きっかけは BIKE TO RUN

 
きっかけなんて何処に転がっているか分からない物で。1年前、僕はひょんな事から駅伝に出場する事になったのでした。
 


 
それまでろくにランニングをしてなかった自分が今やサークルズで1番走るスタッフになろうとは自分自身も全く予想外の事で、考えてみるとこの時の体験による所が大きいのだと思います。これが個人の順位を競うレースだったなら状況は変わっていたでしょう。
 
そして1年後の今日、再び同じ地を走っている自分がいたのでした。
 

順位が気にならないかと言えば嘘になりますが、たすきを繋ぐという行為にロマンを感じてしまうのは僕だけじゃないはず。それに僕は皆でワイワイ走るのが好きなんです。
 
先日のブログでも書きましたが、

明日の日曜(2月12日)、僕と一緒に名城公園を走りませんか?
 
朝9時にサークルズに集合して名城公園までライドで向かい、1周1.3kmの名城公園ランニングコースを3周〜5周走る予定です。会話出来るペースで走りますので体力に自身が無くても全く問題ありません。着替えなどの荷物は預かりますのでご心配なく。
 
きっかけなんて何処に転がってるか分からない物。軽い気持ちで参加してみて下さい。
 
一緒に走りましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Winter Wear Clearance Sale!!

 

正直にお話しします。

 
昔に比べて、今では様々な自転車用ウェアが生み出され、また自転車だけにその用途を限ることなく使えるウェアも色々と出てくるようになりました。 様々な自転車との付き合い方がある中で、純粋に僕らが良いなと思えるモノ・機能的なモノ・他にはないユニークなモノなど、色んなウェアと出会い、
 
「これを女性が着て走っていたらすごく良い!」
 
「これ恰好良い!」
 
「これも実は自転車に使えるじゃん!」
 
といった具合にお店で扱うブランドやアイテム数はあれよあれよと増えたものの、僕らの提案力不足?! それとも、僕らのセレクトが時代を先取りしすぎていた?! のかどうかは果たして定かではありませんが、正直2階の倉庫もウェアでパンパンになってきているというのはここだけの話でして。。。
 
もちろん、これからも僕たちが面白い!と思ったものはセレクトし、皆さんに紹介していきたいとは思っておりますが、今回は少しだけ整理整頓をしようと決めました。
 
何が言いたいかって?
要するに、アレです。
お買い得なのです。

 
 
本日よりサークルズ2Fテーラードでは、クリアランスセールと称して、冬物ウェアを中心にパフォーマンスウェアからカジュアルウェアまで、旧モデルや今季限りで継続しない商品を売り切れゴメンのスペシャルプライスにてご案内致します!
 
例えば、、、
 
・【Cafe Du Cycliste / カフェドゥシクリステ】 Yolande Jersey(旧カラー) : 30% off!!
  
・【Assos / アソス】 ijHabu : 30% off!!
 
・【Pearl Izumi USA / パールUSA】 Women’s Elite SoftShell JKT : 30% off!!
 
・【Cadence / ケイデンス】 Nolan Hooded Fleece : 30% off!!
 
・【Patagonia / パタゴニア】 Women’s Houdini JKT : 30%off!!

 
上記はほんの一例ですが、とにかくサイズが合えば絶対に買っておくのが吉!なプライス設定にて皆様のお越しをお待ちしております。 尚、セール対象品については、ウェブショップに明日以降随時アップしていきますので、お楽しみに!
※SALE品の返品・交換は一切受け付けておりませんのでご了承下さい。
 
本日2/10(金)の夜は、ヘッジホッグダイナーも営業致しますので、是非そちらも合わせてよろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

