柳瀬公識
2F Tailored Manager

柳瀬公識

Yanase Kiminori


Facebook
strava
アパレル出身ってこともあり、Circles2Fで服やシューズ、バッグなんかを担当してます。
自転車はとりあえずロードからMTBまでなんでも好きで、舗装路だろうがダートであろうが山の中走るのが好きです。で、ぐいぐいと登るのが好き。速くは無いですけどね。カラオケでの尾崎は自分が一番だと思ってます。しっかり者の女性がタイプです。笑

Bikes:

DSC_0003

ViciousCycles/ ElectricWorrier
【詳細】
DSC_5973-1024x680

Retrotec / TwinTop 26″ MTB
【詳細】

【RAL meets DEEPER’S WEAR】
Fast Pass Player Pant

涼しい風、暖かな日差し、そして太陽が顔を出してくれている時間も少しずつ長くなり、一日中外で遊ぶには最高の季節となってきましたね! 先日は久しぶりに晴天の中、朝から日が暮れるまでペダルを回し続けたのですが、こんな日に遊びに出かけられている事を、心から有り難く思ったのでした。

もうしばらくすると梅雨に入り、それが明けると暑い夏がやってきてこの素晴らしい気候ともお別れをしなければなりません。 しかし、だからと言って私たちが外へ出ず、家の中でじっとしているなんてできっこありません! 湿気がジメジメと不快でも、照り付ける日差しが暑くても、私たちは間違いなくライドやハイク、外遊びに興じるのです。

もちろんそれは、このブログを読んでくださっている方も同じ思いでいらっしゃるでしょう。 今日はそんな気持ちを抱く方々に、何をするときにでも快適性を保ちながら履いてもらう事ができるパンツをご紹介します。

軽くて涼しいサラサラ質感のロングパンツ

今回も協力頂いたのは、LIFE SPECでおなじみのDEEPER’S WEARさん。 昨年のFast Pass Player Shortと同じ生地を使用したこのFast Pass Player Pantは、兎に角軽くて夏場でもストレスなく履いてもらう事ができるロングパンツです。

吸湿速乾性に優れたポリエステル100%の生地なので、素早く汗を吸水し乾くのはもちろんサラサラとした質感で、暑さが増すこれからの時期にライドやハイキングなどアクティビティに興じる際、1日中変わらぬ快適性を提供してくれます。 また、軽くてコンパクトにまとまるので、輪行や旅行など、バッグに入れて持ち運ぶにもとても便利な1本。

優れた伸縮性とスッキリとしたシルエット

また私たちが自転車に乗るとき、キャンプに行くとき、ハイキングに行くとき、いろいろな外遊びをするときにパンツに求める機能性といえば、最初に頭に思い浮かぶのはその動きやすさです。 もちろんこのFast Pass Player Pantも良く伸び、クライミングなど日常生活においてとることのない体勢になったときにも、その動きにスムーズに追従する優れた伸縮性を備えています。

加えて自転車に乗った際、裾がチェーンやチェーンリングに干渉しないようにラインを整えてあります。 これは機能のことを重視してのものでしたが、結果的にT-シャツやスウェットなどリラックスしたシルエットのウェアだけでなく、シャツやポロシャツなど襟付きのウェアにもマッチする美しいシルエットとなりました。

使い勝手の抜群のディティール

ウエスト ストラップの留め具は昨年のPlayer Shortと同様のものを使用しており、着脱がとても簡単です。 バックポケットは左側に1つ、右側に2つと計3つを備え、各ポケットにはドットボタンを採用しているので、何かしらのアクティビティを楽しんでいる際にうっかりその中身が落ちてしまうことを防ぎます。

また右側の2つのうち、外側に備えられたポケットはスマートフォンがすっぽりと収まるものになっています。 これは単に収納する容量を増やすだけでなく、スマートフォンなどを収納してもペダリングの妨げにならないように考慮して取り付けたものです。

先日、実際にスマートフォンを収納した状態でトレイルライドを楽しんだのですが、全くと言っていいほど気になる事はなく、ポケットに入れている事を忘れてしまうほどでした。

