池山 豊繁
Shop Manager / Racer

池山豊繁

Ikeyama Toyoshige


Facebook
twitter
Instagram
strava
学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。 サークルズスタッフ最年少を公言していたが、今ではニュージェネレーションも加わり、古参の存在。 でも身長も最小です(163cm)。

昨シーズンまでシクロクロスC1ライダーでしたが、今期からC2へ降格。 速く走ることも大事ですが、強く走りきることのできるサイクリストでありたいと思います。お酒は苦手ですが、無類のカルピス好き。 現在SimWorksUSA特派員としてアメリカ駐在中。

Bikes:

DSC_5977

Hunter Round Top Road【詳細】
Hunter CX

Hunter CX 【詳細】
DSC_5543

Cielo MTB【詳細】
PARLEE Z5i

PARLEE Z5i 【詳細】
DSC_2403

Cielo CX Racer 【詳細】
Hunter Round Top Road(Repaint)

Hunter Round Top Road(Repaint) 【詳細】

【SEVEN CYCLES】これぞカスタムオーダーの醍醐味。

先日入庫して来た SEVEN CYCLES / Axiom。 旅で使われているバイクということで、塗装の剥げなどもあり、今回は球体ペイントでの再塗装に加えてオーバーホールのご依頼を頂きました。

旅での使用ということで、飛行機に積む際にできるだけコンパクトにできるよう、S&Sカプラーというフレームを二つに分割できる部品を装備した仕様で作られたフレーム。

元々は前後キャリパーブレーキで運用していたようですが、制動力を優先してフロントだけフォークをWOUND UP / Gravel X Disc Fork に換装し、ディスクブレーキ化。

ペダルもロードペダルではなく、MTB用のペダルを使っていることからも、オーナーさんがこのバイクとともに様々な土地へ旅をしているのを伺い知れます。

もちろん、乗り手の身体に合わせてフレームを作るというのはもちろんのこと、それをどのように使っていくかをより明確にし、それに合わせた世界に1台だけのバイクを作ることができるのがカスタムオーダーの醍醐味。

特にセブンは、彼らが長年培って来た独自のフィッティングメソッドに基づいた事細かなカウンセリングにより、カスタマーひとりひとりに最良のバイクを作ることを可能とします。

今回は、S&Sカプラーの分割部分に合わせて塗装を塗り分けたいということで、SEVENよりデカールを手配しリペイント。

しっかりとオーバーホールし、また新たな旅への準備が整いました。

このバイクでオーナーさんがどんな景色を見るのかを想像するだけでもワクワクしますね。

【SURLY】Nice build by Ponderosacyclery

ネブラスカ州のバイクショップ Ponderosa Cyclery の組んだバイクがとってもクールだったのでご紹介。

ベースとなるのは、SULRY / Trucker Deluxe。

残念ながら今ではもう廃盤となってしまったモデルのこのバイクはロングホールトラッカーにS&Sカプラーがついてフレームを分割できるようにしたモデルでした。

チェーンリング・リアコグ共にディングル仕様(2枚x2枚の好きな組み合わせでシングルスピード運用ができます)で、奇跡的にチェーンの長さがちょうど良いところに収まったのでしょう、テンショナーなども付けていないミニマムなアッセンブル。

ハンドルはSIMWORKS BY NITTO / Mowmow Bar 、タイヤはSIMWORKS BY PANARACER / The Homage 26″ に、リムはよーく見るとVELOCITY / Nobs

あまりお金をかけていないけれど、しっかりと押さえるとこをは押さえていて個人的にとても好きなアッセンブルです。

日々の通勤やちょっとしたツーリング、そして分解すれば旅先へだって持っていける。 予算は限られるけど、せっかくのバイクなんだから、自分の暮らしにしっかりとフィットしたものが欲しいですよね?

そんな時は我々バイクショップの出番。

ぜひお気軽にアレヤコレヤをご相談ください。

【SILCA】Maratona Gear Bag for Traveling!!

