加藤貴英
WebGuy , Cameraman , Sales

加藤貴英

Kato Takahide


Facebook
Instagram
Strava
前職アパレルの経験を活かしてアパレルとWebshopを担当しています。 ロードバイクやシクロクロスが好きで、 よく山にヒルクライムに行っています。 最近は #Bike and Hiking にハマっていて、 自転車と山登りやトレイルランニングを組み合わせて楽しんでいます。 そして、 どこに行くのにもカメラを持って行きたくなるほどのカメラ好きでもあり、 最近はフィルムにも手を出しちゃっています。

Bikes:

DSC_6879-1024x680

Salsa / Caseroll
【詳細】
DSC_7572-1024x680

Giant / OCR A1
【詳細】

GNOME ENTERPRISES

 
店長の池ちゃんが、先日開催された NAHBS(NorthAmericanHandmadeBycicleShow) で買ってきてくれたアメリカ土産の中に、ここ最近で1番衝撃的なものがあったんです。 それは、バイクショップ KING KOG(キングコグ)FUCK YEAH!!! と書かれたオリジナルTシャツ。
 

 
メッセージ性とデザインが強烈だな〜と思うのに加えて、それをもらって着ているのが 加茂ちゃん というのも結構ツボだったりするのですが。。。 誰しもが着ている Tシャツ ですが、その起源を知る人って少ないと思います。
 
 
両袖を左右に広げた時にTの文字に見える事からそう呼ばれている、Tシャツ。
始まりは第2次世界大戦のさなか、重たくて夏は熱いウール素材のものしかなかったアメリカ兵士の制服に対して、軽くて夏も快適な綿素材の下着を制服としていたヨーロッパ兵士。 それをまねてアメリカ兵が作った綿シャツがTシャツの始まりだと言われています。 そして現在では、年齢や性別問わず世界中でウェアの定番としての地位を築いています。
 
そんな日常生活で必ず着ているTシャツに、ユニークでどこか温かみのあるアートワークで僕らを魅了している GNOME ENTERPRISES / ノーム エンタープライズ。 定番のプリントに加え、今回新しいデザインのものが入荷して参りました。
 
 
ノームはニューヨーク州ブルックリンにアトリエを構えるアーティスト3人からなるシルクスクリーンファクトリーで、それぞれが生み出したアートワークを1つ1つTシャツにハンドプリントしています。 気なじみしやすいボディを選び、経年変化も楽しめるように考えています。

そして、われらシムワークスの熱いリクエストに通常のラインナップにはないスウェットシャツを日本限定で作って頂ける事に!!
 


 
Print Sweat Shirt / プリントスウェットシャツ

コットンとポリエステルがブレンドされた着心地の良い素材のボディを採用し、もちろんこちらもアートワークはシルクスクリーンにてプリントされています。 ほどよくゆとりのあるシルエットにスッキリとしたアーム。 重ね着しやすいことから、春から夏が始まるまでお使い頂けます。
 

ご購入はこちら

 

 
Print T-Shirt / プリントティーシャツ

杢調の色味が特徴のボディはアメリカンアパレル社製のポリエステルとレーヨンとコットンがブレンドされています。 コットン100%のものよりも乾きやすく、さらっとした着心地なのが特徴です。 着込んでいくと毛玉やプリントも擦れ、古着のような雰囲気へと成長していきます。 メンズとレディースのサイズがございます。
 

その他のデザインはこちら

 

 
Kids&Baby Shirt / キッズ&ベビー ティーシャツ

サイズが小さくなればなるほど可愛らしさが増していきますね。 動物の絵はお子様にも大評判。 親子お揃いでどうぞ。 キッズサイズのTシャツとロンパースはおおよその対象年齢を表しています。
 

その他のデザインはこちら

 
彼らが生み出すユニークなアートワークは単に飾られるだけの絵画的なものとして生み出すのではなく、それらを身につけた人達が着続ける事によって作品として完成するのです。
 
是非店頭でお気軽に手を取ってみて下さいね!
 