【RAL meets DEEPER’S WEAR】
Fast Pass Player Player

Price : ¥15,000-(税抜)
Color : Navy, Khaki, Brown

先日ご紹介したHigh Kick Riding Jeansもそうでしたが、このFast Pass Player Pantも自転車のためにと考えたシルエットやディティールが、結果としてその他のアウトドアアクティビティはもちろん日々の生活においても効率的で、尚且つそのルックスは自然に溶け込み、幅広いシーンで履いて頂きやすいものとなりました。

既にCirclesスタッフたちがこぞって履き始めているのですが、それを見て気にかけてくれる方も多くいらっしゃいます。 ぜひ試着をして頂き、その快適性と整ったシルエットを確認してみてください。

遠方の方は中々その機会を作って頂くのは難しいかと思いますが、今週末、山梨県北杜市の白州尾白の森 名水公園べるが にて開催される自転車の祭典、白州の森 BIKELORE 5に出店するSimWorksブースにて試着の機会を設けさせて頂きました。 また、その他のRAL 製品BEDROCK SANDALSもご覧頂けますのでイベントに参加される方はぜひ足をお運びください。


【BEDROCK SANDALS】
あなたにとっての最適解をお伝えします

優柔不断を絵に描いたかのような性格の私は、何をするにも悩んでばかり、物事を決めるのに時間を要してしまう事が多々あります。 そうかと思えば勢いに任せて行動を起こす事もあります。 BEDROCK SANDALSの購入に関しては後者にあたり、実は全モデルを所有しており、履き続けています。

今日はそんな私から、BEDROCK SANDALSを履いてみたいのだけれど、どのモデルを選べばいいか分からず悩んでいらっしゃるという方にアドバイスさせて頂きたいと思います。


何をするにでも1足でこなしたいという方へ

まず、ハイキングやトレイルランニング、ライドなどあらゆるアクティビティを快適に楽しむための1足が欲しいという方にはCairn 3D Proがオススメです。開放的でありながらしっかりと足を包み込み、クッション性にも優れ、現時点でベッドロックが提示する最高のサンダルです。

【BEDROCK SANDALS】
Cairn 3D Pro

Price : ¥17,500-(税抜)

初めて足入れをした時、フットベッドの土踏まずのアーチ部分や鼻緒部分から三方向に伸びる凸部分が気になっていましたが、履き続けていくと、この形状がサンダルと足との一体感をより一層増すものだと気付かされました。またその他のモデルよりも厚く取られたミッドソールは、1日履いていても疲れを感じにくいクッション性を提供してくれます。 ただし、土踏まずのアーチがあまり無く、扁平足だという方にはオススメ出来ません。 サポートのためのアーチが無理に土踏まずを圧迫する事にあるので、違和感や痛みに繋がります。 そんな方はClassicCairn Proを選択してください。


過度な機能は削ぎ落とし、素足に近い感覚を求める方へ

トレイルランニングやハイクでも、可能であれば素足に近い状態で挑みたい、人として何かに頼らず潜在能力を引き出したいという方にはClassicがオススメです。

【BEDROCK SANDALS】
Classic

Price : ¥13,000-(税抜)

ラインナップの中で最も軽く携行性にも優れるので、ツーリングでの目的地やハイク先のテン場やなど、行く先々での使用や、リラックスする時に履きたいという方もこちらがオススメです。 伝統的なワラーチサンダルの流れを汲むシンプルな形状なので、中にはそのスッキリとしたルックスに惹かれ購入する方もいらっしゃいます。


機能性と携行性のバランスを必要とする方へ

素足に近い感覚が好みでフットベッドのサポートは必要ではない、だけれどしっかりとした優れたホールド力と様々なコンディションに対応するグリップ力を備えたソールが必要という方にはCairn Proがオススメです。

【BEDROCK SANDALS】
Cairn Pro

Price : ¥16,800-(税抜)

ちょうどCairn 3D ProClassicの中間に位置するモデルと考えてもらってもいいかもしれません。 また先ほども書いたように、扁平足や土踏まずのアーチが低いという方にもオススメの1足です。

意外な重量差

また、私自身はあまり重量というものを気にはしないのですが、ちょっとした持ち運びをする時の事を考えて重さを測って見ました。 数値はどれもM’s8/W’s9インチのものとなっています。 Classic / 247gCairn Pro / 431gCairn 3D Pro / 542g、Classicが軽いのは当然ですが、Cairn Proと、Cairn 3D Proに100g以上の差があったのには驚きました。 使用用途の多様性と重量のバランスを考慮して、Cairn Proを選択するのも良いかもしれませんね。


