2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【MICRO SHIFT】
My name is ADVENT. I am Nine.

皆さんは、何枚ですか?

回転寿司で食べたお皿の枚数や財布に入っているお札の枚数ではなく、お使いの自転車の変速段数の話です。

自転車の変速段数。
最先端は、11速を飛び越え12速へ到達しています。
もう、25年も前の話ですが僕が自転車を始めた頃は、最先端が7速でした。
皆さんは、何段変速をお使いですか?

僕は、シングルスピード(変速無し)から最新の12速まで使っています。

なぜなら、必要な変速段数はシーンや乗り方によって違うからです。

でも、多くのコンポーネントメーカーは、最先端を追い求めるあまり最先端以外のものが消えて行ってしまうのが現状です。
最先端の12速は、ギリギリの状況で効果は絶大です。あってよかった12枚と思うこともしばしばです。
ですが、そのデメリットも多く、最新コンポゆえに高価であったり、7速とほぼ同じスペースに12速を入れていますので、全てが薄く狭く、調整がシビアになり各部が薄いゆえに耐久性も低く長持ちしなくなります。

非日常だけを求める人には、これで良いでしょう。

ただ、街で日常的に自転車を使用する人やレースではない非日常を楽しむ人には、ここまでの機能要るの?と疑問を呈したくなる部分です。

最先端を追い求めるのではなく、使いやすさを大切にするブランド。

最先端ではなく、使いやすさ。
多くのメーカーが忘れてしまう部分。
そんな場所を埋めてくれるブランドが、MICRO SHIFT / マイクロシフト です。

今回も、ぴったりなものをラインナップしてくれました。

MICRO SHIFT / Advent
そう、この時代に9速です。
ですが、その使い勝手は「良い!」の一言です。

Adventは、その名の通りアドベンチャーライドを誰にとってもお気軽に、よりお求めやすく、最先端のギア数に対峙することなく、誰にとっても使いやすいギア数である9速内に11-42Tというワイドレンジを与え、新たな冒険者を積極的に増やしていこうという意欲作。

【MICRO SHIFT】 Advent SB-M090 1×9 Drop Bar Shifters
¥18,500(税抜)

【MICRO SHIFT】 Advent SL-M8195-R 9Speed XPress Shifter w/ Bearing ¥3,400(税抜)

【MICRO SHIFT】 Advent RD-M6195M
Clutch Rear Derailleur for 1×9 Speed
¥7,800(税抜)

【MICRO SHIFT】 Advent CS-H093A 11-42T
9-Speed Cassette With Alloy Large Cog
¥5,500(税抜)

そんな気になるAdventシリーズのラインナップの特徴は以下の通り。

①:ドロップハンドル、フラットハンドルどちらにも対応するシフターがあります。

②:しかもドロップハンドル用左レバーには、ドロッパーポストのリモートレバーとして使えるモデルもあります。

③:リアのスプロケットは、11−42Tで、グラベルバイクやMTBにおいてとても使いやすいギアレシオになっています。

④:リアディレーラーには、クラッチが入っていてチェーンが外れにくくなっています。つまり、フロントシングル仕様で使うのにバッチリです。

⑤:フロントチェーンリングは、大体の9速用チェーンリングが使えます。

どうですか? ワクワクする仕様じゃないですか?

最先端ではなく使いやすさ、十人十色の自転車であればこそ、それぞれにあった変速段数が重要なはずです。
みんながシマノやスラム、カンパの12速に乗っている世界。 もっと色んなチョイスがあっても良いと思うのです。

決まり切ったように見える変速段数もこの機会に今一度見直してみてはいかがでしょう?

そんな時、MICRO SHIFT / Advent は、あなたに新しい選択肢をもたらしてくれますよ。

キーワード

関連記事