柳瀬公識
2F Tailored Manager

柳瀬公識

Yanase Kiminori


Facebook
strava
アパレル出身ってこともあり、Circles2Fで服やシューズ、バッグなんかを担当してます。
自転車はとりあえずロードからMTBまでなんでも好きで、舗装路だろうがダートであろうが山の中走るのが好きです。で、ぐいぐいと登るのが好き。速くは無いですけどね。カラオケでの尾崎は自分が一番だと思ってます。しっかり者の女性がタイプです。笑

Bikes:

DSC_0003

ViciousCycles/ ElectricWorrier
【詳細】
DSC_5973-1024x680

Retrotec / TwinTop 26″ MTB
【詳細】

TABBY is Back!!!

 
 
通勤や通学などの日常生活はもちろんのこと、ライドやランニング、トレッキングようなアクティビティを楽しむときにも快適性を維持し、いつでも足元のサポートができるようなもの、そして日々の生活においても毎日履きたくなるようなソックスを! という思いで作られるRAL HOSEのラインナップに新しいモデルが加わりました!
 
 

 
既にご好評を頂いているメリノウールをメインファブリックとした足袋のカタチをした靴下TABBY / タビー。 ウールの持つ高い機能性と柔らかな履き心地で2足目、3足目と色違いで着用してくれる方が多くいらっしゃり嬉しいばかり。 そん中、次のTabbyは?なんていう声も頂いておりましたが、今回ようやくご紹介できることとなりました。
 
 

 
冬にリリースされたTABBYはつま先から足底、踵までをパイル編みにし、多くの汗を吸収し尚且つ保温性の高いものとなっていました。 しかし暖かい季節には少し暑かったり、シューズ内が蒸れてしまうことに繋がります。 もちろん標高の高い山への登山、長い距離を走り続ける場合であればパイル編みはクッションとなりその役割を果たしますが、こと日常をベースに様々なシチュエーションで使用することを考えると薄手のタイプがとても重宝するのです。

 

 
今回ラインナップに加わった2つのモデル、TABBY Light / タビー ライトTABBY Cool / タビー クールは、この時期にフィットしたモデル、スニーカーやビンディング シューズはもちろん、Bedrock Sandalsなどのサンダルにも合わせて使用して頂きたいものとなっています。
 
 
 


RAL HOSE / TABBY Light

 
【COLOR】
Grey, Peacock, Pistachio
 
【SIZE】
S (23-25 cm), M (25-27 cm), L (27-29 cm)
 
【MATERIAL】
Merino Wool 76%, Polyester 17%, Nylon 5%, Polyurethane 2%
 
【ORIGIN】
JAPAN, NARA
 
【PRICE】
¥1,800-(税抜)
 
ご購入はこちら


 
TABBY Lightは前作JACOB同様、メリノウールをメインファブリックとしながらも暑い時期においても快適に過ごすことのできるものです。 甲部分は通気性を高めるためメッシュ編みに。 またストレスが大きくかかるつま先から母子球、踵の部分には耐久性を高めるため補強糸をブレンド。 そのため母子球に当たる部分から甲にかけての1周はメッシュ編みではなく平編みとなっています。
 
 
 
 


RAL HOSE / TABBY Cool
 
【COLOR】
Light Grey, Navy, Olive
 
【SIZE】
S (23-25 cm), M (25-27 cm), L (27-29 cm)
 
【MATERIAL】
Polyester 56%, Cotton 39%, Nylon 3%, Polyurethane 2%
 
【ORIGIN】
JAPAN, NARA
 
【PRICE】
¥1,800-(税抜)
 
ご購入はこちら

 
TABBY Coolは通気性と速乾性を求めたCoolMax®️コットンを使用したモデルです。 コットンを多く含みながらもその通気性、吸水性と速乾性は高く、この時期にも清涼感を味わって頂けるものとなっています。 もちろんこちらも足の甲部分はメッシュ編みに、補強糸はつま先と踵にのみブレンドされています。 ちなみにCoolMax®️は汗を素早く吸い上げ、外部に放出する機能を備え、繊維内に空気の層を乾いた状態で保つため冬でも暖かく使用できるものとなっています。
 
