New Doppo Day!!

 
 
新しいバイクを組むとアガる。
 
しかもとびっきりの相棒を手に入れたときた。
 

 
自分の力で信ずる道を進むが如く、まだ見ぬ景色や歓喜を求めてひた走る。 独立独歩、それはまさに自転車に乗る事に通じる。
 
太めのタイヤを履かせてダートへと繰り出すのも良し、オンロードタイヤでよりより遠くへ目指すも良し。
 
 
キャルサーガバーでATBライドを楽しむことを念頭に、RIDEALIVEのようなキャンプツーリングも出来るようにポットラックフロントキャリアとオンザロードリアキャリアは球体ペイントにて思いきって同色ペイント。 あとはキャンプ道具も冒険心も全て積み込んでライドに出掛けるのみ!
 
 

-SPECS-
Frame SimWorks By Shin Doppo ATB / size:M
HeadSet Chris King  1-1/8″ NTS
Main Group Shimano SLX M7000
Shifter microshift MTB 11speed Shifting lever
Rims Velocity NOBS 700c 32H
Tire SimWorks By Panaracer The Homage 700x43c
Handle SimWorks By Nitto Calsaga 540mm
Stem SimWorks By Nitto TomBoy
Seatpost SimWorks By Nitto Beatnik
Front Rack SimWorks By Nitto Potluck
Rear Rack SimWorks By Nitto OnTheRoad
Tops Deeper’s Wear HandsUp Shirt
Pants Deeper’s Wear HighKick Jeans
Shoes QuocPham Derby

 
この素晴らしい相棒を手に入れたのは、明日のBikeTo森、道、市場で岡崎駅からのライドリーダーを務めてくれるノブ君。 きっとこれから色んな景色をこのバイクと一緒に見る事になるのでしょう。 明日の天気が少し心配ですが、雨にも負けずに無事にみんなが辿り着いて乾杯できる事を願っています。
 
SimWorks By Shin / Doppo ATB、このたび欠品していたMサイズも再入荷しております。 また、今回からXLサイズも仲間入り、また追ってXXLサイズもサイズラインナップに加わり、大柄な方にもご案内できるようになりました。 あなたの独り遊びの理想を具現化するバイク、是非サークルズまでご相談下さい。
 

ご購入はこちら

 

Paul Component X SimWorks

 
ジャスです。
 
僕がPaul Component/ポール コンポーネントというメーカーを意識するようになったのは、サークルズで働く少し前。 僕が今でもずっと大切に乗り続けているSurly CrossCheck/サーリー クロスチェックをサークルズでオーダーした日でした。 もう5年以上も前の話です。
 
当時、接客してくれたトレーシーからポールのカンチブレーキを薦められました。
ショーケースの中を覗くとそこには、キレイなアルマイトのかかった様々なパーツ。一瞬で心を奪われてしまったのを覚えています。
 
予算が限られていた僕は、消去法的に泣く泣くポールのブレーキを諦めてしまったけれど、いつかはポールのパーツを使って自転車を組んでみたい!と強く思い続けていました。 その後、どんどん自転車の魅力に取り付かれ、その半年後にはサークルズに入社を決めていたのでした。
 
時間が経つのはとても早く、当時の「最新コンポーネント」と呼ばれていた物はもちろん「最新」ではなくなり、次から次へと真新しい物が溢れるように湧いて出て、何も無かったかのように姿を消していく。 そんな時代。
 
そんな中、当時僕が覗いたショーケースには今でも当時と変わらない場所にポールのパーツ達を奇麗にビシッと並べています。 基本を失わずにバージョンアップを続け、常に世界が求める新しい物を作り出す姿勢が世界中のサイクリストに愛される理由なのではないのかと思います。
 
 
ただ、当時と違うのはシューケースの1番上の段には我らがシムワークスの熱い想いを形にした、ポールとのコラボレーションアイテムが所狭しと並べられている事。 あの日、買えなかったポールのブレーキへの憧れは今でも変わらず、今はさらに生み出す事への憧れへ。
 
