#男子ってこういうのが好きなんでしょ!!

 
ジャっす!
ジャスです。
改めジャス子です。イオンちゃんって呼んでね!(イオンは昔ジャスコだったからね。そこからのイオンちゃんね。)
 
いきなりだけど、今日は女子の気持ちになってバイクチェックしてみるわ。
男子が好きそうなスペシャルなSURLY STRAGGLER/サーリー ストラグラーが組めたので紹介するわよ!
 
こういうブログ書いてる時点で、男ってほんっとにバカよね♡
それじゃ、バイクチェック!ワァーン ツゥー カモ〜ン♡
 

シングルスピードにマット塗装が好きなんでしょ!!

 
球体ペイントによるマットブラック塗装のストラグラーは、変速機無しのシングルスピード使用なの! 男はシンプルに直球勝負!ごちゃごちゃ言ってないでシングルよ。シ・ン・グ・ル♡
 

マットブラック塗装にブラックデカールであわせちゃうんでしょ!!

 
サーリーロゴはブラックで、ブラックにブラックを合わせる上級者テクね! 素敵!
 

油圧ブレーキシステムって聞くとテンション上がるんでしょ!!

 
ハンドルはシシップデザインのJ.J.Barに、ブレーキレバーはTRPのHYLEX。 シングルスピード向けの油圧ブレーキレバーは制動力もタッチもGOOD♡
 

太めのタイヤでオンロードもオフロードも走りたいんでしょ!!

 
タイヤはSimWorks by panaracer The Homage 650B。
43cのボリュームでブロックサイドにヤスリ目センター。オンでもオフでもこれ1本!!
ポリッシュのリムにフルブラックのタイヤ、シルバーのスポークにもってきがちなの所をあえてのブラックスポーク!!
イケメンね!! そういえば先日のSimWorksのブログで「The Homage in the world」が公開されてたけど、どれも素敵なバイク達でうっとり♡ 特にうちのシゲちゃんのSALSA VAYAは最高ね! イケメンは何をやってもイケメン♡悔しいわ!
 

ザ・アメリカンなクランクにチェーンガードが好きなんでしょ!!

 
WhiteIndustries/ホワイトインダストリーズのENO ガード付きチェーンリング&クランク。
男心をくすぐるCNC削り出しのクランクは、アメリカ・カリフォルニア州のペタルーマで生産されている、まさしくMade in U・S・A!! こういうの好きでしょ!! 好きなんでしょ!!
 

「男前使用!!」って言われたいんでしょ!!

 
ハブももちろんホワイトインダストリーズで統一!!後々ギアードにするかも…なんて考え一切ナッシングで、シングル・ディスク・ハブ!! で、ザ・男前!! 惚れるわ♡
 

「あぁーあ。男子って単純。でもそんな所がかわいいのよね♡」って言われたいんでしょ!!

 
シンプルの中に最高のこだわりを詰め込むの。 サーリーと言うバイクブランドのもってるポテンシャルを引き出しまくるのよ!!「これでもかっ!」てぐらいにね! このバイクを納車したときのYさんの笑顔が最高だったわ!!…
 
と…最後まで読んでくれてありがとうございました。
あ、ジャスです。 女子の気持ちっていうか、完全に新宿2丁目でしたね。
 
男心をくすぐる男前バイク!! 是非皆様のご相談お待ちしております!
もちろんガールズバイクも得意ですよ! いや、むしろそっちの方が得意かな!
とにかくメンズもガールズも皆様のご来店お待ちしておりまっす! 寒さはまだまだ続きますが、こんな季節だから出会うことの出来る景色を自転車で探しにいきませんか?
 
 

MY WIFE MY CIELO

 
ジャっす。
ジャスです。
本日は誠に恐縮ですが、わたくしがワイフの為に組みました自転車の紹介です。
ホイールやヘッドセットなど僕がいままで乗っていたクロスチェックのパーツを移植して組み上げました。(そして僕のクロスチェックは更なる進化を遂げる計画中!乞うご期待!)
 