Blind Chic./ブラインドチック

 
どんなものでも、おろしたてピカピカなものよりも使い込んだものに魅力を感じます。 それは自転車にも身につけるものにもいえること。
 
先日ご来店頂いたあるお客様は、サークルズがまだ吹上から千代田に移店して間もない頃にお買い上げ頂いた FredrikPackers/フレドリックパッカーズ のメッセンジャーバッグの寿命がきていて、買い換えたいと相談をしに来られました。 そのバッグはまさに使い切ったという言葉がしっくりくらい、バックルが破損しコーデュラナイロン生地なんて元の色が分からないくらいまでに色褪せていたのです。 そして、新しいものを探すのではなく同じ形のものが欲しいとのご相談で、とても感激したのを覚えています。 しかしながら当ブランドの扱いをやめてしまっていたので、やはりそこは WELLDONE/ウェルダンのイノッチ の出番で、ハンドメイドで同じ大きさフォルムを再現してもらい、ウェルダンらしいエッセンスを足して作ってもらいました。
 
自分もそうですが、色んなモノに溢れている昨今、新しいもの新しいものに目がいってしまって、なかなか使い切ることが難しいと思うのです。
ちょっとやそっとでは壊れずに丈夫でいて飽きずに長く愛着が持てるもの。 なんというか、体の一部と言ったら良いのでしょうか、近くに無くては落ち着かなくなるくらい。 そんなイメージにピッタリだと思うのが Blind Chic./ブラインドチック というハンガリーのブランドです。
 
 

ファッションデザイナーでありサイクリストの Julia とグラフィックデザイナーの Neza が、スロベニアのリュブリャナからハンガリーのブダペストまでのロードトリップの途中で出会い、2011年の夏にハンガリーのブダペストで始まったバッグブランド。 そんな彼女たちブラインドチックは、ブダペストにある ART QUARTER BUDAPEST(AQB) という、様々なアーティストの表現の場として提供しているアートスタジオの建物の一角に拠点を構えています。
 

 
彼女たちはハンドメイドを愛し、自分たちが住む町に自分たちが作るバッグを通してバイシクルコミュニティを広めたいという想いを込めて日々製作しています。 女性の手によってキレイに縫製されたバッグは、どちらかというとローテクな作りをしていますが、撥水処理を施した暖かみのあるコットンキャンバス生地、丁寧に鞣されたレザー、そして相反する止水ジップをあえて使う事で今まで僕自身が使ってきたバッグとは異なるユニークなデザインとなっています。
 
そして今回は異なる大きさのバックパックが2種類とヒップバッグ、ショルダーバッグとしても使用することのできるハンドルバーバッグが届いております。

 

Dookie / ドゥーキー

ご購入はこちら

 
ドゥーキーは容量30Lと大きめなロールトップ型バックパック。 機能面も充実しており、外側に上下異なる形のポケットが計3つも備えられています。 上側のポケットはマチがあり少々厚みのあるもの、下側のポケットはカバンを降ろす事無くすぐに出したい、サイフやカギなどの貴重品を入れるのに適しています。 そしてチェスト部分のストラップでしっかりホールド出来る事から、ロングライドやハイキングなどにも容易にお使い頂けるのです。

 

Bub / バブ

ご購入はこちら

 
バブは容量12Lと女の子でも普段から気軽に使えるラインナップの中で最もコンパクトなサイズです。 そしてサイクリングやライトハイキングも色々したい!! と思っているアクティブなあなたをも満足してくれるはず。 外側に備えられたマチ付きポケットは、サイフや携帯などの貴重品を入れるのに最適。 アクセントとなる止水ジップも表情豊かにしてくれています。

 

Goliath / ゴリアテ

ご購入はこちら

 
ゴリアテはロールトップ型のボリューミーなウエストバッグ。 もちろんメッセンジャーバッグの様にななめ掛けしても良いですし、大胆にウエストに纏っても良し。 しっかりとフィットします。 そして手軽に持ち運びができるよう、手持ちのストラップも備えられています。
 

Handee Bear / ハンディ ベア

ご購入はこちら

 
ハンディー ベアはワックスド・キャンバスを使用したハンドルバー・バッグ。 カメラや携帯などの貴重品や細かなアイテムを収納するのにとても便利です。 付属のレザーストラップを使用すればショルダーバッグとして使用することも可能なのでそのまま持ち運ぶことができます。
  
