何かを追い求め。
何かに研ぎ澄まされ。
何かのためだけに存在する。
限りあるものは、美しい。
世界のほとんどに、対応できないし。
世界のほとんどで、必要とされない。
でも、でも、でもね。
だからこそ、好きなんだな。
こんなのがさ。

SSCXWCスペシャルバイク。
RALEIGH typeSSCX ¥126.000-
シングルスピード仕様だから、ギヤつかないし。
泥除け付けたくても付かないし、キャリヤも無理。
でも、だからこそ輝く何かがある。
ねえ、輝き感じてる?
どこが輝いてるって?
例えばここ。

スペシャルの証。
ほかにもさ、こことかね。

SSCXを考え抜いたから、この形。
素敵でしょ。
ちょっと解りずらい?
気になる?
気になる方は、お店に来てね。
たっぷり説明します。(30分は、確実)
研ぎ澄まされてる割には、茶目っ気もたっぷり。
ヘッドマークは、こんな感じ。

SSCXのマスコット。
かわいいでしょ?
で、うちのマスコット。

かわいい。
それでは、みなさんごきげんよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フレキシブル。


corima flexible valve ¥1570

こんな人や、

最近空前の徒歩ブームなこんな人や、

こんな人が喜ぶアイテム。
ただのエクステンションバルブじゃないんです。
うねうねフレキシブルに動いてくれる。

そう、ディスクやバトンホイールにとっておき。
来年のbang-kingではこれを必要とする人が
もっと増えるんじゃないかと思っている今日この頃。
shige

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3RENKYU

どうも。3連休の初日いかがお過ごしでしょうか。
東京では今日からBFF(BICYCLE FILM FESTIVAL) が始まっていますね。

Filmの上映だけでなく、他にもショップとコラボの展示等イベント盛りだくさん。
ぜひ足を運んでください。
そして今日はタイヤのお話。

Panaracer Pasera アメクロ 700-28C,32C,35C ¥2400
うちの売れ筋。クラシックな雰囲気にしたいあなたにおすすめ。
値段、機能的にもバランスのとれたタイヤです。
今なら太めの32C,35Cも揃ってます。

Panaracer Pasera BL Color (ivory&glay) 700-23C,28C ¥2730
こちらも売れ筋。東京は初台、某Blue Lugさん別注パセラ。
これを履くだけで愛車が様変わり。
今まで履けなかった人に朗報。700-28Cに加え、23Cも入荷。

Vittoria Zaffiro BL All Green 700-23C ¥2520
Panaracer Pasera BL trico 700-23C ¥3990
こちらも某BLさん別注。トリコロールの次は日の丸とか出たり。(笑)

Continental Sport Contact 700-28C,32C ¥3570
クロス車向けスリックタイヤ。
転がり抵抗を抑え、耐パンク性能もなかなか。
独特のパターンは水はけ良好。ピストのリアなんかにもよさげです。
shige

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ALPE D'HUEZ

地図好きなわたくしですが、
等高線とか見るとドキドキするわけで。
なので、これにはドキッとせざるを得ないわけで。

BROOKS TEAM PRO ALPE D’HUEZ ¥20050(black,honey,brown)


ツールドフランスの山岳ステージALPE D’HUEZの等高線が描かれた
スペシャルなモデル。

箱もスペシャル。
これを等高線だかなんだかわからなくなるまで使い倒してください。
ご好評頂いておりますチャンプグリップも再入荷。

champ grip ¥1050
shige

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ALPE D’HUEZ

地図好きなわたくしですが、
等高線とか見るとドキドキするわけで。
なので、これにはドキッとせざるを得ないわけで。

BROOKS TEAM PRO ALPE D’HUEZ ¥20050(black,honey,brown)


ツールドフランスの山岳ステージALPE D’HUEZの等高線が描かれた
スペシャルなモデル。

箱もスペシャル。
これを等高線だかなんだかわからなくなるまで使い倒してください。
ご好評頂いておりますチャンプグリップも再入荷。

champ grip ¥1050
shige

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ぽ・ぽ・ぽ・ポートランド。
アメリカ国内に二つ。
オーストラリアに1つ。
同名の街があるほどありふれた名前の街です。

でも、この街の自転車事情は、ちょっとありふれてないです。
人口 約55万人。
ちなみに名古屋は約220万人。
単純に考えれば、名古屋の方が、走る自転車の数、多そうな気がします。
でも、僕の主観になりますが、明らかにポートランドの方が、数倍の自転車人口がいる気がします。
なにが、この自転車軍団を支えているでしょう?
街のシステムが、とても自転車生活に優しく出来ている。
それが答えだと思います。
例えば、街中には、たくさんのバイクレーン。