 
どちらのモデルも丈はくるぶしが隠れるかどうかという長さ。 正直、真冬の使用は少し気が引けますが、春夏秋と3シーズンで長く使用できるものとなっています。
 
僕自身、早速どちらのモデルも使用していますが、既にこの時期には欠かすことのできないもの。 ぜひ今回も多くの人に使用して頂けると嬉しいです。
 
これからも少しずつではありますがラインナップは増えていきますので、今後の動きにもご期待ください。 
 
 
※RAL HOSE 商品一覧
http://ral.life/hose
 
 

#ShirtLife、それすなわち私の人生。

 

 
暑くなってくると、どんどんどんどん身軽な装いになっていくのだけれど、やっぱりT・P・Oはわきまえたいし、ネクタイを締めるなんてのは大げさだけれど、どんな時でも襟を正して何事に対しても気持ちを引き締めて向き合いたいもの。
 
仕事だってデートだって、もちろんライドにだって襟付きの洋服を着ると背筋が少しだけピンと伸びる気がします。皆さんはどうですか?(ちなみにサイクルジャージだってスタンドカラーという形状で襟がついていますからね。) 
 
そう、シャツというのは僕ワードローブに無くてはならない1着なのです。
じゃあ僕がこの夏どんなシャツを着て過ごしているのか?
 
 
 

既に多くの人が耳にしてくれているであろうRAL by DEEPER’S WEAR / FAST PASS Active Shirt
シャツとは思えないような軽さと風を感じる事ができるほど高い通気性を備えた、まさしく僕が求めていどんな時でも着れるシャツ。
 
このシャツのおかげで僕のシャツを着て過ごす快適な日々、いわゆるシャツライフは成り立っていると言っても過言では無い。 日常生活はもちろん仕事にだって遊びにだって、どんな時にでも着てしまうお気に入り。
 

 
もちろん他のスタッフも…
 


 

ライドの画像が多いのは、僕らが自転車屋だから致し方なし。
  

なんと今日は先日のRIDEALIVE 2017 Vol.2 Shizuokaに参加してくれた女性が浜松から一宮市への帰省の途中に立ち寄ってくれたりもしました。 暑い中顔を出しに来て頂き嬉しい限りです。

 
そして僕らと同じようにシャツライフを堪能している人が実はけっこうたくさんいるって事が現在Instagram#ShirtLifeでご覧頂く事ができます。
 
 

Sou Omoさん(@sony76)がシェアした投稿

RALさん(@ral.life)がシェアした投稿



そしてもっとシャツを着て人生を謳歌している人達を見たい!見せてもらいたい!という事で今回DEEPER’S WEARさんと共同でこんなキャンペーンを企画いたしました。


「ENJOY YOUR #ShirtsLife 」

あなたががこの夏楽しんでいるシャツライフな写真にハッシュタグ#ShirtsLifeをつけてInstagramにアップして下さい!!

シャツライフを満喫している投稿をしてくれた方にはなんと豪華な商品をプレゼント! しかも表彰は2回!
これは#ShirtsLife打ち込むしかありませんえね。コピペコピペ。
 

表彰の期間は以下となっております。
第1回 : 本日〜8/20
第2回 : 8/21〜8/30
 
また抽選の発表はInstagram、DEPPER’S WEARアカウントにて行います。

期間中、たくさんの画像のアップお待ちしております!
 

ENJOY!!! #ShirtLife 

HAVE A GOOD DREAM from Ryota Kemmochi on Vimeo.

 
 

攻め派?守る派?

 
昨日の台風はなかなかの威力でしたね。
台風が近づくと東海豪雨の事を思い出しますが、やはり少しばかり胸が高まるのも正直なところ。
 
そんな日はこのシューズの登場です。
 

もう8年選手にもなるLAKEのサンダルタイプのビンディングシューズ。 雨の日、しかも台風接近中ときたらこれ履くしかないでしょと意気揚々と家をでた昨日、足をずぶ濡れにしながらの通勤です。 夏のツーリングやRIDEALIVEなんかでも活躍し、もうそろそろ買い替えどきかなとここ数年思っておりますが、まだ使えてしまうのですね、これが。 それでも次に買うならこれだな、なんて思い描いていたものもあるのです。

それがKEENCommuter4。 実は昨年に廃盤となっており、今更ながら買っとけばよかったと後悔しているところです。

でもね、ラスト1足がCirclesには残っているのですよ。
 
 

KEEN / Commuter 4

Color : Gargoyle
Size : 37.5 / W’s 7
Price : ¥13,000_(税抜)


ご購入はこちら

 
 
つま先を守るという命題の下にPUソールをつま先部分まで巻き上げ、サンダルとしての利点である水の中に入れる点や、速乾性といったものを備えています。ビンディングシューズではありますが、アウトドアフィールドで長く愛用されるKEENのシューズだけありぬかるみなどでもしっかりとグリップするアウトソールが採用されています。

残る1足は37.5、さすがにこのサイズでは僕が履くには無理があります。
シンデレラサイズ、誰か欲しいひといませんか〜?
 