今日はそんな憧れを形にしてくれた、シムワークスとポールのラインナップに新たに加わったアイテム達をご紹介いたします。
 

【Paul Component x SimWorks】
MOTOLITE BRAKE/モトライト ブレーキ
¥18,500(税抜)

 
ご購入はこちら

 
ブレーキの形状は、20年近く前に発表されたブレーキです。 ディスクブレーキ全盛の今の時代、その存在が薄れてきたVブレーキ。
 
そんな中何故、「今」、モトライト ブレーキなのか? 答えは「今」のホイールサイズの豊富さにあります。
 
26インチ、27.5インチ、650B、700C、29インチと求めるライディングスタイルによって選択できるホイールサイズが増えてきました。 そして昨今のトレンドでもある26インチの27.5インチ化、ディスクブレーキを搭載したバイクに与えられるインチアップカスタムもしかり。
 
しかし、サークルズに持ち込まれる自転車のホイールサイズに関するご相談は、26インチのディスクブレーキを搭載していないオールドマウンテンバイクや、使い込まれたクロスバイク、ツーリングバイクといったものがまだまだ多いのです。
 
 
このような自転車にこそ、このモトライトの持つブレーキシュー取り付け位置をアジャストできる機能がとても役に立ちます。 上下にアジャストするブレーキシューホルダーは、ホイールサイズの壁を少しだけ越えることができるのです。
 
 
例えばサーリーの名ツーリングバイク、ロングホールトラッカー。 こちらもサークルズではクロスチェックに負けじと大変人気のある車種です。 このロングホールトラッカーは26インチですので、モトライトを装着する事で27.5インチへのインチアップカスタムが可能です。
 
では、26インチから27.5インチへインチアップする事のメリットとは?
 
まずはホイールサイズが大きくなる事で26インチよりもよく進み、段差なども乗り越えやすくなり、トータル的に走破性が上がります。
次に見た目のバランスも良くなります。これはフレームサイズにもよりますが、フレームサイズが大きいバイクに対して26インチホイールはどうしてもアンバランスになりがちです。(個人的にはそのサイズ感、バランス感も好きなのですが。)
それが27.5インチになる事によりバランスよくなります。
 
デメリットとしては、スタンドオーバーハイトが多少上がってしまうことと、あと個人的にはフェンダーの取り付けぐらいでしょうか。 タイヤとブレーキ本体、タイヤ上部に張られるブレーキワイヤーのクリアランスが少なくなるため、タイヤサイズによっては装着が厳しくなる可能性もあります。 しかしながら、それを差し引いてでも650B化してみるのはものすごく面白いと思うのでおすすめです。 ロングホールトラッカーにThe Homageを履かせて、新たな冒険に出掛けませんか?
 
【Paul Component x SimWorks】
THUMBIES for microSHIFT/サミーズ フォー マイクロシフト
¥9,800(税抜)

 
ご購入はこちら

 
そしてもう一つは、サミーズ フォー マイクロシフト。
 
サミーズはと言えばシマノのバーエンドコントロールシフターを使い、サムシフターとして使う事の出来るアイテムなのですが昔から存在します。
 
では一体何が新製品なのでしょうか?
 
答えは名前にあります。そうです、サミーズ フォー マイクロシフト。
 
 
シムワークスの取り扱うプロダクト、マイクロシフト社のバーエンド・シフターとシフティング・レバーに互換性をもったサミーズ。 そして本家にはないオープンクランプ式の取付け方法や、より薄く製造された台座のおかげでそのレバー調整に対する自由度が広くなり、メンテナンス性能も格段に向上しています。
 
サーリーのクロスチェックの完成車にはマイクロシフト社のバーエンドコントロールシフターがドロップハンドルに付いていますので、ドロップハンドルからフラットハンドルへのカスタムも、このサミーズを使う事により最小限のパーツ交換で容易に行う事ができるようになります。
 
 
何よりもこの美しい台座に刻み込まれた「P」と「♡」
あなたのバイクをより美しく、豊かにしてくれます。
 
今後もPaul Component X SimWorks の動きから目が離せません!!
 

