For All Dreamers…

 

 
 

ロサンゼルスから、とっておきが届いた!

 
 
カラッと乾燥したロサンゼルスの空気の中を、砂埃を巻き上げるようにダートを駆け抜ける。
 
 
朝、仕事の前に、もしくは日が落ちる前にさっさと仕事を切り上げて、市街地を一望できる峠のピークまでペダルを進める。 ハリウッドサインで有名なマウントリーもライドで気軽にアクセスできるし、オンロードライディングも楽しめれば、調子の良いダートはそこかしこにあり、少し足を伸ばせばトレイルだってある。 自由な発想で自転車と共に人生という名のライドを楽しんでいるサイクリストが沢山いる街。
 
 
そんなロサンゼルスに拠点を置くTeam Dream Bicycling Team / チームドリームバイシクリングチーム。その仕掛け人であるSean Talkington/ショーン・トーキントン(写真右)は若かりし頃にはLAの銘店 ORANGE20 (10年前LAの自転車乗りはナイスなバイクショップはここしかないと言っていたことを思い出す。 そして知る人ぞ知るユーロアジアともつながりが非常に深いお店だとしておきましょう。)で働いていた。
 
ちなみにロサンゼルスの現銘店Golden Saddle Cycley / ゴールデンサドルサイクリーのオーナーKyle Kelly / カイル・ケリー(写真左)とは元同僚の間柄。 ショーンは大の猫好き(facetimeをするといつも猫を抱きながら話するんだなー)、カイルはパーティー大好き野郎としっかり覚えておこうね。

そして何を隠そうこの二人がRingtail / リングテイルの張本人であり必殺仕掛人だということも。
 
 
シルバーレイク地区にお店を構えるゴールデンサドルサイクリーは、昨年SimWokrs USAのポップアップショップを開催したのも記憶に新しい。 そのセレクションや素晴らしいアッセンブルバイクの数々からはいつも学ぶこと多し。 独自の視点でシムワークス製品を上手に使ってくれているロサンゼルスを代表するバイクショップといっても過言ありません。
 


   
そのゴールデンサドルサイクリーから10kmほど離れたパサデナという街にあるのが、The Cub House / カブハウスという、チームドリームとリングテイルのヘッドクォーター兼フラッグシップショップ。 もちろんここではチームドリームやリングテイルのアイテムが所狭しとディスプレイされているのだが、それ以外にも7meshやThe Athletic、そしてSwrveやStrawfootなどショーンが世界中から良いと思ったアイテムを引っ張ってきているのも面白いお店。
 
 

そしてインスタをちょっと探ってみるとそのアカウント名は #itsnotabikeshop
 

 

彼は自分たちのことをそう言ってしまう。

 
 
もちろんロサンゼルスといえば忘れてはいけないThe Radavist / ラダビスト でお馴染みJohn Watson / ジョン・ワトソンもいて、もっと話すと彼はゴールデンサドルの裏の家に住んでいて、毎日クールな自転車とヒトを撮りまくっているわけで、とにかく彼らは自転車同様チェーンで繋がっているんじゃないかっていうくらいの強い絆を感じる。 彼らやロサンゼルスのバイシクルコミュニティにはとても刺激をもらっているんだけども、だけども名古屋も絶対に負けてないって思ってるんですよ。ぼくたちは。
 

 
だからこれが実現したんだなって思っている。

 

 

【Team Dream Bicyling Team】 Dreamer Jersey ¥20,000(税抜)

 
 
ご購入はこちら

 
サークルズ10周年という節目に、我々のコーポレートカラーである赤と緑を使ってチームドリーム的解釈をデザインに落とし込んだ、#TeamDreamSunsetChasingTeamの日出ずる国バージョンなドリーマー・ジャージ。
 
ショーンと親交の深いロサンゼルスのENDO CUSTOMS/エンドカスタムにより製作される良質なボディは、優れたフィット感と快適な着心地を約束。 完全数量限定のジャージは、既に国内のみならずアメリカからのお問合せも多いのでお早めに!