 
さて、雨に日に足を剥き出しにしびしょ濡れで走るのが攻めの姿勢であれば、水をシャットアウトし足を濡らさずに守りきれるシューズは?と聞かれればこちら。
 

Chrome / STORM 415 PRO BOOT
Size : 8, 10 inch
Price : ¥22,000_(税抜)


ご購入はこちら

 

 
STORM 415 PRO BOOTは、クロームの定番ワークブーツ、415 Work Bootsに完全防水かつ透湿性に優れたテクノロジーCHROME STORMを採用したレザーワークブーツ。 質感の良いアッパー素材は、水に強く耐久性に優れ、通勤や通学で活躍するのはもちろんツーリングを楽しむ方などにも適しています。 踵の部分にはリフレクター、ソールは防滑性の高いラバーソール、アッパーとソールの接着には型くずれや底剥がれの心配が少ないバルカナイズ製法を採用しています。

 
そしておまけにもう一つ。
いや、おまけだなんて言ったらバチが当たるこちらも足を守るに適した最高のシューズです。
 

HOKA ONEONE / TOR ULTRA HI WP

Color : Black x Flame, Grey x Cyan
Size : 8, 10 inch
SpecialPrice : ¥28,000_(税抜)



ご購入はこちら

 

このTOR ULTRA HI WP は、防水透湿性素材である E-vent/イーベント を使用した悪天候な時に活躍するスニーカー。 ビンディングペダルに…とはいきませんがフラットペダルを使用している方にはオススメのモデルです。
もともとはは悪天候時や寒い冬の時期のトレッキングなどアウトドアフィールドでの使用を考えられたモデル、日常使いも視野に様々な使い方をして頂ける事でしょう。
 
 
天候気候気にせずに走り回る方、攻守は真逆なれどどれもも様々なシチュエーション活躍するシューズです。
ぜひ一度ご検討ください。
 
 

KITETECO着てこっ!!!

 
 
梅雨が明け、7月も終わりに近づき夏真っ盛り、明け方からセミの大合唱が始まり、太陽の光は容赦なく照りつけます。 エアコンの効いた室内にいれば快適に過ごせはするのですが、それでもじっとしていられないのが性分。 肌は焼け、拭いきれない汗を流しながらも自転車に乗って出かけたり、海や山へと足をのばし夏を楽しみたいものです。
 
 

 
今回ご紹介するKITETECO / キテテコは、盟友DEEPER’S WEARさんが蒸し暑い日本の夏を涼しく、快適に過ごすためにと製作したものにRALとして僕らのリクエストをプラスして頂いたもの。
 
 


 
使用される生地は、約230年前、江戸時代天明の頃、琵琶湖沿いのとある町で、製造が開始されたものがベースとなっており、そこには現代のように化学繊維がない時代の先人たちの知恵と工夫だけで出来上がった、暑い夏を快適に過ごすための機能が備えられいます。 その機能は、通常の糸よりも強く捻られた強撚糸(きょうねんし)を使用し、それを緩く編んだ生地によってもたらされます。 夏を快適に過ごす衣料であるステテコで使用されるアコーディオン状の凹凸のある生地として、長い年月作り続けられていたものを、普段着としてより着用しやすいものになるように開発されたのが今回このキテテコで使用されているうものとなっています。

 
 

 
肌触りはカラッとした独特なもの、手で触れてもわかる生地の凹凸が確認できます。 その凹凸のおかげで生地と肌の接地面が少なくなり、大量の汗を吸収した状態でも他の衣類よりも快適な着心地となるのです。 また強く捻られた糸は伸びる余地があり、伸ばすと元に戻ろうとするので生地自体が伸縮性を備えることになります。 そして通常よりも多く隙間ができる事で高い通気性を持つ事となり、それは優れた速乾性を持つ事にも繋がるのです。
 
 
 
 

RAL by DEEPER’S WEAR / KITETECO

 
【COLOR】
Indigo, Light Indigo

【SIZE】
1 / Ladies’ S, 2 / Ladies’ M, 3 / Men’s S, 4 / Men’s M, 5 / Men’s L, 6 / Men’s XL