1点ずつ想いを込めてハンドメイドで製作されるブラインドチックのバック達。
ぜひ実際に手にとり背負ってみて頂けると嬉しいです。

 


 

ブラインドチックのアイテム一覧

SundayMorningRide!!
~ PotluckParty ~

 
先月より毎月定例で開催している マンスリーライド。

先週は トモヤンプレゼンツ BikeTO MEIJO RUNNING、そして第2週目の今週末は SundayMorningRide/サンデーモーニングライド です。 今回の内容も前回と同じく PotluckParty/ポットラックパーティー を開催いたします。
 
 
サークルズから約5~6kmほどの庄内緑地公園までのんびりグループライド。 ※今回は名古屋シティーマラソンの為、前回とは違うルートで行く予定です。
そしてポットラックパーティーとはその名の通り、みなさんそれぞれ一品お持ち寄り頂いてみんなでシェアして楽しむピクニックみたいなもの。 もちろんお持ち頂ける方で構いません。

そして今回は2つのワークショップを用意しております。
 

  
・JUSのコーヒードリップ講座
サークルズ近くにあるコーヒーショップ マナブコーヒーさん の豆を使って、アウトドアで淹れる美味しいコーヒーを伝授。
・TAKAのハンモック体験
ハードルが高いと思われがちなハンモック。 しかし僕が使っているENO(イーグルネストアウトフィッターズ)のハンモックは5分もかからずとも設置出来るんです。 何よりハンモックで横になるとゆりかごの様に揺れて心地良いんですよね。 気づいたら寝てるときもしばしば。 ぜひ試してもらいたいですね。

 
そして今回もJUSがソーセージを焼きまくり、Takaが湯豆腐を作ります。
週末は天気も良く、ピクニック日和です。
初めての方でも気軽に参加できるピクニックライドとなっておりますので、みなさまのご参加お待ちしております!!
 

Sunday Morning Ride!!
~ Potluck Party ~

 
3月12日(日曜日) AM9:00集合(15:00戻り予定)
集合場所:サークルズ
目的地:庄内緑地公園
※ヘルメットなどライドに必要な装備はお忘れなく!

Bedrock Sandals
New Products

 

bedrockimages01
 
日常生活からランニングやトレッキングまで、またキャンプツーリングのお供としても、様々なライフスタイルにフィットする、カルフォルニア州のリッチモンドで生まれた Bedrok Sandals/ベッドロックサンダル 。 この夏から取り扱い始めたベッドロックから、待望のニュープロダクツ Cairn/ケルン の登場です。
 
15145187_1403612056323179_854475904_o 

注目すべきところは、これまでになかったストラップの構造。 Syncline/シンクライン や他のモデルとの大きな違いは、3つのストラップシステムで構成されているところです。 さらに、踵のストラップにもマジックテープで調節出来るような仕組みを採用している事から、履く人の様々な足のカタチに合わせて完璧なフィッティングを可能としました。
 
dsc_8828-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_8838-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_8846-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 

そして、14mm (ミッドソール8mm/アウトソール6mm)もあるソールの厚みも大きな特徴の1つです。 特注のVibram社製のアウトソール Regolith は、独特なパターンの深い溝が切ってあり、高いグリップ力と走行を妨げない柔軟さを兼ね備えています。 またミッドソールの表面には、GraniteGrip と呼ばれるダイヤモンドパターンを採用する事で、汗や水などの逃げ場をつくり、常に肌と接する部分を少なくして清潔に保つ役割を担っているのです。 この様なソールにする事で、確かなクッション性と安定性を確保し、長時間の着用をより快適なものとしています。
 
dsc_8324-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_8849-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_8851-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 
シンプルでミニマムだったデザインから一新して登場した ケルン も、彼らが考える最高のサンダルを作ろうとするビジョンをもとに、幾度にも及ぶフィールドテストを経て生み出された確かなもの。 この ケルン を履いて、様々なフィールドへと足を運べば、より多くの出会いがあなたを待っているはずです。
 