みんなで走ろう!マンスリーライドのお誘い。

 
暦の上では立春を過ぎ、まだ寒い日が続いてはいますが、それでも自転車に乗っていると、季節は確実に春へと向かっていることを肌で感じられますね。
  
自転車を始めたばかりの方や、これから始めようと思っている方、そして名古屋へ越してきたという方にとって、「どこか走るのに良いルートはないかな?」「どんな格好で走ると良いだろう?」といった色んな疑問があると思います。 速く走ったり、登りに挑戦したり、未舗装路走ったり、もしくは美味しい食事や絶景を求めて走ったり、走り方のスタイルは人それぞれだと思いますが、みなさんが自転車を使って人生を楽しく豊かなものにしていくために、今日はサークルズから皆さんへ、マンスリーライドのお誘いです。
 
マンスリーライドでは毎月第2日曜日にどなたでも気軽に参加できるサンデーモーニングライドを、そして第3日曜日には少しチャレンジングなCRCライドといったように、2つのコンセプトに分けて毎月それぞれが趣向を凝らしたライドを企画します!
 
 

SUNDAY MORNING RIDE!!

毎月第2日曜日は、ジャス&タカプレゼンツのサンデーモーニングライド。 自転車に乗り始めたばかりで、色々と不安だなぁというあなた。 トレーニングとかレースには興味が無いけど皆で一緒に走りたいなというあなたに向けた、気軽に参加できるイージーライドです。 気になるコーヒーショップに皆で行ったり、みんなで食事を持ち寄ってピクニックライドをしたり、ママチャリでもなんでもOKなお気軽ライドをみんなで楽しみましょう!

 

CRC RIDE!!

毎月第3日曜日はシゲ&ナベタクプレゼンツのCRCライド。 朝8:00にアーリーバーズに集合してライドに出掛けましょう! SUNDAY MORNING RIDEに比べて、もう少しアクティブに走りたい!という方にお薦めのライドです。 毎月行き先やライド内容は異なりますが、時にはグラベルだったり、ロングライドだったり、四季折々の様々なライドの楽しみ方を提案して行きます! 

 
みなさんと一緒に走り、自転車を通してみなさんにとっての新しい出会いや発見の場になると同時に、参加していただいた皆さんの人の輪が大きく広がっていくような機会にしたいと考えております。 もちろん、サークルズで自転車を買っていないという方もお気軽にご参加いただけます! ご不明な点はお気軽に店頭でスタッフまでお尋ねください。
 
初回の今月、サンデーモーニングライドは少し予定を変更して2/26(日)に、そしてCRCライドは予定通り2/19(日)に開催致します! 毎月詳細については、開催が近づきましたら追ってご案内していきますのでどうぞみなさまよろしくお願いします!
 
そして、今週サンデーモーニングライドを開催しないのにはワケがあります!
 
松原の姉妹店、カルチャークラブパインフィールズマーケットにて女性向け自転車ワークショップ『FIX LIKE COOK』を定期的に開催し、自転車を毎日の生活に上手に取り入れ、楽しく走ったり、遊んだりしているバイクガールズたちが楽しそうなライドを企画をしてくれました。
 
 
グループに分かれて、日曜日の名古屋を楽しむというテーマに基づいたチェックポイントを巡るというライドは、メンバー同士で相談したり、寄り道をしたり、おすすめのお店や好きな場所があれば、情報交換し合いながらそれぞれのペースでグループライドを楽しめます!
 
Hello Sunny Sunday!!についての詳細はこちら。
 
『Hello Sunny Sunday!!』
2017/2/12(日)
▷集合 14:00 Pine Fields Market
▷参加費 ¥500(コーヒー1杯、クッキー付)
▷持ち物 ヘルメット(持っていない方は一度PFMまでご相談ください)
※雨天は中止になります。自転車走行中の事故や怪我は自己責任になりますのでよろしくお願いします。
 
こちらもサンデーモーニングライド同様、どなたでもお気軽にご参加頂けます。 オーガナイズしている彼女達が本当に自転車を通して日々楽しそうに生活しているのを見て、私たちはいつも力をもらっています。 是非ともご家族でのご参加や、特に女性のみなさんにはご友人をお誘い合わせの上ご参加頂きたいと思います。
 
サークルズのマンスリーライドともども、みなさまのご参加をお待ちしております!