【MATERIAL】
Cotton100%

【ORIGIN】
JAPAN, Shiga

【Price】
¥6,900-(税抜)

【IMPORTANT POINT】
・色落ちしますので他のものと一緒に洗濯しないでください。
・摩擦によってすれた部分が白く色落ちすることがありますので、裏返して洗うことをおすすめします。
また、もみ洗いを避け自然乾燥を行ってください。
・ブリーチ加工をした淡い色の製品は、光によって黄ばむことがあります。
日当たりのよい場所に干す場合は裏返して干すことをおすすめします。


  
ご購入はこちら

 
江戸時代から伝わる綿100%の生地をベースとしているといことで、さらに和のテイストさらに加えるべく、カラーはインディゴ染料を使用した製品染めを依頼。 深く染められたインディゴと、浅く染めた後にブリーチ加工を施したライト・インディゴの2色の展開となっています。 製品染めということでひとつひとつ表情の違いが見てとれます。
 


 
また胸には特殊なチェーンステッチミシンを使用したRALのロゴがあしらわれています。 版を使用せず、フリーハンドでひとつひとつ職人が名入れをしており、それぞれが異なる仕上がりになっているのも魅力です。
 
 
 

 
暑い夏だからといってじっとしていられない方、このキテテコを着て最高の思い出を綴ってもらえると嬉しく思います。

KITETECO着てこっ!!!

 
 
ご購入はこちら

 

RAL HOSE / JACOB

 

毎日の生活を豊かに、より健やかに

 
通勤や通学など日常生活から、ライドやランニング、キャンプやトレッキングなどの様々なアクティビティを楽しむときにも、快適性を維持し、足元のサポートができるように考え、そしてもちろん毎日履きたくなるようなクールなソックスを! という思いで作られるRAL HOSEシリーズの新作ができました。
 
 
 
 
今回新しくラインナップに加わるのは、メリノウールをメインファブリックとしたJACOB / ヤコブ。 ウールと言っても一年を通して履くことのできる薄手の素材に仕上げ、夏でも蒸れにくく、その代表的な特性である吸湿性と防臭性を兼ね備え、様々なアクティビティで活躍すること間違いありません。もちろん、それは日常生活においてが一番実感できることでしょう。
 
 
 
 
丈は約15cmと程よい長さで、男女問わず使用して頂きやすいものになっています。 またEDIT Design & Supplyの監督ことナカムラ氏の舵取りのもと、今回ラインナップされた3種のカラーバリエーションはどれも落ち着いたカラーリングで、様々な用途のウェア、シューズと組み合わせ、幅広いシチュエーションにおいても使用して頂くことができるはず。
 
 

 
朝、目覚めたときに迷うことなく履いてもらうことができる、このJACOBは、いつでもどこへでも足を通して出かけたくなるような、ワードローブには無くてはならないものとして、みなさまの生活をサポートできればと思っています。
 
 

RAL HOSE / JACOB

 
【COLOR】
Charcoal/Grey, Navy/White, Olive/Navy

【SIZE】
S (23-25 cm), M (25-27 cm), L (27-29 cm)

【MATERIAL】
Merino Wool 68%, Nylon 16%, Polyester 13%, Polyurethane 3%

【ORIGIN】
JAPAN, NARA

【Price】
¥1,800(税抜)


  
ご購入はこちら

 
靴下というのは毎日の生活を豊かに、より健やかにに過ごすための重要なアイテムです。
何か特別な事をするから良いモノを使うのではなく、訪れる一日一日を大切に過ごすために、可能な限り良いモノを使用して頂きたいと思います。
 
RAL HOSEは、そのような考えを基本としたソックスをラインナップしていきますので、今後もぜひご期待下さい。
 
 

走れ!

