【RAL / Tonbo Jacket】真冬の山と街でトンボジャケットを着てみた

RAL_TonboJacket

防風性と保温性を備え、真冬のライドに最適なジャケット、RAL / Tonbo Jacket。

昨年の冬は仕上がった最終サンプルを着てよくライドに出かけていた。雪がぱらつく中でも快適なライドを提供してくれる頼もしい相棒だ。 しかし、そんな極寒の状況下で着ていた事もあって、通勤以外のライドで使うには「まだ暑いのでは?」と悩んでしまい、今年はなかなかライドで着始める事ができずにいた。

機能的なウェアとはいえそこそこ生地に厚みのあるジャケットなので、暑くなったら脱いで携行するということが難しい。 それなりに大きなバッグを持っていれば収納もできるだろうが、極力荷物を少なくしておきたい休日のライドではそうもいかない。

でも悩んでばかりで着ていくことを躊躇し続けてももったいない。 ヨシ!と心に決めてライドに出かけたのが昨日のブログで紹介した日のライド。 その日の名古屋市内の最高気温は12度最低気温は2.8度だった。

 

ジャージとレーサーパンツで走るハードなライドにも対応

RAL_TonboJacket

ベースレイヤーにはSEARCH AND STATEの夏用のノースリーブのベースレイヤー であるLightweight Merino Base Layerを、ミッドレーヤーは同じくSEARCH AND STATEのロングスリーブジャージであるLong Sleeve Merino Jerseyを、そしてボトムスにはASSOSのビブタイツを履いた。

RAL_TonboJacket

名古屋から瀬戸までの平地は快適そのもの。 しかし登りが続く峠ではやはりオーバーヒート。 脇のベンチレーションを開け、最後にはフロントジッパーも完全に開放した。 それでも脱ぎたくなるまでにはならず、その状態で無理なく登り切ることができた。 風がとても冷たかったこともあり、冷却効果は抜群だからとも言えるだろう。

ただフルオープンの状態になったのは三国山を登っている時だけ。 それ以降、アップダウンが続いたりもしたが、基本的には脇のベンチレーションとフロントジッパーの少しの上げ下げだけで対応ができた。 また下りでは着ていてよかったとホッとするくらいだった。 ちょうど帰路の雨沢峠の気温計は6度を示していた。

結果的には10℃以下のシチュエーションでのTonbo Jacket投入は正解だった言える。

 

ちなみに昨シーズンの雪のパラつくライドでは、ベースレイヤーにACLIMAWarmwool Woolnet Crewを、ミッドレイヤーにはACLIMAのWarmwool Granddad Shirtを着ていた。

Tonbo Jacketは街中を駆け巡るサイクリストが快適に冬を過ごせるようにと考えられたジャケットではあるけれど、僕のようにビブタイツとビンディングシューズを履いて、そこそこハードなライドへでかけるのもお勧めしたい。 もちろん僕自身はこれからの冬本番はこのスタイルでのライドが多くなるだろう。

 

通勤のアウターとしても大活躍

RAL_TonboJacket

何度も言うが、日常での使い勝手も抜群なので、通勤時にも良く着用している。
先週末は特に冷え込んだが全く問題なく、快適に通勤することができた。

身長170cm、体重60kgの僕が着用しているのがSサイズ。タイトなシルエットのためスウェットやフリースのようなウェアを中に着るには苦しいが、その必要はないのでこのサイズで丁度良いと思う。 僕と同じような体型で、もう少しゆとりを持って着たいということであればMサイズがお勧めなのだけど、実は各色すべて既に完売となってしまった。

ちなみにその他にもLサイズ、XXLサイズは全カラー完売、残るは各色のSサイズとKhakiのXLサイズのみとなってしまっている。

 

そんな状況でもあるので、これまでなかったXLサイズの着用画像を身長183cm、体重76kgのギシくんにモデルなってもらい撮影した。

RAL_TonboJacket

スタイルが良いと本当に様になる。羨ましい。。。

 

私たちと似たような体型で、冬用のジャケットをお探しの方はTonbo Jacketお勧めです!

RAL_TonboJacket

【RAL】
Tonbo Jacket

PRICE:¥ 33,000(税込)
COLOR : Khaki, Charcoal, Red
SIZE : S, M, L, XL, XXL

yanakku
柳瀬公識

サークルズ歴と自転車歴はだいたい同じ。 通勤をメインに自転車を利用するようになり、それまで車や公共交通機関を利用して足を運んでいたいろんな場所へ自転車で赴くように。 それからメッセンジャーなども経験しつつ、今ではロードバイク・マウンテンバイクと様々なアクティビティを楽しんでいる。
柳瀬公識の記事一覧