加藤貴英
WebGuy , Cameraman , Sales

加藤貴英

Kato Takahide


Facebook
Instagram
Strava
前職アパレルの経験を活かしてアパレルとWebshopを担当しています。 ロードバイクやシクロクロスが好きで、 よく山にヒルクライムに行っています。 最近は #Bike and Hiking にハマっていて、 自転車と山登りやトレイルランニングを組み合わせて楽しんでいます。 そして、 どこに行くのにもカメラを持って行きたくなるほどのカメラ好きでもあり、 最近はフィルムにも手を出しちゃっています。

Bikes:

DSC_6879-1024x680

Salsa / Caseroll
【詳細】
DSC_7572-1024x680

Giant / OCR A1
【詳細】

RIDEALIVE(ウエアー編)


 
上の写真は、 去年の9月に能登半島を1人キャンプライドした写真。 正直、 RIDEALIVE用でもう1台新しく自転車を組もうかと思いましたが、 やはり乗り馴れた自転車や使い慣れたギアが良いと思い、 今年もこのスタイルで行く事にしました。 ウルトラライトとは程遠いクラシックスタイル。 通勤からツーリングまで幅広く使える SalsaのCasseroll は、自分の持っている自転車の中で一番付き合いが長い相棒です。 しかし、 2年前くらいに生産中止となってしまったのが残念でしょうがありませんが。。。 (All-CityのSpaceHoseやSurlyのCrossCheckが似ているので、 ぜひチェックしてみて下さい。)
 
DSC_7567
さて、 RIDEALIVE(ウエアー編)として、 僕からキャンプライドや夏の時期にぴったりなウエアーやグッズをご紹介します!
 
DSC_7550
【SEARCH AND STATE】S1-A RidingJersey ¥19,000_(税別)
 
シンプルなデザインなので、 色々なスタイルにマッチするSEARCH AND STATEのジャージ。 ヘビロテし過ぎてボロボロになるぐらい着ています。 お気に入りのポイントは何と言っても快適なところ。 タイト過ぎない着やすいシルエットで、 乾きが早くて汗のニオイも気になりません。 生地には光沢感があり、 ジャージですが品のあるところも気に入っています。
 
DSC_7548
【SWRVE】Indigo CORDURA Denim Regular Short ¥12,000_(税別)
 
サークルズで愛用者の多いSWRVEのこのショートパンツ。 何より動きやすい上に頑丈なところが評判で、 自転車に乗る上で快適なデザインとなっています。 普段着としてやライドウエアーとして、 幅広い場面で活躍しますよ。
 
DSC_7554
【PATAGONIA】Houdini Jacket ¥13,000_(税別)
 
去年のRIDEALIVEの夜は少し肌寒かったので、 ウインドブレーカーがとても役立ちました。 キャンプシーンやこれからのライドにぜひオススメしたいのが、 このパタゴニアのトレイルランニング用ウインドブレーカーです。 雨風にとても強く、 蒸れにくい上に超軽量。 パッカブルでとても小さくなるので、 持ち運びしやすいんですよね。
 
DSC_7560
【COCOON】Microfiber Terry Towel(S) ¥1,200_(税別)
 
まだまだ暑い夏が続きます。 ライド中はみなさんも汗だくですよね。 やはりライドやキャンプに行く際にはタオルが必須だと思います。 このCocoonのタオルは、 ジャージのポケットに収まるくらいコンパクトになります。 コンパクトですが吸水力は抜群! なんとタオル重量の7倍も吸水するのです。 ぜひライドやキャンプのお供にお使い下さい。
 
RIDEALIVEに参加される方やそうでない方も、 まだまだ夏は終わりません。 いま一度この動画を見て、 夏の思い出をたくさん作ろうではありませんか!
 