#男子ってこういうのが好きなんでしょ!!

 
ジャっす!
ジャスです。
改めジャス子です。イオンちゃんって呼んでね!(イオンは昔ジャスコだったからね。そこからのイオンちゃんね。)
 
いきなりだけど、今日は女子の気持ちになってバイクチェックしてみるわ。
男子が好きそうなスペシャルなSURLY STRAGGLER/サーリー ストラグラーが組めたので紹介するわよ!
 
こういうブログ書いてる時点で、男ってほんっとにバカよね♡
それじゃ、バイクチェック!ワァーン ツゥー カモ〜ン♡
 

シングルスピードにマット塗装が好きなんでしょ!!

 
球体ペイントによるマットブラック塗装のストラグラーは、変速機無しのシングルスピード使用なの! 男はシンプルに直球勝負!ごちゃごちゃ言ってないでシングルよ。シ・ン・グ・ル♡
 

マットブラック塗装にブラックデカールであわせちゃうんでしょ!!

 
サーリーロゴはブラックで、ブラックにブラックを合わせる上級者テクね! 素敵!
 

油圧ブレーキシステムって聞くとテンション上がるんでしょ!!

 
ハンドルはシシップデザインのJ.J.Barに、ブレーキレバーはTRPのHYLEX。 シングルスピード向けの油圧ブレーキレバーは制動力もタッチもGOOD♡
 

太めのタイヤでオンロードもオフロードも走りたいんでしょ!!

 
タイヤはSimWorks by panaracer The Homage 650B。
43cのボリュームでブロックサイドにヤスリ目センター。オンでもオフでもこれ1本!!
ポリッシュのリムにフルブラックのタイヤ、シルバーのスポークにもってきがちなの所をあえてのブラックスポーク!!
イケメンね!! そういえば先日のSimWorksのブログで「The Homage in the world」が公開されてたけど、どれも素敵なバイク達でうっとり♡ 特にうちのシゲちゃんのSALSA VAYAは最高ね! イケメンは何をやってもイケメン♡悔しいわ!
 

ザ・アメリカンなクランクにチェーンガードが好きなんでしょ!!

 
WhiteIndustries/ホワイトインダストリーズのENO ガード付きチェーンリング&クランク。
男心をくすぐるCNC削り出しのクランクは、アメリカ・カリフォルニア州のペタルーマで生産されている、まさしくMade in U・S・A!! こういうの好きでしょ!! 好きなんでしょ!!
 

「男前使用!!」って言われたいんでしょ!!

 
ハブももちろんホワイトインダストリーズで統一!!後々ギアードにするかも…なんて考え一切ナッシングで、シングル・ディスク・ハブ!! で、ザ・男前!! 惚れるわ♡
 

「あぁーあ。男子って単純。でもそんな所がかわいいのよね♡」って言われたいんでしょ!!

 
シンプルの中に最高のこだわりを詰め込むの。 サーリーと言うバイクブランドのもってるポテンシャルを引き出しまくるのよ!!「これでもかっ!」てぐらいにね! このバイクを納車したときのYさんの笑顔が最高だったわ!!…
 
と…最後まで読んでくれてありがとうございました。
あ、ジャスです。 女子の気持ちっていうか、完全に新宿2丁目でしたね。
 
男心をくすぐる男前バイク!! 是非皆様のご相談お待ちしております!
もちろんガールズバイクも得意ですよ! いや、むしろそっちの方が得意かな!
とにかくメンズもガールズも皆様のご来店お待ちしておりまっす! 寒さはまだまだ続きますが、こんな季節だから出会うことの出来る景色を自転車で探しにいきませんか?
 
 

Full Line up “The Homage Tire”.