 
そして、今回の展開するカラーは6色と豊富に取り揃えています。
もちろん日本のこれからの時期に素足で履くのは勇気が要りますよね。 そんなシーズンだからこそ、ソックスと合わせて足元を彩ってみてはいかがでしょうか。 近日 RAL/ラル から発売する足袋ソックスも乞うご期待下さいませ!
 
dsc_8771-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
 
サイズ感は少し小さめになりますのでWEBストアの詳細をご確認下さい。
また、購入は下記よりお好みのカラーを選んで下さい。

Light Blue

Copper

Black

RAL CAMP : Day2

 

先日のEarlyBirdsケイタBlogキャンプはなんて言ったって冬がよいっ!!からバトンを託されたTakaです。

 
前の晩は、たわいもない話を肴に焚き火と熱燗で冷えた体を心地よく温め、結局眠りに着いたのは夜更け過ぎ。 これもキャンプの醍醐味のひとつで、僕もケイタもすっかり秋冬のキャンプライドに心奪われていました。
 

dsc_8116
 
迎えた朝、眠い目をこすりテントから外に出ると、ケイタによるコーヒータイムが待っていたのです。

朝食をつくる姿は毎度ながら見ていますが、あまりコーヒーを淹れているイメージがなかったもので、とても新鮮で味も格別でした。 そして再度焚き火をして体を温め、出発の準備をする事にしたのです。
 
 
dsc_8191
 
前日よりも冷え込み、冬を感じるほどの寒さ。
しかし周りの景色は色づいていて秋を感じるライドには絶好なタイミング。 郡上から山を越えた西部に位置する板取川は、驚くほど透明度の高い水源で、新鮮な川魚が採れることで有名な場所です。 そんな場所にはもちろんコンビニも無く、小腹を空かした僕らは休憩出来る場所は無いかと探していたところ、昔ながらの酒屋さんを見つけ入る事にしたのでした。
 
 
dsc_8185

 
約60年も続く酒屋さんはとても陽気なお母さんが営んでおり、僕らと打ち解けるのに時間はかかりません。
「なぁに〜、名古屋から来たの!疲れたでしょ。そこに座って食べてきー。」 言われるがままに畳に座りおなかを満たしていると、じいも と呼ばれるものを出してくれたのです。 じゃがいものような甘みのある芋で、マヨ醤油をつけて美味しく頂きました。 岐阜出身で名古屋育ちですが、初めて聞いた食べ物だったので後々調べると、その土地その土地で採れる里芋のことだそうです。 そしてお母さんと記念撮影。 また寄らせて頂きますね!
 
 
dsc_8187dsc_8189

 
順調にペダルを漕ぎ進み、辿り着いた2日目の最初の目的地である21世紀の森は、全国的にも珍しいと言われる巨大な杉株が密集する森。 なんと、巨大杉株は100株ほどあるそうです。
そんな神秘的な場所の入り口まで自転車で行き (これがとんでもない激坂。)、お参りしてからその場所へと足を踏み入れました。 その杉株達は想像以上の圧倒的な迫力。 ここにある杉株は何度も伐採を繰り返され、伐採されたその部分から新しい幹が生まれた結果、このような不思議な形となったのです。 まさにパワースポット!
 
 
dsc_8227dsc_8213dsc_8216

 
そして、第2の目的地である川浦渓谷(かおれけいこく)。
飛騨・美濃紅葉33選に選ばれるこの場所は、全長7kmに及ぶ断崖の渓谷です。 美しい紅葉とエメラルドグリーンの水面は神秘的な雰囲気を生み出していました。 行く季節によって全く違う顔を見せるので、ぜひ行ってみてもらいたいスポットです。 カップルかカメラ好きなおじちゃんで賑わっています。
 
 
dsc_8287dsc_8285

 
そんなキャンプライドを楽しむ僕らも、2日目(正しくは3日目)にしてやっと汗を流すときがやって来たのです。(臭うなんて言わないでおくれ!メリノウールのベースレイヤーがなんとかカバーしてくれていたはずさ!) 県道52号線を北上した板取川沿いにある 秘湯の湯すぎ嶋 。 この場所は、古民家を移築した和モダンな宿泊メインな温泉施設ですが、日帰りで源泉掛け流しの湯を楽しむ事が出来る隠れ家的な場所だったのです。 いい湯でした!
 
