2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【SimWorks Racing】
赤松綾、世界戦から帰ってきました!

Photo by : Nobuhiko Tanabe

シクロクロス世界選手権から一週間が経ちましたが、無事にスイスから日本へ帰国してまいりました。
時差ボケかなんなのか…感覚的にはまだ頭の中はふわっとしておりますが、少しずつ現状に戻りつつあります。

この場をお借りしてご報告をさせていただきますが、帰国してすぐに出走した関西シクロクロス 日吉はマキノ以来のまさかの雪レースとなり、感覚が麻痺してしまうほどの寒さとの戦いでしたが、なんとか表彰台を死守し3位に、そしてJCXシリーズ戦は昨シーズンの6位から大きくジャンプアップし、2位で終えました。会場で応援してくださった皆さまありがとうございました。

今シーズンは自分でも驚くほど調子がよく、「今日はどれぐらい走れるのだろう」と、毎週末のレースが楽しみになっていました。
好調の大きな理由に、食生活の改善による体質改善やチーム体制、モチベーションなど様々な要素がありますが、詳しくはまた改めて書かせていただくとして。

好調をキープする中で挑んだ全日本選手権で2位となり、その成績とレース内容で掴んだ世界戦への切符。

まさか自分が日の丸を背負い、世界で戦える日がくるなんて想像しておらずしばらく半信半疑でしたが、せっかく掴んだチャンスを無駄にしてはならないと毎日時間との戦いでした。

出国するまでは、息つく暇もありませんでしたが、応援、サポートしてくださる仲間や皆さんに支えられ、無事に大きな舞台へと挑戦することが出来ました。

忘年会、壮行会をはじめ、応援手ぬぐいでのご支援いただき本当にありがとうございました。スイスからも皆さまの声がしっかりと届き、私は一人で戦っているわけではないんだとたくさんの勇気をもらいました。 この場を借りて御礼申し上げます。

結果は決して納得していませんが、ここで得た経験を糧に、また新たに来年挑戦する気持ちで次に向けて気持ちを切り替え、一から取り組んでいきたいと思います。

早速、サークルズ2Fテーラードにて、世界選手権で使用したSeven cycles kellcris SLの展示を行っております。

Photo by : Nobuhiko Tanabe

レースや現場でのお話は、すでに店頭でもさせていただいておりますが、オランダでのW杯から世界選手権で走ったコースの感想など、実際に現場で撮ってきた写真や映像などを交えて、報告会を設けさせていただくことになりました。

報告会は現地で写真を撮っていただいたNBことNobuhiko Tanabeさんとともに名古屋で2月28日(金)の開催を予定しております。詳細はまたの後日アップさせていただきますので、ぜひ楽しみにしていてください!

本当に応援ありがとうございました!

関連記事