加藤貴英
WebGuy , Cameraman , Sales

加藤貴英

Kato Takahide


Facebook
Instagram
Strava
前職アパレルの経験を活かしてアパレルとWebshopを担当しています。 ロードバイクやシクロクロスが好きで、 よく山にヒルクライムに行っています。 最近は #Bike and Hiking にハマっていて、 自転車と山登りやトレイルランニングを組み合わせて楽しんでいます。 そして、 どこに行くのにもカメラを持って行きたくなるほどのカメラ好きでもあり、 最近はフィルムにも手を出しちゃっています。

Bikes:

DSC_6879-1024x680

Salsa / Caseroll
【詳細】
DSC_7572-1024x680

Giant / OCR A1
【詳細】

FAST PASS CARGO PANTS 試着・受注会!

 
デイリーユースにもアクティビティを楽しむ際にも、1年を通して僕らにとって最も馴染みがあると言っても過言ではない DEEPER’S WEAR/ディーパーズ ウェアの”FAST PASS シリーズ”。
 
ビックリするくらいよく乾き、よく伸び、よく履いてしまう。
 
そんなディーパーズを象徴するパンツですが、新しいモデルが4月末に登場するんです!!
「あのカタチもあったらいいのにな」 と思っていた方も多いのではないでしょうか?

 

DEEPER’S WEAR Fast Pass Cargo Pants


KHAKIのみ / ¥16,200_(税込)


 
そう、みんな大好きカーゴパンツです。
 
今でこそ馴染みのあるウェアとして認知されていますが、もともとは貨物船(カーゴ)で荷役作業などに従事する人たちの作業用パンツとして産まれたのが始まり。 そんなカーゴパンツを、ディーパーズが考えるトガっていない日常着に最適なデザインに落とし込み、ファストパスの生地を使用して仕上げたとなれば間違いないですよね。 もちろん自転車に乗る際にもね! そして大きめのサイドポケットはクリーンカンティーンのボトルもすっぽり収まるので、バッグを持たずにふらっとカフェに寄った際でも安心です。
 
そんなこのカーゴパンツ。 実は4月末に販売開始予定なのですが、気になる方もたくさんいるかと思い、ディーパーズさんに無理言って一部のサイズお借りする事が出来ました。
 
なので急遽ではありますが、明日から3日間、試着・受注会を開催いたします!!!
 

【FAST PASS CARGO PANTS 試着・受注会!!】
 
2月17日(土)~19日(月)
場所: Circles 1F


 
実際に試着して、自転車に乗ってみたりランニングしたりと良さをしっかり体感していただけます。 3日間と短い期間となりますので、気になる方がいましたらぜひこの機会にご覧下さい。
 
そんなファストパス愛用者の1人である私の休日コーディネートで締めくくり。
昨日は春の陽気だったので、シャツにベストのスタイルがちょうど良かったです。 春ももうすぐそこまでやってきています!
 

ヘルメット: BERN / FL-1
ベスト: OMM / Roter Vest
シャツ: DEEPER’S WEAR / Hands Up Shirt
パンツ: DEEPER’S WEAR / Fast Pass Baker
ベルト: PATAGONIA / Friction Belt
ソックス: POINT6 / Peak Light Crew
シューズ: LAKE / MX145-W
ウエストポーチ: HUNTER / Funny Pack

OUTER SHELL ADVENTURE

 


先日の休日も、まいどなグラベルへ。
 
最近自分の書いたブログを読み返すと、始まりがいつも一緒でグラベルライド、、、 でもね、やっぱりオンロードを走るのとは全く持って違い、大地を踏みしめる感覚や自然を肌でめいいっぱい感じられて楽しいので、皆さんにも知って頂きたいんです。

さて、そんなグラベルライドからタウンユースとして、ここ1ヶ月ほど気に入って使っているアイテムのご紹介!

