2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

グローブにも”至極”のすすめ。

 
持論ですが、値段が高い・安いということはあまり言わない方が良いなと思っています。 なんかこう、言ってる人自身が安っぽい人間になってしまう気がして。 もちろん、値段というものはどんなモノ・コトにもついてまわる1つの価値基準かもしれませんが、高いには高いなりの理由があり、安いには安いなりの理由があるのです。
 
で、サークルズでよく高いと言われるブランド、ASSOS/アソス特にレーサーパンツにおいては個人的にも絶対的な信頼を寄せているブランドです。 常に進化し続けるブランドとしてウェアをエキップメントとして捉え、この厳しい冬も物ともせずに闘い抜けるエキップメントを生み出しています。
 

【Assos/アソス】 bonKa Glove/ボンカグローブ ¥14,800(税抜)

 
ご購入はこちら

 
手がかじかむような寒い冬のライド。 指先の感覚が無くなるほど厳しい状況においても、アソスのラインアップで最も暖かいボンカグローブがあれば乗り切ることができます。 ただ暖かいだけではなく、その防寒性を感じさせないほどしなやかな仕上げとなっており、操作性を損なわずに快適にライドをすることができます。 甲の面には防水性の高い素材を使っているので、多少の雨や雪にも対応。 実際、私自身もこのグローブのおかげで雪が降ろうがライドを楽しめているといっても過言ではありません。
 
【Assos/アソス】 shell Gloves/シェルグローブ ¥8,500(税抜)

 
ご購入はこちら

 
 
真冬用のグローブとしてボンカグローブを選ぶ事は間違い無い選択なのですが、今あるグローブを活かすという方法もあります。 このシェルグローブは、ロングフィンガーグローブの上に重ねる事で防風性を手に入れることができるレイヤリンググローブです。 今お使いのグローブに被せることで急な冷え込みにも対応でき、薄手で生地により操作性を失う事がないだけでなく、不要になったらジャージのポケットにも気軽に収められます。
 


そして、ただの防風グローブでは済まないのがアソス。 防水性の高い生地(縫い目の処理はしていないので完全防水ではありませんが)を使っているので、雨の日のレイヤリンググローブとしてもその力を発揮します。 サイジングの目安としては、S-Mサイズのグローブをお使いの方は サイズ:Ⅰ を、Lサイズをお使いの方は サイズ:Ⅱ をお選び頂くことをおすすめします。
 
思いきって買い替えるのもおすすめですが、今あるものを活かしつつ、冬を快適に過ごす事という選択もあるのです。 ウェアに手を出すのは勇気が要るかもしれませんが、デイリーライドからシリアスなライドまで、冬のライドにおけるグローブはどんなライダーにとっても欠かす事の出来ないものだけに、こういったアイテムからアソスの信念を感じてみてはいかがでしょうか?
 

キーワード

関連記事