 
 

 For Another Dreamers…

 
自転車に乗っていると自らの世界が広がると同時に、様々な人と繋がる事で国境を越え世界はより身近に感じる事ができることは、自転車に乗っていて個人的に面白いなと思えるポイント。 誰かと繋がると、また誰かと繋がり、そうやって少しずつ輪を広げていったのがサークルズ。 去年末に10周年を迎えたのですが、私たちの記念すべき節目に様々な仲間がたくさんの協力してくれました。
 

 
【Circles Original】 10th Anniv Bandanna ¥2,000(税抜)

 
ご購入はこちら

 
かつてはシシップのもとでデザインの仕事をし、現在もクリスキングのデザインや、PBSのTシャツのスクリーニング、はたまたこれから展開が始まるであろうシムワークスのあれこれなども手掛けるなど、多彩な才能を持つポートランドのシルクスクリーン職人 マイク・オーハン。 西海岸のフレームビルダーらとの親交が深まって行く中で、また同じくサイクリストである彼と出会い、デザインからシルクスクリーンにいたるまで完全監修してくれてできたのがこれ。
 
1つ1つハンドプリントで刷られたバンダナは、同じくポートランドのmachineapparelというアトリエにて縫製。
日々の生活で使うものだからこそ、誰がどこでどうやって作っているかっていうのが想像できるものはやっぱり長く使っていきたい。
  
 
その思いは決して日常品のみならず、日常を豊かにするための道具であり、またファンツールでもある自転車という乗り物においても同じくして、賢く、健全に、そして正しく、何より無駄のないように楽しんでほしい。
 

その目的を果たすために、必要であれば自分達で作れるものは作る、また自分達の身の回りでものづくりを完結させるという考え方は、アメリカのクリスキング社から本当に多くの事を教わりました。
 

【Chris King】NoThreadSet Head Set Circles 10thAnniv Edition 1-1/8″ ¥19,800(税抜)

 
ご購入はこちら

 
  
自転車部品製造の最先端を常にリードするメーカーであり、良いものをより長く使い切って行く事を前提に、部品の性能はもちろん、実際に製品が使用される自転車コミュニティーの構築協力や、社会と従業員への環境保護に至るまであらゆる分野で常に意思を持ち、創造を続けている。 40年という彼らの長い歴史の歩みには、我々はまだ遠く及ばないのですが、我々の記念すべき10周年にあわせて特別なヘッドセットを製作してくれました。
 
人はその熱量によって他の人達を巻き込むことができるのです。サークルズという不思議な共同体は、そうやって人が人と繋がってどんどんと大きな輪をかけていくことを想像して生まれたのですからね!
 
長くなりましたが引き続きみなさまのサポートに心より感謝して、これからも邁進していくことをチームを代表しここに綴っておきます。
 
 

シッポサキマルマリ

 
題名を見て即座にアヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎を思い浮かべたあなた、立派な伊坂フリークです。 僕はシッポサキマルマリという単語のみが一人歩きして、全く小説の題名が浮かんできませんでした。
 
ボブ・ディランの「風に吹かれて」が最初から最後まで奏でられる物語に登場することばの中でも強い輝き、いや、頭に残る語感であるシッポサキマルマリ。 小説に登場するのは尻尾の先がその名の通り丸まった猫ですが、今日の主役は似ているようで全く違うRINGTAIL/リングテイル
 
いや全然違うじゃんって?
 
 
リングテイルのロゴをご覧になった方にはうなずいていただけると思うのですが、ちょっと渦巻きからそういう模様の動物を想像してしまいませんか?
 
本物のリングテイルはカコスミルと言って、ネコ科ではあるものの近縁なのはアライグマ。 尻尾も真っ直ぐです。 ちなみにリングテイルの名の由来はその大きく真っ直ぐな尻尾の等間隔に走る輪状の模様。西北中米に生息し、RingtailとかRingtail catとか呼ばれているそう。
 
photo by PEEC Nature Center
 
そんな動物の名を冠するカリフォルニアのRINGTAIL/リングテイルより、タイダイ染めされたウインドジャケットが到着しました。
 

【RINGTAIL】Tie Dye Breeze Breaker ¥22,800_(税抜)

 
ご購入はこちら

 
 
Cordura®︎ ウルトラライトナイロンを用いたタイダイ染めのジャケットは丈夫で軽く、ポケットやサドルの下に忍ばせるにはもってこいの仕上がりとなっています。僕は173cm/62kgでMサイズを着用。 少し余裕があるので、中に厚着をせずジャージ一枚で済ませると割り切るならSサイズかな、というサイズ感。
 
 
タイダイ染めという言葉から想像されるド派手な色使いとは一線を画す、青空や曇り空から夕暮れまで様々な空の色の上澄みのような淡いカラーは #teamdreamsunsetchasingteam というハッシュタグを使っていろんな空の風景を眺める彼らならでは。 この模様や色使いは、一点一点紐で縛って手染めをしているため、色合いは似通っておりますが全ての模様が異なります。
 
 
また、ジッパーリボンにはアンティークの生地を使用。 アソートということでしたが、サークルズに到着したものは全てボディのカラーとマッチした綺麗な縦ストライプでした。
 

