来店予約はこちら

【プレゼントにも是非】ヨツバサイクルの子供自転車をオススメする理由

皆さま、はじめまして。配送、在庫管理を中心に行っている高木です。

カロリーが美味しい時期が来ました。今年も絶賛増量中です。

さて、私には子供が7歳と4歳の子供がいます。(むちゃくちゃかわいい)

下の写真は2年前です。きゃわいい。

はじめてのキッズバイクを選ぶ際に、高木家ではヨツバサイクルを選択しました。

今回はそのことについて書いてみたいと思います。

キッズバイクは何が重要?

初めてのキッズバイクや、成長して次のバイクを選択する際に迷うことが多いと思います。

子供の身長に合わせたサイズとか、ペダル付きかキックバイクか….などなど色々考えますよね。

でも、普段から自転車に乗っている皆様は何が大事かご存知と思います。

「軽いは正義」

大事なことなのでもう一度言います。

軽いは正義!

特に子供自転車には軽さは重要です。小さな体の子供達の1kgと大人の1kgとは意味が違います。

よく見る一般的なカゴ付き16inchのキッズバイクとの比較ですが、一般的なキッズバイクが12kgくらいでヨツバサイクルは7.5kgです。

お子様が自転車を楽しもうと思うと、12kgの自転車をコントロールするのは中々難しいと思います。

軽い事で漕ぎ出しやコントロールがし易くなります。

それで、私の長男には何を買ったかと言うと、ヨツバサイクルです!!

私がヨツバサイクルを選んだ理由

色々理由はありますが、大きな理由が2つあります。

  • 軽くて、サイズも他社メーカーに比べると細かく設定されている
  • 色がかわいい

この辺りをもう少し詳しく説明しましょう。

その1:軽くて、サイズも他社メーカーに比べると細かく設定されている

ヨツバサイクルの場合、同じモデルでも12インチから27.5まで2インチ毎に細かく設定されています!

この写真はメーカーのページからの抜粋ですが、一番小さいサイズは、90センチ前後のお子様用から用意されています。

ちなみに18インチに関しては大手自転車メーカーだと用意されていないことが多いので、体が大きくなって16インチじゃ小さい、20インチじゃ大きいといった悩みも解消しやすいです。

その2:色がかわいい

また、もう一つの理由が、色がめっちゃかわいいってことです!!!

だってかわいい愛する子供たちにはかわいい自転車に乗って欲しいじゃないですかあっっっああぁぁぁぁああくぁwせdrftgyふじこlp!!!?!!?!?!?!?????!!!

ゲフンゲフン………失礼しました。思わず取り乱してしまいしたが、色と様々なモデルを写真で紹介しましょう。

各モデルの詳細や価格はWEB SHOPでもご確認いただけますよ。

うちの子にはまだ早いかな?と思った方へ

サークルズでは「うちの子にはまだ自転車は早いかな〜〜?」と思っている親御さんにもピッタリのアイテムがあります!

これはペダル付き子供用自転車をキックバイクに変換してしまうお役立ちツールです。大きくなったら外していたクランクを再インストールすれば、愛車に長く乗ることができます。

そして、クランク、チェーンリング、チェーン、ペダルを取り外すことでこの位軽くなるんですよね!(上の表からざっくり0.9kgマイナスくらいの重量と考えていただければ!)

冒頭に申し上げた「軽いは正義!」という鉄の掟に従えば、これは大正義に違いねぇ……!

CIRCLES ORIGINAL Kick Changer

詳しくはこちら ↓ の記事を見ていただければ!と思います。

いや、キックバイクで良く無い?そう感じたそこのお父さん!お母さん!

大事なことは、

・同じ車体で練習できる!

キックバイクができた後に違う車体に変えるより慣れた自転車でペダルの練習した方が良いです。

・ブレーキがついている!←これが一番大事!

当たり前ですが安全面からブレーキを操作できる事は非常に大事です。ブレーキを覚えるのは早いうちが良いです。

お子様へのクリスマスプレゼントにヨツバの自転車はいかがでしょうか?

今年はクリスマス特集として、無料で簡易ラッピングを承っております!店頭でお申し付けいただけるのと、ウェブショップでは購入の際に備考欄へ「ラッピング希望」とお申し付けいただければラッピングさせていただきます!

キッズバイクやアクセサリーも展示があるので是非ご相談ください!(ウェブショップでも取り扱っております!)

その他に大事な物はヘルメット、グローブ、初めて乗るお子様には恐怖心を減らすためにもプロテクターが必要です。

ちなみに、ヨツバサイクルには27.5インチが有るので妻も乗っています。

親子で公園へヨツバサイクルで行くのもステキですね!

ということで、みなさま良いクリスマスをお過ごしください!


Avatar photo

takagi
高木 哲一


高木 哲一の記事一覧