Photo from The Radavist

 
 

OUTER SHELL ADVENTURE
アウター シェル アドベンチャー


 
アメリカ カルフォルニア州 サンフランシスコを拠点に、ハンドメイドにて製作するバッグブランド。 その主催者である香港生まれの Kyle/カイル は、とにかく自転車に乗る事と旅が好き。 もともとはロサンゼルスに住んでいましたが、より良いフィールドを求めてサンフランシスコに移住し、今は無き名店 FRESH AIR BICYCLES/フレッシュ エアー バイシクルズ のライダーとしても走っていた経歴もある生粋のサイクリストです。
 

 
そのライダー時代から、 RICK HUNTER/リックハンター (フレッシュ エアー バイシクルズにフレームを供給していました)との交流があり、サンフランシスコからリックの家まで片道300kmほどある道のりを自走でよく遊びに行ってるみたい。 そんな、根っからのアドベンチャー好きが高じて、バイクパッキング用のアイテムをハンドメイドで作り始めたわけです。 実際の経験から作られるアイテムの数々はユニークでどれも実用的。 その中でも、とにかく気に入って使い込んでいるのがハンドルバッグです。
 

Drawcord Handlebar Bag/ドローコード ハンドルバー バッグ

税抜き¥16,400_
縦13cm x 横20cm x 高さ10cm
(ドローコード部分の調整で9cm拡張可能)
約2.6リットル


 

 
フラットハンドルからドロップハンドルまで取り付けることが出来るハンドルバーバッグ。 玉手箱みたいなキュートなフォルムも好きなんですけど、グラベルの様な悪路を走行する際でも安定し、走りながらでもワンタッチでメインフロアにアクセス出来るところなど、機能面でもしっかりと満足する事が出来ます。 また、仰々しいデザインではないので、タウンユースでも気兼ねなく使ってもらえるのではないでしょうか。
 

 
そして、特に気に入っている部分は、前左右の外側に取り付けられた6つのポケット。 すぐに取り出したい補給食は左右のポケットに、前側のポケットにはiPhone8(カバー付き)がすっぽり収まる大きさとなっています。 何度もグラベルを走っているのですが未だに落ちた事がないので、安心してお使い頂けます。
 

 
まだ26歳と若いカイル。 彼がバイクパッキングやレーサーとして培った経験値は本物であり、それがカタチとなったのがアウターシェルアドベンチャーのアイテム。 その中でもユニークで実用的なハンドルバッグを皆さんも使ってみませんか?
 
 

GORILLA JACKETとSWRVE DECK JACKETを徹底比較!!

 
2月3日の節分(立春)も過ぎ、少しづつではありますが春へと向っているのを肌で感じて来ています。 寒いのが苦手なので春が待ち遠しいのですが、この時期でしか味わえない雪中ライドが楽しみなので、少し焦っています。。。明日の休日もグラベルに行く予定なので、「行きたいー!!」って方がいましたらTAKAまでご連絡下さいね。
 

 
さて、まだまだ寒い日が続くので、アウタージャケットを着る機会が多いかと思います。 たくさんのブランドやジャンルを取り揃えるサークルズのウェアの中でも、タウンユース向けのバイクウェアとして提案する BLIND CHIC./ブラインド チックSWRVE/スワーブ が特にご好評頂けています。 しかし正直なところ、どちらのアウターにしようか迷われる方も多いのではないでしょうか。 なので、「実際のところどっちが自分に合ってるの?」 という方に向けて、両ブランドを徹底比較します!! ※個人的な主観が入りますのでご了承ください。
 


 

どちらもソフトシェル素材を使用していますが、産声を上げた国が違い、ブラインド チックはハンガリーのブタペスト、一方でスワーブはアメリカ・カリフォルニア州のロサンゼルス。 ただし共通しているのはどちらも自転車を愛してやまないサイクリストが立ち上げているということ。 ブラインドチックは女性オーナーらしく品がありユニークなパターンを、スワーブは男らしくアメカジやミリタリーテイストのデザインで、多くのサイクリストに愛されています。
 


 

それでは、両ブランドの細部を徹底比較!!