日本各地で行われていたシクロクロスシーズンも終盤に差し掛かりましたが、冬を越えるとまた春に向けて本格的なロードライドのシーズンに突入しますね。

シクロクロッサーにとっては冬も夏も関係ないかもしれませんが、今回は、これから暖かくなっていく中で、ライドやレースに出かける際にあると心強いアイテムをご紹介。

この大きな存在感を放つバッグは、自転車での旅行またはレースに参加する人たちのために作られたMaratona Gear Bagと呼ばれる自転車専用バッグ。作っているのは、アメリカで高品質なポンプを作っているSILCA / シリカというブランドです。

元々は1917年にイタリアで生まれた自転車業界で最も古い会社のひとつであり、同じ家族が継続的に所有していましたシリカですが、現在はカーレース産業が盛んなアメリカのインディアナ州インディアナポリスに製造拠点を移し、創業当時と同じく、美しく、機能的で、強度が高く、耐久性があり、長寿になるようなモノづくりをモットーに質の高いポンプを生み出しています。

そんなシリカ、昨今ではポンプ以外にもライドで便利なアイテムも積極的に生み出しており、今回ご紹介するこのMaratona Gear Bagもそんなアイテムの中の一つです。

【SILCA】
Maratona Gear Bag

通常時サイズ:55cm x 35 cm x 22cm
拡張時サイズ:60cm x 40cm x 25cm
Price : ¥22,800-(税抜)

– 飛行機の機内持ち込みサイズ規定を最大限に生かしたデザイン

自転車を持ち込んでの旅行、またはライドやレースで遠征する際には、ヘルメットやシューズ、そしてサイクリングウェアや着替えなど、荷物が増えてしまいがち。

このバッグはそんなサイクリストの遠征や旅行を想定し、飛行機の機内持ち込みサイズ規定を最大限に生かしたデザインになっています。

-整理しやすく設計された内部
ワークプレースや座る場所にも機能するトップフラップ

通気孔を備えた内外部から取り出しのできるシューズバッグ、除湿性のある生地、そして内部に備え付けられたウォーターボトルホルダーを備え、レースやライドが終了した後に使用したものなどを他の物と区別できるように、バッグの中が整理しやすくなるよう設計されています。

パッドの入ったトップフラップは完全に開くことができ、地面に対してフラットなるため、自転車の準備をするワークプレースとして、また、靴を履き替える際に座る場所としても機能します。

-快適な移動を約束してくれる3つのハンドルとショルダーストラップ

3つのハンドルと収納可能なショルダーストラップを使用することで、一瞬にしてダッフルバッグからバックパックに変形させることが可能。

どこからでもバッグを掴むことができ、ショルダーストラップは空港へ向かう時、そして街へ出かける際、または次のレースへ移動する際など、とても快適な移動を約束してくれます。

もちろん建前としてはサイクリストのために作られたバッグなのですが、自転車専用品と捉えるのはもったいないくらい、普段の旅行にも大活躍するバッグだと思いますので、旅のお供としてもとてもオススメです!

【KONA】Unit in the snow.

SNSを開けたら強烈な写真が目に飛び込んできたのでご紹介。

Photo by @foundinthemountains


The Radavistの寄稿者でもあるカナダはノースバンクーバーのMorganさん a.k.a @foundinthemountainsKONA / Unit。 そう、一瞬目を疑いましたが、紛れもなくUnitです。

真っ白な雪景色の中、最近もっぱらこのバイクでコミューティングを楽しんでいる彼、完成車はシングルスピード仕様ですが、手持ちのパーツで多段化し、フロントラック+WALDバスケット、そしてとどめにSIMWORKS BY HONJO / Flat65をインストールして冬でも快適な通勤仕様に。

普通のマウンテンバイクだったらこんなことできないけれど、Unitはこんな形にも化けるのです。 Morganさんのこうやって使いたいっていうイメージがとても伝わるリアリティーのある一台ですね!

