Surly “Kratemonkey”

今でこそ29erMTBは豊富なラインナップが揃っていますが、少し前まではなかなかそうはいかなかったものです。そんな頃から変わらないSurlyのKaratemonkey。トラックエンドながらRDハンガーも付いていて、シングルからマルチスピードと幅広く楽しめる一台です。より万能な立ち位置のOgreがリリースされてからは、Vブレーキ台座を省いてディスクブレーキオンリーにマイナーチェンジし、よりシンプルに漢らしいバイクになっています。

そんなKaratemonkeyを完成車をベースに、KyutaiPaintでペイントをして久々に1台組んでみました。

IMG_7948Surly “Karatemonkey” size:18″ Special Price:¥157,500

ペイントは手前味噌ながら球体ペイントで。Karatemonkeyは1つ前のレギュラーカラーに”バトルシップグレイ”というカラーがありましたが、それよりも少し濃いめなのがポイントです。そこに贅沢にもChris Kingの既に生産が終わってしまったPurpleのヘッドセットを奢りました。

DSC_4284

DSC_4287

せっかくなのでPhilwoodのシートクランプも付けちゃいます。
完成車ベースとはいえ、AvidのBB7や、Truvativのクランクに加えて、ハンドルはSimWorksのGetaroundという申し分無しなアッセンブルです。サイズが合えばお買い得な一台に間違いありません。是非お早めに!

Ikeyama Toyoshige
池山 豊繁

Circles / SimWorks / CWD 学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。 サークルズスタッフ最年少を公言していたが、今ではニュージェネレーションも加わり古参の存在。 でも身長は最小です(#163cmですがなにか)。 CXレース経験もありますが、今はのんびり瀬戸のグラベルを走ったりするのが専らで、過去の面影はどこへやら。自転車で釣り場にアプローチするBikeToFishingのスタイル研究にも余念がない。
池山 豊繁の記事一覧