 
人生一度きり、のんびりしてたらもったいない。
力一杯走り続けたいものです。
 
ま、そんな人生の話ではないですが、もちろん僕はロードやマウンテンバイクに跨ってライドに出かける事もあれば、ここ数年はランニングもしております。
 

時間があれば山間へ向かい、気持ちの良い風が吹き、美しい木漏れ日が溢れ、青い空を見渡す事のできる緑の中を走りまわりたいところではありますが、いつだってそうは思い通りにいかないが現実。 そんな時、短い時間で汗をかき、運動したという充足感と身近な緑を味わう事ができるのが僕にとってはランニングだったりするのです。
 

ランニングで身近な緑を味わうというのも、もしかしたら贅沢な事なのかもしれませんが、ありがたい事に我が住まいは庄内川の堤防沿。 流れる川とその向こうの名古屋の街並みを眺めながら走れば緑豊かな庄内緑地公園に辿り着きます。
 

緑のトンネルをくぐり抜け、時には大きな空を伺う事のできる1周約2.3kmのサイクリングロードを2~4周し、河川敷を戻れば10km前後のほど良い距離を走る事ができます。
 

とくに何か目標を持って走っているわけではないのでペースもそこそこですが、僕なりにとても充足感を味わう事ができるのです。
 
もちろん、ある程度の体力はつけたいし、強い体でありたいなんて思いはあったりもします。
そう、自転車であってもランニングであってもしっかりと楽しみ遊びきるにはそれに応じる体が必要となってくるのです。
 
だからこそ僕はBedrcok Sandalsを履くのです。


クッションも少なくほぼソールのみ、足裏を保護する最低限の形状は多くのスポーツシューズのように体を動かす為のサポートが一切備えられておりません。 では何が良いのか? それは何かの力を借りる事なく、自分自身の力でしっかりと大地を踏みしめ、一歩を踏み出す事のできる体を手にいれる事に繋がるのです。 今まで使っていなかった筋肉が活動し始めている事に気付き、そして怪我をしにくい体ができていく事でしょう。
 

一昨年よりSyncline 2.0を愛用しておりましたが、今年の初旬より新作のCairnを投入。 RAL Tabbyと合わせて寒い時期から運動時には活躍しております。 Syncline 2.0とは使用するソールが異なるのはもちろん、構造も大きく異なり、ストラップの固定力も格段に上がっています。 このストラップの固定力により、ウールがメイン素材のTabbyを履いて走ってもズレる事がなく、またソールのグリップ力と厚さのおかげでちょっとした岩場や砂利道においても足裏に痛みを感じる事もなく安心です。
 
ちなみに4月には兼ねてから望んでいた竜ケ岳山頂へ。 自転車で石榑峠頂きまで行き、そこから靴を履き替え登った際も足元はこのサンダルでした。
 




通常のランニングはもちろん、トレイルランニングやハイクまで幅広いシーンで活躍する機能性を備え、普通にカジュアルウェアと組み合わせるルックスを持っているため、この頃はこのサンダルさえあれば他のサンダルはいらないとまで思っていました。
 
 

しかし、数ヶ月に振りにSyncline 2.0 を履いて店頭に、そして先日久しぶりにランニングにも使用。 やはり素足に近いダイレクト感はやはり刺激的で、何ものにも代えがたいものだと再度気付かされたのです。 最低限足裏を守り、そこから動かぬ固定力を持つだけのものですが、それはき自分自身の体の感覚をフルに活動させるものだと。
 
やはりどちらも今の僕には欠かせないアイテムです。
 
ちなみにここ最近のランニング時はこんな感じのスタイルです。


PatagnoniaNine Trails Shirtはポリエステル100%にもかかわらず肌触りがとても柔らか。 もちろん吸水性、速乾性に優れたものとなっています。
 

下に履くパンツは RAL by Deeper’s WearFAST PASS Active Short。 手にした瞬間わかるその軽さ、履いてわかる通気性の高さと伸縮性。 マドラスチェック柄でスポーティーなルックスではありませんが、カラーリングを整え無地ものと合わせれば雰囲気は良好。
 

もちろんカジュアルウェアとの組み合わせもバランスが良いです。 シャンブレーシャツに白いT-シャツなんていうのが僕の好み。 チェックに限った事ではないですが、こういう柄物のショートパンツは春から夏にかけてのこの時期にだからこそ履きたくなるものですね。
  
 
ここ最近で出来事を踏まえ色々詰め込み気味のブログとなりましたが、まだまだネタはございます。 走り続けていれば色々と楽しい出来事には自然と遭遇してしまいますからね。
 
またの登場ご期待下さい。

 

今回紹介させて頂いたアイテムは、以下リンクよりご購入頂けますので気になった方は是非一度ご確認下さい。

RAL by Deeper’sWear / FAST PASS Active Short
http://shop.circles-jp.com/?pid=117298012
 
