TEKIYA BROTHERS

的屋(てきや)とは、祭礼や縁日の境内、参道において屋台を出して食品や玩具等を売る小売商だ。時代はどんどん進化していくが、いつもの地元のお祭りやお花見に行っても、変わることのないあのスタイルはどこか郷愁的でとても良い。威勢の良い兄ちゃんに半ば無理やり買わされるタコ焼きなんかも飛び抜けて美味いわけじゃないけど、あの感じで良いし僕らはそれを望んでいる。輪投げで手に入れるおもちゃも長年愛するおもちゃにはならないが、あの場所で手に入れれたってことだけで子供の時の喜びの絶頂に達したものだ。
 


 
今や蒲郡に新しい文化を作り上げているガレージコーヒーカンパニーという場所がある。そこで不定期で開催される大人も子供もみんなが楽しめる最高のお祭りが「TEKIYA BROTHERS」だ。
 

 
この遊びの発起人であるカレー屋「サンデースパイス」の島田さんをはじめ、喫茶hirayaの小田くん、麺の樹ぼだいの牧原さん、元コティディアンの西尾さんの4人の兄弟たちでスタートしたこのイベント。
今巷で溢れまくっているマルシェやマーケットにカウンターを当てていくようなスタイルが超魅力的で、その現場の勢いは蒲郡を飛び出したくさんの人の耳に届き、様々な場所からたくさんの人が集まってくる。まさにそこは酒場とかしている。
 

 
ナイトマーケットと言われるガレージに出店しにくる人たちもトッキントッキン、ビシバシ系である。意味わからないと思うがそういうことだ。
ライブペイントもあれば、DJもある。おしゃれって言葉で片付けるには勿体無いほどの個性だ。
 


 
先日公開されたSIM WORKS ART COLLECTIVEからもwashio tomoyuki画伯も参加しに来た。
 
そして2017年一発目の開催から、EARLYBIRDSの僕とKAKUOZANLARDERの丹羽くんも「兄弟」に加入させてもらい、今回参加した。まるでバンドメンバーかのようなメンバー新加入なのが笑えた。
 
細かいことを言っても、しゃーない。とにかく事件は現場で起きている。写真からでもバシバシ伝わって来るこのニューカルチャーをみんなにも感じてもらいたい。
 


 

蒲郡?遠いなー。いや名古屋から40分で着く。
 
火曜日?次の日仕事だなー。いや後悔は絶対しない。
 
終電?早いなー。いや逃したら始発で帰れ。
 
車で行ったら飲めない?飲んだら寝て行け。
 
という勢いで僕はオススメしたい。この場所、ここに集まる人ででしか感じることのできない空間だ。
 
次回6月6日(火)18時から22時 
 
人情酒場へのみなさんのお越しをお待ちしてます。
 
島田さんは言っていた。
 
「まあ、気を使わずみんながワイワイやって、お客さんどうしでなんとかする場面もあったって良いじゃん。」
 
僕もそんな酒場が好きだなって思っている。
 

 
この場所には心震えるな「何か」があると思うんだ。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

修理ピット改装のお知らせ

 
サークルズの南側にあるこの扉が、当日の修理依頼の受け付けです。
 

 

毎日たくさんのママチャリやスポーツ車に修理依頼を頂き、作業にお時間を頂いてしまう事が多くなってきています。
 

修理を待って頂く時間を出来るだけ短くするためには何をしなければいけないかを考えた時、作業を効率良く進められるようにピットのレイアウトの変更が必要になりました。
 

誠に急ではありますが、本日13時まで作業場の改装のため修理ピットを閉めさせて頂きます。
 

修理の受け付けは13時以降に再開致します。ご迷惑をおかけしますが、ご理解頂きます様宜しくお願い申し上げます。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ちょっとそこまで

くらいの感覚でいけるお祭りっていいですよね。


#BikeTo 橋の下世界音楽祭、無事行って帰ってきました!


