所をあえてのブラックスポーク!!
イケメンね!! そういえば先日のSimWorksのブログで「The Homage in the world」が公開されてたけど、どれも素敵なバイク達でうっとり♡ 特にうちのシゲちゃんのSALSA VAYAは最高ね! イケメンは何をやってもイケメン♡悔しいわ!
 

ザ・アメリカンなクランクにチェーンガードが好きなんでしょ!!

 
WhiteIndustries/ホワイトインダストリーズのENO ガード付きチェーンリング&クランク。
男心をくすぐるCNC削り出しのクランクは、アメリカ・カリフォルニア州のペタルーマで生産されている、まさしくMade in U・S・A!! こういうの好きでしょ!! 好きなんでしょ!!
 

「男前使用!!」って言われたいんでしょ!!

 
ハブももちろんホワイトインダストリーズで統一!!後々ギアードにするかも…なんて考え一切ナッシングで、シングル・ディスク・ハブ!! で、ザ・男前!! 惚れるわ♡
 

「あぁーあ。男子って単純。でもそんな所がかわいいのよね♡」って言われたいんでしょ!!

 
シンプルの中に最高のこだわりを詰め込むの。 サーリーと言うバイクブランドのもってるポテンシャルを引き出しまくるのよ!!「これでもかっ!」てぐらいにね! このバイクを納車したときのYさんの笑顔が最高だったわ!!…
 
と…最後まで読んでくれてありがとうございました。
あ、ジャスです。 女子の気持ちっていうか、完全に新宿2丁目でしたね。
 
男心をくすぐる男前バイク!! 是非皆様のご相談お待ちしております!
もちろんガールズバイクも得意ですよ! いや、むしろそっちの方が得意かな!
とにかくメンズもガールズも皆様のご来店お待ちしておりまっす! 寒さはまだまだ続きますが、こんな季節だから出会うことの出来る景色を自転車で探しにいきませんか?
 
 

Circles x SURLY

「1から自転車を組む。」と言うと一見難しそうに思えるかもしれない。

しかし、しかしだよ。
ある一定のルールさえクリアしたならば、そこには自由がある。
そう、自転車は自由だ。
そんな1台を組みました。

dsc_6069-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

SURLY STRAGGLER/サーリー ストラグラー  ¥193,000(税抜)
dsc_6091-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
まず目を引く水牛の角のようなこのワイルドなハンドルにシフターは、バーエンドコントロール。
ハンドルを握る位置によってポジションが大きく変えられるのもこのハンドルの面白い所。
ハンドルのカーブ付近を握って前傾姿勢で攻めるもよし。
後ろの方を握ってらくちんポジションで流すもよし。

dsc_6086-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
タイヤは今話題のSimWorks by panaracer のTHE HOMAGE
「ホマゲじゃないよ、オマージュだよ。」
と言うフレーズをここ半年で何回聞いた事か。
オンもオフもこれ1本。
スタッフバイク着用率ナンバー1のタイヤをインストール。
ハブはSHIMANOでリムはWTB。

間違い無し。問題無し。

dsc_6067-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
ちなみにストラグラーの完成車は¥235,000(税抜)

冒頭でも言った「1から自転車を組む。」は実は完成車よりもお値打ちに組む提案も出来る。
使い方、用途にあったパーツを足し算、引き算して行き、そこに僕らなりのスパイスを足してやると、あら不思議。
高級食材が旨いのか?
そうじゃない、自分が旨いと思った物が旨いんだ。
飯もチャリも。

dsc_6062-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
フロント、リアにキャリアを付けてキャンプツーリングにも。
サドルバッグやフレームバックでバイクパッキングスタイルも。
WALDのカゴなんて付けてアーバンスタイルもいいかも!
妄想が止まりません。

是非1度お店に見に来てください。
お待ちしております!!

650Bのストラグラーに乗る素敵なあなたを想像してみた。

久々にSurlyのフレームセットをお店用にと思って仕入れてみました。

DSC_2291Surly “Straggler 650B Frame/Fork” ¥72,000(税抜)

今やすっかりお馴染みとなったStragglerに新たに加わった650Bホイールモデルです。

DSC_2301

650BのRock’nRoad Tireを履かせるとこんな感じ。

DSC_2293

クリアランスもバッチリです。

クロスチェックやストラグラーは700cで42cmからのサイズ設定となっていますが、やはり小さいサイズになればなるほどスローピングがきつくなってしまいます。ですが、この650Bであれば、スタンドオーバー(跨いだ時の高さ)を十分確保でき、バイクとしても良いバランスで組めるので、小柄な人にとっては嬉しい事ばかりです。素敵な女性に乗ってほしいなという願いを込めて一番小さいサイズの38cmをご用意しました。