みんなで走ろう!マンスリーライドのお誘い。
” への1件のコメント

  1. […] 新情報 ・サークルズでは毎月マンスリーライドを企画中。みんなで一緒に走りましょう!(毎月第2日曜日はサンデーモーニングライド、第3日曜日はCRCライド) http://circles-jp.com/blog/51895/ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Paul Component X SimWorks

 
ジャスです。
 
僕がPaul Component/ポール コンポーネントというメーカーを意識するようになったのは、サークルズで働く少し前。 僕が今でもずっと大切に乗り続けているSurly CrossCheck/サーリー クロスチェックをサークルズでオーダーした日でした。 もう5年以上も前の話です。
 
当時、接客してくれたトレーシーからポールのカンチブレーキを薦められました。
ショーケースの中を覗くとそこには、キレイなアルマイトのかかった様々なパーツ。一瞬で心を奪われてしまったのを覚えています。
 
予算が限られていた僕は、消去法的に泣く泣くポールのブレーキを諦めてしまったけれど、いつかはポールのパーツを使って自転車を組んでみたい!と強く思い続けていました。 その後、どんどん自転車の魅力に取り付かれ、その半年後にはサークルズに入社を決めていたのでした。
 
時間が経つのはとても早く、当時の「最新コンポーネント」と呼ばれていた物はもちろん「最新」ではなくなり、次から次へと真新しい物が溢れるように湧いて出て、何も無かったかのように姿を消していく。 そんな時代。
 
そんな中、当時僕が覗いたショーケースには今でも当時と変わらない場所にポールのパーツ達を奇麗にビシッと並べています。 基本を失わずにバージョンアップを続け、常に世界が求める新しい物を作り出す姿勢が世界中のサイクリストに愛される理由なのではないのかと思います。
 
 
ただ、当時と違うのはシューケースの1番上の段には我らがシムワークスの熱い想いを形にした、ポールとのコラボレーションアイテムが所狭しと並べられている事。 あの日、買えなかったポールのブレーキへの憧れは今でも変わらず、今はさらに生み出す事への憧れへ。
 
今日はそんな憧れを形にしてくれた、シムワークスとポールのラインナップに新たに加わったアイテム達をご紹介いたします。
 

【Paul Component x SimWorks】
MOTOLITE BRAKE/モトライト ブレーキ
¥18,500(税抜)

 
ご購入はこちら

 
ブレーキの形状は、20年近く前に発表されたブレーキです。 ディスクブレーキ全盛の今の時代、その存在が薄れてきたVブレーキ。
 
そんな中何故、「今」、モトライト ブレーキなのか? 答えは「今」のホイールサイズの豊富さにあります。
 
26インチ、27.5インチ、650B、700C、29インチと求めるライディングスタイルによって選択できるホイールサイズが増えてきました。 そして昨今のトレンドでもある26インチの27.5インチ化、ディスクブレーキを搭載したバイクに与えられるインチアップカスタムもしかり。
 
しかし、サークルズに持ち込まれる自転車のホイールサイズに関するご相談は、26インチのディスクブレーキを搭載していないオールドマウンテンバイクや、使い込まれたクロスバイク、ツーリングバイクといったものがまだまだ多いのです。
 
 
このような自転車にこそ、このモトライトの持つブレーキシュー取り付け位置をアジャストできる機能がとても役に立ちます。 上下にアジャストするブレーキシューホルダーは、ホイールサイズの壁を少しだけ越えることができるのです。
 
 
例えばサーリーの名ツーリングバイク、ロングホールトラッカー。 こちらもサークルズではクロスチェックに負けじと大変人気のある車種です。 このロングホールトラッカーは26インチですので、モトライトを装着する事で27.5インチへのインチアップカスタムが可能です。
 
では、26インチから27.5インチへインチアップする事のメリットとは?
 