【Cielo By Chris King】Cross Classic – Night Blue –

 
「限りなく黒に近いブルー」というシムワークスのワガママオーダーをシエロ・ペイントチームが見事に応えてくれたレディース・サイズのみで発売された最初で最後の限定フレーム。 こちらのフレームは去年惜しまれつつも生産を終了してしまったクロス・クラシックと言うモデルで、クロスならではの広いタイヤクリアランスと逆爪エンド仕様。
 
このフレームを初めて見たときから逆爪エンドを活かして「絶対にシングルで組んだらイケてる!」と確信したのでした。
 
 
ハンドルはSyCip J.J.BarSimWorks Carolineステムをアッセンブル。 僕がこの世で1番好きなステムとハンドルの組み合わせ。
 
フィレットフィニッシュされた美しいステムと、誰もが乗りやすく、扱いやすいようにとジェレミー・シシップがデザインした、彼らしい優しいハンドル。
スポーツバイクが初心者のワイフにも「初めてでも乗った瞬間に笑顔になれるように」との想いを込めました。
 
 
クランクはPAULのシングルクランク、トランプ柄のチェーンリングでしっかりと遊び心も忘れずに。
 
 
そしてこの自転車を組むにあたって絶対に外す事が出来なかったPass And Stow Racks 3 Rail Rack
 
今はまだ通勤で乗ったり、一緒にご飯を食べに行ったりしているぐらいですが、乗りこなせるようになってきたらパニアバッグを付けて、ピクニックやちょっと足を伸ばしたライドにも一緒に行きたいと言ってくれています。(一緒に行ったら荷物を持たされるのは確実に僕ですが…)
 
 
自転車に乗ると今までとは違った景色や物の見え方を感じます。
僕が今まで自転車に乗る事で見てきた景色や、これから見る景色をこの自転車を通じて一緒に見られたいいな。と思うのでした。
 
あれ!?このブログめっちゃ恥ずかしいやん!
ではまた!(汗)

得意なんです!お任せオーダー!All-City編

 
ジャっす!
JUSです!
 
今日ご紹介するバイクはオーナー様より「こんなハンドルで、こんなタイヤで、色はこんな感じで、シングルで、あとはJUSさんにお任せします。」と言うご依頼。
 
来ましたー! JUSにオ・マ・カ・セッ♡
 
はい! バッチリ組ませていただきました!
燃えます!萌えます!お任せオーダー!
 
それではいくぜぃ! チェックワンツー!カモン!
 

dsc_0790ALL-CITY NATURE BOY DISC

 
dsc_0808
VELOCITY AILERON/ヴェロシティー イルロンのリムとWTB HORIZON/ホライゾンで「今旬」な感じで組み上げました。
実はイルロンに650Bのラインナップが存在するの知ってました? あるんです!
 
dsc_0832
 
dsc_0864
 
dsc_0856
クランク、ハブはWHITE INDUSTRIES/ホワイトインダストリーズ で統一。
ホワイトインダストリーズはMADE IN USAにこだわり、生産はすべて本拠地のカリフォルニア州ペタルーマで行っています。
CNC削り出しの超高精度コンポーネントで文句無しの美しさに!
 
dsc_0837
ハンドルはSyCip Bikes/シシップバイクスのJ.J BAR、そして最後の最後まで悩んで決めて頂いた、僕が愛するフロントラックPass and Stow/パス アンド ストウ のフロントラックでビッシッと決めて唯一無二のバイクが完成しました。
 
dsc_0780
納車時のオーナー様の喜んでくれるお声が僕にとってもとても嬉しく思います。
ドヤ顔、やったった感と満面の笑みを隠しながらクールに納車してます。
 

自分自信のイメージを伝えてもらって「あとはお任せで!」
 
良い意味で期待を裏切ってみせます。
車種、色、組み方、これぐらいの予算で組んでほしいなど、どんな些細な事でもかまいません!
僕たちに是非「お任せ!」下さい。

魂は細部に宿る。

Sycipのバイクは、どこか優しさを感じる。

それはジェレミー・シシップに会ったことがある人ならわかるであろう、彼の人柄が自転車にもしっかりと表れているからだと思います。

カリフォルニアのサンタローザで日々トーチを握り、レーサーからメッセンジャーそしてリアルサイクリストまで様々なカスタムバイクを製作しています。扱う素材もスチール・チタンに加えてアルミもカバーし(僕らが仲良くしているカリフォルニアのビルダーの中でもアルミのカスタムをやっている数少ないビルダーです。)、マウンテンゴートのOEMを手掛けるなど、業界からの信頼も厚い、TIGウェルダーです。シエロのビルディングチームのオスカー曰く、ジェレミーほどTIG溶接を正確にそして素早く仕上げるビルダーはいないという話である。ちなみに、ジェレミーの師匠は、かのモンスタービルダーであるロックロブスターだということもここではお話ししておきましょう。