 
※以下、ブラインド チックをB 、 スワーブをSと略します。
 

1:前身頃のディテール
Bは止水ジップなのに対し、Sは止水ジップではないが、ダブルジップにフラップという作り。

2:アームホールのディテール
Bは柔らかいジャージ素材のサムホールを用い、Sは風の侵入を防ぐ作りになっています。
 
3:ベンチレーションの構造
B、S共にベンチレーションを備えているが、Sはジップにリフレクターもついています。
 
4:ポケット
B:はバックポケットを2つ備えており、Sは背面右側にバックポケット1つ。
 
5:アームホールの作り
Bはヒジの関節部分は立体裁断に、Sは素材の特性を活かしざっくりとした仕立てです。
 
6:裾の仕上げ
Bは裾からの風の侵入を防ぐドローコードがあり、Sはシンプルにドローコードがない仕上げ。
 
どちらも雨風を凌ぎ、オーバーヒートしにくい作りをし、自転車に乗る上で快適なデザインをしていますが、細かいディテールを見るとその違いが分かります。
 
正直なところ、クオリティに関しては圧倒的にブラインドチック/ゴリラジャケットの方が勝っており、乗車姿勢を考えて作られた立体裁断、着用した時のシルエットにいたるまでこだわり尽くされているのが明確に分かります。 しかしながら、個人的にはアメリカらしいざっくりとしたカチッとしていない(気張っていない)スワーブ/デッキジャケットが好きで愛用しています。 パーカーなど重ね着しやすいところとか、クールなヤングアメリカンに憧れる僕には、N-1デッキジャケットのデザインとか男心くすぐるんですよね。 結果どちらかを選べって言われると、甲乙つけがたいとはまさにこの事ですw
 

【BLIND CHIC. Gorilla Jacket】

 
価格:¥30,240
女性サイズ展開:あり
構成パネル数:24
保温/防風性: ☆☆☆☆☆
透湿性: ☆☆
シルエットやディテール: ☆☆☆☆☆
コーデのしやすさ: ☆☆☆
タカ的オススメ度: ☆☆☆

【SWRVE Deck Jacket】

 
 
価格:¥24,620
女性サイズ展開:なし
構成パネル数:12
保温/防風性: ☆☆☆☆☆
透湿性: ☆☆
シルエットやディテール: ☆☆
コーデのしやすさ: ☆☆☆☆☆
タカ的オススメ度: ☆☆☆☆☆


 
ということで、個人的にはスワーブ推しではありますが、女性のみなさんにはぜひ ゴリラジャケット を着てもらいたいってのが僕の本音です。 だって可愛いんだから!!
 

PATAGONIA BLACKHOLE DUFFEL

 

 

上の写真はサークルズのバックヤードに飾ってあるもの。
飾って以来毎日眺めていて、この写真の後に待ち構えるストーリーをいつも妄想してワクワクしています。 この様なパタゴニアの数多くあるイメージ写真の中でも大好きなこの写真(これはCARL ZOCH が撮った写真。他の写真も素晴らしいので、一度見てみて下さい。)で使われているのは、BLACKHOLE DUFFEL BAG/ブラックホール ダッフル バッグ です。

 

 

まず気になるのはそのユニークな商品名。 ブラックホールの様になんでも飲み込んでしまいそうなこのバッグは、大容量サイズと豊富なサイズバリエーションがあるのが特徴です。 そして、ガシガシ使える丈夫な生地と耐水性に優れているので、旅行はもちろんレースなどの遠征にも最適です。

 


 

そして、60リットル以上のサイズは、付属のストラップを付ける事でバックパックにも変身するのです。 そうする事で、たくさん荷物を詰め込んでも楽に持ち運ぶ事可能となります。 特にレースシーンなどでは、地面に置いたりして汚れてしまいますが、上の面が背中に来るので大事な服を汚す事もないでしょう! 実は他のブランドの多くは、底面で背負う事も多いのです。 そういった気配りは流石天下のパタゴニア!!