まずはホイールサイズが大きくなる事で26インチよりもよく進み、段差なども乗り越えやすくなり、トータル的に走破性が上がります。
次に見た目のバランスも良くなります。これはフレームサイズにもよりますが、フレームサイズが大きいバイクに対して26インチホイールはどうしてもアンバランスになりがちです。(個人的にはそのサイズ感、バランス感も好きなのですが。)
それが27.5インチになる事によりバランスよくなります。
 
デメリットとしては、スタンドオーバーハイトが多少上がってしまうことと、あと個人的にはフェンダーの取り付けぐらいでしょうか。 タイヤとブレーキ本体、タイヤ上部に張られるブレーキワイヤーのクリアランスが少なくなるため、タイヤサイズによっては装着が厳しくなる可能性もあります。 しかしながら、それを差し引いてでも650B化してみるのはものすごく面白いと思うのでおすすめです。 ロングホールトラッカーにThe Homageを履かせて、新たな冒険に出掛けませんか?
 
【Paul Component x SimWorks】
THUMBIES for microSHIFT/サミーズ フォー マイクロシフト
¥9,800(税抜)

 
ご購入はこちら

 
そしてもう一つは、サミーズ フォー マイクロシフト。
 
サミーズはと言えばシマノのバーエンドコントロールシフターを使い、サムシフターとして使う事の出来るアイテムなのですが昔から存在します。
 
では一体何が新製品なのでしょうか?
 
答えは名前にあります。そうです、サミーズ フォー マイクロシフト。
 
 
シムワークスの取り扱うプロダクト、マイクロシフト社のバーエンド・シフターとシフティング・レバーに互換性をもったサミーズ。 そして本家にはないオープンクランプ式の取付け方法や、より薄く製造された台座のおかげでそのレバー調整に対する自由度が広くなり、メンテナンス性能も格段に向上しています。
 
サーリーのクロスチェックの完成車にはマイクロシフト社のバーエンドコントロールシフターがドロップハンドルに付いていますので、ドロップハンドルからフラットハンドルへのカスタムも、このサミーズを使う事により最小限のパーツ交換で容易に行う事ができるようになります。
 
 
何よりもこの美しい台座に刻み込まれた「P」と「♡」
あなたのバイクをより美しく、豊かにしてくれます。
 
今後もPaul Component X SimWorks の動きから目が離せません!!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

想いを背負う。

 
学生の頃、メッセンジャーをやっていた事もあり、自転車に乗る時のバッグといえば、とにかく質実剛健なメッセンジャーバッグが良いと思っていたし、それ以外には考えられませんでした。 とにかくたくさんの荷物を収めることができて、それでいて壊れにくく、雨に濡れてもお構い無し。 そんなバッグを長いこと使ってきていた中で、「今ではもうデリバリーをする事はなくなったし、日々の通勤や、街へのお出掛け、そしてライドに出掛ける時に必要なものが収まり、出来る限り背負いやすいバッグがあればいいな。」 ライフスタイルの変化に伴い、そう思うようになったのです。
 
 

そんなタイミングで、私はこのバッグに出会いました。

 
 
きっかけは2011年に開催されたオレゴンマニフェストという、小さなハンドメイドバイクショー。 そこでお披露目されたシエロ バイ クリスキングのアーバンユーティリティーバイクはとても豊かな発想によって作られたバイクだなぁと感動したのを覚えていますが、そのバイクにマウントされていたシンプルでありながらとてもクールなサイドバッグの存在感も脳裏に焼き付いており、それこそが、 シエロと同じポートランドでハンドメイドで作られているTruce Designs/トゥルースデザインズ のバッグとの初めての出会いだったのです。
 

Truce Designs – Japanese from Truce Designs on Vimeo.