【 Klymit Stash 18】

皆さんも1つは持っているだろうデイパック。 アイデア満載なデイパックが入荷しました。

 
DSC_7379

【Klymit】Stash18 ¥8,800_(税別)
 
パッと見はベーシックな18リットルのバッグ。 もちろん、 ブラック生地にイエローのジップで見てくれも良いのですが、 ぜひ背面を見てもらいたいのです。
 
DSC_7390

DSC_7375 
そう、 メッシュの奥にはスリーピングパッドと同じエアフレームが内蔵されているのです。 スリーピングパッド界をリードしているKlymit(クライミット)らしいアイデアですね。 これによって、 より快適なフィット感やクッション性が生まれ、 さらにV型の溝により空気の流れを作り蒸れも少なくします。
 
DSC_7416DSC_7414 
そして、 ショルダーハーネスに内蔵されているポンプで、 走りながらでも空気圧の調節が簡単に行う事が出来るのです。 思わず「すごっ!」と言いたくなるくらいギミックに富んだ作りをしています。 さらに、 重量が351gと軽量な面も持ち合わせているので、 軽量指向な方にもピッタリです。
 
DSC_7395 
ポケットは外側に一つだけととてもシンプル、 でも使い方は無限大な【Klymit】Stash18。 ハイキングからサイクリングなど、 ありとあらゆるアクティビティーにどうぞ!!
 


s160-k-no
Klymit(クライミット)は、 スリーピングパッドの業界をリードするアウトドアギアメーカーです。 企画から生産まで一貫して行い、様々なジャンルの方の要求を満たすための最高のものづくりをしています。

Run Natural



 
最近のマイブームはランニング。 まだまだランニングと言えるほど走れてはいませんが、 少しづつ距離を伸ばしている所です。 キッカケは色々あるのですが、 一番は少ない時間でしっかり体を動かしたい。 シクロクロスの練習にもなりますしね。 そんなキッカケで始めています。 しかし、 今までランニングする事を避けてきましたが(どちらかと言うと嫌いでした。)、 いざやってみると自転車とは違う楽しさに気づかされます。 それは、 とてもシンプルなところでしょうか。 進むのに必要なモノと言えばシューズぐらいですからね。 まだまだ走り始めたばかりですが、 シューズって重要だなってとても感じています。
 
 



 
  今季から取り扱い始めた ALTRAのランニングシューズのコンセプトは、 色々なランニング障害の予防をし、自然な走り方が出来る究極のシューズ
 
DSC_7275ALTRA PROVISION ¥15,500_(税別)  
 
ラインナップの中でも僕が試しているモデルの PROVISION は、 とても多様性の高いシューズです。 ロードランニング、ウォーキング、ライト・トレイルランニングと、 トレーニングからレースまで幅広く使え、 軽くてとても安定します。  
 

トレランから始まる日曜日。 #ridealive2015 #trailrunning #patagonia #circlesjapan takahide katoさん(@takahidekato)が投稿した写真 –


 
そして、 今月末のRIDEALIVEでのアクティビティーにもあるトレイルランニングも、 近所を走るとはまた違う魅力がありました。 自転車にとても似ていて、 ロードバイクとマウンテンバイクの違いに近い印象。 そしてRIDEALIVEでは、 ALTRA の高木さんも参加してもらえます。 つい先日仲間と能登半島をバイクパッキングしていたぐらい自転車好きでもあるので、 当日がとても待ち遠しいです。
 

さて次回は、 RIDEALIVEなどのキャンプライドに最適なウエアーや、 実際に使っているものをご紹介します! ではでは、 お楽しみに!

オリジナルマウンテンマラソン

 

今シーズンから取り扱い始めたイギリスのアウトドアメーカーの、 OMM(OriginalMountainMarathon)

 