Sycip MTB

シートステーに埋め込まれたコインは、彼が作るバイクのアイデンティティー。彼の作るバイクには、彼のユーモアと真面目さがバランス良く同居しているんです。

彼の住むところからは比較的アクセスしやすいところにトレイルがあり、昔からそこで自転車に乗って山遊びをしてきた経験が彼の製作への大きな原動力であることは間違いありません。今回も、山で遊ぶ楽しさを教えてくれる、そんな一台が出来上がりました。

Sycip MTB

-BIKE SPECS-
Frame Sycip MTB
HeadSet Chris King Inset7 Pewter
Crankset Shimano XT FC-M8000-2(36/26T)
BB Chris King Thread Fit24 Pewter
Brake Shimano XT BR-M8000
Brake Lever Shimano XT BL-M8000
FD Shimano XT FD-M8025
RD Shimano XT RD-M8000
CS Shimano XT CS-M8000 11-40T
Rims Velocity Blunt SS 27.5″ 32H
HUBS Chris King ISO F:15mm Thru / R:142x12mmThru
Tires WTB Trail Boss 27.5×2.25″
Handle Hunter Cycles Smooth Move Low Rize
Stem Thomson X4 70mm
Seatpost Thomson Elite
Folk FOX Factory 32 Float 120mmTravel

 

Hunter Cycles Smooth Move

コクピット周りは、HunterCyclesのSmooth MoveとThomsonの組み合わせ。もちろんヘッドチューブは44mmでテーパードコラムのフォークに対応。

Sycip MTB

そして、フロントフォークは15mmスルーアクスル、リアは142mmエンドに12mmスルーアクスルの組み合わせ。もちろんChris KingのISOハブなら、クイック、スルーアクスルなどあなたのフレームにあったモデルを選ぶことができます。

Sycip MTB

そしてトレイルライドにおいては有効的な少し大きめな面を持ったペダルとして、クランクブラザースのマレットをチョイス。

シクロクロスから、ダートを走る楽しさを覚えた方が、新たにオーダーした一台。暖かくなってきましたが、まだまだ山遊びも楽しい季節。そして、個人的には冬場の過ごし方が変わると信じてやまないバイクになりました。マウンテンバイキングはロードライドとはまたちょっと違った楽しさがあり、時には壊れたり、ちょっと転んだり、色んなトラブルもつきまといますが、自然の中に身を委ね、寄り添い、ペダルを漕ぐことで、また違った景色が見えてくるのです。

Renewal JB BAR!!!

Jeremy SycipとJay Sycip(現ChrisKing/Cielo)がまだ兄弟でSyCip Bikesを動かしていた頃から、今でもずっと提案されている、Java Boy(ジャバボーイ)というコミューターバイクがあります。(ちなみに、女性向けのJava Girlも作られています。) そのバイクに奢られたハンドルはジャバボーイ・バーと呼ばれ、当時一本一本彼らの手によって曲げ加工され作られていました。

手元のグリップ部分でクイッと曲がった特徴的なカーブは、ハンドルの天地を問わず、どちら向きで使っても手の中で不思議としっくり収まるのです。

そんなジャバボーイ・バーは、日東との共同開発によりJB Barという新たな名を冠して、量産という形で今の時代においてもその独特な形状でデイリーライダーの心をしっかりと掴んでいます。そのJB Barがよりオリジナルのフォルムに近づきコンパクトな形となってリニューアルしました。

【SyCip】JB Bar ¥6,500(税抜)

グリップ部分のプリントしてあるラインでカットすれば、まさしくオリジナルのジャバボーイ・バーの形となり、上向き下向きとお好みに合わせてお使い頂けます。クルーザースタイルはもちろん、コミューターにもしっかりハマる独特な形状のハンドル。材質はオリジナルと同じく丈夫かつ軽いクロモリで、国内の日東工場で一本一本作られています。

Internals #sycip #nahbs2016 #roadtonahbs @jtives81

@jbsycipが投稿した写真 –

SNS上では、Sycipはじめ既に何名かのビルダーがNAHBSに向けて動き出している模様。
こちらからも目が離せませんね!