80gという軽さはそのままコンパクトさに通ずるもので、暑くなったら脱いでジャージのポケットへ、下り坂の前や肌寒くなってきた時間帯にはサッと取り出して羽織ることのできる便利さ。 まだまだこの時期では寒いかもしれませんが、これからだんだん暖かくなっていくと気温の上下が激しくなるので、そんな時のライドにうってつけのアイテムです。
 
 
2月はまだまだ寒い、と思っていましたがこの週末は最高気温も2ケタに乗るようになってきて、陽の当たるところはアウターを脱いでもいいような心地よさになってきましたね。 少し早いですが、空色のジャケットとともに春を感じてみてはいかがでしょうか?
  
 
RINGTAIL/リングテイル、そしてその立ち上げ人の一人でもあるSean Talkingtonが手がけるもう一つのブランド、TEAM DREAM BICYCILING TEAM/チームドリームバイシクリングチームのグッズと併せてどうぞ!!
 

TeamDreamBicyclingTeam

 
ロサンゼルスに拠点を置くTeam Dream Bicycling Team/チームドリームバイシクリングチーム

New Director of Merchandising…And Being Super Awesome!

The Cub House (Pop Up Shop)さん(@itsnotabikeshop)が投稿した写真 –


 
そのチームドリームを動かしているSean Talkingtonは大のネコ好きで、実際にチームドリームのトレードマークになっているのも北米に生息するボブキャットがモチーフ。 その愛らしいデザインや、独特のポップなカラー使いで、ロサンゼルスだけでなく、世界中の多くのファンを魅了しています。
 
ロサンゼルスの名店Golden Saddle CycleryのKyleと古くから親交がある彼は、ショップオリジナルのキャップを作ったりしていくなかで、ローカルから少しずつ広がっていき、多くの感度の高いサイクリストに知られるようになっていきました。 そんなチームドリームの新しいアイテムがロサンゼルスからどっさり入荷です!
 
TeamDream ChrisKing 40th 

TeamDream ChrisKing 40th【Team Dream Bicycling Team】 Team Dream x Chris King 40th Collab Jersey ¥22,000(税抜)
 
TeamDream ChrisKing 40th【Team Dream Bicycling Team】 Team Dream x Chris King 40th Collab Cap ¥3,500(税抜)
 
TeamDream ChrisKing 40th【Team Dream Bicycling Team】 Team Dream x Chris King 40th Collab Socks ¥2,400(税抜)
 
クリスキングの40周年を記念して、チームドリームとクリスキングがタッグを組み誕生したのがこのコラボレーションアイテム。 一部サイズの欠けがありますが、奇跡の入荷を果たしました!
 
鮮やかなカラーのボーダー、実はよく見ると手書きタッチになっているところにチームドリームのユーモアを感じますね。 ジャージはロサンゼルスのENDO CUSTOMS/エンドカスタムによるもので、自然とストレスなく袖を通す事ができる心地良い素材と、ライドパフォーマンスを存分に発揮できるフィット感が特徴。 チームドリームのその他のジャージもすべてこのエンドカスタムにより製作されています。
 
【Team Dream Bicycling Team】 Chubby Bobcat Dream Supreme Sock ¥2,400(税抜)
 
変わってこちらはお馴染みボブキャットをモチーフとしたシンプルなソックス。 クールマックスをベースとし通気性が高いながらも、とても履き心地の良い絶妙なクッション性を持ちます。 通年通して活躍する場面の多いソックスです。
 
その他にも様々なアイテムが届いています。 既にご好評頂いており数が少ないアイテムもありますが、気になるアイテムがある方はお早めのチェックをおすすめします!
 

 TEAMDREAMのアイテムはこちら 

  

夏の足元の味方。

yanakkuさん(@yanakku29)が投稿した写真


 先日のライドはまさに夏日、途中に見た大きな気温計も30.8℃を示し、日差しがとても痛かったです。そして、僕がこの日向かった先は、またも二ノ瀬峠でした。
 

yanakkuさん(@yanakku29)が投稿した写真


 家を出た時間も9時頃と遅かっこともあり、道中その暑さに少しまいってしまっておりました。 しかし、峠道に入ると爽やかな空気を感じ、冷たく気持ち良い湧き水には身も心も助けられました。 その冷たい水を頭からかぶり、汗を洗い流せば何と気持ちの良いことでしょう!それだけで天国です。
 

こんな暑い日のライドでは、軽く通気性の高いアイテムを身に付けるのが好ましいのは当たり前なのですが、こんな時でも僕の足元は QuocPham / クオック ファムTourer / ツアラー です。
 