 
あまり知られていませんが、 OMMとは1968年から45年以上もの間、 雨が多く多湿なイギリスの大地で開催されている山岳レースです。 トレイルランニングの決まった形の中でスピードを競うものでは無く、 エイドステーションの無い1泊2日で行うレースでは、 山の総合力 が試される為、 地図を読み取るナビゲーションスキルや野営スキルまで非常に高い経験値を必要とされます。 そして、 すべての生活道具の携行を必要とされ、 重い荷物を背負ったり時には雨にも降られたりする中で走らないといけない為、 軽くて走りを阻害しないギアが必要となるのです。
 
top_main 
先日のBlogでも紹介しましたが、 UL (ウルトラライト) と呼ばれるムーブメントが今のアウトドアシーンの中心にどっかりと座っている中、 OMMの製品は自由な発想と45年もの多岐に渡る経験に基づき、 雨が多く多湿なフィールドでいかに快適で素早く行動出来るかをコンセプトにしています。
 
product 
そしてClothing・Packs・SleepingItem・Accessoryからなるラインナップは実用性の高いものが多く、 OMMレースだけで無くハイキングから帰宅ランニング、 もちろん自転車にも快適に使って頂けます。 そう、 OMMレースにはOMM BIKEというカテゴリーもあり、 自転車を使ってチェックポイントを回る、 過酷さと楽しさが詰まりに詰まったレースがあるのです。 ぜひ皆さんもご覧下さいませ!
 
でもって日本でも開催しましょうか?
 


【Strawfoot 再入荷のお知らせ!】

 12131051284_066bccf5b9_k-e1414753464480

お待たせ致しました!
皆さまお待ちかね、サンタクルズのハンドメイドバッグメーカー Strawfoot から、
待望の新色を従えて再入荷した商品のお知らせです!

 

Strawfoot Lined Shoulder Bag /¥21,000_(税抜)
Strawfoot_Linedshoulderbag1600 

Strawfootがリリースするクーリエバッグをベースに、 SimWorksらしいアイデアを加えたオリジナルショルダーバッグ。 とても丈夫な生地で、 使い込む事で豊かな表情が生まれるアーミーダックキャンバスを使用しているのが魅力です。 13インチのノートパソコンがスッキリ収まる大きさ。 携帯手帳などの収納スペースや、 自転車に乗った際のズレを防止する3点止めなどとこだわりが満載です。

 

76433459_o1のコピー

カラー : Briquette / Tan , Cinnamon / RoyalBlue, Olive / Orange
 
インナーのカラーが新しくなりました! どれもベーシックかつアクセントとなるカラーですので選ぶのに迷いますね。  
 

Strawfoot Road Wrap /¥6,200_(税抜)strawfoot_roadwrap_black1600-1028x6831b270007-d90a-44ef-805f-099e2cbb5930カラー : Black, Brown, Navy
 
RoadWrapは、 前回好評だったNavyとBrownに加えて待望の新色Blackの登場! ギャレットもラインナップに加えたかったカラーなのです。 Strawfootのメインとなる素材のワクスドキャンバスとナチュラルレザーを使用した小振りなサドルバッグは、 バッグと同様に使い込むほどに味わい深い雰囲気に変わり、 きっとあなたの自転車をより引き立ててくれるでしょう!
 
49928d59-c024-4df2-bc8b-6d06651efa9b-1028x727 
日常の生活の中で、 自然と手を伸ばしてしまうStrawfootのアイテムたちをぜひ一度ご覧下さいませ!
 

>>>その他の Strawfoot のアイテムはこちらから<<<

【about Houdini】

“GOING EAST- A family adventure on four wheels”

 

 
上記のフィルムはアドベンチャースポーツのフォトグラファー ラース・シュナイダー による、古いキャンパーバンでアメリカ南西部を家族とともに旅をするロード・トリップムービー。 彼らはキャンパーバンでの生活を通して、純粋かつ自由で多くの日本人が考えるお金のもつ豊かさとはちょっと異なる豊かな生活というものを家族、キャンパーとともに経験します。 これを見て憧れてしまったのはきっと僕だけではないはずです。 そしてこのムービー内でウエアーをサポートしているのが、スウェーデン生まれのアウトドアウエアーブランド Houdini(フーディニ) です。

 

1538701_10153277150537888_3964357601203146535_n

 

