コンポの新たな選択肢 microSHIFT / Adventシリーズに注目してみよう

多様化するバイクアッセンブルの新たな選択肢として、サークルズで取り扱っているmicroSHIFT / マイクロシフト。

導入することとなった背景や、microSHIFTブランドのものづくりに対する考え方については、こちらの記事をチェックいただくとして、今回はmicroSHIFTのラインナップのうち、Advent / アドベントにフォーカスを当てて紹介していきます。

Advent:ウォレットフレンドリーな1×9速コンポ

microSHIFT現行ラインナップの中でも中心的存在であるフロントシングルを想定したAdvent X / Advent / Acolyteの3つのコンポーネントのうち最初にリリースされたAdvent。

11速がスタンダードだった当時に、9速コンポーネントをリリースするということにとても驚いた記憶があります。同時に、最先端を追い求めるのではなく使いやすさを大切にしたいという実にmicroSHIFTらしい展開だなと思いました。

今回は、そんなAdventシリーズの特徴、またどういったバイクへのアッセンブルがおすすめかについてご案内します。

Advent / アドベントの特徴

①:ドロップハンドル、フラットハンドルどちらにも対応するシフターラインナップ

フロントシングルという性質を活かし、ドロップバー用のドロップバーシフターからフラットバー用のトレイルトリガーシフターのラインナップに加え、サムシフターとバーエンドシフターもラインナップし、コクピットの仕様に関わらずアッセンブルの選択肢を持つのは昨今のバイクアッセンブルの多様化においてとても心強いですね。

「現状はフラットバーで乗っているけれど、将来的にはドロップバー化したい」そんな要望もコンポを買い替える必要なく最小限の費用で叶えることが可能です。

②:ドロップハンドル用左レバーには、ドロッパーポストのリモートレバーとして使えるモデルをラインナップ

Advent Drop Bar Shifters 1×9 / SB-M090 は左右セット以外に別売りでの展開もあり、左用レバーには別売りでドロッパーポストのリモートレバー Advent Left Drop Bar Intergrated Dropper Lever / SB-M090-LD もラインナップされています。

③:リアのスプロケットは、グラベルバイクやMTBにおいて使いやすいワイドレシオな 11−42T / 11-46Tの2展開

Adventという名の通りアドベンチャーライドを視野に入れたモデルということで、シンプルな1×9速のアッセンブルにも自由度を持たせるワイドレシオ設定。またスプロケットはスタンダードなシマノHGタイプのカセットボディーに対応するので、ホイールの選択肢に縛られるようなこともありません。

④:リアディレーラーには、クラッチが装備されチェーンが外れにくくなっています

トレイルライドも念頭に入れて開発されているだけにチェーンテンションを保つクラッチ機構を標準装備。クラッチは独自のRachet-and-Pawlクラッチを採用し、荒れた地形でもより丈夫で強力なチェーンマネージメントを実現します。また、このモジュラーデザインは、簡単に調整でき、完全な修理が可能です(これについては後日改めて解説します)。

また、Adventは一般的な9速チェーンリング・チェーンに対応しています。

Adventを活用したバイクアッセンブル例

末長く使い続けられる頑丈さを持ち、入手しやすい価格帯も魅力なユーザーフレンドリーなコンポーネント・Advent。実際にどんなアッセンブルができるのか、実例をご紹介します。

グラベル・ダートツーリング系バイクと好相性

やはり、グラベルやトレイルライドを想定した車種にはとてもフィットします。
特にドロップバー・フラットバー問わず幅広いアッセンブルの可能性がある車種ほど、コクピット構成に対してフレキシブルなAdventの特徴を活かすことができます。

デイリーバイクのアッセンブルに

シンプルな構造、そしてトラブルレスで末長く使い続けられることを活かしてデイリーバイクへアッセンブルするのもAdventの有効な使い方。お求めやすい価格帯ですので、いわゆるパーツからの0組みアッセンブルする際、コンポーネントの選択肢としても提案しやすいです。

OLD MTB・オーバーホール車体のアップデートに

もちろん新車へのアッセンブルだけでなく、既に使い込まれているバイクに対してもAdventは相性が良いです。

オーバーホールのタイミングでコンポーネントのアップデートをお考えの場合には是非Adventをご提案いただければと思います。多くの場合、既存のクランクやホイールなどを流用してアッセンブルが可能ですし、サムシフターやバーエンドシフターのおかげでこういったバイクの雰囲気を崩さずスタイリングが可能です。

Avatar photo

Circles
Circles

名古屋の自転車屋、Circlesです。This is Circles Bike shop in Nagoya Japan.
Circlesの記事一覧