-URAWAZA-

 
ジャっす。
ジャスです。
 
いきなりですがコレ何か分かります?
 
14881328_1175431459202641_852639385_oProblemSolvers Light Mount for Front Racks ¥800(税抜)
 
通常はフロントラックにライトを取り付けるためのマウントなのですが、今日はこいつを使って「あの悩み」を解消したいと思います。
 
今回はサーリー ディスクトラッカーを使ってご紹介しますが、シートステーブリッジにアイレットがあって、ディスクブレーキかVブレーキ仕様の自転車なら対応できると思いますのでお試しあれ。
 
14895598_1175431482535972_499984199_o 
はい、僕も使っています、このサドルバッグ

【PorcelainRocket】VERA/ポーセリンロケット ヴェラ ¥17,000(税抜)

7~13リットルもの容量を誇る大型のサドルバック。
もはや、ロングライドやキャンプツーリングには欠かせないアイテムとなっていますが、1つだけ気になるのが、リアライトが付けにくいと言う事。
なんせデカいので。
 
14894666_1175431395869314_1015594075_o 
そんな時はこいつをシートステーブリッジに取り付けます。
あとはライトを取り付けるだけで完成。
 
14907834_1175431352535985_2145943182_o 
リアライトはキャットアイのRAPIDシリーズがオススメ。
角度が付けられるフレックスタイトブラケット(SP-11)が付属しているので、ライトを水平にもっていけます。 このブラケットは優秀ですね。
 
14881304_1175431319202655_1588720520_o-2 
今回ご紹介したのは、ほんの一例。
まだまだ色々なアイデアもってます。
ライトの取り付け以外でも、何でもご相談下さいね!
 
諦めたらそこで試合終了ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RAL by DEEPER’S WEAR
DEFENDER SHIRT

 
14881631_1378249588859426_1544304162_o 
冷たい風に、ようやく秋の訪れを感じらえるようになってきた今日この頃、ちょっと暖かいウェアに袖を通したくなってきましたね。
 
毎日、自由気ままなカジュアルなスタイルで過ごす僕たちが、何気なく手にして羽織ることができるもの。 T-シャツの上からでもよくて、ボタンダウンシャツやシェンブレーシャツの上からでも、もちろん寒さが増してくればちょっと厚手のカットソーや冬用の温かいウェアの上にも羽織ることができるもの。
 
また、サーリーやサルサといった自転車を毎日の生活に落とし込み使用している僕らが好むウェアは、やはり自然と、どこかアメリカの無骨な匂いがほんのり香るもの。 伝統的なアメリカのハンティングジャケットなんかでも使用されていた大きな格子柄が特徴のバッファローチェック、今ではカジュアルウェアの定番の柄としても長く愛されており、もちろん僕らの大好物でもあります。
 
そんなシャツとしてもアウターとしても気軽に使え、ちょっと土臭さの感じるウェアが欲しいという思いを、夏のFAST PASS SHORT / ファストパスショーツでもお世話になった、盟友DEEPER’S WEAR / ディーパーズウェアさんに伝え、カタチとなったのがこのDEFENDER SHIRT / ディフェンンダーシャツ
 
もちろん僕たちがリクエストしたからには、自転車が毎日の相棒となっている人に好んで着てもらえるようなものになっていて、ガシガシに着込んで、生地がクタクタになってきたってそれでも迷わず袖を通せる質感のものに仕上げてもらいました。
 
dsc_6799

– RAL by DEEPER’S WEAR – 
DEFENDER SHIRT

¥16,000(税抜)

カラー : カラシ, エンジ, アイイロ
サイズ :  3,  4,  5,  6
(※サイズ感についてはWebshopのサイズ表記をご参照ください)


 
dsc_6886
自転車に乗る人達が、これからの時期に着るウェアにはもちろん暖かさが必要だけれども、常に体を動かし自ら発熱しているのでそれがすぎてしまうのは禁物。 今回使用している生地は、裏側がうっすらと起毛されたヘビーフランネル生地。この生地が適度な暖かさを提供してくれます。 また、冬場自転車に乗る時の最大の敵となってくるのが冷たい風。 それを防ぐためこのシャツには前身頃にだけ裏地が貼られ、更にその内側には薄い保温シートが備えらえているので、前身頃にはプラスαの暖かさを与えてくれます。
 
dsc_6883
ハンドウォーマーポケットは、自転車に乗っている時に使うシチュエーションはあまりないですが、冷たい空の下では何かと手を温めたくなるもの。 あるとやはり重宝するのです。
 
dsc_6865dsc_6836
自転車に乗る時はもちろんですが、それ以外の日常でも気軽に使えるのがこのディフェンダーシャツ。 ぜひ、秋から冬が去る頃までの皆様のワードローブに加えて下さいね。
 

お買い求めはWebshopから!