 
サイクリングやトレッキングに加え、セイリングやサーフィン等、ありとあらゆる外遊びを楽しむルーク・マザーズという男によって作られるトゥルースのバッグの中でも代表的なドロップライナーバックパックは、まさに私たちが望んでいた日々の生活や様々なアクティビティにおいてとにかく背負いたいと思わせるものでした。
 
セイルクロスと呼ばれるヨットの帆に使われる生地に着目し、軽くそして強靭で高い防水性も併せ持つバッグは実際に背負ってみると驚くほどに軽くて背負いやすく、正直バッグに対する考え方が変わったのです。 メッセンジャーバッグほどの剛健さはなくとも、十分なタフさを持っているし、荷物もしっかりと入る。 そして驚く程に背負いやすく、背負ったままでも身動きが取りやすいことに驚いたのを今でも覚えています。 以来、日々の生活から、トレイルライド時にはハイドレーションを入れて背負ったり、また釣りに行くときや、NAHBS渡米の際まで、365日背負わない日は無いと言っても過言ではないほどに、とにかく毎日使い続けています。
 

【Truce Designs/トゥルースデザインズ】
Drop Liner Back Pack/ドロップライナーバックパック
41,800円(税抜)〜45,800円(税抜)

 
ご購入はこちら

 
彼はセイルクロスだけでなく、コーデュラナイロンや、強化ポリエチレン繊維を用いたダイニーマデニムといったファブリックに対する飽くなき探究心を持っている反面、ペンドルトンやウールリッチのウールファブリックを用いたバッグも積極的に作っており、それらすべてのバッグの荷室には、ドライスーツに使用される素材を用いています。 つまり、雨の日でも内部が濡れる心配はなしってことです。
 

防水性、耐久性そして軽さの三拍子が揃ったバッグ、遊びという遊びをし尽くした結果として辿り着いた最良の素材を、最良の製法でカタチにする。 このバッグにはそんな情熱が詰まっています。
 
 
それに加えて、スペック至上主義がすべてではないのだと言わんばかりに、ウールの温もりが溢れるバッグも作ってしまうという引き出しに、豊かさを感じるのは私だけでしょうか?
 
手に取ってみて背負った瞬間に、バッグの概念は大きく変わるのです。
ずっと使い続けてきたからこそ言える。 これは良いモノだと。
 
遊びの天才であるルークという作り手の想いが詰まったバッグに、あなたの想いも一緒に詰め込んで、まだ見た事のない景色を見に行きませんか?
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一緒に名城公園を走りましょう!

 
どうも!サークルズのランニング担当のトモヤンです。
 
先週末に愛知牧場で行なわれた東海シクロクロス第6戦に参戦したのですが、思っていたより好成績を収める事が出来て、日頃のランニングの意外な効果を実感しています。
 

 
あと1歩で表彰台に届かないシクロクロッサーの皆さん、ランニング!良いですよ! 
 
といってもこの寒い日々、走り出すのも億劫になってしまう自分がいるのも事実。心当たりがある方もいらっしゃる事でしょう。
 
そんな時に僕はどうするか。誰か一緒に走る人を誘う!←これです。
 
僕は1人でもくもくと走るよりも誰かと走る方が好きなんです。これは自転車にも当てはまる事。会話出来るくらいのペースで走ってますが、何を話してるか思い出せないくらい他愛ない事しか話してないんですけどね。でもそんな時間が大事な気がします。
 
定期的に名城公園と東山1万歩コースを走っていますが、そこまでの移動はもちろん自転車。
 

Bike to… #biketo #altrarunning #patagoniarun #allcitycycles #partybrand

ヒロさん(@htomoda)が投稿した写真 –


 
自転車で現地まで行ってランニングをし、また自転車に乗って帰る。僕のようにこの1連のルーティンが日常になっている方もいらっしゃる事でしょう。
 
というわけで、来週の日曜(2月12日)、僕と一緒に名城公園を走りませんか?
 