【TODAY’S】今日の一着。

来週後半から一気に暖かくなるという予報が出ていますね。 そろそろ春の支度を始めたいところですが、現在開催中の WINTER ARCHIVE SALE のアイテムを見渡してみると、まだまだこんな良いものもあるじゃんか! ということで、今日は個人的なオススメのアイテムでのコーディネートをご提案。

サイズ的にも私が着れるサイズってことで、165-175cmくらいの方にフィットするアイテムとなっております。

Tops : 【CAFE DU CYCLISTE】 M’s Alphonsine Fleece Jersey
Bottoms :
【CAFE DU CYCLISTE】 M’s Marilou Padded Winter Tight

大胆な赤色のビブタイツも彼らの手にかかればこうなる。 挑戦的なカラーリングの中にもどこか落ち着いた印象を与えてくれるトーンの色味は、フランスらしさを感じます。

メリノウール+フリースのジャージは暖かいのはもちろんですが、程よい通気性のおかげでまだあと少し活躍しそうです。

ちなみにセールとは関係ありませんが、足元には QUOC / Gran Tour を合わせました。 防水性を備えたシームレスなアッパーのおかげで、今の時期ならシューズカバーなしでも快適なので、グラベルライドだけとは言わず、幅広く使うことができる一足です。

【QUOC】
Gran Tourer

Price : ¥29,000-(税抜)


こちらは、一部サイズ欠けが出ていたものが再入荷しております。 それでも全サイズ・全カラーで揃ってる状態ではありませんが、今回を逃すと次回入荷までは少し時間を要しそうなので、気になっていた方はお早めに!

ちなみに、写真は RIDE IS LIKE HAIKU でお馴染みパイセンから送られてきた一枚。

まだ少し雪が残る山の中を、漕いでると言っていいのか、それともほとんど担いで歩いていると言っていいのか、ただこのシンプルなブラックのGran Tourerを泥々に汚して使っているところにパイセンイズムを感じずにはいられません。

【OMATA】 Hour of Power

Words by Rhys from OMATA.

人生は忙しい。仕事、家族、そして睡眠の全てが詰まっている。

自転車を走らせている間、そんな多忙な日々を繰り返し考えている。 僕の人生は多忙さに加え、その隙間に打たれている楔のように自転車の時間がある。 そう、人生の合間に時間を見つけては自転車を走らせるように努力をしている。

それと同時にいつも思うことは、もし反対に、僕の人生が毎日自転車を走らせるだけのものだったらと。 でも、そんな状況を作るには、プロになってスポンサーがつくか、今の僕とは違う人生を歩まなければならない。

僕は自転車を走らせる時、限られた時間の中でできるだけ有益なものを得られるようにエクササイズをするように常日頃から心がけている。 それが、フィットネスであっても、ただ単に幸せを感じるだけだったとしても、何かクリエイティビティーが思い浮かんだとしても、もっと言えば、その3つを同時にやってのけたとしても。

やはり自転車を走らせる時間は必要であり、だからこそ人生の合間に『楔』が必要になる。 そして今の時代は幸運にも科学の発展が著しく、トレーニングでは練習量を減らし、より厳しい練習(量より質)をすればより多くのレベルアップが期待されるという結果(Bless you Ned Overand)も出ている。

僕たちは意図的に時速18マイル = 時速30キロという速さに固執している。 これは人間の認識力の考え方から読み取っている数字でもある。 おおよそ時速18マイルと時速30キロは自転車における巡航速度であり、周りを見渡したり、旅をするには最適の数値なのだ。 そう、要するに、そのスピードに達すると、OMATAスピードメーターの針はまっすぐ前に向くようになっている。 小さいことだけれど、僕たちはそんな事が好きである。

その結果として、1時間のライドで18マイルを走れるように少しずつだが影響され始めていることに気づく。

もちろん、オフロードや様々な地形での走行においてその数値を目指すのは現実的ではないし不可能に近い。 加えて、僕はマウンテンバイカーなので、例え時速12マイル = 時速19キロであっても土の上を駆け抜けるのが大好きだ。

あなたの『体を動かす時間』や『楔的なライドの時間』はどんなものでしょうか? そんなあなたのライドがインスタグラムやSTRAVAでシェアされたら最高である。

『hours of powers』の写真を撮って、OMATA One Utility Appと一緒にSTRAVAに共有ましょう! その前に、まずはライドを楽しんで!