Megagripの高い信頼性

ちなみ今シーズンの取り扱いにおいて、CairnシリーズはソールをViblam®︎Magagripを採用しているPro仕様のものだけに絞らせて頂きました。 これはソールが減りにくい優れた耐久性、濡れた岩の上やぬかるんだ土の上などあるゆる路面状況においてもしっかりと地面を踏みしめることのできるグリップ性、そして小枝や岩の角などを踏んだときの突き返しに反発するソールの硬度などあらゆる面で秀でているからです。 私も履き比べ続け、それをまじまじと実感しています。

アドバイスになればと色々お伝えさせて頂きましたが、逆に悩まれてしまった方もいらっしゃるかもしれません。 もしそうであればCairn 3D Proを選んでください。 先にもお伝えしましたが、現時点でベッドロックが提示する最高のサンダル、その選択に間違いはありません。


サークルズポイントシステム始まりました!

サークルズの店頭でのお買い物、WEB SHOPでのお買い物に関わらず、300円につき1ポイントを進呈。

そのポイントを貯めていただくことで、10ポイントを100円 OFFのクーポンとしてお使い頂けるようになっています。

またクーポンだけでなく、20ポイントを貯めると Circles Safety Ride Capと交換することもできます!

今後はリワード(=特典)をより楽しんで頂くために、サークルズポイントでしか手に入らない?! オリジナルグッズも鋭意準備に取り掛かっていますので、そちらも楽しみにお待ち下さい。

詳しくは、ポイントシステムについてのブログをチェック!


【RAL Tabby Light】
夏でも足に快適性を

先週末の気温の上がり方はまさに夏日のようでしたね。日差しも強く、じわじわと汗ばむ陽気でした。 こりゃもうたまらんということで、お店には暑くなるこれからのシーズンに備えるためのアイテムを求める方が多く来店されました。

そんな中でもハイクやキャンプ、ライドといったアウトドアアクティビティで活躍するサンダル、BEDROCK SANDALS / ベッドロックサンダルを試着されに来た方も多くいらっしゃいました。 (ちなみに本日公開したブランドの設立者であるニックとダンのインタビュームービーはご覧頂けましたでしょか? まだ見ていないという方は是非ご確認ください。)

BEDROCK SANDALSは、優れたグリップ性と耐久性を備えたソール、そしてしっかりと足を包み込み、けっして離すことの無いように設置された完璧なストラップで、ぬかるんだトレイルや岩場、そしてペダリング時においても大活躍するサンダルです。

ベッドロックサンダルと相性バツグンのRAL Tabby ソックス

しかし、サンダルだからといって足に汗をかかない訳ではありません。 水場などがあればそのまま汗ばんだ足をスッキリとさせる事ができるのですが、日常ではなかなかそのようなシチュエーションは少なく、1日が経つ頃には足裏は汗で不快感を感じるようになっています。 ならばどうすれば快適に過ごせるのか、答えは簡単で、シューズで過ごすときと同じように靴下を履けばよいのです。 そうするだけで1日を快適に過ごすことができます。

そこで、吸湿速乾性や防臭効果に優れるメリノウールを使用して製作したのが薄手の足袋型の靴下、RAL / Tabby Lightです。

【RAL】
Tabby Light

Price : ¥1,800-(税抜)
Material : Merino Wool 76%, Polyester 17%, Nylon 5%, Polyurethane 2%

Tabby Lightは、メリノウールをメインファブリックとしながらも暑い時期においても快適に過ごすことのできる足袋のカタチをした靴下です。 高い吸湿性は多くの汗を吸収、発散し、防臭効果を伴う抗菌性が多汗なこの時期に活躍します。 甲部分は通気性を高めるためメッシュ編みに、またストレスが大きくかかるつま先から母子球、踵の部分には耐久性を高めるため補強糸をブレンドしました。 そのため母子球に当たる部分から甲にかけての1周はメッシュ編みではなく平編みとなっています。

現在サイズやカラーラインナップに欠けている部分もありますが、ぜひともこれからのシーズンに試して頂きたい靴下です。 もちろん夏以外、そしてサンダルではなく普通のシューズの時でもその優れた快適性を実感して頂けるものとなっています。

ちなみに、先ほどお伝えしたようにTabby Lightはメリノウールの混紡率が非常に高いので、長く履き続けると通常の靴下よりも、縮みが大きくみられます。 そのため適正範囲のサイズよりもワンサイズ大きいものを選んで頂くのも良いでしょう。

Tabby Lightを始めとする靴下関連のアイテム、RAL HOSE。今期は新作のリリースはありませんでしたが現在この秋冬に向け、今まで以上に快適で、永く履き続けて頂けるものを、鋭意製作中でありますので今後の動向にご期待ください。


サークルズポイントシステム始まりました!