 履き始めた数年前は、やはり暑いだろうと敬遠していた夏場の Quoc Pham でのライドですが、なんとかなるんじゃないかと思い、昨年夏を乗り越え、今年も迷わず履き続けてています。 もちろん暑くないのか?と問われれば暑いのですが、しっかりとした機能を持った靴下を選択すれば、意外に気にならなかったりするのです。
 

やはり良い下着、良い靴下は大事です。

 

ということで今回は、真夏のライドでも足元を快適にしてくれる、軽く、通気性と速乾性に優れた、尚且つ QuocPham にも似合う靴下をご紹介します。
 

13699543_1167498856636180_188142917_o
Cafe du Cyclite
Striped Socks ¥2,700(税抜)
Dotted Socks ¥2,700(税抜)
Vertical Socks ¥2,700(税抜)

 
Cafe du Cyclsite / カフェ ドゥ シクリステの夏用のソックスは、兎に角薄くて軽いのが特徴です。僕が良く履いているもこの中の一つ、本当に暑さを感じさせない快適なソックスです。 また、そのカジュアルなルックスは、先日の人力リコメンドでも紹介したように、T-シャツとショートパンツといった日常着と合わせて頂くのもオススメです。
 
 

13709698_1167498859969513_591482728_o
TEAM DREAM
Mix Up Socks ¥2,400(税抜)

Save Our Soles
Shade to Grey ¥1,200(税抜)
Ooops! ¥1,200(税抜)
World Champion ¥1,200(税抜)
Punishers ¥1,200(税抜)

 
TEAM DREAM / チームドリームSave Our Soles / セーブ アワー ソールズ、どちらの製品もCoolmax®を使用した、通気性と速乾性に優れたものとなっています。
Save Our Soles に関しては、あまりしっかりとご紹介した事がないかもしれませんが、Circlesではここ数年の間ずっと定番アイテムとして扱っているメーカーです。 自然豊かで遊ぶことには事欠かくことのないコロラドを拠点とするソックスメーカーで、多くのアスリートに向けて、高品質なソックスをそのコロラドの地で製造しています。また、その多様なプロダクトは様々なフィールド、気候において最高のパフォーマンスを発揮するものです。
 

ライドのみならず、毎日の生活でも良い靴下を履いているかどうかで、1日のストレスのかかりかたも変わります。 しかも暑い夏の日は、多汗になるので、それが吸湿性、速乾性、通気性を備えているかどうかでその快適さの違いが顕著に現れる事でしょう。
 

今回ご紹介したような高機能なソックスを経験した事のない方は、この夏、是非試してみる事をオススメします。
 

今年の夏は例年より暑くなりそうです。
より快適な装いで乗り切りましょう!!!

Team Dream Bicycling Team
New Item!!

Teamdreambicyclingteam

ロサンゼルスに拠点を置くTeam Dream Bicycling Team

Sean TalkingtonはロサンゼルスのショップGolden Saddle CycleryのKyleと古くから親交があり、TeamDreamとしてオリジナルのショップのキャップを作ったりしていくなかで、ローカルから少しずつ広がっていき、多くの感度の高いサイクリストに知られるようになりました。

Seanの素晴らしいセンスと、彼の回りの様々な才能を持つ仲間達の協力によって、日々サイクリングがより楽しくなるようなアイテムを生み出しています。

今回は、暖かくなってきたこれからの時期に出番が多くなりそうなソフトグッズが入荷してきました!Webshopにも掲載完了し、人力リコメンドにてご紹介させて頂いております!

ボディからこだわって作ったTシャツはAlmost Slim Fitと呼ばれる独自の綺麗なシルエットでこの夏のヘビーローテとなりそうです。

既に店頭でも動きがあるので、お早めのチェックを!

>>>Team Dreamのアイテムはこちらから!<<<

Ride With RingTail

RINGTAIL(Photo from The Radavist)

砂埃が舞い乾燥したロサンゼルスのトレイルを、まるでリングテイルのようにクルクルとした尻尾を振って自由自在に走り回る二人こそ、今回の重要人物。

TeamDreamのSean TalkingtonとGolden Saddle CycleryのKyle Kellyが立ち上げた新しいブランドがRingTailです。

バイクショップやサイクリングアパレルでの様々なキャリアを経て、今こそ自分たちでモノ作りを起こすタイミングだと考えた彼らは、海、山、砂漠地帯という南カリフォルニアの気候の多様性に対応できると同時に世界中で使う事ができるようなウェア作りを始めました。