【OMATA】
One GPS Bike Speedometer KPH

Price : ¥78,000-(税抜)

【RIDE】Monster Crossたれ。

今更ながら、12月に訪れた伊豆を振り返ってみる。

目の前には海、そして背後には山が聳えるこの地、名古屋からも4時間はかかる陸の孤島は、簡単に行くことができないからこそ、惹きつけられるものがあります。

今回は山伏トレイルツアーのみんなが新しく始めたゲストハウス、Lodge Mondo – 聞土 – / ロッジモンドを拠点に伊豆を満喫。 自転車はもちろん、ハイキングやサーフィン、釣りと、とにかく自然豊かなこの地で様々なアクティビティーを楽しみたいという方にとっての心強い拠点となるので、ぜひ伊豆への旅行を計画されている際には、ロッジモンドに泊まってみてはいかがでしょうか?

伊豆滞在最終日は、サークルズカンパニー全員揃っての山伏トレイルライド。 ロッジモンドから自走でアクセスもできるので、今回はSKLAR / Monster Crossでトレイルへ。 480mmとワイドなハンドル幅をもつSmog Cutter Barのおかげで悪路も気にせずに走りきることができました。(セカンドロットのプレオーダーは13日までですよ!)

「この一台で何でもできる」っていうのは、裏を返せばどこも中途半端とも捉えられるわけですが、家から自走でアクセスして、オンオフ問わず走り回りたいという僕の遊び方を考えるとこれに変わるものはないと思うし、何か一つで100点を取ろうと考えずに、広く満遍なく80点を取りたいと思う欲張りな僕にはこういったバイクがぴったりなんです。

✔️:なるべく広めのハンドル

✔️:なるべく太めのタイヤ

✔️:新たな道を切り開こうという探究心

✔️:それを共有する仲間

それさえあれば、また新しい道が開けるんです。 様々なバイクを乗ってきた人たちが行き着く答えとして、そしていろんな遊び方にチャレンジしたいという方にとっての最良のチョイスになると僕が保証します。

【WITH BICYCLE】

世界中を旅したからこそ、彼は今こうして日本をまわっている。 しかも行く先々でコーヒーを振舞いながら。

やりたいことをやるって、言葉にするのは簡単ですが、やっぱりそれを実行し続けることが大切なんだなと。 彼に改めて教えてもらいました。

人は一人では生きていけないし、今ここでふと周りを見渡しても、本当に多くの人に支えられているっていうことに気付きます。

世界の旅で感じたこと、そしてこの国でそれを返すべく伝えていこうと、次の街を目指して彼は今日もペダルを漕ぎ続けています。 彼に負けないように僕らも伝えていかなければ!

西川さん改め、まーくん、本当にありがとうございました! そしてまたどこかで会いましょう!

WithBicycleに彼の今回の旅のスタイルを掲載しておりますので、是非そちらもご覧ください。 まだまだ彼の旅は続いておりますので、みなさま応援よろしくお願いします。 そしてもしあなたの街に彼が訪れた際には、是非とも会いに行って欲しいと思います。

【SMOG CUTTER AGAIN】

昨年の秋に数量限定にてアメリカ、ロスアンジェルスの銘店GSCと、シムワークスとのコラボレーションモデルとして発売し、またたく間に完売いたしました、SMOG CUTTER BARですが、先方からの強い要望でセカンドロットの生産が決まりました。

ただ今回の再販分に関しても限定的な生産となりますので、今回のプレオーダーにて発注をして頂いたお客様のみへの販売となります。

なお商品案内につきましては、下記にシムワークスでのリリース時のブログを展開しておきましたので、ぜひご一読の上、ぜひこの機会をお見逃しないよう、皆さまのご注文をお待ちしております。