もちろん完成車の設定もあるのですが、ここはやはりフレームセットで、あなたにフィットしたバイクをご提案したいと思うのです。というわけで、想像してみました。

alivio__m4000__9-spd.image.-groupTextImage-Single-image.dash

コンポはALIVIOで、しっかりとお財布への優しさを意識しながらも、サドルやハンドル、奢りたい所はしっかりと相談させてもらい、、、と頭の中で御見積りをしてみましたが、完成車なら235,440円のところを、180,000円ほどですごく良いバイクができそうです。仮に好きな色にペイントしても、完成車よりお値打ちになるのは、結構良いお話ではないかと。

もちろん、もっと上手くやる方法もありますが、あまりここに書いちゃうとアレなので、ご興味ある方はご相談下さい!

MXインターナショナル展示会に行ってきました。

先日、モトクロスインターナショナルの展示会に行ってきました。モトクロスさんと言えば、名古屋が誇る問屋さん。毎年の展示会も地元名古屋での開催となるので、お膝元にショップを構える我々としては大変ありがたい訳です。

早速色々チェックしてきました。

IMG_9962Salsa “Colossal2 2015”

アドベンチャーライドの楽しみ方を提案してくれるSalsa。そんなラインアップの中でも最もスピーディーにより遠くへと走りたくなるColossal。

なんと今年からフロント15mmスルーアクスルを採用しています(Giantが去年から採用した流れが少しずつ広がっていますね)。それに伴い去年モデルまでEnveフォークが採用されていましたが、今年からオリジナルのカーボンフォークに。ちなみに、Colossal Tiはリアも12mmスルーだそうです。

ディスクの制動力に負けない強靭なフロントまわりで、ダートでも安心して走れますね。
クリアランスは700x30cまでで、フェンダー付きだと28cとな、、、ん?フェンダー付き?!
そうです。実は今回のマイナーチェンジでフェンダーアイレットが追加されました。しかもリプレーサブルときました。

IMG_7251

フロントフォークの裏側には小さなタップがたててあります。

2015_Colossal_fork_fender_mount

写真のようにリプレーサブルのフェンダーアイレットがつくわけです。

IMG_9323

リアも同じようになっています。

Salsaが言うように、All-Road Machineという名がふさわしいバイクですが、ディスクブレーキに加え、フェンダーも取り付け可能となると、まさしく全天候型のオールラウンダーです。大きなサドルバッグやフレームバッグに最小限の荷物を入れて、どこまでも行きましょう。

「フェンダーは付けないしマウントも必要ない」という男前なあなたや、やはりEnveフォーク付属にも惹かれるという方には、実は旧モデルもまだ在庫があったりしますのでご相談下さい。少しお得なご提案もできると思います。

IMG_2993

そして、Surlyからは、Icwe Cream Truckなる新型ファットバイクも出ていますが、やはり気になってしまうのはこちらのバイク。

IMG_4656

色でわかった人は鋭い。Stragglerです。一見すると別にカラーのチェンジも無いしと思うかもしれませんが、、、

IMG_1226

今年から650Bサイズのモデルも出ました!

サイズラインナップの中でも、38cm,42cm,46cm,50cmあたりが国内では先行してラインナップされます。
このサイズ設定は小柄な方でもバランスの良いバイクが組めるのでうれしいですね。38cmのフレームセットをオーダーしているので、サイズで悩んでいた女性の方は是非ご相談下さい。Alivio+フラットバーで実用的な一台を組みたいですね。

2015のカタログも店頭でご覧になれますのでお気軽に!

この日は展示会のついでに東西から各地のショップさんが遊びにきてくれました。
ブルーラグ某ASHIさんは久々にお会いしましたが、相変わらずスラっとしていました。

IMG_3011

ASHIさん、僕が小さいからって手の届かないところにステッカーボムるのやめてもらっていいっすか!(笑)

夢のある自転車の買い方。

今日は2台のSurlyをご紹介します。

DSC_8565

1台目はStraggler。
通勤をメインに週末にはツーリングや、ダートライドをしたりというオーナーのイメージに合わせたオールラウンダーな一台に。

DSC_8588

ハンドルはSimWorksのCalsaga Bar。完成車はドロップにSTIレバーという組み合わせですが、もう少し気楽に乗れる様にWレバーをチョイスしています。

DSC_8595

タイヤは通勤で調子の良いSchwalbeのKojak 700-35c。是非とも将来的にはBruce GordonのRock’n Roadを履いてダートツーリングを楽しんでもらいたい一台です。