BedrockSandals / Cairn
http://shop.circles-jp.com/?pid=109177129
 
BedrockSandals / Syncline 2.0
http://shop.circles-jp.com/?pid=102694794
 
 
 

SAS Limited Edition Jersey

 
 
 
米国産のファブリックを集め、その歴史あるガーメント地区にてデザイナーと職人達とが密なコミュニケーションを繰り返しながら、丁寧に縫製され、仕上げられるサーチ・アンド・ステイトのアイテム。 一切の装飾を省き、品質の高いファブリックとジッパーなどのパーツで構成されるシンプルなアイテムは、様々なシチュエーションにおいて優れた機能性を発揮します。
 
 

 
 
そのラインナップは決して多いとは言えませんが、今回、ブランド設立より長く愛され続けるライディング ジャージに彩りを添えた2つのリミテッドジャージが新しくリリースとなりました。
  
 
 

RIDING JERSEY PRETTY LIGHTS

 
Size : Men’s S, M, L, XL | Women’s XS, S, M
Material : ポリエステル100%
Origin : Made in New York
Price: ¥25,000(税抜)

 
ご購入はこちら

 

 

創業者でありデザイナーでもあるダニエル・ゴールデンが来日したときの体験からこのジャージは生まれました。森のなかでふと木立を見上げると、光に照らされた木の葉の輪郭がきらきらと輝いている、そんな情景をあらわしています。メンズだけでなく、レディースのシルエットパターンも各サイズ入荷しました。
 
 
 

RIDING JERSEY CAMO A-PRIME

 
Size : Men’s S, M, L, XL | Women’s XS, S, M
Material : ポリエステル100%
Origin : Made in New York
Price : ¥25,000(税抜)


 
ご購入はこちら

 

一瞬で人目を引くその色鮮やかなジャージは、現代絵画の作品からインスピレーションを得て、カモフラージュパターンに原色を大胆に配置しデザインされました。使用する生地やジッパーはライディングジャージと同様、吸湿性や速乾性、通気性などのサイクルジャージに必要とされる機能面は高い次元で持ち合わせています。
 
どちらも数量の限定された今回のアイテム、ぜひお見逃しのないように。 
 
 

夏の足元の味方。

yanakkuさん(@yanakku29)が投稿した写真


 先日のライドはまさに夏日、途中に見た大きな気温計も30.8℃を示し、日差しがとても痛かったです。そして、僕がこの日向かった先は、またも二ノ瀬峠でした。
 

yanakkuさん(@yanakku29)が投稿した写真


 家を出た時間も9時頃と遅かっこともあり、道中その暑さに少しまいってしまっておりました。 しかし、峠道に入ると爽やかな空気を感じ、冷たく気持ち良い湧き水には身も心も助けられました。 その冷たい水を頭からかぶり、汗を洗い流せば何と気持ちの良いことでしょう!それだけで天国です。
 

こんな暑い日のライドでは、軽く通気性の高いアイテムを身に付けるのが好ましいのは当たり前なのですが、こんな時でも僕の足元は QuocPham / クオック ファムTourer / ツアラー です。
 


 履き始めた数年前は、やはり暑いだろうと敬遠していた夏場の Quoc Pham でのライドですが、なんとかなるんじゃないかと思い、昨年夏を乗り越え、今年も迷わず履き続けてています。 もちろん暑くないのか?と問われれば暑いのですが、しっかりとした機能を持った靴下を選択すれば、意外に気にならなかったりするのです。
 

やはり良い下着、良い靴下は大事です。

 

ということで今回は、真夏のライドでも足元を快適にしてくれる、軽く、通気性と速乾性に優れた、尚且つ QuocPham にも似合う靴下をご紹介します。
 

13699543_1167498856636180_188142917_o
Cafe du Cyclite
Striped Socks ¥2,700(税抜)
Dotted Socks ¥2,700(税抜)
Vertical Socks ¥2,700(税抜)

 
Cafe du Cyclsite / カフェ ドゥ シクリステの夏用のソックスは、兎に角薄くて軽いのが特徴です。僕が良く履いているもこの中の一つ、本当に暑さを感じさせない快適なソックスです。 また、そのカジュアルなルックスは、先日の人力リコメンドでも紹介したように、T-シャツとショートパンツといった日常着と合わせて頂くのもオススメです。
 
 

13709698_1167498859969513_591482728_o
TEAM DREAM
Mix Up Socks ¥2,400(税抜)