 
dsc_8346dsc_8318dsc_8320dsc_8315

 
温泉を後にし、そのまま山を越えれば最終目的地の郡上八幡へと繫がります。
地図上では峠らしきものがあるが、そんなにハードではないだろうと読んでいたのが間違いでした。。。 斜度はキツくないものの、ひたすら続く登りに途中心が折れそうになる。 個人的にヒルクライムをすることは好きな方ですが、最近怠けていた事もあり、余計にしんどさが増すのです。 しかし、そんな気持ちを癒してくれるのは景色でした。 登れば登るほど見えてくる景色が美しく変化している。 気づけば頂上ってことよくありますよね。
 
 
dsc_8349dsc_8355dsc_8360dsc_8368

 
なんとか最終目的地の郡上へと着いた頃には、予定していた時間よりも遅くすっかり夜も更けていました。
郡上と言えば郡上踊りのことを耳にした事がある人も多いのではないでしょうか。 400年に渡って城下町郡上八幡で歌い踊り続けられてきたもので、江戸時代に城主が士農工商の融和を図るために、藩内の村々で踊られていた盆踊りを城下に集め、「盆の4日間は身分の隔てなく無礼講で踊るがよい。」と奨励したため盛んになったのです。
そんな歴史ある町並みを肌で感じながら散策し、名古屋へ輪行で帰るため駅へと向かいました。 これで終わるのも寂しいですが、次回はどんな出会いと冒険が待っているかを楽しみに、今回のキャンプライドも締めくくったのでした。
 
 
dsc_8374dsc_8389


 

-TODAY’S RIDER & GEAR-

dsc_8301 
今回のキャンプライドの相棒は、先日発表された Doppo/ドッポ
キャリアを使わないバイクパッキングも試しましたが、オーソドックスなスタイルがやはり自分らしくて好き。 安定感と安心感がある走りが出来るこのフレームは、お酒やつまみをたくさん持っていったり一眼レフで写真を撮ったりと、あれもこれもやりたい僕をどこまでも連れて行ってくれる相棒にふさわしいと感じました。 ドッポはサークルズの店頭に展示してますのでぜひご覧下さい。
 

Frame Doppo ATB Mサイズ
Pannier Bag RAL DL Loader Olive
Camera Bag PorcelainRocket DSLR Slinger MultiCam
Bottle Cage KingCage OliverCage
Helmet Giro Aspect Transparent Pearl White
Jacket Patagonia Wind Sheld Jacket Black
Base Layer Patagonia Capilene MidWeight Crew Grey/XSサイズ
Pants Swrve Durable Cotton Trousers Black/30インチ
Shoes Altra LonePeak/Neoshell 26cm
Socks RAL Hose White/Sサイズ

 
そして、今回のライドで実際に使用したギアを下記に記しました。
サークルズでは自転車だけでなく、キャンプライドにお使い頂けるウエアーやギアなどもたくさん取り揃えています。 シーズンによってマストなアイテムも変わってきますので、どしどしスタッフまでご相談くださいませ。
 
 

-今回使用したギア-

Gorilla Jacket

 
先日BLOGにてご紹介し、多くの反響を頂きましたハンガリーのブタペストで始まったバッグブランド BLIND CHIC.(ブラインド チック)。 デザイナーでありサイクリストの Julia が製作するバッグ達は、彼女の想いとセンスが1つ1つに込められ、海を渡ってやってきます。
 
彼女がそのプロダクトを携えサークルズを訪ねてくれて以来、僕の心を掴んで離さない ブラインド チック 、実はバッグだけではなくサイクリストにぴったりなジャケットも作っているのです。 そして何よりそのジャケットにつけられたネーミングがユニーク。
 
20161001blindchic-3

Gorilla Jacket(ゴリラジャケット)
 
このゴリラジャケットは、コンクリートジャングルを征服するアーバンサイクリストのニーズに応えるソフトシェルジャケット。 雨風を凌ぎ、熱を排出するという機能面は損なわず自分たちのスタイルに妥協はしないというコンセプトのもとデザインされています。
 