サークルズの店頭でのお買い物、WEB SHOPでのお買い物に関わらず、300円につき1ポイントを進呈。

そのポイントを貯めていただくことで、10ポイントを100円 OFFのクーポンとしてお使い頂けるようになっています。

またクーポンだけでなく、20ポイントを貯めると Circles Safety Ride Capと交換することもできます!

今後はリワード(=特典)をより楽しんで頂くために、サークルズポイントでしか手に入らない?! オリジナルグッズも鋭意準備に取り掛かっていますので、そちらも楽しみにお待ち下さい。

詳しくは、ポイントシステムについてのブログをチェック!

Hello!【Bedrock Sandals】
An Interview with Nick and Dan

ぬかるんだトレイルや岩場、そしてペダリング時においても大活躍する、優れたグリップ性と耐久性を備えたソール、そしてしっかりと足を包み込み、けっして離すことの無いように備えられた完璧なストラップ。

BEDROCK SANDALSの生み出すサンダルは、多くの製品が乱立するアウトドアシーンの中でも極めてシンプルで、尚且つ効率的な構造でつくられる稀な存在ではないでしょうか。

取り扱いを始めてから3年が経ちました。 毎シーズンそのファンが着実に増えていっているのを手に取るように感じていますが、今回、初めてその生みの親であるダンとニックとのインタビューをベッドロック本社で試み、そのムービーがついに完成しました!

ブランドの設立から製品に対する思い、そして今後の展望まで語ってもらっているですが、百聞は一見にしかず、まずはこのムービーをご覧ください。

始まりの、トラディショナルなモデルの流れを汲むClassic、新たなるシステムを採用したCarin、そして現時点で最も優れた機能性を詰め込んだCairn 3D、まずはこれらに足を通し、新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。

きっと今まで見たことの無い景色が広がってくるはずです。

【RAWLOW MOUNTANIN WORKS】
Bike to HikeにはBike’n Hike Bagをセットアップ!

ゴールデンウィーク後半のこの天気の良さはなんでしょう (最後の最後に雨が降り出しましたね)、ちょうど先日の休みも青空の下ライドに出かけたのでもちろん嬉しくもあるのですが、やはり少し悔しく思ったりもしています。

GW Ride企画の一つ、Bike to Hikeを行なったのは先週の月曜日。 当初の予定は雨予報、中止しようかとまで思っていましたが、なんとか雨マークが消えたので決行することとなりました。

当日は、雨には降られずとも曇り空が続き、靴を履き替え登山道へ一歩を踏み出す頃、その行先はガスで覆われていました。一つのポイントでもある”重ね岩”に辿り着いたところで小休止をとりましたが、そこから先の視界は数メートル先を確認するのが精一杯、また予定より時間も押してしまったこともあり、止むを得ず撤退することになりました。 その後お風呂に入り、上木食堂さんで夕飯を頂き輪行で帰路に着きました。

お世辞にも絶景と言えるような景色は見れませんでしたが、白いカーテンに覆われた景色は幻想的でしたし、体力を使い切った満足感を味わい、温泉で癒され、そして美味しいご飯とお酒でお腹と心を満たすことができ、とても充実した1日となりました。

しかし、やはり悔しいかな、天気が良いに越したことはないです。
次回はきっと晴れてくれる事でしょう。。。

今回はおろしたてのBEDROCK SANDALS / Cairn 3D Proでライドもハイクもこなしたのですが、今まで以上に優れたフィット感とクッション性、そしてProシリーズの高いグリップ性能と、終始その機能性の高さを実感することが出来ました。