 
発売以来、多くのサイクリストの冒険心を刺激しているSimWorks By Panaracer/シムワークスバイパナレーサーThe Homage/ジ・オマージュ
 
まだかまだかと残りの2カラーの登場を待ち望んでいた方も多いとおもいますが、遂に全カラーラインナップが揃い、Webshopにもアップ致しました。
 
SimWorks By Homage
 
SimWorks By Homage
 
SimWorks By HomageSimWorks by Panaracer The HOMAGE
Green x Skin Side

 
Wheel Size : 700c (622) & 650b (584)
Tire Width : 43mm
Bead : Aramid
Compound : ZSG Natural Compound
Weight : 560g (700c) / 520g (650b)
Price : ¥6,200(税抜)
 
一度見たら忘れる事のない強烈な印象のグリーン x スキンサイドは、どこか懐かしい感じがするカラーです。派手になりがちなカラーですが、色味にはこだわり、幅広いバイクにマッチするようシムワークス流の遊び心が伺い知れます。
 

 
SimWorks By HomageSimWorks by Panaracer The HOMAGE
Black x Brown

 
Wheel Size : 700c (622) & 650b (584)
Tire Width : 43mm
Bead : Aramid
Compound : ZSG Natural Compound
Weight : 550g (700c) / 520g (650b)
Casing : Anti Flat Casing
Price : ¥6,800(税抜)
 
パナレーサーでは定番カラーとなっているブラウンサイドカラーをオマージュにもラインナップ。グラベルキング譲りのアンチフラット・ケーシングを採用した耐パンク仕様。サイドカットやリム打ちによるパンクのリスクを抑え、よりタフなライドにマッチします。
 
さぁ、あなたはどんなバイクにアッセンブルしますか?
 
SimWorks By Panaracer The Homage 
先日もご紹介させて頂いた通り、オンロード・オフロードとその路面状況を問わず、幅広く使う事のできる万能型オールテラインタイヤ。先日のBuilders Do Fuji2016でも、とにかくこのタイヤの持つ特徴を最大限に引き出してライドを楽しむことができました。
 
 
スーサイド・フォレストからヴォルケーノまで、一口にオフロードといっても様々な表情を持つ路面に対して、対応できる路面を問わない、すなわち、僕らの行き先を限定しないということは、行った事の無い未開の地やまだ見ぬ景色を求めて走り回る、そんな自転車で遊ぶ事の本来の楽しさに、僕らを立ち返らせてくれます。
 
SimWorks By Panaracer The Homage 
そして、みなさんが気になっているであろう、「自分のバイクには果たしてオマージュを履かせることが出来るのか?」という疑問に対して、店頭ではフィッティング確認用のサンプルをご用意しております。ご検討頂いていた方は是非お気軽にスタッフにお尋ね下さい。
 
これから控えているビックツーリングシーズンにむけて、オマージュを装着して多くの方々が素晴らしい冒険を楽しまれることを願っております!

Homageで、色んな道を走ってみた。

 
 
みなさんにとって、自転車に乗るという行為の面白さはどういった点が挙げられますか?
 
僕自身は、幼い頃に友達と隣町へ行こうと計画を立てて実際に走ったり、釣り竿を括り付けて家から遠く離れた池まで走って行ったときに感じられたあのワクワクする気持ちが、ある種の初期衝動として今でも失われていない事だと思います。
 
人力で動く自転車だからこそ、行ったことのない場所へとペダルを漕ぎ進めることは、僕らが幼い頃に感じたあのワクワクする気持ちを呼び覚ましてくれます。 今でも普段のライドでは、走った事のない道を走り回ったり、冒険してみようという気持ちが強いのですが、きっとこの記事を読んでいる方の中にもそういった方は少なくないはずです。
 
SimWorks By Panaracer The Homage 

我々サークルズと同じ傘のもとで、自転車乗りの為のライフスタイルの想像をしているディストリビューション部門のSimWorks/シムワークス。 そんなシムワークスの生み出すさまざまな製品では初めてとなる、オリジナルタイヤ、その名もThe Homage/オマージュ。 その昔マウンテンバイクが全盛だった頃にパナレーサーで作られていた「マッハSS」というタイヤのパターンを、グラベルライドやバイクパッキング、そしてオールテラインといった、現在進行形で多様化する自転車の楽しみ方にあわせてリファインしています。
 