日々進む技術の進化とは凄いもので、新しい新素材が毎年のように次々と生み出され、軽量かつ頑丈なギアたちが毎年のように生み出されています。 そしてUL (ウルトラライト) と呼ばれるムーブメントが今のアウトドアシーンの中心にどっかりと座っているのですが、ただ単に軽量性と機能性のみにフォーカスしてしまうと、それ以上に大切な事を失ってしまいがちなのはどの業界でも同じかと思います。 着用するギアに求められるべきこととはやはりその着衣感(着心地)なのではないでしょうか。
 

1398_db2fab1953-243034840のコピー

 
今回ご紹介する Houdini のウェアーは、クライミング、スキー、トレイルランニングそして自転車といったアクティビティーに即対応可能、あらゆる場面に溶け込める機能とシンプルなデザインを兼ね備えています。 それ以上に着心地の大切さを追求したそのモノづくりは、ものが違えどもサークルズの考え方にも近くとても親近感がわきます。 

 
サークルズではメンズ・レディースともに取り扱いをしておりますので、その”魔法のような着心地の良さ“と呼ばれるほどのフーディニのウエアーたちをぜひ店にお越しの際は一度ご試着してみて下さい。 

きっとあなたを虜にするはずです。
 

11693860_10153468012972888_3926407690935086889_n

 

クツの様なサンダルの代名詞!

DSC_6829

 

名古屋では今日もシトシト雨が降っています。
しょうがない、梅雨なんで。
でも、この梅雨の時期があるからこそ、より夏への期待が高まってくるんですよね。
いまサークルズでは、これからの時期のアクティビティーにピッタリなアイテムが豊富に揃っています。
その中でも特にご紹介したいものは、僕自身普段からヘビロテしている”KEEN”。
 

DSC_5888
 
“サンダルは、つま先を守る事ができるのだろうか?”
から、スタートした事は有名な話ですが、いまではデイリーからトレッキンングまで、幅広いシーンで活躍するシューズをプロダクションしています。(ペダルシリーズが日本から無くなったのが残念でしょうがないのですが。。。)

 
DSC_6826
 
数あるモデルの中でも、機能とデザインのバランスが良くて、飽きのこないものをチョイス。だってヘビロテしたいですからね。
自転車に乗る時だけでなく、キャンプやハイキングなどの様々なライフスタイルに使って頂ければなと。

そして、ここでお得な情報です!
 
DSC_6830
 
KEENのシューズをお買い上げのお客様には(WEBSHOPのお客様も含む)、KEEN特製シューズバッグをStaffトモヤンよりプレゼント。※数に限りがございますで先着順とさせて頂きます。
防水性のある生地ですので、他にも色んな使い道がありそうです。

ではでは、気になる方はぜひ試しにお越し下さい!

#TeamDreamTeam

DSC_1903

 

世界同時多発的に開催した”GetSickDay“。
インスタグラムの#getsickdayを見る限り、参加しているのはみんなクレイジーなライダーばかり。
だって、仮病使ってでもライドしてるんですからね!
無論僕らもですが…

 

DSC_1938

 

そんな面白いイベントの発案者、”TeamDream”のショーンを今日はピックアップ!
DSC_0403

 

リックハンター(Huntercycles)やギャレット(Strawfoot)の友達でもあるショーン(写真右端)はオレゴン州のセーラム出身。サーフ&スケートファッション出身のアウトドア好きで、もちろんリアルライダーです。
とても愛嬌がある彼は人とのつながりを大事にし、知り合いやLAローカルでクオリティーの高いものをプロダクツしています。
小規模でしか製産しておらず、使って欲しい人の手へと届けばいいというスタイル。

The Winner from The Sleepers on Vimeo.
 