20161001blindchic-4※モデルは173cm/61kgでサイズSを着用しています。
 
品の良いソフトシェル素材の裏地にはフリースを用い、秋口から真冬の厳しい環境時にも快適にお使い頂けます。 地元ブタペストのFIXIEガールズからのフィードバックをもとに、細部の至る所までこだわり尽くしたジャケットはライディング中もとても快適です。
 
20161001blindchic-620161001blindchic-720161001blindchic-820161001blindchic-11
 
そして、とてもユニークなのが、その生産方法です。
ブラインド チックが理想とするジャケットを、パターン作成から縫製までを行ってくれる場所が彼女たちの地元ブダペストに存在するのです。
EMMAROZ MODA という、そのショップ兼アトリエは、豊富な経験と女性によるクオリティの高い仕立てと美意識で、ブダペストの若手デザイナー達を支えています。 街にそういう機能を持つ場所があるのはとてもうらやましいですね。

 
blindchic10blindchic11 
昨今、ソフトシェルジャケットの分野において数多くのブランドから独自の考えの元で生み出されており、選ぶのにも迷ってしまいます。 価格やブランドネームで選ばれがちですが、この ブラインド チック のような想いを込めたバッグやジャケットを僕はオススメしていきたいと強く思うのです。
 
20161002gori-6※モデルは155cmでサイズXSを着用しています。
 
そしてもちろん、このゴリラジャケットにはレディースサイズがあります。
かわいいあの子にも、これを着て自転車に乗ってもらいたいものです。
メンズ・レディース共に、袖丈や着丈のバランス感は、我々日本人でもフィットしやすいタイト目なサイジングとなっています。 参考までに、168cm/59kgのTAKAでSサイズ、176cm/63kgのウノちゃんでMサイズでインナーとシャツを着てピッタリなサイズ感となります。
 
20161002gori-5 
ゴリラを表現してくれたアリバのニューカマーのニシパンも似合ってるね!
独特の落ち着いた色使いも、女性が作り手ということをうかがえるキュートなジャケットです。
 
ちょっと前の夏の動画ですが、彼女たちのライドや遊び、ハンガリー南部の美しい景色と、そこから生まれる色合いや機能がとても良く表現されていると思うので、ぜひご覧ください。
 

 

BIKE TO MARKET

 
先週に引き続き今週末もイベント目白押し。
サークルズとして出店させていただくイベント HANGOUT(ハングアウト)以外にも、実は地元愛知では面白いイベントがこの週末に開催されるのでご紹介させて頂きます。
 
stm2016_image

SOCIAL TOWER MARKET(ソーシャルタワーマーケット)
10月15日sat ~ 16日sun / 11:00 ~16:30
名古屋テレビ塔付近 / 入場無料

 
まずは、昔から名古屋のシンボルであるテレビ塔で新しいかたちの社交場を、というコンセプトでひらかれるSOCIAL TOWER MARKET(ソーシャルタワーマーケット)です。
今回のメインビジュアルを手がけているのは、僕らの夏のイベントであるRIDEALIVE(ライドアライブ)のビジュアルも担当して頂いた [TUMBLEWEED]の店主である 井本幸太郎さんによるもの。
この場でしかお目にかかれない雑貨やインテリアなどのSHOPからFOODブースまで充実しており、音楽のライブもあります。街の中心で行われる文化のお祭りです。
 
nominoichi-10-tokai-Poster-nyuko東海蚤の市(とうかいのみのいち)
10月15日sat ~ 16日sun / 9:30 ~16:30
JRA中京競馬場 / 入場無料

 
東海地区では初開催となる東海蚤の市。
このイベントの元となるのは、東京の調布市多摩川河川敷で開かれる もみじ市 というイベントです。
普段は何もない河川敷に数万人を集めるこの人気イベントは手紙社と言う編集チームが主催し、出店者を公募で集める事を一切せず自分たちが参加して欲しいと心から願う人達だけと作られます。 そんな様々なジャンルの一流の作り手から作品を発表したりふれあう事が出来る もみじ市 が、初開催から10年を経て、ついに愛知にやって来たのです。
 
m10_3977-1024x681 
どちらのイベントも気になるし行ってみたい。もちろん自転車で!
ということで、BIKE to マーケットを急遽開催します。
 
26484700843_fdb294905c_o-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
BIKE TO MARKET