サークルズより市内中心部を抜け、天白川沿いに北上。
川沿いにはちょっとした未舗装路も登場するのでみんな笑顔に。

ピスト、MTB、クロスバイクと車種は様々でしたが、サドルトークしながら郊外を走り、気づいた頃にはもう豊田大橋が見えてきているわけです。
Soul Beat Asia 2017

到着してすぐに、おきまりの乾杯で。豊田市駅がすぐなので、輪行で帰ってしまえばいいこの気楽さ。

森、 道、市場とはまた違った雰囲気で、いわゆるハレとケのハレの日の雰囲気
橋の下はまるで異世界で、そこには”祭り”の場が広がっていました。
Soul Beat Asia 2017

もちろん”世界音楽祭”というからにはステージも。
あんなに盛り上がって、観客まで一緒に踊り出す阿波踊りというものを僕は初めて見ました。
Soul Beat Asia 2017
ただただ、圧倒されるばかり。
名古屋という、いわゆる大都市のすぐそばで、電車で1時間、自転車で行ったって2時間足らずの場所でこんなお祭りがやっているなんて行かない手はないです。
正直、今年まで行かなかったことを後悔するばかりです。

何にも無いのに何でもある、何でもあるのに何にも無い

という橋の下世界音楽祭を肌で感じることができてよかったです。
今日はケーティが行ってるらしい。

全部あった。最高だ。

アーリーバーズ 店主さん(@keita_earlybirds)がシェアした投稿 –


興味を持った方はぜひ来年、遊びに行って見てください。
とりあえず、僕は来週こっそり#Bike2Saunaへ遊びに行ってきます。

もっと話を聞かせろ!という方は、ぜひ店頭まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bフィットという楽しみ方。

 
言わずと知れたSURLY / サーリーのバイクラインナップに、ロングホールトラッカーと呼ばれるバイクがあります。
 
 
長距離トラックの運転手という名を冠する通り、ツーリングを目的とした長めのホイールベースを持ち、前後にラック+パニアを取り付けても安定した走りをもたらすバイクは、アメリカで最も売れているツーリングバイクという事実があります。
 
26インチホイール(一部大きいサイズには700c設定もあり)+リムブレーキという設定で、その落ち着いたジオメトリー故に、デイリーバイクとしても、里山ツーリングやちょっとしたダートまでをこなすオールテラインバイクとしてもとても懐の深いバイクです。
 
さて、今日はその懐の深さという部分に焦点を合わせてみます。 元サーリーのピーターをはじめ、トレバーや他のスタッフが来日した時に言っていたことなのですが、サーリーのバイクにはAフィットBフィットという考え方が存在するというのを聞いた事があります。
 
Aフィットというのは、いわゆるカタログスペック通りの組み方(完成車もそうですね)を指し、Bフィットとは、サーリーのバイク全般に言えるタイヤクリアランスの広さを活かし、カタログスペックとは違ったインチアップしたホイール・タイヤサイズを履かせる組み方を指します。
 
 
そんなBフィットの一例として、以前は完成車の状態で乗っていたロングホールトラッカーが、球体ペイントによる再塗装+リビルドで生まれ変わった好例をご紹介します。
 
 
まず最初に目につくのは、このタイヤでしょう。 シムワークスバイパナレーサー / オマージュ の650x43Bを装着しています。 26×2.3″ほどのタイヤは余裕で呑み込むクリアランスをもつロングホールトラッカーは、650x43Bのタイヤも呑み込んでしまうのです。
 
しかし、ディスクブレーキを装備したディスクトラッカーならまだしも、リムブレーキであるこのバイクでなぜホイール径を変えることができるのでしょうか?
 