色んな人とのつながりを経て、少量ですがサークルズに届いています。
ぜひ僕らを虜にしている、ショーンのセンスの良いデザインとユニークなプロダクツをチェックしてみて下さいね!
TDBT_Truckerのコピー
>>>“Team Dream Bicycling Team”のアイテムはこちらから!<<<

#crcinniseko

 

達らしい楽しみ方で参加してきました”RaphaPrestige in Niseko”。
羊蹄山を望む北の大地”北海道ニセコ”の素晴らしいロケーションで、参加したライダーにしか味わえないたくさんのドラマが待っていました。

 

DSC_6512

 

“Rapha Prestige”は、グラベルやハードでとてもドラマチックなヒルクライムなど、多くの要素が詰まった、まさにロードライドの本質とも言える冒険の様なもの。
そして今回のニセコを舞台とするコースは、143km/2735mUPという道のり。

今まで参加してきたメンバーとは異なり、自分含め全員が初参加で20代のニュージェネレーションメンバーです。
各々普段楽しむライドスタイルは違いますが、同じTeamジャージに袖を通し、同じゴールを目指す事で、自然といつも以上に一体感が生まれていました。

 

DSC_1765DSC_1779

 

30kmほど続くハードなグラベル区間では、自分の転倒や仲間のディレイラーがもげてしまうトラブルに巻き込まれながらも、5人協力し楽しみながら先へと進みます。

早さを競うレースでもありますが、いかにライドを楽しむコトが出来るのかも重要なポイント。僕らにとっても日頃からテーマにしているライドのあり方です。

 

DSC_6516DSC_6521

 

北海道の広大な景色を見ながらコーヒーが飲みたい!
そんな僕の思いつきから、”コーヒー”と”Earlybirds with KiizsmiLeのエナジーバー”で休憩する事になり、ハードなグラベルで疲れた体を癒してくれました。

 

DSC_1786DSC_1793

 

今回の”RaphaPrestige in Niseko”は、素晴らしい出会いや発見があり、初参加の僕らでも暖かく迎えてくれた事にとても感謝しています。

オーガナイザーやボランティアスタッフのみなさま、そしてサドルの上で同じ時間を過ごした全てのライダーのみなさま、本当にありがとうございました!

 

>>>その他の写真はこちらから!<<<

>>>各チームがアップしている写真はinstagram
#raphaprestige,#rpnisekoをチェック!<<<

>>>我々CirclesRacingClubのアップした写真は#crcinnisekoをチェック!<<<

Go To Patagonia!

DSC_3331 のコピーパタゴニアのウエアーに触れるようになって、はや1年くらい。
どんどんパタゴニアの魅力に引き込まれています。
10年後に着ていても流行にながされるコトの無いもの、製品一つ一つにこだわりや物語が詰まったもの。
それがパタゴニアの魅力だと思います。
 
そんな愛して止まないパタゴニアのサマーウエアーをご紹介!
DSC_6381DSC_6373Shirt : Patagonia Go To Shirt ¥10260_(税込み)
Bottom : Patagonia Baggies Shorts -5″ ¥7020_(税込み)

個人的にお気に入りなこのシャツとパンツ。
気軽に羽織れるシャツは、オーガニックコットンとポリエステル混紡の快適シャツです。
乾きが早くシワになりにくいのも特徴の一つ。

そして冒頭の写真で、Shigaちゃんも履いているバギーショーツ。
股下13cmの色んな意味でヒヤヒヤする丈ですが、この感じがラクで涼しくて夏に欠かせないんです。
また、撥水性があり速乾、ライナーも付いているので海パンとしても使えます。
 
DSC_6391DSC_6393Hat : Patagonia Wavefarer Bucket Hat ¥4860_(税込み)
T-Shirt : Flying Fish Cotton/Poly T-Shirt ¥4104_(税込み)
Bottom : Wavefarer Board Shorts -21″ ¥9720_(税込み)

普段着から自転車や海水浴と、ありとあらゆるアクティビティーに使えるパタゴニアの定番ボードショーツです。
軽量や撥水性はもちろん、特に丈夫さがずば抜けています。
長年の酷使に耐えれる3.9オンスのサプレックスナイロンは、頑丈そのもの。
色落ちし難いのも特徴です。
 
Ridealive2014これから始まる夏に向けて一度見に来て下さい!
ながーく愛せるアイテムがここにありますよ。