 

やはり気になるのは大きさの比較。 163cmのスタッフシゲと比較してサイズ感をCheck!!!
左から、45リットル、60リットル、90リットル です。

 

 

そして、最近では軽量な素材を使ったものもありまして、パタゴニアがブラックホールシリーズに力を入れていることがとても伝わります。 頑丈さでは通常モデルに比べて劣りますが、軽さと防水性に関してはこちらの方が上回っています。 ジップは止水ジップ、中高生の学生バッグの様に取っ手をそのまま背負えばバックパックにもなってしまう優れもの。

 

 

これがあればいつでも安心。
ホームアローンみたいな大慌てな旅行にもバッチリです。

 

 

そんな ブラックホール ダッフル も先日よりスタートしている WINTER ARCHIVE SALE に加わり、旧カラーについては30%offにてご提供致します!!

 

 

自分の生活にフィットし長く愛すことが出来る ブラックホール ダッフル
ぜひこの機会に手に入れてみてはいかがでしょうか?
 
 
WINTER ARCHIVE SALEでは随時アイテムを追加していっております。 また、残り一点のものや、在庫サイズが偏っているものなど、一部割引率を50%までアップしているものもありますので、チェックをお忘れなく!
 

 
 

 
 

#GURURENのお誘い

 
寒い日が続いていますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

名古屋も雪が降り、いつも走りに行く瀬戸の山も表情を変え、1年に短い期間しかない味わえないスノーライドを楽しむ事が出来ます。 しかしながら、街中では路面が凍結している場所も多く残っていますので、ツルンと滑らない様に気をつけて下さいね。
 

 
さて、今まで舗装路のライドがメインだったのがグラベルを楽しむ様になったり、今シーズンから本格的にシクロクロスのレースに参加する様になったりしているのも、実は毎週定期的に開催している #GURUREN/グルレン のおかげだったりします。
 

 

– GURUREN / グルレン –

日時: 1月28日(日曜日) ※毎週日曜日開催しています。
時間: 20:45〜
場所: 平和公園メタセコイヤ広場付近
持物: ヘルメット、グローブ、ライトが必須です!!
 

直線と起伏のある周回コースを作れる平和公園で、とにかく必死にペダルを回すだけという超シンプルなライド。 けれどしっかりと心拍を鍛える事が出来るので、その成果があったのか僕を含めグルレンメンバーの2人が今シーズンシクロクロスのカテゴリー3に昇格出来ています。 そして、がっつり出し切った後、覚王山にあるハンバーガー屋 KAKUOZAN LARDERさん に行くのも楽しみだったりもするのです。 大人の部活的な感じですね。 もちろん、ストイックというわけではなく、マイペースに流して走っているメンバーもいるので、女性の方や体を動かしたいって方でも大歓迎です。 ご参加お待ちしてます!!!

 

– 最大半額!! – WINTER ARCHIVE SALE!!


 
サークルズ周辺はうっすらと雪が積もってきました。 1月20日(大寒)~2月4日(立春)までが真冬と呼ぶらしく、1年でもっとも低い気温になるそうです。 そしてさらに、明日25日(木曜日)は平成史上でも最も低い気温になるという予報も出ていますので皆様お気をつけください。
 
そこで早速ですが、これからやってくる最も寒い時期、 今すぐに使える冬物アウター や次のシーズンに羽織れる 春物ジャケット までたくさんの魅力的なアイテムがお得にお買い求めいただける WINTER ARCHIVE SALE を開催致します!!!
 

【Winter Archive Sale】

 

SALE対象の商品30~50%OFF

 

【対象ブランド】

・PATAGONIA
・CAFE DU CYCLISTE
・ASSOS
・HOUDINI
・PEARL IZUMI USA

などなど、その他も豊富にご用意しております。

 

【期間】

1月26日(金)〜2月12日(月)まで
※WEBSHOPは先行して24日(水)24:00より開始いたします。

※SALE商品の返品、交換は受け付けておりませんのでご了承ください(不良品の場合を除く)。

 

 
 

 
 


 

中でも目玉となる50%offの商品はこちら!