– RAL by DEEPER’S WEAR – DEFENDER SHIRT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

冬を快適に過ごすために。

 
気温が低くなった今日この頃。今朝も肌寒さを感じ、天気予報の気温を見れば、最高気温は20℃を下回り、いよいよ寒い時期がやってくるなと思いながら通勤してきました。
 
もし私が、夏か冬どちらが好きかと問われると、迷わず冬と答えます。
 
それは私自身が根っからの暑がりだというのもあるのですが、澄んだ空気が素晴らしい景色を見せてくれたり、なにより寒い中で自転車を走らせると次第に身体が温まり、血の巡りを感じると同時に、生きていることを強く実感できることができるから。
 
冬こそ自転車乗りにとって素晴らしい季節。 だから冬のライドが好きなのです。
 
そんな冬を過ごす上で大切なのもの。 それは温かいジャケットだったり、グローブだったり様々ですが、実は一番大事だなと思うのが、肌の上に着るベースレイヤー
 
DSC_2521 
最初の10分は寒くても、走り出すと身体は温まってくる。 加えて気候条件の変化や、登っているか下っているかでもライド中の体温は変化が大きいです。 そんな中で快適に過ごすためのベースレイヤーを、人力リコメンドにてまとめています。
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-22-43-26 
メリノウールや、特殊な化学繊維を用いたものなど、用途や対応気温によって様々ですが、
 
・汗をかいてもすぐ乾いてくれる
・肌にピタッとまとわりつくようなストレスがない
・保温性を備えている
・汗冷えしにくい
・着心地が良い
・匂いが気にならない
 
など、それぞれに特徴があるベースレイヤーを厳選しました。 サイクリングジャージのベースとして機能的に作られたものから、普段着のベースとしても気軽に使えるものまで、あなたの使い方に合う一着が見つかるはずです。 サイクリングジャージなどその他のウェアと比べて気軽にお試し頂けるものが多いので、冬支度で迷っている方は、快適な冬を過ごすためにまずベースレイヤーから試してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Think about Daily…

 
 
毎日使う道具だからこそ、良いものをできる限り長く使いたいと思うのは、自転車だって、身にまとう衣服だって、みんな一緒。 そしてそれを誰がどんな環境で作っているのかを知っていれば、その気持ちはより強いものとなるって信じています。
 
 
Strawfootベルトは、僕にとってまさにそんなアイテム。 かれこれ何年くらい使っているだろうか、正直思い出せませんが、こうして比べてみると、その変化がよくわかる。たかがベルトかもしれませんが、色んな思い出が詰まっています。
 
strawfoot dailybelt【Strawfoot】 Daily Belt/Heart and Arrow ¥12,000(税抜)
 

strawfoot_dailybelt_natural strawfoot_dailybelt_brown strawfoot_dailybelt_black

 
そんなストローフットシムワークスの共同傑作、デイリーベルトがこのたびリニューアル。 シンプルな真鍮のバックルと、程よい厚みのレザーを用いたベルトに、お馴染みのハート&アローのロゴが刻印され、新たな装いでのリリースとなりました。 その名の通り、とにかく毎日使い込んでその変化をお楽しみ下さい。
 
strawfoot yenwallet【Strawfoot】 Yen Wallet ¥6,800(税抜)
  
strawfoot_yenwallet_all 
そしてこちらは、ストローフットの十八番であるワックスドキャンバスを用いたイェン・ウォレット。 このワックスドキャンバスもレザー同様に使い込む中での素材の表情の変化を楽しむ事ができるアイテムです。
  
シムワークスチームとギャレットがディスカッションを続けて、日本のお札に最適化したサイズを実現しています。お札や小銭、そしてカードといった必要最低限のものを収めることができる小振りなサイズ感で、パンツやバッグのポケットにすっきりと収まるだけでなく、ジャージのポケットにも忍ばせやすいのでライド時の財布としても使いやすくなっています。
 