LAのシルバーレイクという街にある小さな自転車屋 GOLDEN SADDLE CYCLERY / ゴールデンサドルサイクルリー。 小さな佇まいのお店ではあるが、既成概念をぶっ壊し、自転車という自由なファンツールを使い、その楽しさを世界中へと発信しているバイクショップです。

そんな彼らは、シムワークスUSAの初期からのディーラーであり、ありがたいことに僕らの目指していることを理解してくれ、サポートしてくれている大切な仲間でもあります。


ある日、ショップマネージャーの Kyle Kelly / カイル・ケリー からこんなリクエストがありました。

「ヘイ! 一緒にハンドル作ろうぜ!」

「ワイ ノット!」

なんて2、3のワードのやり取りだけで作ってしまったとはいいませんが、彼らのセンスを信じ、われわれのセンスを信じてくれる互いのリスペクトが生み出したスーパー・リミテッド・エディションなドロップバーがこの Smog Cutter Bar / スモッグ・カッター・バー なのです。

彼は、先日THE VANILLA WORK SHOP BUILD-OFFにて語った熱い気持ちを、実はこのハンドルにも込めていました。 「今まで乗った快適なトラックバイクの、それより更に快適なトラックバイク。 ストリートのキッズから嘲笑われちまうよなギヤ比のトラックバイクね。 そこいらのシクロクロス車よりもワイドなドロップバーがついてるトラックバイク」 その気持ちを汲み上げたシムワーカーズは寝ずの番に徹し、日東とコンタクトし、とにかく彼のリクエストを正確に形にしたのです。

SimWorks by NITTO
Smog Cutter Bar / GSC Limited

Material : Heat Treated Aluminium
Width : 480mm (C–C at ends)
Center diam. : 31.8mm
Bar diam. : 23.8mm
Reach : 78mm
Drop : 128mm
Weight : 366g
Color : Ice Grey Anodized
Price : ¥11,800-

コクピットはコンパクトに、幅は最大に広く、エンドは短く。 さらにはこのハンドルのみのスペシャルデザインを施し、トラックバイクのみならずCXやゆったり系ロングライドにまで使用できる最高のマルチユース・ドロップバーがここに完成しました。  

もちろんハンドルはMade in Japan 日東製。 高い信頼性と共に、快適なハンドリングをカイルの心意気とともにインストール願います。    


シムワークス オフィシャルウェブストアとサークルズ ウェブショップにて、本日より2月13日まで先行予約をしていただけます。

*製品の納品時期はNITTOの生産スケジュールが若干不安定のため、多少の前後はありますが7月の上旬を予定しております。

*なおこの製品のプレオーダーに関しては、いかなる理由 (納期遅延など)がありましてもキャンセルは不可とさせていただきますこと、ご了承くださいませ。

Photo By John Watson from The Radavist

【WTB】Before → After

先日ご紹介した650bx47mm特集、早速その良い事例がピットイン。

WTB / Nano 700x40c を履いていましたこちらのHunter。 やはりもっと荒れた道も臆することなく突き進みたいと思うのは男の性なのです。

650Bのホイールセットを新たに組み、タイヤは WTB / Sendero 650Bx47mmをチョイス。 はっきり言ってこれを履いてしまえば無敵艦隊。

650Bx47mmのタイヤを導入するにあたってもう一つのポイントは、リムのチョイス。 今回は VELOCITY / ヴェロシティ の Aileron / イルロンをチョイスしました。このモデルに650Bのサイズ展開があるってご存知でしたか?

もちろんタイヤ幅に対してリム幅が問題なく対応していることが重要なのですが、使用するタイヤ幅は47mm以外にどれくらいのものを想定しているか、またそれはフレームのタイヤクリアランスにも関係してくるので、一筋縄には行かないので要注意。

今回はこれ以上太いタイヤを履くという選択肢はなかったため、イルロンをチョイスしました。 いわゆるグラベルロードやオールロードといったバイクを650B化する場合、多くのバイクはタイヤ幅47mmが限界値であることが多いので、強度と軽さのバランスに長けたこのリムは定番の選択肢としてとてもおすすめです。