現代における、機能至上主義的なサイクリングアパレルとしてではなく、彼らがクールだと感じている90年代に見られるようなチームキットや、自転車の歴史の中で象徴的であるデザインといったものにインスパイアされながらも、サドルの上でしっかりと機能するようなウェア作りをしようという強い思いから、RingTailが動き出したのです。そしてそれらのウェアは全てロサンゼルスで作られています。

Ride with RingTail Block Breaker Jacket【RingTail】Block Breaker Jacket ¥19,800(税抜)

Ride With RingTail Breezer Vest【RingTail】Breezer Vest ¥17,800(税抜)

Ride With Ring Tail Don Cherry Cap【RingTail】Don Cherry Cap ¥3,500(税抜)

Ride With RingTail

Ride With RingTail

Ride With RingTail

軽量ナイロンを用い、約80gとミニマムに仕上がっているだけでなく、ベストのバックパネルにはライクラ地のメッシュパネルを用いるなど、ライド時の状況変化に対して温度調整がしやすくなっています。ジャケット・ベストともにパッカブルポケットを備えており、必要ない時にはコンパクトに仕舞い込んでジャージのポケットに収めたり、サドルの下に括り付ける事も可能です。

Ride With RingTail

Ride With RingTail

ジップ裏のテープや、サイクリングウェアというよりはアウトドアウェアを連想させるような独特な配色で世の中にある他のサイクリングウェアとは違い、一度見たら忘れない独特な表情を持っているのもRingTailの特徴。

Ride With RingTail

ちょっとしたシリアルバーや携帯ツール、携帯電話等と同じように、とにかくどんなライドの時にも常にジャージのポケットに収めておきたいアイテム、是非お見知り置き下さい!

#TeamDreamTeam

DSC_1903

 

世界同時多発的に開催した”GetSickDay“。
インスタグラムの#getsickdayを見る限り、参加しているのはみんなクレイジーなライダーばかり。
だって、仮病使ってでもライドしてるんですからね!
無論僕らもですが…

 

DSC_1938

 

そんな面白いイベントの発案者、”TeamDream”のショーンを今日はピックアップ!
DSC_0403

 

リックハンター(Huntercycles)やギャレット(Strawfoot)の友達でもあるショーン(写真右端)はオレゴン州のセーラム出身。サーフ&スケートファッション出身のアウトドア好きで、もちろんリアルライダーです。
とても愛嬌がある彼は人とのつながりを大事にし、知り合いやLAローカルでクオリティーの高いものをプロダクツしています。
小規模でしか製産しておらず、使って欲しい人の手へと届けばいいというスタイル。

The Winner from The Sleepers on Vimeo.
 

色んな人とのつながりを経て、少量ですがサークルズに届いています。
ぜひ僕らを虜にしている、ショーンのセンスの良いデザインとユニークなプロダクツをチェックしてみて下さいね!
TDBT_Truckerのコピー
>>>“Team Dream Bicycling Team”のアイテムはこちらから!<<<

International #GETSICKDAY

GetSickDay

Team Dream Cycling TeamのSeanよりこんなお誘いがありました。

1年で最も日が長い時期の1日でもある6月25日、平日真っ只中ではありますが、仕事をオフにしてできるだけ多くの人たちと自転車に乗ろう!という#GETSICKDAY「仮病でライドに行こう」が開催されます。アメリカの各都市はじめ、カナダ、そして日本でこの日を自転車に乗って遊びにいく日として楽しもうということで各地のサイクリストが手を挙げています。

なんと、この日は木曜日でサークルズは定休日。手を挙げない理由が全く見当たりません。なので、仕事を放り出してではないですが、今回我々が日本の#GETSICKDAYを盛り上げたいと思います!

別にシリアスにトレーニングという訳ではなく、とにかく外で楽しく自転車で遊びましょう!先日のグルメセンチュリーライドが記憶に新しい足助をベースに、山深い奥三河を楽しむライドをご用意しました。ご都合つく方、是非一緒に走りませんか?

International #GETSICKDAY Ride in Japan

・6/25(木) AM8:00 足助村集合・出発
(足助村:豊田市岩神町川見13番地4/隣に有料駐車場有り)

・参加希望の方はこちらからご連絡下さい。

グルメセンチュリーで走ったルートを一部取り入れつつ、設楽にある四谷千枚田の絶景を求めての約100kmのライド。もちろん、午前だけ仕事を抜け出しての参加も大歓迎なので、途中離脱も構いません。

きっと、このブログを見て、来週の木曜日に具合が悪くなる人が増える事でしょう!(笑)。