 
サンタクルズに拠点を置くギャレット・カウツ。 もともと自転車屋でのアルバイトも経験していた彼は、本物と言われる自転車乗りでもあります。 自らの手を動かすことで、より自分の好きな事や自分ができる事を形にしていこうと探求したいった結果、現在のストローフットでのカバン作りというキャリアに巡り着いたのです。
 
とても豊かで繊細な感性と製品を作り上げるということに対し高い意識を持った彼。 ”上質な生地、素材を用いた機能的で丈夫なモノ造り”をモットーにして、彼の小さな工房では、可能な限りアメリカ国内の材料を用いて伝統的な製法でコンパクトに生産する事の意味を大切にしながら、日々モノ造りが行われています。
 
日々、身近にあるものだからこそ、丈夫く、そして長く愛せるものを使いたいですね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未知のベルにOh,Yeah!!

 
お昼過ぎからシトシトと雨が降っている名古屋に、ピーンと澄み切った音色が響きました。
 

 
防水性やスマートな見た目のライトで有名なKNOG/ノグ。彼らのモットーは、手に取った人が「Oh,Yeah!!」と思わず声にしてしまう感動を届けること。全てのモノに完成などなく、どこかに退屈な面白くない部分があるんじゃないか?もっとチャレンジ出来るんじゃないか?と常に革新的な姿勢でデザインをしています。
そんなノグが、自転車のベルが誕生してから140年間変わることのなかった、ドーム型という常識を覆してきました。
 
dsc_7222-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ノグ Oi Bicycle Bell
¥2,300+Tax

 
カラーはCopper、Brass、Silver、Blackの4色。
今回入荷したラージサイズは直径23.8mmから31.8mmに対応しているので、少し太めのフラットバーからドロップハンドルまで取り付けることが出来ます。ハンドルにピタッと収まる幅わずか15mmのリング形状のベルは、どんな自転車にも合うと思います。そして少しばかり主張するかのようにキラリと輝きます。
 
dsc_7231-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
 
気になる音色はこんな感じ。
 

@knog のOi Bicycle Bell、気になる音色はこちら♪ #circlesjapan #knog #1回スカッたよ

A post shared by circles (@circles_jp) on

 
澄んでいて、それでいて芯の通った音は素材とベルやハンマーの形状を何度もテストを繰り返して辿り着いたとのこと。ピーンと弾くとしっかりと耳に届き、そして前方に響きます。
 
ノグならではの外側のフォルムや音色に目(と耳)が行きがちですが、ちょっと待って!ノグがそれだけで終わらせる訳がありません。ラージサイズには内側にアウターケーブルを逃がすための窪みが設けてあるんですよ。
 
dsc_7229-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
 
見た目も取り付けるのもスマート。Oh,Yeah!!と言わざる得ないアイテムですよね。
店頭ではもちろん、WEBショップでもお買い求め頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What about SHIN FAB’s ATB?

  
ジャっす! ジャスです。
先に言っておくと、今日はボケないです。
おふざけしません。
フリじゃないです。
 
先日、山伏トレイルに行ってきましたブログを書いた所、トレイルを思いっきり走ってみたいと言うお客様のご来店が多かった先週末。
ですので今日は、山バイク初心者の方から、数々のバイクを乗りこなしてきた方まで、満足して頂けるハンドメイドフレームのオールテラインバイク(ATB=全地形対応型自転車)のご紹介。
 

20161022-29SHIN 650B ATB size S ¥315,000(税抜)

 
最近サークルズブログで登場回数の多いShin・服部製作所のフレームをベースにおすすめパーツで組み上げたコンプリートオールテラインバイク。
登って、下れるハードテイル。里山ライドからパークライドまで、この1台で楽しめます。
 
20161022-32
足回りはSRAM NX 1×11
フロントシングル、リア11速のパイオニアであるSRAMより、今年発売されたコンポーネント NX。
 
自分も7月に参加したOMMバイクではこのコンポーネントを搭載したバイクで白馬の山々を駆け巡りましたが、シフティングの軽さとワイドレシオな11速の安心感で、登りが苦手な僕でもスキー場の登り斜面をぐんぐん登って行けました。
 