SimWorks By Panaracer The Homage 

マウンテンバイクのようにオフロードを駆け抜けることができるブロックパターンや、舗装路を颯爽と走ることのできるスリックパターンとはひと味違った、センタースリックと呼ばれる独特のパターンは、皆さんの冒険心を刺激してくれることでしょう。 もちろん世界に誇るべきパナレーサーによる安心の日本国内製造品。 リリース以来、おかげさまで多くのサイクリストが使ってくれています。 僕自身も完成当初から現在進行形で使っており、色んなところを走ってきましたが、今回はその経験を踏まえてこのタイヤの特徴をご紹介したいと思います。
 
SimWorks By Panaracer The Homage 

1:オンロードでの特徴
 
綺麗に舗装された道路では細いタイヤほど路面抵抗が低く、転がりやすいのでスピードが出やすいです。 このオマージュタイヤは、タイヤ幅43mmと、一般的なロードバイクのタイヤ幅である25mmに比べてかなりボリュームがあるのですが、センター部分が持つヤスリ目のパターンにより、そのボリュームを気にさせないほどスムーズに転がるのが印象的。 もちろん細いタイヤと比べて重量も若干は重くなりますが、速く走るということにこだわらなければとても快適という言葉につきます。
 
そしてバイクパッキングやツーリングといった用途はもちろん、通勤や通学、街への買い物と行った日常的な使い方にもお勧めできる万能なタイヤです。
 
SimWorks By Panaracer The Homage 

2:グラベル(砂利道)での特徴
 
オマージュタイヤが最も得意とするのが、砂利道やドライなダート、いわゆるグラベルと呼ばれる路面です。 43mmのボリュームを活かして、悪路を気にする事なく突き進むことができるだけでなく、トレッドの両サイドに配置されたブロックパターンのおかげで、しっかりとしたグリップ感を得られます。 先日のバイクパッキングトリップでも、テントや寝袋を積んだ状態で未舗装路を走ったのですが、コーナーでバイクを倒してもしっかりと路面を掴んで進んでいる感覚があり、安心して走りきることができました。
 
他にも、普段はマウンテンで走っているようなトレイルや、火山地質のダブルトラックなど、とにかく色んなところを走りました。 砂利よりももっと大ぶりな石が転がっている路面や、木の根っ子が張り出したトレイル、ぬかるんだオフロード等では少し注意が必要ですが、それでも本当に幅広い路面状況に対応でき、控えめに言ってもとても優秀な万能オールテラインタイヤだと思います。
 
また、冒険サイクリスト御用達のパナレーサー/グラベルキングにも用いられている最新のケーシングとコンパウンドを用いる事で、サイズの割に軽量に仕上げつつも、タイヤのサイドカットなどを気にせず駆け抜ける事もできます。 とはいえ、打ち所が悪ければ、サイドカットは起こりうるので、路面状況や、空気圧など様子を伺いながら、タイヤ・路面と会話をするようにライドを楽しんでほしい、個人的にはそんなタイヤだと考えています。
 
SimWorks By Panaracer The Homage 

4泊5日のバイクパッキングトリップを共にした、カリフォルニア州ナパでハンドメイドバイクを作っているRetrotec/レトロテックのビルダーであるカーティス・イングリスもこのオマージュタイヤを履いたオールロードバイクで今回の旅を楽しんでいました。
 
Allcity Space Horce with SimWorks By Panaracer The Homage
 
Salsa Marrakesh with SimWorks By Panaracer The Homage 
ラインナップは700x43Cと650x43Bの2サイズ展開。43mm幅ということで、タイヤクリアランスという点でどんなバイクでも装着できるものではありませんが、サーリーのクロスチェックやストラグラーのようなタイヤクリアランスにゆとりのあるシクロクロスバイクや、ツーリングバイク、コミューターなど様々なバイクにフィットします。
 
カラーは定番のブラック/ブラックサイドに加え、ブラック/ブラウンサイドとライトグリーン/スキンサイドが近日中にリリース予定。ご自身の自転車に装着できるどうかといったフィッティングについてはお気軽にお問い合わせ下さい。
 
The Homage Tireのご購入はこちらから。