朝9時にサークルズに集合して名城公園までライドしましょう。1周1,3kmの名城公園ランニングコースを3周〜5周走る予定です。先にも書きましたが、会話出来るペースで走りますので体力に自身が無くても全く問題なし。走りながらしか出来ない会話もあるとかないとか。着替えなどの荷物は預かりますので御心配なく。
 


 
そして、友田がお送りする今週の入荷速報です。
 
【Altra/アルトラ】 Escalante/エスカランテ ¥16,500(税抜)

 
ご購入はこちら

 
今までのアルトラのシューズとは一線を画す、エンジニアード・ニット製アッパーを用いたオンロード向けシューズは、靴下を履くように柔らかく足を包み込むフィット感に加え、ニット製のアッパーのおかげで軽く仕上がっている全く新しいシューズです。 アッパーに目がいってしまいがちですが、ミッドソールには衝撃吸収性に優れたアルトラEGOミッドソールを用い、快適性を追求しつつも、ソールの接地面積をなるべくそぎ落とし、スピードを意識したシューズに仕上がっています。
 
トレイルまで走りに行く事は無いけど、街でランニングをしている方にはおすすめな一足。 名城公園でも使いやすいシューズですね。 サイズも揃っているので是非店頭でお試し下さい。
 
ランニングについては期日が近づいたらまた詳しく告知します。一緒に走りましょう! みんな来てね〜。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

BIKE TO FUTSAL!!!

 
こんばんは。 ケイタです。
 
近頃寒いです。 朝の通勤時間(朝5時くらい)なんかだいぶ寒い。 それでも家にじっとしているってのがなんだか出来ない僕は、楽しいことがあればすぐに遊びに行きたくなる性分です。
 
去年夏からやり始めたフットサルも今回で7回目。 昔はサッカーに人生を注いでいたと言っても過言じゃないくらい打ち込んでいました。 あの頃よりは動きがだいぶ鈍いですが、楽しい気持ちはあの頃のままです。 むしろはしゃぎすぎなくらい。 僕らの生活圏内の名古屋では自転車での移動が一番ベストであるため、どこに行くにもまず自転車で!という選択肢が思い浮かびます。
 
なのでフットサルもいつも自転車で行くのがスタイル。 日常の自転車とウエアを見るだけでもみんなそれぞれスタイルがあって面白いなって思ったんで、今回はちょっとスナップ撮ってみました。
 
今回は精鋭15人集合。 こんだけ集まるとめちゃくちゃ盛り上がります。
 
 
まず僕ですね。 普段の通勤バイクHUNTER CYCLESのクロスに、フットサルのときはパタゴニアのインナーウエア、ランニングパンツでやってます。 ナイキのフットサルシューズが派手です。
 
  
のぶくんはディーパーズウェア上下を着て、トラックバイクで登場。 今回もタイムキーパーありがとう!
 
 
整体師のマサくんはジャイアントのグレートジャーニーに乗って登場。 RAWLOW MOUNTAIN WORKSのBIKE’N HIKE BAGに着替えなどの荷物を詰め込んで。
 
 
加藤くんと友田さんはシングルスピードで登場。街中はシングルが気持ちいいよね。
 
 
サークルズの元ヤンしげはHUTER CYCLESのバイクで街中をブンブン言わせて登場。アスレチックのメッシュジャージがイカす。
 
 
会社員けいくんはSURLYのクロスチェックに乗って登場。フットサルやったままアウター羽織って帰宅って感じ。いつもスタイリッシュだな。僕も背が高くなりたいっ。笑
 
 
サークルズのタカはVICIOUS CYCLESのトラックバイクに乗って登場。ディーパーズのファストパスベイカーを履けばノーストレスで自転車に乗れますね。 そして何よりアリバのオリジナルパーカーが良い。
 
 
守護神ジャスは日常使いのサルサにRALのフロントローダーをつけて、小物類はそこに投入。ちなみに、RAL製品を5,000円以上買うと、ソックスが一足もらえるというキャンペーンも絶賛開催中です。 今回初参加だったけど、マジでキーパーが上手すぎて引いた。 今度は彼から点を取りたい。 花園プレーヤーはやっぱ違うわ。
 