そして今回、Cairn 3D Proともう1つその優れた機能性を発揮してくれたのがRAWLOW MOUNTAIN WORKS / Bike’n Hike Bagでした。 ライド時は自転車に装着、そして自転車から離れる時には背負うことができる、まさにBike to Hikeのために作られたバッグです。

【RAWLOW MOUNTAIN WORKS】
Bike’n Hike Bag

Price : ¥16,000-(税抜)
Color : Amber Brown, Oatmeal

容量は最大10リットルとバイクパッキングでのツーリング時にでもしっかりと荷物を収納でき、またバッグ上部のドローコードを使用するればジャケットやサンダルを固定することも可能です。

ちょうどこの日もここぞとばかり、RAWLOW MOUNTAIN WORKSの亮太郎さんやその他の参加者もベッドロック サンダルを固定して自転車に装着していました。 登山口に到着したらサイクリング シューズからサンダルに履き替え、防寒着や食料が入ったバッグを背負い登山道へと歩を進めました。

僕自身も初めて使用したのですが、荷物が少ないとはいえ、予想以上にしっかりと快適に背負うことができたのには驚かされました。 Bike to Hikeに限らず、ツーリングや輪行をまじえたライドなど、いろいろなシチュエーションで活躍することは間違いないでしょう。

ちなみに単体でも背負いやすいBike’n Hike Bagですが、オプションのハーネスキットを使用すればよりしっかりとしたホールド感を味わって頂くことが可能です。

これから暑くなるにつれ、荷物を背負うことによりストレスを感じるになってくるでしょう。 またそれに反して持ち運ぶ荷物も少なくなってくると思いますので、いろいろなライドをこのバッグ1つでこなす事が出来てしまうはずです。サドルバッグをお探しの方はぜひ選択肢の1つに加えてみてください。

今回で3度目となる竜ヶ岳山頂を目指すBike to Hikeですが、恒例イベントとして今後も行なっていきたいと思いますので、その時はぜひご参加ください。 また往路でも輪行をするような、もう少し気軽に参加できるものも開催したいと思っていますのでみなさまご期待くださいませ。

【GW RIDE】
Ride to Hike /バカと煙は高いとこへ上る

自分の行いや言動について、愚かな行為だったなぁ、なんて思う事はたまにありますが、おだてられたりもてはやされたりし、それで調子に乗るような馬鹿ではないと自分では思っていますが、周りから見るとどうなんでしょう。

とは言え単純に峠道や見晴らしの良い山頂など、高い所へと登るのは大好きです。 辛い道のりを越える達成感はもちろん、その先で待っていてくれる美しい景色を見れた時はなんとも言えない充足感を味合うことができます。

そんな充足感を十二分に味わいたいということで始めたライドとハイクを織り交ぜたBike to Hike。 僕のGWライド企画は、恒例行事ともなったこのBike to Hikeを行います。 今回の目的地も鈴鹿セブンマウンテンの一つ竜ヶ岳山頂となります。 雲一つない真っ青な空を見渡せる時もあれば、雲に覆われ数メーター先までしか見る事のできない時もありますが、それはそれで良い思い出になったりするものです。 今回はどのような景色を望むことができるでしょうか。 ぜひみなさま楽しみにしていてください。

【Bike to Hike】

日時:2019年4月29日 月曜日・祝日

集合時間 : AM7:00

集合場所 : PINE FIELDS MARKET
各自朝食を食べたりコーヒーを飲んだりしてもらい、7時半頃出発となります。

会費:無料(食事や交通費は実費となります)

目的地 : 竜ヶ岳山頂

昼食:持参 (天気が良ければ山頂で!自炊できるものでもOK!とにかくハイク中にお昼休憩をとる事となります。お好みのスタイルで!)   

夕食:上木食堂

必要品:自転車・輪行バッグ・ヘルメット・ハイキングに適した靴。
※ハイクは片道1時間から1時間半程を予定しております。平地よりも気温が下がり、また山頂付近は風を遮るものが一切ありませんので防寒着をお持ちください。

行程PINE FIELDS MARKETを出発し、名古屋駅東側を抜け、旧美濃路、津島街道を経由して東海大橋を渡り二ノ瀬峠へと向かいます。 その後は阿下喜駅横を抜け国道412号に入り石榑峠にアタック。 旧峠道の最高地点にある登山道入口からハイク。 途中昼食をとり山頂を目指します。 下山後は阿下喜温泉で体を温め、上木食堂で美味しいご飯を頂きます。
食事後は三岐鉄道、阿下喜駅より輪行にて帰路に着く予定です。

