2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

梅雨時期名物「オーバーホール」について

お久しぶりです。
ユウヤです。

日本の雨季、梅雨。それは僕たち自転車乗りにとっても憂鬱な時期です。
特に最近では大雨による災害が多く、よく遊びに行っている岐阜県でも大きな被害が出たり、MTBのコースではがけ崩れが起きたり、釣りをする川では魚が流されてしまったりと、他人事では無い状況になっています。

水の循環で豊かな生態系を保っている面もあり、雨の有り難さも一方で感じつつも、もう少しお手柔らかにお願いしたいところですね。

乗れない時期のオーバーホール

さて、そんな梅雨。
僕たちサークルズは雨で乗り辛い梅雨の間に、オーバーホールで自転車をリフレッシュさせてはどうですか?なんてご案内をさせていただく事が通例なんですが、さすがにみなさん良くご存知で、ご案内を出す暇も無いほどたくさんのオーバーホール作業をご依頼頂きました。
本当にありがとうございます。

オーバーホール受注を一時ストップさせてください

今年は新型コロナの影響もあって、多くの方が自転車に再び乗り出そうと考えていただいた様子で、サークルズの作業待ち自転車も過去に例をみないぐらい多くなりました。

サークルズのオーバーホールは、全てのパーツを分解、洗浄、組立、そして車体としての組み付けの作業とさせていただく為、通常でも3週間の納期を頂いております。それらを納得のできるクオリティで提供するため、納期を維持する事が難しいと判断させていただきました。そのため、誠に勝手ながら8月21日までオーバーホール作業の受付を中止させて頂きます。

ご要望にお答えできず大変申し訳ございません。1ヶ月以上のお時間を頂戴して梅雨明けの通勤や週末のご予定、夏のホリデーシーズンで使われたい方の自転車を預かったままにしておく方が申し訳ないと考え、この様な決断をさせていただきました。

愛車のオーバーホールをご予定されていらっしゃった方には申し訳ありませんが、ご理解頂けます様お願い致します。
長期的な作業時間にご納得いただける様でしたらもちろんご相談承ります。


オーバーホールは単なる掃除にあらず

オーバーホールのご依頼をいただける事は、また自転車に乗ろうという事であったり、しっかりと乗られてきた証であり、しかも、新しく買うのではなく、今あるものを使い続けていこうとする、私達が大事にしている価値観そのものであって、とても嬉しい事です。

オーバーホールは、今までどうやって使ってきていて、これからどう使って行きたいのか、今までにどんな悩みを抱えて自転車に乗っていたのか、そんなお話を聞きながら「この自転車を大切に使って行きたい」という希望、気持ちを伺えるので、ご依頼いただくのが本当に嬉しくて大好きな相談、作業の一つです。また再開できるように頑張りますので、今後ともよろしくお願い致します。

新車やパーツ交換、修理等は通常通り受付けています

新車のご相談、通常のパーツの交換やアクセサリーの取り付け等のご相談は随時承っておりますので是非ご予約の上ご相談頂けますとスタッフ一同大変喜びますので是非ご来店ください!

それでは始まった夏を、めいっぱい楽しみましょう!!

関連記事