 
今回初参加してくれた安藤さんはトラックバイクにまたがり登場。 こんくらいのラフな感じで参加してくれる方がいるのは嬉しかったなー。 プレーもキレキレでした。
 
 
このサークルズフットサルクラブでも1、2を争う上手さのしょう君。 SURLYクロスチェックに乗って、安定のUMBROウエアで登場。 本当うまいので、いつもボールが奪えません。
 
 

 
それぞれが色んなスタイルでBIKE TO FUTSALに参加してくれてます。2月の寒さを吹き飛ぶくらいの白熱した戦いになりました。
 
また3月が楽しみです。もっと練習してうまくなりたいな。
 
次回は3月8日(水)21時からの予定です。
誰でも参加可能なので、気になる方はスタッフに声かけてくださいね。
 
では!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シッポサキマルマリ

 
題名を見て即座にアヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎を思い浮かべたあなた、立派な伊坂フリークです。 僕はシッポサキマルマリという単語のみが一人歩きして、全く小説の題名が浮かんできませんでした。
 
ボブ・ディランの「風に吹かれて」が最初から最後まで奏でられる物語に登場することばの中でも強い輝き、いや、頭に残る語感であるシッポサキマルマリ。 小説に登場するのは尻尾の先がその名の通り丸まった猫ですが、今日の主役は似ているようで全く違うRINGTAIL/リングテイル
 
いや全然違うじゃんって?
 
 
リングテイルのロゴをご覧になった方にはうなずいていただけると思うのですが、ちょっと渦巻きからそういう模様の動物を想像してしまいませんか?
 
本物のリングテイルはカコスミルと言って、ネコ科ではあるものの近縁なのはアライグマ。 尻尾も真っ直ぐです。 ちなみにリングテイルの名の由来はその大きく真っ直ぐな尻尾の等間隔に走る輪状の模様。西北中米に生息し、RingtailとかRingtail catとか呼ばれているそう。
 
photo by PEEC Nature Center
 
そんな動物の名を冠するカリフォルニアのRINGTAIL/リングテイルより、タイダイ染めされたウインドジャケットが到着しました。
 

【RINGTAIL】Tie Dye Breeze Breaker ¥22,800_(税抜)

 
ご購入はこちら

 
 
Cordura®︎ ウルトラライトナイロンを用いたタイダイ染めのジャケットは丈夫で軽く、ポケットやサドルの下に忍ばせるにはもってこいの仕上がりとなっています。僕は173cm/62kgでMサイズを着用。 少し余裕があるので、中に厚着をせずジャージ一枚で済ませると割り切るならSサイズかな、というサイズ感。
 
 
タイダイ染めという言葉から想像されるド派手な色使いとは一線を画す、青空や曇り空から夕暮れまで様々な空の色の上澄みのような淡いカラーは #teamdreamsunsetchasingteam というハッシュタグを使っていろんな空の風景を眺める彼らならでは。 この模様や色使いは、一点一点紐で縛って手染めをしているため、色合いは似通っておりますが全ての模様が異なります。
 
 
また、ジッパーリボンにはアンティークの生地を使用。 アソートということでしたが、サークルズに到着したものは全てボディのカラーとマッチした綺麗な縦ストライプでした。
 

80gという軽さはそのままコンパクトさに通ずるもので、暑くなったら脱いでジャージのポケットへ、下り坂の前や肌寒くなってきた時間帯にはサッと取り出して羽織ることのできる便利さ。 まだまだこの時期では寒いかもしれませんが、これからだんだん暖かくなっていくと気温の上下が激しくなるので、そんな時のライドにうってつけのアイテムです。
 
 
2月はまだまだ寒い、と思っていましたがこの週末は最高気温も2ケタに乗るようになってきて、陽の当たるところはアウターを脱いでもいいような心地よさになってきましたね。 少し早いですが、空色のジャケットとともに春を感じてみてはいかがでしょうか?
  
 
RINGTAIL/リングテイル、そしてその立ち上げ人の一人でもあるSean Talkingtonが手がけるもう一つのブランド、TEAM DREAM BICYCILING TEAM/チームドリームバイシクリングチームのグッズと併せてどうぞ!!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です