Save Our Soles
Shade to Grey ¥1,200(税抜)
Ooops! ¥1,200(税抜)
World Champion ¥1,200(税抜)
Punishers ¥1,200(税抜)

 
TEAM DREAM / チームドリームSave Our Soles / セーブ アワー ソールズ、どちらの製品もCoolmax®を使用した、通気性と速乾性に優れたものとなっています。
Save Our Soles に関しては、あまりしっかりとご紹介した事がないかもしれませんが、Circlesではここ数年の間ずっと定番アイテムとして扱っているメーカーです。 自然豊かで遊ぶことには事欠かくことのないコロラドを拠点とするソックスメーカーで、多くのアスリートに向けて、高品質なソックスをそのコロラドの地で製造しています。また、その多様なプロダクトは様々なフィールド、気候において最高のパフォーマンスを発揮するものです。
 

ライドのみならず、毎日の生活でも良い靴下を履いているかどうかで、1日のストレスのかかりかたも変わります。 しかも暑い夏の日は、多汗になるので、それが吸湿性、速乾性、通気性を備えているかどうかでその快適さの違いが顕著に現れる事でしょう。
 

今回ご紹介したような高機能なソックスを経験した事のない方は、この夏、是非試してみる事をオススメします。
 

今年の夏は例年より暑くなりそうです。
より快適な装いで乗り切りましょう!!!

– RAL LOADERS / ローダーズ –

 

13454081_1241107342573652_647212459_n
 RideAliveというキーワードを数年前に生み出して以来、様々なアクティビティにおける遊び場ではもちろんのこと、日々の生活においても、自分たちが一番信じている自転車と呼ばれる道具と同じように、長く、愛着を持って付き合って行くことができ、さらにはその機能をしっかりと使い切ることもできる道具たちを、実際にカタチにしていくために生まれた、サークルズのコンセプトブランドRAL / ラル 。
 

その RALプロダクト 第5弾として先日新たにリリースした、サイクルバッグ・シリーズRAL LOADERS / ラル ローダーズに新しいアイテムが加わりましたのでご紹介したいと思います。
 
 

13444515_1241107339240319_1199462216_nGR LOADER / ジーアール・ローダー
¥5,500(税抜)

・容量 : 10リットル
・サイズ : 29 x 15 x 33~41 cm
・本体素材 : Cordura® Nylon
・カラー : Black, Olive, Navy

MADE IN U.S.A by Inertia Designs
 

_MG_0106_MG_0114
GR LOADERは、キャリアの上部に装着する事のできるロールトップタイプのバッグです。 装着はとても簡単で、四隅のマジックテープをキャリアのパイプに止めるだけ、キャリアがあれば誰でも気軽に使用する事ができます。 取り外し可能なショルダーストラップも備えられているので、自転車を離れる際にはショルダーバッグとして持ち運びすることが可能です。 また、バッグ全体には緩衝材が備えらえているので、少々の振動であれば中の荷物を守ってくれます。
 

_MG_0122
コミューターバイクの必須アイテムである前かご、その中でもCirclesで装着率の高いWALDのバスケット(サイズ:Small)にも丁度良く収まるサイズとなっております。 GR LOADERはお買い物はもちろん、通勤通学からツーリングまで、幅広いシチュエーションで活躍してくれることでしょう。
 
 
 

13472380_1241107335906986_1613983527_nPH LOADER / ピーエイチ・ローダー
¥4,800(税抜)

・容量 : 1.8リットル
・サイズ : 19 x 12 x 11 cm
・本体素材 : Cordura® Nylon
・カラー : Black, Olive, Navy, Red, Brown

MADE IN U.S.A by Inertia Designs

 

_MG_9996
PH LOADERは、自転車のトップチューブとコラム部分にマジックテープを利用して装着するバッグです。 自転車に跨ったままでも手が届き、カメラや貴重品、補給食や携帯工具などを収納するのにとても便利です。 クリアシートを貼られた上部スペースにはスマートフォン ( i-phone6+ ) を収納することができ、ナビや時刻の確認も容易です。 もちろんタッチスクリーンに対応するものですので、収納したままでの操作が可能となっています。
 

_MG_0006
 1.8リットルという容量と蓋が上に開くという整理整頓しやすい構造は、予想以上に多くのものを収納可能となります。 PH LOADERはツーリングやサイクリングに、無くてはならない頼りになるバッグとなるでしょう。

 
 

20160410-19-800x53320160410-2_800
そして、今回の新作と同時に完売となっておりました UT LOADEREM LOADER も再入荷しましたのでお見逃しのないように!