20161022-36
フォークはX-FUSION VELVET。
FOX、ROCKSHOX、に続くサスペンションフォークメーカーX-FUSION、コストパフォーマンスの良さと、お値段以上の仕事をしてくれる性能で上位メーカに負けず劣らず人気のサスペンションフォーク。
130mmストロークで下り、ガレ場のセクションでしっかりとライダーを支えます。
 
20161022-30
ヘッドセットは「いつかはキング」を「いきなりキング」でCHRIS KING。
コックピットはSimWorks by NITTO RHONDAにハンドルはHUNTER SMOOTH MOVE、グリップはWTB MOTO で文句無しの組み合わせ。
ブレーキは万が一のトラブルにも修理、そしてメンテナンスが容易であるようにと安心設計されている、SHIMANOのDEOREで間違い無し、問題無し。
 
20161022-31
リムはVelocity BLUNT SS、タイヤはMAXXIS ARDENT
こちらは僕の鉄板組み合わせ。 ちなみに自分がいつもダートジャンプで使っているATBのリムもVelocity BLUNTシリーズ。 体重90キロの僕が飛んでも転けてもビクともしない強度ばっちりなスーパーリム。
MAXXIS ARDENTは大きくデザインされたブロックパターンでコーナリング時のハイグリップを約束し、間隔の開いたトレッドセンターはブレーキング力のアップと泥詰まりの軽減に貢献します。
 
SHIN 650B ATB 自信を持ってオススメできる1台です。
ちなみにこのATBは165cm~175cmぐらいの方が適応身長となります。
 
20161022-37
現在同じ使用のフレームでMサイズもストックしております。 (トップチューブ長水平換算:605mm / シートチューブ長:450mm)
こちらは170cm-180cmぐらいの方まで適応します。
是非ご相談お待ちしております!
そして一緒にトレイルで遊びましょう!!
 

ちなみにこちら、先日シェイクダウンを果たした僕のNEW BIKEのSHIN。
下りを中心に考えた650Bハードテイル・ATBを簡単にご紹介! (余談ですがATBのメッカ、ベイエリア的にはファンデューロなんて呼ばれています。)
 
20161022-13

-BIKE SPECS-
Frame SHIN・服部製作所 ATB
Folk ROCK SHOX PIKE 160mm
HeadSet Chris King inset7 GOLD
Crankset RACE FACE AEFFECT 32T
Brake SHIMANO SAINT
Brake Lever SHIMANO SAINT
RD SHIMANO SAINT
CS SHIMANO SAINT 11-32
Rims Stan’s NOTUBES FLOW EX 32H
HUBS Chris King ISO GOLD
Spokes DT Swiss Champion
Tires WTB BREAKOUT 2.5
Handle RACE FACE SIXC35 20mm RISE
Stem RACE FACE CHESTER 50mm
Seatpost ROCK SHOX REVERB
Saddle WTB HIGH TRIL PRO

ちょうど1年ぐらい前に晋君に「フレームを作ってもらいたいなー」と話をしてから構想と妄想を繰り返し、「こんなイメージで作りたい。」と伝えたのが今年の5月。 それから2人でイメージを伝え合い、図面を引いてもらい完成したこのバイク。
 
どんなトレイルも走破できるようなドリームバイクが出来ました。
後は僕のテクニック次第ですね???
 
若干寝かせたスラックなヘッドアングルに、160mmストロークのサスペンションフォークと2.5inchのタイヤを履かせ、下る事をメインに設計しましたが意外や意外、下りはもちろん登りもしっかりと進んで行くのには正直びっくりしました。
これから始まるトレイルシーズン、どんどん乗り込んで行こうと思います。
 
20161022-1
こんなスペシャルオーダーATBのご相談も是非おまかせ下さい。
どんな地形も走破できるオールテラインバイク。
自転車の楽しみ方がまた1つ、増えますよ!
 