備考:雨天中止


集合時間や場所に都合が合わない方がいらっしゃれば途中合流、また途中離脱も可能ですのでご相談ください。 可能な限りお応えさせて頂きたいと思います。

 

ライドとハイク、なかなかその両方を一度に行うことも少ないと思います。 装備などで悩まれている方がいらしゃったらご相談ください。

僕自身はトレイルライドに出かけるのとほぼ同じようなスタイルで向かう予定です。 長袖ベースレイヤーの上にSEARCH AND STATE / Merino Wool Long Sleeve Jerseyを着て、防寒用にACLIMA / Woolshell Jacket with HoodSEARCH AND STATE / S1 Riding Jacketを備えます。 気温差や急な天候の変化にも十分注意して頂きたいです。

パンツはHOUDINI / W’s Thrill Twill Pantを、その下にはPPATAGONIA / M’s Endless Ride Liner Bibsを履く予定です。 パッド付きのものを備えるかどうかは人それぞれですが、個人的には50kmを越すライドの時には履くようにしています。 また峠道頂上まではロードバイクで向かうため、ライド時はビンディングシューズとなりますが、ハイク用にBEDROCK SANDALSを持ち、現地で履き替えます。

冬以外は毎回と言っていいほどハイクのときはBEDROCKを履くのですが、今年は新作のCairn 3D Proを購入しようかと悩み中です。

ちょっとハードルが高いかなと尻込みしている方も多いかとは思いますが、興味がある人はぜひご一報ください。 一緒に馬鹿になりましょう!

【RAL COMMUNE】
DEEPER’S WEARの本丸ALL YOURS STOTEへ

年中ショートパンツで過ごしていた幼少期、どこかにお出かけする時はジーンズを履かせれていたな、なんて事を先日ふと思い出しました。 あの頃は、動きづらいしなんだか重くて履くのが嫌で嫌でたまらなかった記憶があります。

物心ついてお洒落や洋服に興味を持ち、いろいろなジーンズを履くようになっても、幼少期に持ったジーンズは重くてゴワゴワして履きにくいもの、その価値観はなかなか拭いさることはできませんでした。 ここ最近では軽くて動きやすいたくさんのストレッチジーンズが登場してはいたものの、その独特の色味や質感がどうしても好きになれずにもいました。 きっと僕と同じように感じている人もたくさんいるとは思うのですが、そんな人はぜひ、先日紹介させてもらったRAL meets DEEPER’S WEAR / High Kick Jeansを試してもらいたいです。

履いた時にはその良く伸びるストレッチ具合に気持ち悪さすら感じるとは思いますが、その快適さから抜け出すことができなくなるのは間違いないでしょうし、コットン100%のような生地の質感と、履き込んでいった際の色味の変化はきっと気に入ってもらえるものだと思います。 ちなみに僕自身が4年ほど履き続けたDEEPER’S WEARのオリジナルHigh Kick Jeansはとても良い風合いになっています。

そんな生地を使用し、サイクリストにとって履きやすい、スッキリとした美しいラインを実現したHigh Kick Riding Jeansをぜひたくさんの人たちに履いてもらいたいと思い、オリジナルHigh Kick Jeansの生みの親でもあるDEEPER’S WEARの本丸、世田谷区は池尻のALL YOURS STOREにて試着会を行わせてもらうこととなりました。 しかし、ただジーンズだけを試着してもらうだけではもったいない、せっかくならということでその他のRALアイテムもしっかりとご用意し、昨年のサイクルハテナ / EIRIN丸太町店さん以来となる、RAL COMMUNEを開催します。

RAL COMMUNE @ALL YOURS STORE

Place : ALL YOURS STORE
Date : 4月20日(土) ~ 4月21日(日)
/ RAL POP UP STOREは27日(土)まで開催
Time : 12:00 ~ 20:00


CONTENT

RAL POP UP STORE
DATE : 4月20日(土) ~ 4月27日(土)
RAL meets DEPPER’S WEAR / High Kick Riding Jeansをはじめ、その他のRALウェア、ソフトグッズはもちろん、自転車用のバッグであるLOADERSなどたくさんのRALアイテムをご覧いただけます。