答えはブレーキにあります。
 
 
ポールコンポーネントで古くからラインナップされている、モトライトというVブレーキ、こちらに装着しているのはシムワークスがオファーをして特別に作ってもらったカラーなのですが、このブレーキがもつ、ブレーキシューの取り付け位置をアジャストできる機能により、ホイール径の壁を取り払うことができます。
 
それにより、ロングホールトラッカーのインチアップを可能にし、650Bのオマージュを履かすことができるです。
 
 

 
ブレーキレバーも、ブレーキ本体と合わせてポールコンポーネント / ラブレバーを用い、シムワークスのゲットアラウンドバートムボーイステムでオールテラインバイクとして生まれ変わりました。
 
家の片隅で寝ていたバイクや26インチのバイクなど、旧型スペックながら通勤などで惜しみなく活躍する自転車たちに、このような形で新しい息を吹き込むことができれば、より長きに渡り使い続ける事ができます。 もしくは、小柄な方で、700cのフレームサイズを乗ることが難しい人にとっても良いアッセンブルを可能にします。
 
ひょっとしたらあなたのバイクもBフィットをうまく形にすることができるかもしれません。 どうぞお気軽にサークルズまでご相談ください。
 
 

-BIKE SPECS-
Frame Surly Long Haul Trucker 26″Wheel
HeadSet Chris King 1-1/8″ NTS
Brake Paul Component / SimWorks Motolite
Brake Lever Paul Component / SimWorks Love Lever
Main Group Shimano SLX M-7000
Handle SimWorks By Nittto GetAround
Stem SimWorks By Nittto Tomboy
Rims Velocity Dyad 650B 32H
Tire SimWorks By Panaracer The Homage 650x43B
Rear Rack Surly Nice Rack

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オレゴンより愛を込めて。

 
すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、今私はアメリカオレゴン州ポートランドにいます。
 
 
つい先日もNAHBS2017トリップで行ったばかりではありますが、重大なミッションを果たすべく、再びこの地へ戻ってきたのです。
 
 
シアトルで乗り継いで、ポートランドの空港に着いたのはお昼過ぎ。 先週から雨季が終わり、誰もが口を揃えて最高だと言う時期がやってきたオレゴン、早速柔らかい陽の光がお出迎え。
 
 
空港に降りたって真っ先に向かったのは、手荷物受け取り口からすぐのところにあるバイクアッセンブルエリア。 そう、今回の滞在は約3ヶ月と長い。 ということで、もちろん持ってきましたマイバイク。
 

 
工具や空気入れも完備したバイクスタンドのおかげで、長旅の後にすぐバイクを組み立てて乗ることができるのです。 果てしなく広大な土地をもつこの国では、飛行機が日本でいう電車のような感覚で移動手段として使われ、特にポートランドのようなバイクタウンは、旅先でもライドを楽しむということに対して非常にウェルカムなのです。
 
 
街では、前回訪れたとき以上に多くのサイクリストが通勤や通学と行った日々の生活の中にしっかりと自転車を取り入れています。 この時期にポートランドを訪れるのは初めてですが、正直初日から既に、その過ごしやすい気候の虜になってしまいそう。
 
 
空港から一目散に向かったのは、この場所。 そう、前回の旅の軌跡でも記したように、シムワークスは新しい拠点を手に入れたのです。 そして私の役目はそのバトンをしっかりと受け継ぎ、次へ繋ぐこと。
 
会いたい人も行きたいところもたくさんありますが、3ヶ月しっかりとやってきます。 サークルズとして、シムワークスとして、色んな角度からこちらの様子を伝えて行きますのでどうぞお楽しみにしていてください。
 
 
っていうことで着いた次の日には早速、長旅で鈍った身体を動かすのがタノシムワークス的流儀。 パンプトラック行こうって言ったら、すぐにフルフェイスを被って準備万端待ちきれない蔵よろしく待ちきれない子ちゃんなオスカーの愛娘アディスンを連れて、近所のパンプトラックがある公園へ。
 
 
陽が長く、夜20時近くまで外は明るいので、この時期のポートランドは仕事終わりに気軽にライドに行けてしまう。
 
 
アディスンは父であるオスカーに後ろから追いつかれないように必死。
 
 
今回の襷を繋ぐ(a.k.a シムマラソン)前走者であるマコさんも元気そうで何より。 さぁ、ここから始まる3ヶ月。 終わってしまえばあっという間なのだろうけど、みんなから授かった襷をしっかりと握りしめて走り続けたいと思います。
 
とにもかくにも、みなさま良い週末を!
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今夜のヘッジホッグダイナーと明日のBike to 橋の下音楽祭!!