JUSでした。
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bike To…

 
秋の気配がどんどん加速していき、街を走れば金木犀や、銀杏が香る。 日が暮れていくのもどんどん早くなっていき、冬へと少しずつ変化している。
 
僕らといえば、もっぱら自転車のことを考えている。 この季節だからあれ着て、これを履いて。 去年買ったお気に入りのパーカーにも久し振りに袖を通す。 短パンの季節も終わり、当たり前に長いパンツを履いている。 季節が変わっていくことを楽しみながら、僕らのなんてことのない日常を彩ってくれるのはやはりいつも自転車だ。
 
サークルズに出会い、自転車を知り、遊ぶようになってもう直ぐ10年も経つ。 初めてピストバイクを手に入れて街中を爽快に走っていくあの感覚。ドキドキが止まらなかった。 毎日少しでもいいから自転車に乗り、外の空気を大きく吸い込むのが楽しくて、どこまでも行けるって感じた。
 
そして10年の月日の中で、いろんな遊びをする。 ロードバイクなんか絶対乗らないわ。って思っていた自分も今では休みの日の一番の楽しみな過ごし方になりつつある。(笑)
 
最近は10年経つということもあり、いろいろ初心に返るっていう気持ちになる。
 
僕らの住む町は、どちらかといえば名古屋の都会の中に存在し、何も不便もない。 電車だろうが、地下鉄だろうが、車だろうが何でも便利に使い分けれる。
 
それでも僕らはいつも「自転車」を選択してきた。それは何だかとても自由に感じるから。
 

フットサルに行くのも「自転車」。
 

HMRC vol.95 #hisayaminamirunningcircle

A post shared by ヒロ (@htomoda) on

金曜朝のHISAYA MINAMI RUNNING CIRCLEにも「自転車」。
 

ボルダリングに行くのも「自転車」。
  

気になるコーヒーショップに行くのも「自転車」。
 

さてフットサルいくか。みんなまってます!#biketofutsal

A post shared by アーリーバーズ 店主 (@keita_earlybirds) on

美味しい台湾料理を食べに行くのも「自転車」。
 

友人の結婚式に行くのにも「自転車」。
 

海外旅行へ行くときにも「自転車」を取り入れる。
 

仲間が来たら街を「自転車」で案内する。
 
「Bike To …」
 
それは何も特別ではなく、ただただ日常的なこと。
 
そして来週は最近月一ペースでやっているフットサルです。
 
RAL COMMUNE PRESENTS Bike to FUTSAL
 
・日時:11月1日(火)21時〜
・場所:フットサルアリーナ名鉄神宮前

 
みんなで楽しくワイワイやれればそれがいいと思っています。 興味がある人は是非是非思い切って参加してみてください。楽しいですよ。
 
僕らはもちろん自転車で行きます。
 
よろしくどうぞ。
 
アーリーバーズ ケイタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャットアイのライトのすゝめ。

 
秋も深まってきて、ライドが楽しい時期になりましたね。
こんばんは、ナベタクです!

先日のブログで紹介されていた久屋南ランニングサークルは僕にとって走るきっかけをくれたグループランです。

みんなで走ると楽しいですよね。
 
自転車も同じく、みんなで走ると楽しいです。私事ですがCRC(サークルズレーシングクラブ)モーニングライドを毎週日曜日の朝に開催しております。
 
前回は瀬戸のグラベルをつないでライドをしました。
練習は嫌いだけどライドが好きな僕ですが、シクロクロスのレースで戦える原動力は、こういったみんなでわいわい走るグラベルライドなのかもしれません。
 

愛知には、いいグラベルあり〼。 #circlesjapan #crcmorningride #outsideisfree #gravelgrinder

Watanabe Takutoさん(@nabetak100)が投稿した写真 –


普段はロードバイクでしっかりライドがメインですが、たまにグラベルや、ピクニックライド、はたまた100kmを超えるライド等、バリエーションを増やしながら今後も開催していきます。
 
ライドの詳細はCircles Racing ClubのFacebookページで告知しておりますので、ご参加お待ちしていますね!
 
