【POC】それは憧れのヘルメット

「POCのヘルメットを見にきました。」と、お客様。
『チャレンジャー現る。』と、私は心の中で呟く。

スウェーデンのストックホルムに拠点を置くPOC。 ウインタースポーツの製品開発から始り山というフィールドの共通点からMTBシーンへと参入、現在ではロードバイク製品のラインナップも充実している。 ウィンタースポーツ経験者のサイクリストはその名を知っている方が多かったが、当時、そうで無い方にはその名を知らぬ方が多かった。

しかし、波のような流れるようなデザインが主流だった中、お椀に穴を開たような独特なデザインは印象的でもあったし、ツールド・フランスなどに出場する海外のトップチームが使用した事により、一気にサイクリストの中で認知されていくこととなった。

個人的にはそのデザインに惹かれ『被ってみたい!』と思ったのだが鉢が張り、後頭部が絶壁の頭の形状をした私には全くフィットせず、着用を断念することとなった。

そんな気持ちも全く無くなっていたある日、一部のモデルでアジア人向けのワイドフィットが登場するという朗報を耳にした。 『これで私もPOCのヘルメットが被れる!』とその登場を今か今かと期待していた。 しかし、元々が幅の狭い形状のため、幅が広くなったそれですら私には被る事ができずとても悔しい思いをしたのだ。

だから「POCのヘルメットを見にきました。」と私と同じような気持ちで足を運ぶ方には『さて、あなたにはこれが被る事ができるかな。』と思ってしまう。 実は、密かにそんな気持ちを抱きながら試着をしてもらうのだが、私の予想を覆し被ることのできる人は多いのだ。 そう、私にとっては憧れのままのヘルメットなのだが周りを見渡せば、スタッフはもちろん一緒にライドにいく仲間の中にもPOCの使用者は多いのだ!

そんなPOCのヘルメット、新作がドドっと入荷したのでご案内します。


軽量化と安全性を両立するVentral Lite WF

【POC】
Ventral Lite WF

PRICE : ¥38,500 (税込)
COLOR : Uranium Black Matt, Uranium Black/Hydrogen White Matt, Granite Grey/Lemon Calcite Matt
SIZE : S (55-58cm) , M (59-61cm)

軽量化を追求し、尚且つ安全性を犠牲にしないVentral Liteは、調整システムやストラップからライナーやシェルまで、ヘルメットのあらゆる点で、可能な限り最軽量で保護するように設計されています。 従来のヘルメットの構造を再構築し、密度の異なるEPSライナーを採用。 外側のPCシェルは頭部を守るために確実に必要なものだけにし、重量を軽減しました。

効果的な空気の流れるを生み出すベンチレーションの配置と内部構造により、高速と低速の両方で、信じられないほどに快適な冷却効果をもたらします。

Ventralをもとに開発されたデザインは、後流を大幅に減らして空力特性を向上させ、ヘルメットの周囲よりも内部を通気するように空気の流れを導きます。それによって気流とスピードが向上し、空気がヘルメット内を効果的に通過することで優れた換気性能と冷却効果を生みだします。

またヘルメットの周囲を移動する残留空気は、空気力学的に最適化された後縁によって制御され、乱気流を低減し、ヘルメットおよびライダーから長い線形の空気流を生成して空力性能を向上させます。

このような 優れた機能性を備えたVentral Liteは、トップ選手にも愛されるものとなりました。
そしてそのベースとなったのが次に紹介するVentral Airです。

 

POCのロードヘルメットを代表するVentral Air WF MIPS

【POC】
Ventral Air WF MIPS

PRICE : ¥36,300 (税込)
COLOR : Lead Blue Matt, Uranium Black Matt, Hydrogen White, Zink Orange AVIP
SIZE : S (55-58cm) , M (59-61cm)

Ventral Air WF MIPSは、どのような状況でも頭部の快適性を保つように設計されたベンチレーションと内部構造により、頭全体を最高の冷却効果で包み込みます。 また脳の保護専門メーカーMIPSの最新技術により、回転衝撃への保護が強化。 さらにライナーにはEPSを採用しているため、軽量化とクラッシュ時のプロテクションを実現しています。 そしてフルラッピングされたポリカーボネイト・シェルが構造的安定性を向上させています。

内部には軽量な360°アジャストシステムを装備しているので、快適なフィット感を得ることが可能。 独自に設計された内部のエアフローチャンネルで通気性を確保し、どのような状況でもエアロダイナミクスに影響を与えずに性能を発揮します。 独自の空力設計のは、CFDテストにより乱気流を最小限に抑えることも証明しています。 最適な22°のトレーリングエッジによって、周囲の乱流を抑制します。ヘルメット前面にはサングラスを収納できるアイガレージは、特殊な高摩擦パッドを採用しているので落ちにくくなっています。

 

快適性と機能性を備えたロード用ヘルメット

【POC】
Omne Air WF MIPS

PRICE : ¥27,500 (税込)
COLOR : Lemon Calcite Matt, Hydrogen White, Uranium Black Matt, Lead Blue Matt
SIZE : S (55-58cm) , M (59-61cm)

Omne Air WF MIPSは、快適性と機能性を兼ね備えたロードバイク用のヘルメットです。 脳へのダメージを和らげる為に、そのスペシャリストであるMIPSの最新技術を搭載し、回転方向の衝撃への保護が強化されています。 アウターシェルは耐久性に優れる、ポリカーボネイトを採用。 内部には360°調整可能なシステムが備わっているため、簡単に快適なフィット感を得られます。 ヘルメット前面のサングラスを収納できるアイガレージは、特殊な高摩擦パッドを採用しているので落ちにくくなっています。よりスリムなヘルメットの形状は、ヘルメットの軽量化にも繋がっています。

またVentralに比べ丸く、柔らかな雰囲気を持つこのOmneは、ロードバイクを操るサイクリストだけでなくグラベルライドやツーリングを好むサイクリストにも愛されるモデルとなっています。


サイズ選びが難しいヘルメット、ご来店頂ける方はぜひ一度試しにいらしてください。


またPOCはその他にもサングラスやウェアのラインナップもございますのでヘルメットと合わせてご確認ください。


新緑の、自転車に跨って山の中を颯爽と駆け抜けるのには最高の季節となってきました。
安全に気をつけサイクルライフを堪能しましょう。

 

yanakku
柳瀬公識

サークルズ歴と自転車歴はだいたい同じ。 通勤をメインに自転車を利用するようになり、それまで車や公共交通機関を利用して足を運んでいたいろんな場所へ自転車で赴くように。 それからメッセンジャーなども経験しつつ、今ではロードバイク・マウンテンバイクと様々なアクティビティを楽しんでいる。
柳瀬公識の記事一覧