 
お久しぶりです!
JUSです!
 

 
きたっ!!
今夜のヘッジホッグダイナーはA.cocotto/エーココットのかき氷!!
 
メニューはキウイ杏仁ミルク、黒糖ジンジャーパインにタピオカミルクティー!!
どれにしようか迷っちゃいますねー!
 
そうそう、さっきアリバのケイティーに聞いたら、ここ最近のかき氷フリークは4杯5杯普通に食べるんですって!
すごいですね…さすがのJUSもびっくりです。
 
しかし、今日は限られた時間と席数でたくさんのお客様にかき氷を楽しんで頂きたいというA.cocottoアユちゃんの想いから、1回のご注文でお一人様2杯までとさせていただきます。それでも食べたい人!!1度席を空けて頂き、再度ご注文下さい!
ご協力お願い致します!!
 
もちろん、美味しいお酒や、おつまみもご用意しておりますのでみんなで乾杯しましょっ!!
 

そして明日はBike to 橋の下音楽祭!!
 
無料・投げ銭制で、DIYにより作り上げられる大衆芸術音楽祭。毎年音楽好きやフェス好き、祭り好きだけではない様々な人々のクロスオーバーの場となるのが橋の下世界音楽祭だと言われています。
 
橋の下音楽祭が1番盛り上がる土曜日の夕方に到着予定です!!
距離としては30kmほど、厳しい登り坂のあるルートでもないので長距離乗ったことがない、という方も安心していらしてください!!
 

#BikeTo 橋の下世界音楽祭 2017

 
日付: 5/27(土曜日)
集合: 15:30@サークルズ
出発: 16:00 予定
現地到着 18:00 前後を予定
持ち物:ヘルメット、ライト、鍵、輪行で帰る方は輪行袋
※到着後、現地解散の予定です。
※終演後、スタッフは輪行または自走で名古屋市内へ戻る予定ですので不安な方はご相談ください。
 
それではまずは今晩、ヘッジホッグダイナーでお待ちしております!!
 
バーイセンキュー!!
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bike To 橋の下世界音楽祭!!

 
 
先週のSNEAKS in 森、道、市場の様子がRyota Kemmochi巨匠によってフィルミングされ、先ほどリリースされました!!


HAMBURGER ADDICT – SNEAKS from Ryota Kemmochi on Vimeo.


 
興奮も冷めやらぬ中ですが、昨日のブログでもお知らせした通り、来週土曜日は

#BikeTo 橋の下世界音楽祭

 やります!!

 

とんでもなくて何度も涙ぐんだ。阿波踊り。橋の下。世界一のお祭りだっておもった。

アーリーバーズ 店主さん(@keita_earlybirds)がシェアした投稿 –



無料・投げ銭制で、DIYにより作り上げられる大衆芸術音楽祭。毎年音楽好きやフェス好き、祭り好きだけではない様々な人々のクロスオーバーの場となるのが橋の下世界音楽祭だと言われています。

 

“一般の方は初めて来られたらびっくりするかもですが、一般大衆、お役人、親子連れにモヒカン、刺青の街の不良から爺ちゃん、婆ちゃん、精霊や妖怪まで(笑)、価値観、感覚や見た目の振り幅もかなり広い人種が存在します。ですが、僕はこれが本来の人間の世界の在り方なのでは無いのだろうかと思います。” -橋の下世界音楽祭 2017 開催にあたって より抜粋

 

恥ずかしながら愛知に住んで6年目にして、未だに行ったことがないのももったいないと思い、来週の土曜日は一番盛り上がるであろう時間帯に間に合うように自転車で向かいたいと思います!
 