 
 

13472223_1217111348300137_345035002_nMechanic Apron / メカニックエプロン
¥4,200(税抜)

・サイズ :幅 60 x 丈 63 cm
・本体素材 : Cotton 
・Made in USA
 

_MG_9862
今回、RAL LOADERS の新アイテム製作と同時にイナーティア・デザインにお願いしていたのが、この耐久性の高いコットンキャンバスを使用したメカニックエプロンです。 RALロゴは「For The Adventure」「For Everydaylife」の2種類のラインナップとなります。
 

_MG_0069
胸ポケットの下部はスナップボタンで着脱可能となっており、前屈みになった際の収納物の落下を防ぎます。 自転車の整備だけでなく、日曜大工や台所用として、シチュエーション問わず使用していただきたいエプロンです。
 

少しずつそのラインナップを増やしている RAL LOADERS シリーズを始めとする RAL プロダクト ですが、まだまだ僕らの欲求は留まる事を知りません。

次回はどんなアイテムが新たなラインナップに加わるか、皆様どうぞご期待下さいませ。

梅雨ですね。

IMG_1503
この時期の生暖かい、どんよりとした空気は外へ出かける気分を少し重たくさてしまいますが、いざ走り出し山間部が近づけば、気分は軽くなってくるものです。 少しずつ標高を重ねていけば、空気は冷たく気持ち良いものとなってきます。 峠の頂上まで着いた時には大量の水分を消費し、疲れも現れますが、それ以上の満足感も得ることができます。
 

IMG_1509
こんな日が1年の間ずっと続くとたまったものではありませんが、1年の中のほんの一部の時期だと考えると、それもまた楽しめるものになるってものです。 もちろん、雨に降られる事も多くなりますが、それもまた気持ち良く楽しいものだと思えてしまったりもするのです。 (あまりにも強いとげんなりしてしまいますけどね。逆にテンションが上がりすぎてしまう人もひょっとしたらいるかもしれませんが…)
 

だからと言ってなんの装備も無しに出かけてしまうとそれはあまり楽しいものでは無くなってしまうので、そんな時は高い耐水性を持ったベストを備えて出かける事をオススメします。
 

IMG_1501
走り方にはよりますが、サイクルジャージとレーサーパンツスタイルでしっかりと走る際、通常の長袖のレインジャケットでは体温が上昇してきた時、ジャケットの中はサウナ状態で暑くて着ていられたものじゃありません。 かといって何も着ていないと体はどんどん冷えていってしまいます。 そんな時には体の中心部分を守ってくれるベストが丁度良いです。 もちろん腕は濡れますし、時間が経つにつれて体の中心部も濡れてきてしまいますが、それぐらいが程よかったりするのです。
 

そんなこの時期に僕が頻繁に使用しているのはSerach and State / サーチ アンド ステイトS1-V Riding Vestです。
13405572_799082923527131_51256736_oSearch and State
S1-V Riding Vest

¥29,500(税抜)

 

このライディングベストは高い防水性と透湿性を備えた生地を使用したベストです。 ダブルジップを採用しているところも大きなポイントで、ベンチレーションの無いこのベストの換気を効率良くしてくれるとともに、ジャージのバックポケットへのアクセスをスムーズにしてくれます。 もちろん、このベストのみ止水ジップを使用したポケットも備えられておりそれは大変役立つのですが、雨足が強くなってくると雨が侵入してくるので、サイクルジャージのポケットに必需品を移すのをオススメします。
 

もう一つ、オススメのベストがこちらです。
13410579_799082940193796_1271629716_o7mesh
Resistant Vest

¥27,000(税抜)

Color : Ember(オレンジ), 2 Ball Blue(ブルー)
 

GoreTex®Windstopper®を採用したこのベストは、実は高い耐水性を持っています。もちろん完全防水ではありませんが、この梅雨時期や真夏の雨の日のライドには大いに活躍してくれるベストです。背面には透湿性と伸縮性を持った生地が配されているので、その箇所からは雨は侵入してきますが熱くなった体をほど良く冷やしてくれます。
 

どちらも高い耐水性を持って入るのですが、その形状は完全防水というわけではありません。でもこのくらいの時期からの雨の日のライドにはとても活躍するアイテムです。

梅雨のライドを楽しみたい方はぜひこのスタイルをお試し下さい。