【新入荷情報】CRUST BIKES Single Speed Brake-Away Lightning Bolt

久しぶりのCRUST BIKES入荷情報です!
今回はBrake-Away Lightning Boltについてのご紹介。

CRUST BIKES
Single Speed Brake-Away Lightning Bolt

サイズ:XS(52cm)
適応身長:170cm前後
素材:Cr-Mo

¥206,800-(税込)

Brake-Awayってなに?

CRUST BIKESにおける代表的なバイクと言っても過言ではないLightning Bolt(以下LB)。
80sのMTB黎明期を思わせるルックスですが、その正体はホイールサイズやタイヤクリアランスを現代の規格に合うようにモデファイしたネオクラシックなランドナーです。

写真は、Lightning Bolt Canti

LBは分かるんだけど、「Brake-Away」ってなんだよ。一体何が違うんだよ…と気になっているかと思いますが「Brake-Away」とは、分割式のことです。
デモンタブルなどと呼ぶ事もあるのですが、要はフレームを真っ二つに分割することが可能なのです。
い、一体なんの為に。。。と思う方もいらっしゃるかもしれません。
この機能の主な目的は移動をしやすくするという点にあります。
自転車に乗ってでは無く、車や飛行機、船などに荷物として持ち込みしやすくする為の機能です。
最近スタッフがよく利用させてもらっているFDA飛行機輪行にもピッタリです。

今回の車体には天下のRitchry製のBreak-Awayシステムが使用されていますのでアーレンキーがあれば簡単に分割することが可能です。

Brake-Away以外の違い

LB Brake-Awayと通常のLBの違いは分割が可能なこと意外に三つあります。

その1:ブレーキ
Lightning Boltのブレーキはノーマルだとディスクブレーキタイプもしくはカンチ・Vブレーキのリムブレーキタイプとなっていますが、Brake-Awayに関してはキャリパーブレーキでの設定となっています。

その2:シングルスピード仕様
ノーマルタイプは変速機が取り付けられるようにディレイラーハンガー付きのエンド形状ですが、Brake-Awayタイプに関しては120mmのシングルスピード用のリアエンドになっています。

その3:対応ホイールとタイヤクリアランス
ノーマルのLBはディスクブレーキ、リムブレーキともに650Bのホイール設定となっています。
しかし、Brake-Awayタイプは700cと650bサイズのホイールが選択可能です。
タイヤクリアランスは700x35c、650x48bまでと十分なクリアランスが確保されています。
このボリュームがあればどんな道にも対応することができるでしょう。
(※650bホイールで組み付ける場合、リアブレーキキャリパーはリーチ長75mm以上のロングリーチタイプをお使いください。)

上記のことから伝えられることは、とにかくシンプルに組むが吉!ということです。

シンプルな構造ゆえの奥深さ

なぜ、シンプルに組み立てるべきなのか。
それはこの車体の最大の特徴「Brake-Away」を最大限に活かす為です。
フレームの分割はダウンチューブとシートクランプ部で行われるためドライブトレインなどの付け外しなく分割できます。
個人的にはワイヤーも張りたくないくらいシンプルに組みたい自転車の一つです。
もちろん、ワイヤー用の分割パーツも付属しますが、ビーチクルーザーなどで使われているコースターブレーキでワイヤーレスな組み付けもいいですね。
そうすることで分割時、組み立て時に一つ作業を減らすことができてクール。
チャチャっとフレーム分割してバックに詰め込んで旅行に行く。なんて格好の良いドアtoドア。

Photo By The Radavist

あっ!と、一つ大事な仕様があるんでした。
なんとこのフレーム、ベルトドライブ対応なんです!
ベルトドライブで組み付けると服や手が汚れないというメリットも生まれますね。

輪行時に感じる煩わしさ、そして分割できるというワクワク感、これら両方を含めて良いアイデアとこういう風に組んでもらいたい!という気持ちが感じられる良い車体です。

もっと気軽に自転車と共に旅に出たいそこのあなた!ぴったりなパートナーはこの子ですよ!!
G-Fixedで遊びたいなんて思ってるあなたにもぴったりのクレイジーなバイクだ!!

要は可能性しか感じない最高の一台ってことで!!

この走っている映像の裏側にはきっと分割して持ち運んだってストーリーがあるって思ってる。きっとそう。

Text by Yuya Takahashi