 
#BikeTo 橋の下世界音楽祭 2017

日付: 5/27(土曜日) 
集合: 15:30@サークルズ
出発: 16:00 予定
現地到着 18:00 前後を予定
持ち物:ヘルメット、ライト、鍵、輪行で帰る方は輪行袋
※到着後、現地解散の予定です。
※終演後、スタッフは輪行または自走で名古屋市内へ戻る予定ですので不安な方はご相談ください。

 

JUSさんで橋の下へ向かいます!!
距離としては30kmほど、厳しい登り坂のあるルートでもないので長距離乗ったことがない、という方も安心していらしてください!!
 
もちろん午前中から向かわれる方もいらっしゃると思うので、現地で会いましょう!
待ってまーす!
 

Bike To 橋の下世界音楽祭!!
” への1件のコメント

  1. […]       豊田市で開催される橋の下音楽祭に合わせて行うBike To 橋の下、 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MADE in KIRYU

 


 
急に暑くなりましたね。
先週の「森、道、市場 2017」の一日目、土曜日の雨風とは打って変わった本日の名古屋のお天気ですが、先週の日曜日は今日と同様にしっかり晴れてくれたので、PRIRET/プライレットContour Stole Pro/コンツアーストール プロを試すという言い訳のもとに、森道市場をしっかりと楽しんできました。 また、後ほど当ブログにもあげますが、来週も橋の下音楽祭 2017に向けてライドを企画中なので!!

 

みなさん来週の土曜日の夕方は必ず空けておいてくださいね!

 

 
アウトドア愛好家から注目を集める群馬県桐生市。奈良時代から続くと言われる桐生織は、京都の西陣織と並んで称される絹織物です。
そんな桐生市で、古くからのシャトル織機によって織られるコンツアーストールは、いわば”山ストール”、”マウンテンストール”と呼ぶにふさわしい機能を備えています。
 
 

 
見た目や生地の雰囲気は少し大きな手ぬぐいと言った風情ですが、シルクとコットンを織りまぜることによって耐久性や肌触りの良さ、吸湿速乾性を備えています。そしてシルクの特徴でもある抗菌性や紫外線耐性を生かすことで、オールシーズン、オールラウンドに使えるアイテムです。
 
 

 
コンツアーストールに用いられている風通織という二重織はシャトル織機でしか織ることができません。最新の織機では一日に1000m以上も織ることができると言われますが、コンツアーストールに使われるシャトル織機は一日に織ることができる生地が10mにも満たないほど。生産性の悪さから徐々に数が減っており技術も失われつつある機械です。
 
生産性の悪さというデメリットを抱えてでも風通織でコンツアーストールが織られる理由の一つは、生地と生地の間に空気の層を作ることで速乾性に優れたストールになるということです。またこの空気の層は冬場の保温にも役立ちますし、さらにはゆったりと時間をかけて丁寧に織ることによって生まれるその独特な肌触りや風合いも魅力の一つです。
 
 

 
さらに中が空洞であることにより、ストールだけでなくネックゲイターとしても使用可能。手ぬぐいやタオルからストールそしてネックゲイターと、使い方の幅が広がります。また、シルクは紫外線にも強いので日焼け防止にも大活躍。
 
ちなみにPRIRETというブランドネームは”Private”と”Secret”から成る造語。自分たちの欲しいものをこっそり造る、というコンセプトで地元桐生でものづくりをしています。そんな地元愛もあってかプリントされている等高線(コンツアー)は群馬の名峰赤城山。このプリントも、二重織の片面ごとに色を変えるには職人技が必要だとか。ブランドネームタグにも、赤城山のシルエットとS.O.S.のモールス信号があしらわれています。
 
 

 
山登りだけではなく、キャンプやフェス、もちろん自転車に乗るときにも重宝するアイテムです。これからの季節、日焼けはしたくない!というあなたにも、ちょうどいい手ぬぐいが欲しい!というあなたにもオススメですよ!!
 
ご購入はこちら

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です