 

CAFE DU CYCLISTE
Regine Hardshell Winter Jacket

 
極寒期でもシリアスにライドする方向けに、優れた防水性と透湿性を備えたスリーレイヤーのレジンジャケット。 冬場でも登りになるとオーバーヒートしやすい為、前面両脇に設けられた大きなジップ(ベンチレーション)がしっかりと風を取り込んでくれ、体温調節を可能なものとしています。 そして、細かい立体裁断に加え素材特有の伸縮性がライド時のストレスを軽減し、ジャケットには珍しくジャージと同じ様なバックポケットがあるのがとても便利なものとなっています。

 

ASSOS
Mille Intermediate Jacket
Blitz Feder Vest

 
ASSOSと言えば、高機能サイクルウェアとして常に研究開発と改良を続けて進化し続けているブランド。 秋から春にかけて幅広いシーズンにかけて使えるこのジャケットは、前モデルからフルモデルチェンジし、防風性能と透湿性能がさらに向上しています。 立体裁断はもちろん、極力縫い目を減らす事で、肌へのストレスを低減しているこだわりよう。 来シーズンからトップスがフルモデルチェンジするので、スペシャルプライスにてのオファーです!

 

PATAGONIA
Nano-Air Vest

 
化繊インサレーションというだけあって、中綿に使用される素材はダウンではなく化繊素材(ポリエステル)です。 何が特徴かと言うと、 保温性が高い上に 蒸れにくく・動きやすい というところ。 そうなんです、 蒸れにくいので普段着でも運動時でも快適にずっと着ていられるんです。 想像しにくいかもしれませんが、試してもらえれば分かります!

 
あのジャケットやあのパンツが驚きの値段で手に入る機会、みなさまお買い逃しのないように!
 
 
また、ご好評いただいているDiggin’ The Circle!にも日々掘り出し物が更新されていっております。こちらも早い者勝ちとなりますので、定期的にチェックをよろしくお願い致します!
 

《WEBSHOPから重要なお知らせ》


 
日頃からWEBSHOPをご利用いただきありがとうございます。
ここ数年の大手通販サイトの躍進が我々の分野にも影響を及ぼすとは正直思っていませんでしたが、運送業界の配送コスト見直しを受けまして、誠に勝手ながら、このたび送料を改正させて頂く運びとなりました。
 

全国一律 / 送料¥648_(税込) → ¥756_(税込)


 
上記のように価格を改定させていただきますことをご了承ください。
尚、ご購入金額¥8,000_(税抜)以上お買い上げで送料無料のサービスは引き続きご利用いただけます。
 
できる限り早くお手元にお届けできるようWEBSHOPチームも日々サービスの向上に努めてまいります。 名古屋市内であればメッセンジャー便もご利用いただけますので、今後ともサークルズのWEBSHOPをよろしくお願い致します。

  

サークルズの定番冬物アウター
SWRVE Deck Jacket

 


 
今シーズン2回目の参戦となった先日の東海シクロクロスin大野極楽寺。

ストレートありキャンバーありとトリッキーなコースでしたが、個人的には普段楽しんでるグラベルライドと同じ感覚で走れたので、多少は良い結果を残せれたのではないかと考えています。 しかしながら昇格には至らず。 今週末に迫った 愛知牧場 で昇格を目指すので応援よろしくお願いします! そして、東京からの刺客 には負けないぞ!!!
 

 
さて、そんなシクロクロスの観戦時から、もちろん普段のライドや通勤にも暖かく機能的なアウターが必須なこの時期に合わせて先日 BLIND CHIC. Gorilla Jacket を紹介させてもらいました。 実はそれよりも昔から冬場の定番アウターとして、愛され続けているのが SWRVE/スワーブDECK JACKET/デッキ ジャケット です。
 

【 SWRVE 】Deck Jacket / ¥22,800_(税別)

 
BLIND CHIC. Gorilla Jacketと同じくソフトシェル素材に着目したスワーブ(※サイクルアパレルメーカーとしては一番早かったのではないでしょうか?) 、雨風をしのぎ、乗車姿勢になってもストレスの少ないストレッチ性を兼ね備えたソフトシェル素材は、アーバンライドに、かつアウトドアアクティビティにも溶け込みやすいと考えたのです。 そして、ロサンゼル発のアパレルメーカーらしく、第二次世界大戦(1939~45)から朝鮮戦争(1950~53)にかけ米海軍の艦艇乗員が着ていたN-1(デッキジャケット)からインスパイアしたデザインを採用しているところが流石のスワーブ。
 