日本にある街中のやたら走りずらいバイクレーンと違い。
街の市外へも中心地へもスムーズに移動できるように作られてます。
郊外からの移動でも、街まで走る公共交通機関には輪行しなくても、そのまま乗せられます。
このように。

バス、電車、路面電車。
すべて同じように乗せられます。
そして、着いた先には、必要な駐輪場。
どこにもでも、少しずつあるんです。
例えば、ビルの下。

例えば、スープの美味しいカフェの前。

例えば、本屋さん。

一箇所に大量の駐輪場は、ありません。
でも、少しずつ、少しずつ、どこにでもあるんです。
お店によっては、お茶目な駐輪ラックもあります。

某有名人のお言葉が書かれていたりね。
でも、知らない街をいきなりチャリで移動。
プチ方向音痴には、不安がつきまといます。
でも、この街は大丈夫。
いろんなお店に、地図があるんです。街中の。

この地図には、バイクレーンの在りか。
水場。
バイクトレイル。
有名観光地や街中のオブジェ。

こんなのとか。
自転車屋さんの場所などなど。
必要な情報が満載されてます。
しかも、ただ。無料。
あ~~~、素敵。
この地図を使えば、知らない街でもあっという間に素敵なチャリ屋さんにたどり着きます。

ハンドメイド満載の高級ショップから、

シクロ満載のフレンドリーショップまで、いろんなところに行けます。
チャリ屋さんに個性があるように、
街にも個性がありますね。
だから、「名古屋もこうなるべきだ」とか「こうしなきゃいかん」とか、そんなんじゃなくて。
自転車と車と街が、静かに共存してる街が世界にはあって。
みんなが、「行ってみたいな~」とか「走ってみたいな~」って思ってくれたら嬉しいです。
世界は、すぐそばにあるんだから。
makoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

まいど。
1週間ほど、姿をくらましていたマコトです。
フラフラ病が、発祥してフラリ出かけておりました。
どこへ?
アメリカ、ポートランドまで。
世界の隅っこで開催されたドロドロ特殊イベントに出場しておりました。
その名も
「Singlespeed Cyclocross World Championships 2009」
略して、SSCXWC。

シングルシクロの世界戦。
奇跡の変態イベントです。
天候は、雨。
気温、十度台前半。
体調、風邪。
この条件だけで、ドキドキします。
そう、ドロドロの予感が。
素敵でした。
そう、こんな感じで。

かるくBBまで浸かります。
最高でした。
外国まで出かけて、泥遊び。
これ以上の贅沢があるんでしょうか?
僕には、他に考えられません。
ギザ最高です。
当日は、オレゴン州のシクロレースも行われ、老若男女、二輪車から一輪車まで、入り乱れておりました。
一輪車?
ハイ、一輪車。
こんな感じ。

いい大人が、どろどろのコースを、モリモリ一輪車で漕いでおります。
参加者も、20~30人は、います。
これが、きっとHappy Life。
レースでは、一輪車のカテゴリーもちゃんと用意され(しかも2つ)、市民権を得ています。
世界いって広いね。
日本じゃ、まだまだ超マイナー競技のシクロクロスですが、海を渡れば大人気。
各カテゴリーのスタート前。

100人以上います。
男子は、3クラス+年齢別+初心者などなど。
女子も同じくらい。
つまり、1日で1000人ぐらいが参加してる。
すごいでしょ?
僕は、すごいと思います。
でも、最初は、きれいな芝生コースも、

1000人も走れば、ドロドロツルツル。

スパイク付いてても滑って滑って、登るの大変です。
こんなコンディションでも子供は、楽しそう。

ケタケタ言いながら、一生懸命走ります。
転んで泣く子もおりません。
みんな楽しそう。
これが1番。
女子は、1番雨のきつい時間です。

それでも、くじけないし凄く速いです。
ホレボレします。
SSCXWCは、スタート4時。
参加してたので、写真が無いのが申し訳ないです。
日もとっぷり暮れて、レースが終われば、後は、お祭り。
どこかで見たような、ダンスダンスダンス。

こんな素敵な1日。
また、行きたい。
また、行こう。
世界には、一杯きっとこんなイベント一杯だから。
追いかけよう。
makoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グッときた。

42mmのディープリムでお馴染みのH PLUS SON に
30mmのリム(32H)が登場。

gloss black ¥6300

white ¥6300

polish ¥6820

chrome ¥9970

上からgross black,white,polish,chrome
従来の42mmほどいかつくなくて、ほどほどに。なんて人や、
42mmだと重い。なんて人におすすめ。
良心的プライスにグッときます。
個人的には30mmのみのカラー展開のgross blackにグッときました。
shige

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です