RIDE to 都内のどこか
Date : 21日(日) ALL YOURS STORE 9時集合
ALL YOURSきってのサイクリストバヤシくんプロデュースによるライド企画。ALL YOURTS STORE近郊のオススメスポットをのんびりとサイクリング。 

 

自転車店であるCirclesとしてはなくてはならない自転車用のバッグ関連であるLOADERS。 今回はサドルバッグであるUt Loader、フレームバッグのEm Loader、そしてツーリングなどに最適な防水機能を備えたDl Loaderをご用意。 先日、町田シバヒロバで開催されたOff The Grid 2019では、例年以上にサイクリストの方がRALブースに足を運んでくれ、LOADERSに興味を持ってくれていましたが、なかなかしっかりとしたラインナップを見ることができないということでしたので、今回もしっかりとご用意いたします。

その他にも、愛知のアパレルブランドであるholkさん協力してもらい完成したPlayer Sweatshirt、アメリカでしっかりとしたものづくりをするキャップメーカー、FAIR ENDSに作ってもらったCamp Hatなどウェアやソフトグッズ関連のアイテムもご用意します。

もちろんRAL アイテムのPOP UP STOREだけではなく、日曜日の午前にはALL YOURSきってのサイクリストであるバヤシくんによるライド企画、“Bike to 都内のどこか”を開催します。

ALL YOURS STOREを出発地点とし、都内をのんびりとサイクリングしますので、近くにお住まいの方はぜひご参加ください。

今回もたくさんの方と有意義なひと時を過ごせたら幸いです。

【RAL meets DEEPER’S WEAR】
High Kick Riding Jeans

サイクリストのための最良のジーンズ

DEEPER’S WEAR / ディーパーズ ウェアの名を世の中に広めたブランドの代表的なアイテムであり、私たちが取り扱いを始めるきっかけとなったHigh Kick Jeans / ハイキック ジーンズは、一見コットン100%のような表情を持つのですが、兎に角どんなジーンズよりも良く伸びます。

その履き心地はスウェットや厚手のタイツなど、ストレスの無いものに例えられ、ジーンズだと思って足を通すと良い意味で裏切られた気持ちとなります。

しかし履き込んでいくとしっかりと表れる、色落ちや生地の擦れた感じはまるでコットン100%の通常のジーンズのようです。

そんなハイキック ジーンズは、その優れた伸縮性を備える事で私たちサイクリストにとって切っても切れない存在となりました。 しかし、もともとDEEPER’S WEARのアイテムはサイクリスト用として作られたものではありません。

LIFE SPEC / ライフ スペックと掲げるように、デスクワークから農作業、自転車からハイキング、もちろん家でゴロゴロしている時まで、常日頃、何気なく袖を通してしまうようなアイテムあり、しかもストレスのない、快適に過ごすための機能を備えるものとして設計されています。

ならば私たちが、もっとサイクリストが使い勝手の良いものにしてみようという考えで生まれたのが、この High Kick Riding Jeans / ハイキック ライディング ジーンズになります。

サイクリストにとって最高のオリジナルライン

レギュラー商品とは異なる点は幾つかあるのですが、まず最初にご紹介しておきたいのがそのシルエット。

チェーンやチェーンリングにパンツの裾が擦りにくいように極力その幅を細くしました。 しかしながらただ細くすればいいってものではありません。

できる限り細くかつ綺麗なシルエットを表現するためには大量のデータが必要でした。 そこでオールユアーズ社が店舗で日常的に行っているカスタムプログラムからのデータをすべて洗い出してもらい、私たちの求める最高のラインを完璧なバランスで整えてもらいました。

ボタンフライからジッパー仕様に

DEEPER’S WEARのパンツ類では定番となっているボタンフライをシッパーに変更。 伸縮パンツの宿命とも言えるジッパー問題も生地の仕上げの段階から調整して可能にしました。

これで1分1秒を無駄にせず、スピーディーに脱ぎ履きが可能です。

ベルトループを1本プラス

また背面の中心に備えられたベルトループを、中心から左右にずらした位置に2本備える事に。 これはちょっとした遊び心で、ヴィンテージの501のようなディティールを加えようと左側にずらすという案が上がった事が始まりです。 であるのなら、もう1本増やし、左右2本に備えれば、前傾姿勢をとった時にもベルトがしっかりと腰をホールドできるようになるのではと考えました。これは最終的に耐久性にもつながるものとなります。 現に私が3年間履き続けているHigh Kick Jeansのベルトループの中で、ダメージが色濃く出ているのは背面部分のものなのです。 これは長く履き続けるための最良の選択の1つと言えるでしょう。

