2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【ゴリスパ通信】2019年5月11日号。

5月も半ば。
まだ春の陽気が続くかと思いきや、日中の気温は30度近くまで上がり、ピットのスタッフも半袖を解禁し始めました。

サークルズ名物?の大型扇風機の登場はもう少し先になりそうですが、やっとゴールデンウィークの賑やかさの余韻も落ち着いてきたので、ここいらで一呼吸入れませんとね。

ということで、こちらもサークルズ名物の手組みホイール GORILLA SPUN / ゴリラスパン をセットアップ。

新元号 令和になって一発目のゴリスパ通信は、暑い?熱い?ピットから生まれた2つのストックホイールのご紹介です。

1つめは、レースからトレーニング、そしてシクロクロスにも使え、おまけにチューブレスレディーという万能選手なホイール。

【GORILLA SPUN Build Wheel】
DT SWISS RR411 & SHIMANO 105 R7000

¥40,000-(税抜き)



リムブレーキタイプのハブとしてはもはや鉄板と言える11速対応のシマノ105 (R7000シリーズ)と、ホイールにまつわるすべてのコンポーネントを製造しているメーカーDT SWISSの新型リムRR411を組み合わせ。

このRR441はDT SWISSのベストセラー RR440 が21mmから22mmと若干ながらもワイドリム化したモデルで、昨今のロードバイクシーンの主流でもある25mm前後のタイヤ幅にベストマッチします。

また、DT SWISSはリア用のオフセットリムをラインナップすることが多いのですが、このRR411も例に漏れずで、リアハブのおちょこ(オーバーロックナット寸法の中心とハブフランジ寸法の中心のズレ)による左右のスポークテンションの差が抑えられ、よりバランスの良いホイールに仕上がっています。

 

2つ目は、未知の道を掻き分ける楽しさを叶えてくれるホイール。

【GORILLA SPUN Build Wheel】
H PLUS SON Hydra & SHIMANO RS505

¥29,800- (税抜き)

先程のシマノ105と同等のグレードのディスクブレーキモデル RS505 の質実剛健なハブに、強度と精度のバランスが整ったリムメーカー H PLUS SONのワイド&タフな Hydra の組み合わせ。

Hydra のリム幅は25mmもあり、シクロクロスやグラベルロードなどに用いられる幅40mm前後の少し太めのタイヤに相性が良く、また700cのホイールサイズの恩恵で走破性も申し分なし。

また、こちらもチューブレスコンパーチブルなので、よりアドベンチャーなライドにもちゃんと応えてくれます。

【GORILLA SPUN STOCK WHEEL】

GORILLA SPUN Build Wheel
700c DT-Swiss RR440 x DT-swiss 240s (Front & Rear)

¥90,750-(税抜き)


 
その他の多種多様なストックホイールの中からあなたのライドスタイルに合ったものが見つかるかもしれません。

もちろん、「もっとタフに!」や「しなやかに走りたい!」などなど、よりあなたに合った、あなただけのホイールを作ることもできます。

現状の納期としては、パーツが揃ってから10日間で発送させて頂いております。 まずはGORILLA SPUN / ゴリラスパンまでお気軽にご相談ください!


サークルズポイントシステム始まりました!

サークルズの店頭でのお買い物、WEB SHOPでのお買い物に関わらず、300円につき1ポイントを進呈。

そのポイントを貯めていただくことで、10ポイントを100円 OFFのクーポンとしてお使い頂けるようになっています。

またクーポンだけでなく、20ポイントを貯めると Circles Safety Ride Capと交換することもできます!

今後はリワード(=特典)をより楽しんで頂くために、サークルズポイントでしか手に入らない?! オリジナルグッズも鋭意準備に取り掛かっていますので、そちらも楽しみにお待ち下さい。

詳しくは、ポイントシステムについてのブログをチェック!

関連記事