Mr.H’s Sycip Disc Cross Racer(Stainless)

クロスシーズン真っ只中です。
今週末は関西CXマキノで来週末は野辺山と怒濤の週末が続きます。

そのまた翌週の12/6〜7は是非とも皆さんご予定を空けておいて下さいね。12月といえば、きっと勘の良い方は分かると思いますが、毎年恒例のアレです。ちょうどリックも日本に滞在しているタイミングですし、今年はちょっと趣向を変えていきますので!

さて、今季を飛躍のシーズンにすべく、去年から進めていた計画が1つの形になりましたのでご紹介させて下さい。

DSC_4143

久々のSycipは、男気溢れるオーダーを頂きました。Disc CX Racerです。無塗装のペイントを見てお気づきの方もいると思いますが、ステンレスのフレームです。もちろんレースを基軸としながらも、オフシーズンのツーリングや、冬場のライドまでとにかく乗り倒す事を前提としてフレームはステンレスをチョイス。

DSC_4180

スパルタンな中にもジェレミーの優しさが詰まったバイクです。

DSC_4171

賛否両論(?)のブレーキですが、シマノの油圧ディスクをチョイス。STIはワイヤー式です。レース以外にもディープウインターライドでも絶対的な操作性の高さを約束します。タッチは抜群に軽いし、すごく調子良しだと思います。

今までクリンチャーでCXレース参戦をしていたオーナーのH氏ですが、これを機にチューブラーを導入。Dugastは僕も取り入れているフロントRhino&リアTyphoonという組み合わせです。オフシーズンにはVelocity Aileronのハンドスパンホイールでガシガシ乗り込んでくれる事でしょう。

DSC_4133

 

-BIKE SPECS-
Frame Sycip Bicycles Stainless Disc CX Racer
Fork Wound Up Team X Disc
HeadSet Chris King NTS Navy
Crankset Shimano Ultegra FC-6800 46/36T
Brake Shimano BR-RS785
Rotor Shimano XT SM-RT86 160mm
Brake Lever Shimano ST-RS685
FD Shimano 105 FD-5800
RD Shimano 105 RD-5800 SS
CS Shimano 105 CS-5800(11-28T)
Rims Velocity Major Tom Non MSW 28H
HUBS Chris King R45 Disc 28H
Spokes DT Swiss Champion -Black-
Tires Dugast F:Rhino 33mm/R:Typhoon 33mm
Handle SimWorks Misirlou 390mm
Stem Nitto UI-25 90mm
Seatpost Kenteriksen Rayback
Saddle Fizik Volta kium

 

15186681163_19f44fda82_b(Photo by Yoshihide Maekawa a.k.a Kikuzo)

早速、今季3レース走ったH氏。
やはり自身の身体にしっかりとフィットしたカスタムオーダーのバイクは、カーボンのストイックなレースフレームと比べて例え重量があったとしても、素直に加速していくという感覚を感じ取ることができます。決してスペックにこだわらずに使い込む事を念頭にしたレースバイクはご本人も好感触のようで、これから更なる活躍をしてくれるでしょう。

今回ご紹介したSycipはカスタムオーダーを基本としており、納期は8か月から1年ほどとなります。Jeremy Sycipというとても優しい男が自らの経験をもとに日々フレーム製作に取り組んでいます。チタン、ステンレス、スチールそしてアルミまで幅広い種類の素材を用いて、レーサーからデイリーユースのバイクに至るまで、真面目さとユーモアを自転車に落とし込む術を知っている人間によって作られるバイクは、紛れもなくあなたにとってのドリームバイクとなるはずです。

Simworksさん(@simworks)が投稿した写真

昨日から始まった「大名古屋自転車風俗展示会」にて開催中のSimWorks 1st Exhibition「What a beautiful moment show」においてもSycipや他にも様々なハンドメイドバイクを展示しておりますので、是非とも足を運んでみて下さい!

Fuji “MTF” with JB Bar.

名古屋でも台風の影響で朝から雨風が強かったですね。本日は営業時間を遅らせての営業となりましたが、沢山の方にご来店頂きました。

IMG_6896

さて、きのうから始まりました”Summer Sale”ですが一部を除く在庫品が全て最大15%オフとなります。(一部と記載しておりますが、ほとんどのものが対象となっておりますので、店頭スタッフまでお尋ね下さい。)

お取り寄せの商品も先払いとなりますが、10%オフという大盤振る舞いです。
この機会にお目当てのものをゲットして下さいね!