 
行き先:SOCIAL TOWER MARKET
日時:10月15日(土曜日) 11時集合
集合:Pine Fields Market
参加費:無料
 
行き先:東海蚤の市
日時:10月16日(日曜日) 9時集合
集合:EarlyBirdsBreakfast
参加費:無料
距離:片道約15km

一緒に行きたい!って方は上記の場所と時間に集まって下さいね。
 
※どちらも現地解散となります。
※ツアーではなく、グループライドです。サポートは一切ありませんので、事故やケガ、迷子等は自己責任となります。

Chrome Shoes

 
dsc_6336-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
最近もっぱらピストバイクで通勤しているTAKAです。
先日までツーリング車でゆったり乗っていたので、ぐんぐん進む感じやペダルとの一体感に改めて驚いています。
やはり車種が変わると履くシューズも変わり、靴棚に眠っていたCHROME/クロームのスニーカーを引っぱり出して履いています。 当時、シューズをよく壊していた僕は、丈夫なシューズはないかと様々なシューズを探しては試してという試行錯誤を繰り返し、行き着いたのがクロームでした。
いまではカジュアルなSPD対応のビンディングシューズを好む方も増え、多くのメーカーから目新しいデザインのものが続々と生まれている中、クロームはライダーからのフィードバックを得て、趣向を変えずに同じモデルをアップデートし続け、丈夫でストリートに溶け込むデザインをリリースしてきました。
 
そんなクロームの定番でもあるワークブーツタイプから、2種類のSPD対応のビンディングシューズが登場しました!
 
dsc_6167-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

CHROME 415 Pro Workboot

 
dsc_6150-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
CHROME Storm 415 Pro Boot

 
両モデルともに415 WorkBootのデザインをもとに、スニーカーならではの機動性やブーツのもつ安定性と保護機能性が兼ね備わっています。
そして大きく違う点はメインとなるアッパー素材。 クロームお得意の摩擦に強いコーデュラナイロンのモデルと、完全防水で透湿性に優れたフルグレインレザーのモデル、どちらも魅力的なもので迷ってしまいます。
 
dsc_6170-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_6166-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_6182-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
 
様々なスタイルに合わせやすく、ステッチや刺繍の色もシンプルに同系色でまとめているところがクロームの上手なところ。
あまり知られてはいませんが、クロームのシューズはアウトドアシューズのアイコンでもあるKEEN/キーンの工場で作られていているのです。自転車に乗っているときも自転車から降りた時も、日々僕らの足元を支えるものだからこそ、確かなクオリティを持ったものを履き続けたいですよね。

サイズ感に関してはコンバースのオールスターに似ています。 また今回25.5cmから28.0cmまで幅広いサイズまで入荷して参りました。
秋冬に活躍するこのクロームのシューズをぜひお試し下さい!
 

Levi’s Commuter

 

dsc_6007-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcジーンズが誕生して今年で143年を迎えました。

 
そのジーンズの生みの親であるLevi’s(リーバイス)が、1873年の5月20日に馬のブランケット用に使われていたテント地とポケットをリベットで補強したパンツ(リーバイスジーンズの元祖で501品番が誕生する前のもの)で特許を取得したのは有名な話。
そして古着が好きだった僕は、やはりリーバイスのビンテージジーンズに憧れていた時代もありました。
 
dsc_6041-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcしかしあまりにも高価なもので、なかなか買えず501の66BIG”E”を好んで履いていました。(愛用している私物です。)
 
そんなリーバイスも昨今では、色々な側面から提案をしています。
いわゆるビンテージの復刻版や、ジャパンメイドのジーンズ、速乾性や通気性のある素材を使用したジーンズなどと様々。
そして2011年の秋から誕生した自転車乗りユーザーに向けてのコレクション、Levi’s Commuter(リーバイス コミューター)が2016年からさらに進化を遂げていたのをご存知だったでしょうか。
 
levis-commuter-collection-ss-2016-0 
大きく進化を遂げたのはそのデニム素材。

今まではコットンにストレッチ素材とオーソドックスなものでしたが、自転車界のジーンズの定番であるSWRVE(スワーブ)と同じくCOUDURA社とタッグを組み、今までよりも耐久性を意識したものとなっています。
そして僕が一番気に入っているところ、それはCOUDURA社のファブリックとは言えども、生地感やアーキュエイトステッチなどのリーバイスジーンズというものを損なわずにモノ作りをしているということです。