お次ぎはPacer。やはりマルチプレーヤーとしてはCross Checkが抜きん出ていますが、もう少しスピードを求めたり、より遠くへ行ける相棒をお探しの方にはPacerがオススメです。

DSC_9327

巷では11sの105が出ると騒がれていますが(もちろんうちにもたんまり入ってきますのでご心配ねぐ)、なんだかんだいって10sでも十分だというのが僕の答え。(現にまだ11sコンポを持っていない、、、)通勤でも使いながら、やはり週末に遠くへ行ったり、多少のグラベルもこなせるような冒険ロードをお探しだったオーナーさん。

DSC_9346

純正のカラーを気に入って頂けたので、赤に合わせてブラウンをポイントに。サドルはBROOKSにいってしまいがちですが、予算的にもBLUE LUG別注のWTB Silveradoをチョイス。これを野暮ったいと思うかどうかはあなた次第ですが、とっても綺麗にまとまっていると思います。なによりWTBは座り心地最高です。

今回ご紹介した2台は、どちらも純正カラーをそのまま活かしたバイクです。一見すると完成車がベースと思いがちですが、フレームセットからパーツをチョイスしています。ポイントは完成車のプライスよりお値打ちに組んでいるということ。

自転車を選ぶとき、「どんな事に使うか」とか、「どんな所を走りたいか」といったイメージがしっかりあれば、それはきっと最高なバイクに出会うことができます。でも実際乗ってみないとわからない部分もあったりしてついつい完成車を選んでしまいがち。完成車を買う事が別に悪い事ではないですが、その人にとって完成車のスペックが必要な部分とそうでない部分とあるとすれば、きっちりそこと向き合ってひとつずつ選んで行くというのもアリだと思います。だから僕らが好きなSurlyというメーカーは完成車も展開しながら、フレームセットを用意しているのですね。

コンポのスペックとか難しいことはわからないという人は是非我々サークルズスタッフにご相談下さい。多分スタッフそれぞれに色んなセレクトをすると思います。最終的に形となったバイクは様々でも、お客様にとってどういったバイクがいいか知恵を絞って出来たバイクはそれぞれがサークルズとしての解答例です。

12988963344_52fa760226_o

DSC_8492

せっかくなら塗装もしたいなと考え始めると、良い値段になってしまうこともありますが、、、完成車相当の値段もしくはそれ以上の金額の買い物をするのであれば、もしくは何となく完成車で良いかなぁとお考えの方、こんな自転車の買い方は夢があるのではないでしょうか?僕ら自転車屋も腕が鳴りますぜ。

SURLY STRAGGLER & SALSA COLOSSAL 2

今日はモトクロスインターナショナル様の展示会に行って参りました。
先程のマコト氏のエントリーに続いて気になったものをご紹介します。

Straggler

まずはSurlyの新作STRAGGLER。(完成車:¥235,200)

IMG_6061

CROSS-CHECKのディスクブレーキ仕様というところですが、ただ単にディスクブレーキが付いたというわけではなく、エンドも新設計のものを採用し、ディスクブレーキでも多段・シングルどちらにも対応するように工夫しています。テンションスプリングは前後どちらからも取り付けられ、ディスクブレーキの制動力に負けてリアホイールがズレる心配はありません。

IMG_8015

ラック・フェンダーマウントもエンド部ともう一カ所ディスクキャリパーに干渉しない位置に設けてあるので安心です。ディスクブレーキが付く事でいつもは避けているあの道もこのバイクなら、、、とついワクワクしてしまうバイクです。

IMG_4532

ちなみにこのSTRAGGLERの完成車にはKRAMPUS用のknard Tireと同じパターンで新しいサイズの700-41cが標準装備されています。これがまた調子良さそうでした。アドベンチャー的ライドでもシクロクロスでもマルチに使えるタイヤです。タイヤ単体としても入荷予定なので、CROSS-CHECKオーナーにもおすすめです。

ディスクつながりでSalsaのCOLOSSAL2も小出しに。

IMG_4320
Salsa COLOSSAL2(完成車:¥275,100 フレームセット:¥147,000)

ラックレスランドナーというネーミングがピッタリなCOLOSSAL。サドルバックやフレームバックを付けてどんな道だろうとお構い無しだぜと言わんばかりに100km〜200kmサクッと走れるバイクです。フレームフォークの仕様に大きな変更は無いですが、ナイスカラーでした。こちらはフレームセットが入荷予定です。お楽しみに。

というわけで、2014カタログもご覧になれますので気になる方は是非ご相談お待ちしてます!!