今日ご紹介するのはFujiの”MTF”をベースにクルーザースタイルで組み付けた一台です。
もちろんこちらも割引対象となります。

DSC_1464Fuji “MTF” Cruiser Custom (size:M)

MTBの初期衝動を思い出すような、創世記のスタイルを今に落とし込んだのが、MTF。カンチブレーキ仕様ですが、ディスクブレーキ台座も備わっていて、将来的にディスク仕様にアップグレードも出来ます。

DSC_1465

今回はベースから大きく仕様を変更して、SimWorksのTomboyと、Sycip DesignのJB Barでゆったり乗れるクルーザー仕様にしています。

DSC_1458

BROOKSのFLYERに、タイヤはDMRのSuper Moto 26×2.2″というボリュームのあるタイヤなので、ゆったり街を流して乗るようなスタイルで楽しめる仕上がりです。もちろんその気になれば、ブロックタイヤを履かせて里山に遊びに行ったりもできる、原点回帰な一台です。

こちらもSALE期間中であれば、

¥102,600(税抜)のところ、

現金15%オフ特価¥87,210(税抜)

となります!(カードの場合は10%オフ)

この機会をお見逃し無く!

Sycip Design New Handle Bars!!

SimWorksよりニュープロダクトのニュースです!

origial_javaboybar1

Sycip Bikesは90年代のMTB創世記から多くの名品や良品を独自のアイデアで生み出しています。その中でも知る人ぞ知る”JAVA BOY BAR”という当時一本ずつ手曲げで作っていた幻のハンドルバーがあり、オールドスクーラーたちに支持されていました。しかしその繊細な形を量産するのは難しく、製品化するに至らなかったのですが、この度SimWorksとNittoとジェレミーのアイデアをミックスして出来上がったハンドルは当時の面影を残しながらも、しっかりと”今”という時代にもフィットしたとても調子の良いものとなっています。

13891887705_654d675a8e_bSycip Design “JB Bar” made by Nitto ¥6,500(税抜)

Material : CrMo Steel
Width : 640mm
Center diam. : 25.4mm
Bar diam. : 22.2mm
Color : Nickel-Plated Silver & Black

13891951913_5d7d53f657_b

コミューターでの使用がメインではありますが、独特のカーブを持つJB BARはあなたのデイリーユースの愛車に新鮮な感覚を与えてくれます。

13892293534_3b1e5a0727_b

バー先端部にはカット位置の記載があり、切らずにそのまま使えばNew Schooler。カットして使えばOld Schoolerとして往年のJAVA BOY BARスタイルをお好みでお楽しみ頂けます。

jeremy_at_work

このバイクはNAHBS2013でベストベルトドライブシティバイクに輝いたバイク。マスタッシュバーに電動アルフィネのエアロレバーを装着したバイクは今でもとても強烈なイメージが残っています。

Sycip Bikesのファンは男性のハードコアサイクリストのみならず、とても多くの女性や年配のサイクリストの方からも支持を受け、多くのフレームオーダーを頂いています。そこで使われるハンドルは定番のドロップバーやフラットバーから独特な形状のマウスタッシュバーまで多岐に渡ります。

Jeremy Sycipの向上心は単にそこだけに留まらず、初心者や身体に不自由のある人たちにもサイクリングの楽しさをもっともっと伝えたいと考案した新型のハンドルバー“JJ BAR”を創りだしました。

13891951623_e52d83c009_bSycip Design “JJ Bar” made by Nitto ¥6,800(税抜)

Material : HEAT TREATED ALUMINUM
Width : 620mm
Center diam. : 31.8mm
Bar diam. : 23.8mm
Color : Silver & Black

13891886635_644ffc00c1_b

STIレバーとエアロレバーを使用することを目的としたサイズ設計は初心者から熟練のサイクリストを含めたあらゆるサイクルリングスタイルに対応しています。ドロップバーはいらないけど、少しだけ風を切って気持ちよく走りたいなんていうスタイルの方や、女性の方にも是非とも使って頂きたいです。

13965618193_91d4129743_b