やはり、歴史のあるメーカーにしかないこだわりがそこにはしっかりとあるのです。(もちろんスワーブにはスワーブの良さがあるので、それについては後日改めてご紹介させて頂きますね。)
 
dsc_5992-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_5994-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 
耐久性が増したデニム素材には、撥水性と防汚性のあるPHOBOTEX加工を施しています。 その加工は素材を固くせず自然なライディングが出来る機能的なものとなっています。
そしてベルトループの部分にはU字ロックをホールドすることができ、裾をまくるとセルビッチ(サイドシーム)には3M社のリフレクターを搭載して夜間での視認性を高めているのです。
 
モデルとしては2つあり、好みや体格に合わせて選んで頂けます。
 
[511]いわゆるスリムフィット。 定番で最も人気のあるシルエットです。
[541]ゆったりとしたアスレチックフィット。 太ももがっちりとしたアスリート向けに作られたシルエットです。

 
自転車向けにデザインされたジーンズはまだ多くはありませんが、そのブランドそれぞれが考えるコンセプトがハッキリとしていて、どれを選んでも間違いのない自信を持ってオススメできるアイテムとなっています。しかし、好みは人それぞれですので、実際に試着したり素材に触れたりとぜひ試し頂ければなと思います。

そして僕らがSURLYやALL-CITYやSALSAなどを扱っているのと同じように、普段身につけるものも出来る限り長く使い切っていきたいものですね。
 

Blind Chic.

 
元々アパレル出身という事もあり、洋服はもちろんですが特にバッグが好きで、給料のほとんどを注ぎ込んでいた時期もありました。 それは古着やアウトドア系のものから、FreightBaggage(フレイトバゲージ)の様なハンドメイドバッグまで幅広く様々。 そして今では、身軽になればより遠くへ行けるという考え方のUL系(ウルトラライト)が自転車にも適してるんだなと実感し、軽量でハイテクな素材を使用したバッグに惹かれ始めていたところでした。
 
しかし、このブランドを知ってから、またその考えをがらっと変えられてしまったのです。
 

blindchic01Blind Chic.(ブラインド チック)

 
ファッションデザイナーでありサイクリストの Julia とグラフィックデザイナーの Neza が、スロベニアのリュブリャナからハンガリーのブダペストまでのロードトリップの途中で出会い、2011年の夏にハンガリーのブダペストで始まったバッグブランドです。 そんな彼女らブラインドチックは、ブダペストにあるART QUARTER BUDAPEST(AQB)という、様々なアーティストの表現の場として提供しているアートスタジオの建物の一角に拠点を構えています。
 
dsc_5647
 
彼女らはハンドメイドを愛し、自分たちが住む町に自分たちが作るバッグを通してバイシクルコミュニティを広めたいという想いを込めて製作しています。 女性の手によってキレイに縫製されたバッグは、どちらかというとローテクな作りをしていますが、撥水処理を施した暖かみのあるコットンキャンバス生地、丁寧に鞣されたレザー、そして相反する止水ジップをあえて使う事で今まで僕自身が使ってきたバッグとは異なるユニークなデザインとなっています。
 
dsc_5663dsc_5654dsc_5672dsc_5642
 
そして、彼女らのバイシクルコミュニティーに対する想いが海を越え日本にも届けられたと僕は信じていています。 それは実際にJuliaがサークルズに遊びに来てくれたことがきっかけで取り扱いをはじめたというヒストリーがその何よりの事実。 その想いが込められたバッグは、確かにヒトからヒトへと渡り、その地のバイシクルコミュニティーへと広まっていくのだと感じています。
 

 
その想い、ぜひ実際に手にとり、背負ってみて下さい。

 
Blind Chic.(ブラインド チック)