トモヤンが遂にトレランに!の巻

 
昨日の日曜日、ハイキングだけでなく自転車にお乗りの方でも馴染みがあるであろう三重県の多度山を舞台にした、第4回多度山トレイルランに僕と志賀チャンの2人で出場してきました。
 
天候は快晴。奥にみえる赤いアーチがスタートとゴールのゲートです。
 
 
出場したのは今大会のコースの中で最長距離である24kmのチャレンジコースでエントリーは400人。 2人とも初めてのトレイルランのレースだったのでもちろん不安な事だらけでした。 補給食はどれくらい持てば良いかとか、どのくらいのペースで走れば良いかといったアドバイスを経験豊かな仲間たちにもらい、皆と共に我々は午前8時のスタートラインに立ったのでした。
 
 
トレイルランといっても全コースを走れる訳は無く、ハイキング並みのスピードで登る場面もありました。 見ての通りの大渋滞。 もちろんトップ集団は駆け上がっているんでしょうが。。。
 
 
レース中に写真を撮ってる余裕があったのはこの時くらいで、あとは今にも攣りそうな足をだましだまし走り続ける事で精一杯でした。 走り込み不足!
 

最後の1kmで遂に足が攣り、ご覧の通り最後は顔をしかめながらのゴール。 この写真からは信じてもらえないとは思いますが、終始たのしかったです。 ホントに。
 
 
コースをロストして随分悔しがっていましたが、さすが志賀ちゃん余裕のゴール。
 
 
肝心の順位は370人中120位と、初めてのレースにしてはまずまずではないでしょうか。 そんな今回のレースで僕の足下を支えてくれたのは、もちろんアルトラのスペリオール3.0
  
前日の雨のせいで濡れた路面もありましたが、登りも下りも何の不安も無く走り抜ける事が出来たのは、バージョン3.0になりグリップが増したスペリオールのお陰です。 ありがとう!スペリオール! 山を上り下りする事でいうと、これはマウンテンバイクと共通する所ですが、良いタイヤを選ぶことが大切なのと同様に、トレイルランニングでもシューズ選びは大切ですね。
 
今回のレースには折り返し地点があり、先行するランナーや後ろを走るランナーとすれ違う場面があったのですが、「おつかれさま!」や「がんばって!」とみんな声をかけ合ってすれ違っていたのが自転車のレースでは見られない光景で、今回最も印象に残った事です。
 
雰囲気もおおらかなローカル感いっぱいのレースでだったのと、名古屋からだと近いこともあり出場のハードルは高くないと思います。
 
チャレンジコースである24kmの他に、13kmエンジョイコースと3kmのファミリーコースがあったので、初めての方でも心配なし!
 
  
来年も出場するつもりなので、興味が湧いた方はいっしょに出ませんか? 応援して下さった方、声をかけて下さった方、大会運営の皆様、ありがとうございました! 来年は目指せ2桁順位!