【新入荷】NITTO Back In Black

かつてはシルバーのパーツが主流でブラックのパーツは珍しく、憧れの存在だったと聞きます。
そんな話も現代では逆転し、ブラックカラーが自転車パーツのほぼ全てを占め始めました。
我々もみんなも探しているのがシルバーのパーツ。
しかし、そんな昨今でもブラックカラーが浸透していないところがあるんじゃないのかと。
まるでオセロの盤面を全てブラックに埋め尽くすかの如くブラックにできるものを探したのです。

昨今のコロナ禍による通勤で自転車を使用したいというご要望もたくさん聞くようになりました。
いわゆるコミューターバイクと呼ばれる気楽に乗れて素早く目的地に到着する為の道具なのですが、僕が考える必要条件が三つあります。

1.姿勢を起こして乗れて視界が広く取れる事。
2.着る服を選ばない事。
3.出来る限り安価に作ること(修理の際なども含めて選択肢がある事を含む)

個人的にはこの三つを大事にしてご相談に乗らさせてもらっています。
もちろん気分が上がる見た目が最大条件になることもあるので自分であげた条件を反故にすることもありますが。

そんなコミューターにおすすめなハンドルのなかでも、我々がおすすめのモデルってそういえばシルバーしかなかったよね?っということで、日東さんにお願いして、待望のブラックハンドルが入荷です!

【NITTO】 B302AA Black

素材:アルミニウム
クランプ径:25.4 mm
バー径:22.2 mm
幅:490 mm
ライズ:65 mm
リーチ:48 mm

価格:4,730円(税込)

NITTOのノースロードバー / B302AA。

古き良き3段変速の英国自転車によく用いられたハンドルで、North Road Cycling Clubという自転車倶楽部に由来する名前を持ちます。

不整地を当時の自転車で快適に走るために設計されたハンドルで、上向きに付けるとシティバイクに向いたコンフォートなポジションになり、下向きに付けるとアグレッシブなポジションとして使えます。

【NITTO】 B307AA Black

素材:アルミニウム
クランプ径:25.4 mm
バー径:22.2 mm
ハンドル幅:435 mm
ライズ:50 mm
リーチ:80 mm
価格:4,950円(税込)

前述のノースロードバーの伝統的な形状を維持しつつも、少し幅を狭くしてシティユースに適したサイズ感に仕上げたB307AA。

手首が自然な角度のままハンドルを握ることができるので、疲労を軽減することができます。
小柄な形にとっても落ち着いた腕の位置でハンドルを握ることができるのではないでしょうか。

【NITTO】 RM016 Black

素材:焼き入れアルミニウム合金
クランプ径:25.4mm
ハンドル径:23.8 mm
ドロップ:50 mm
リーチ:95 mm
内径:20 mm
幅:515 mm
価格:8,580円(税込)

NITTO製マスタッシュバー / RM016。

マスタッシュ=ヒゲの名の通り、紳士の口髭のような形のハンドルバー。

バー外径は23.8 mmを採用し、一般的にドロップハンドルで用いられるエアロブレーキレバーもしくはリバースレバーを採用することが可能です。 ドロップ:50mmというスペックの通り、基本は下向きセミドロップハンドルとして使いますが、逆向きに装着するとゆったりしたポジションも楽しめます。

ブラックカラーが入荷したことにより、まさにマスタッシュと呼ぶにふさわしいのでは。

そう、全てのハンドルが天返し可能なので、ゆったり乗りたかったけども少しスポーティーに自転車を楽しんでみたいなんてご要望にはクルッと裏返しちゃえばあら不思議、少しローディーなポジションに。
パーツがなかなか入ってこない昨今だからこそ調子が良いと言えるどうにでも使えちゃうハンドル。
あなたのハンドル候補の中に混ぜてあげてくださいな。

何もかもが黒一色に染まった世界。
そこに煌々と輝くのはシルバーの光や数々の美しきアルマイトカラーが美しいのか、それとも輝く物等を支えているブラックが厳かな引き立て役として輝いているのかはお酒でも飲みながらお話ししましょうか。