さて、先週の木曜日のお休みはチャリ研4周年イベントで行なわれたスペシャルオークションでCieloを落札したお客さんとその友人を交えたシェイクダウンライド。もといナベタクライド。


 
新城から茶臼山に登って降りてくるルートを構築。途中ガーミンのバグでログが途切れてますが、123km/2000UPのきつめの設定。今回車を止めさせていただいた新城の道の駅は、新東名新城ICからすぐなので便利です。
 
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-24-14-14-55
Cieloをシェイクダウンしたお客さんは、今回カーボンロードからの乗せ替えでしたが、スチールフレームのしなかやで安定感のある乗り心地のおかげもあり、ライダーを今まで走ったことのない険しい道へと連れて行ってくれました。
 
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-24-14-36-04
厳しい登りを一歩一歩ペダルを踏み込んで上がった標高1200m付近は秋の景色が広がっていました。
 
登ったご褒美の長い下りは路面も綺麗で、極上のワインディング。ですが、あまりにも楽しみすぎて気づけば真っ暗。
 
そんな時に役に立ったのが、常備しておいた300ルーメンのライト。自分はどんなライドに行く時でもライトは常備するようにしています。気持ちの良い道は、大抵街灯が少ないものですし、何があるかわかりませんからね。
 
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-24-15-03-51
キャットアイのVOLT300を2年前からずっと使っています。
 
_mg_2010
メッセンジャーの頃も毎日使っていたし、この前のRIDEALIVEの東京〜名古屋キャノンボールの時も使っていました。もっと明るさが欲しいのでそろそろ買い換えてもいいかなと思っていますが、もし替えるなら次もキャットアイのVOLTシリーズを考えています。
 
_mg_2020
【CATEYE】 Volt400 9,180円(内税)
【CATEYE】 Volt400 / 急速充電クレードル+カートリッジバッテリー 11,880円(内税)
 
僕が使っているVOLT300が数年前にアップグレードされ、VOLT400に。
 
このモデルの良いところはなんといっても、専用のリチウムバッテリーを買うことにより、電池式の利点であるバッテリー交換ができるところと、USB充電モデルのハイパワーさを両立している所にあります。この利点を生かすなら充電クレードルキットとバッテリーのセットのご購入をオススメします。
 
さらにハイパーコンスタントモードという独自の点滅方法を持っており、点灯モードに点滅機能をプラスし、路面の明るさをしっかり保ちながら自転車の存在をよりアピールできるという、これまたいいとこ取りな機能を備えています。
 
50ルーメンのローモードなら常時点灯で18時間、ハイパーコンスタントモードで11時間、点滅で60時間と電池の持ちもピカイチです!
 
_mg_2022
【CATEYE】Volt800(充電池モデル) 17,280円(内税)
 
さらに上位モデルのVOLT800。
 
こちらは800ルーメンのハイモードで2時間、200ルーメンのローモードで8時間と持続時間よりも点灯のパワーに寄せているモデルですが、予備バッテリーを持っていれば点灯時間は2倍になりますので心配はいりません。
 
お値段もハイパワーですが、備えあれば憂いなしということで、自分はこのモデルにアップグレードを検討中。
 
これさえあれば、これからの時期、陽が昇る前からライドに出掛けて、陽が暮れるまで走るロングライドに行っても時間に追われず安心できそうです。
 
_mg_2025
【CATEYE】Volt100XC 3,240円(内税)
 
街乗りにぴったりなモデルも用意している懐の深いキャットアイ。
 
VOLT100XCはその性能とコストパフォーマンス、小さいボディが魅力のライト。100ルーメンの点灯で1時間、同じく100ルーメンの点滅で5時間と、街中をちょっとそこまで走るなら十分な性能。それでいてお値段¥3,000-(税抜き)なので、街乗りバイクのファーストチョイスにオススメしています。
 
_mg_2029
【CATEYE】Volt200 4,860円(内税)

もう少し持続時間が欲しい人にはVOLT200。200ルーメンの点灯で2時間、50ルーメンの点灯で6時間、点滅では30時間となり、さらにVOLT200から取り付けのブラケットがその他の上位モデルと共通になります。
 
キャットアイのライトをすでに使っていて、数台の自転車にライトを付け替えるのが面倒だな、と思っている人にオススメです。
 
_mg_2031
キャットアイのパッケージの好きなところが、ディスプレイの段階で試しに光らせることが出来るところなんですよね。やっぱり実感してもらうのが一番、だけどそれができない人もいるのでWebshopでもお買い求め頂けるようにしました!
 
他にもノグやブラックバーン等、他メーカーのライトも用意しておりますので、ライトのご相談お待ちしてます!
 
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-25-21-10-16 
明るいライトでセーフティライドしましょう!

本日もお足元の悪い中、ご来店ありがとうございました。
明日もご来店お待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です