 
ざっくりとしたパターンではありますが、脇のベンチレーションやバックポケットなど機能的な部分は余裕でカバーし、繊細な感じではなくどちらかと言うとガシガシ使っていけるイメージではないでしょうか。 自分自身も4,5年前から使っていますが、悲鳴を上げることなく今年も現役です。 洗濯も気兼ねなくしちゃってます。

 
今回は、ブラック・ネイビー・オリーブ・グレーといった通勤などのシーンにも使いやすい色目でセレクト。 お気に入りの一着になる便利なアイテム、ぜひ一度店頭でご試着くださいね!
 
 

 
そして、土曜日の -NEW YEAR’S ALLEY CAT- と 日曜日の -BIKE TO 東海CX- とイベント目白押しのお祭りな今週末。 詳細は こちら から。 天気も良さそうですし、お時間のある方はぜひ参加お待ちしています。
 

・1月21日(日)の営業案内
 
東海シクロクロスに参加に伴い、15:00〜20:00の営業とさせて頂きます。
 
尚、前日20日(土)は通常通り10:00〜20:00で営業しておりますので、
遠方から前日入りで名古屋にいらっしゃる方も是非お気軽にご来店くださいませ。

 
 
アーリーバーズの臨時休業のお知らせ
 
1月24日(水)はメンテナンスのためアーリーバーズは臨時休業となります。
ご迷惑おかけしますが何卒ご了承くださいませ。
 


 

よく乾くだけじゃない!!

 
木曜日は、お決まりのグラベルライドへ。
とにかく天気も良く、まさにピーカンと言う言葉が合う1日でした。
 
と書きつつも、ニュアンスだけで使っていたピーカンって実際にどんな意味だ?
 
調べたところによると、雲ひとつない快晴のこと指すそうで、語源は、

・快晴の空がタバコのピース缶の色に似ていた説
・快晴の日はカメラのピントが合わせやすい”ピントが完全”説
・単純に太陽の光が”ピーンとカンカン照り”を略した説

からきているみたいですが、正確には決まっていないそうです。
 
そんな個人的に気になった事はおいておきまして…この日のライドにも履いていたパンツが良いんですよ、っていうお話。
 

【DEEPER’S WEAR / ディーパーズウェア】 Fast Pass Baker / ファストパスベイカー

 

 
一見コットンのパンツに見えるけれど、実はポリエステル100%で、ストレッチに優れ、何よりビックリするほど乾きやすい のが特徴であるFastPass/ファストパスの生地。 1年以上ヘビロテして履いて気づいた事があったんです。 それは、めっちゃ丈夫じゃん!!って事。
 
普段着として自転車通勤に、そして外へ遊びに出かける時にはトレイルライドからツーリングまで幅広く。 おっちょこちょいの自分は、ライド中たまに転ぶ事もありますが、未だに穴1つあかずにバッチリ使えているのです。
 
そんな Fast Pass Bakerは一部かけているサイズがございますが、豊富に取り揃えています。 本来は春から秋にかけてがちょうど良い生地ですが、中にインナータイツやビブタイツを履くことで、寒い時期でも十分に履くことができるので、年中履けるといっても過言ではありません!
 
皆さんも是非お試しあれ。 ヘビロテの仲間入りになることを約束します!
 

そして、もうかれこれ6年以上ずっと気になっていた、瀬戸にあるうどん屋 つばめ屋 さん。 営業時間が11:00~14:00ということで、なかなか行けなかったお店でしたが、木曜日にやっとこさ行けました。 昔ながらのお店は、元気なお母さん2人でやられていて、とても落ち着くアットホームな空間。 手打ちで打たれるうどんやそばなどメニューも豊富でとても美味しく頂きました(そんなことを言いながらも、写真のチャーハンを頼んでしまうほど無類のチャーハン好きなのはご愛嬌)。 皆さんもぜひ行かれてみてはいかがでしょうか?
 

シルキーミッドレイヤー

 

 
正月の長い連休も終わり、今日から仕事が再スタートした方も多いかと思います。

完全に曜日の感覚失っている方いますよね?

ずっとサービス業に務めていたので、今日が何曜日なのか分からなくなることも多々あります。 しかし、自転車で通勤していると、街の様子で平日なのか休日なのかを感覚で気づくようになりました。 そんな自転車通勤も今まさに厳しい寒さでシンドイ時期なので、暖かいウェアを選択することが重要です。 そして、暖かさを重視しすぎると、着込みすぎて重たくて動き難かったり、オーバーヒートしたり、かえって不快な思いをしてしまいます。 今回は軽さと暖かさを併せ持ち、オーバーヒートしにくいミッドレイヤーをご紹介!
 

PATAGONIA W’s R2 Jacket

 
PATAGONIAの R2 Jacket は、アウターとしてはもちろん寒さの厳しいこの時期、アウターの中に着込むミッドレイヤーとしてとにかく重宝するアイテムです。 袖/脇/腰までつながったグリッド状の素材 ポーラテック・サーマル・プロ は、シルキーな肌触り、格別の通気性、抜群の保温性を誇り、日常生活から自転車を使うシチュエーションまで快適さを約束してくれます。 そして、品の良い起毛した見た目でコンパクトに収納出来るのも嬉しいです。

こちらはDiggin’ the Circle対象商品となり、通常¥23,760_ のところ、30%offの ¥16,630_ でお買い求め頂けますので、お早めにどうぞ!
 
先日よりWebShopに設置した、 『Diggin’ the Circle』 では、サークルズに眠っている豊富な掘り出しものアイテムを Dig/ディグ(掘る) って頂ける様になっています。 不定期にて随時アップしていますので、欠かさずチェックしてくださいね!
 

その他Diggin’ the Circle!!!のアイテムはこちらから!

そして、ついに!明日で新年初売りセールも最終日!!
延長なんてしませんよ、ほんとに明日がラストチャンス!!!
通常通り、10:00 ~ 20:00 にて営業しておりますので、ぜひこの機会にどうぞ。

瀬戸 to 花白温泉 RIDE !!

 

 
少しづつ厳しい冬の寒さがチラつき始めて来ました。
この時期でしか味わえない紅葉の景色と、冷たく澄んだ空気が心地よく、ライドする上では絶好の時期でもあります。 真冬になれば路面は凍結し、寒さで自転車に乗らなくなる方もいるのではないでしょうか。(僕らにとっては真冬が最高に楽しめる季節でもありますが。)
 

 
そんな僕ら、池山パイセンTAKA が11周年ライド企画で選んだフィールドは、もちろんホームである瀬戸/せと。 名古屋在住のサイクリストなら必ずと言ってもいいくらい走りに行く場所。 ですが、その多くの方は休日でもなかなか時間をとることが難しいく、必然的に同じルートを選びがちになってしまいます。 実は瀬戸からのフィールドとてつもなく奥が深く、まだまだ知らない道が無数にたくさんあるのです。 そんな名古屋で一番道に詳しい(間違いない!) 大村パイセン も交え、温泉をめがけて一緒にライドをしましょう!!
 

 

瀬戸 to 花白温泉 RIDE !!

日時 / 12月3日(日曜日)
集合場所 / 尾張瀬戸駅ファミリーマート(9:00)
定員 / 15名ほど
費用 / 飲食費,温泉代,電車代
持物 / ヘルメット,グローブ,輪行バッグ,温泉に入るのに必要なタオルや着替えなど
 

花白温泉は恵那の南東にあり、明智鉄道沿線の駅から徒歩5秒ほどにある場所。 そう、目の前にあるのですw

と言う事は???

そう、みんなで温泉に入り、隣の食堂でお腹を満たし、輪行で名古屋に帰るのに絶好の場所。 ただいまルート構築中で、グラベル班とオンロード班に分かれて、瀬戸~花白温泉までフィールドを存分に楽しんでもらう予定ですので、お楽しみに!!
 

>>>エントリーはこちら!!<<<

※メールの件名に、瀬戸to花白温泉RIDE希望と記載お願いします。