RALの焼印をあしらったレザーパッチ

その他にもレギュラーラインとは異なるアレンジを加えました。RAL meets DEEPER’S オリジナルネームタグはもちろん、右バックポケットに添えられたDEEPE’S WEARの頭文字であるDの文字をあしらった白いタブを、ネームタグ同様に緑色に変更、くわてレザーパッチにはRALの焼印をあしらいました。

もともとこのレザーパッチは履き込んで行くと色味が変化し、シワが刻まれどんどんとその表情に深みを増して行くのですが、焼印を加えたことでその表情がどのように変化していくのかは、私たち自身の楽しみでもあります。

型崩れを起こしにくい生地

そしてもう一点、とても大切なことですが、通常のジーンズ、特にストレッチジーンズと呼ばれるものは履き込んで行くとカタチがとてもイビツなものになってしまいます。 しかしここで使用される生地は、特殊な糸を使って作られるため、ほとんど型崩れが起きにくいものになっています。

【RAL meets DEEPER’S WEAR】
High Kick Riding Jeans

Price : ¥15,000-(税抜)
Color : One Wash
Size : 28, 30, 32, 34, 36, 38

ジーンズといえば、誰もが1着は持っていて、ためらいなく足を通す事の多いパンツランキングNo.1でしょう。

このHigh Kick Riding Jeansはそんなジーンズたちの中でも、1番の登場回数となる事は間違いないでしょう。 それくらい自身を持って断言できるほど、履きやすく、整ったシルエット担ったと自負しています。

日常はもちろん、ライドやハイキング、スケートにだって、これでもかってくらいにガンガン履き込んでもらい、 穴が開いたり破れたりしたらリペアをして履き続けてもらいたいです。

もうどうしようも無いなと思っても、次のもう1本としても選んでもらいたいですし、きっと履きたいと思ってもらえるはずです。

兎にも角にもぜひ一度お試しください! 誰もが虜になってしまう事は間違い無いでしょう。

【Off the Grid】
遊び人たちが集う場所

今日の雨で春の恒例行事の一つ、サクラの宴も終わりを迎えてしまいそうですね。きっと先日の週末はたくさんの方々がその宴に参加し、楽しんだ事でしょう。

そんな週末、私達といえば、こちらも毎年の恒例行事、Off the Gridと言う名のアウトドアブランドが集う宴へと、出展者として参加してきました。

そこにはRAWLOW MOUNTAIN WORKS山と道MINIMALIGHT、そして名古屋から毎年一緒に向かうWELLDONEと、CIRCLESでも馴染みのあるブランドが多数出展しています。 その他の出展者も自分たちが楽しむフィールドと真摯に向き合いものづくりをするブランドばかり。 来場する方はそんな遊びの達人と直に話をし、そのアイテムを購入でき、私たち自身も出展者でありながら毎年心躍らさせられるイベントです。

今年で4回目となるのですが、回を重ねるごとに訪れる方が増え、今回はよりたくさんの方々会場に足を運んでくれたの事でした。 もちろん会場にいる私たちも感じる事ができたのですが、初日の来場者数が3600人と数字で表されるとその凄さを改めて実感したりもします。

しかし、ただ来場者数が増えたというだけでなく、その多くの方々が実際に山というフィールドを中心にアウトドアアクティビティを楽しむ方々ばかり、たくさんのアイテムを自分たちがどのように使え、役に立つかをしっかりと吟味していらっしゃいました。


大好評だったベッドロックサンダル

そんな中、やはり私たちのブースで好評だったのが、BEDROCK SANDALSです。 着実に愛用者が増えてきている事もあり、それを目の当たりにしたり、人伝てでその良さを耳にした人も多くいらっしゃったようです。

たくさんの人が試着をしてくださったのですが、皆さん口を揃えたようにそのフィット感を讃える言葉を漏らしていらっしゃいました。それと同時に鼻緒の痛みを気になさる方、そしてCairn ProCairn 3D Proとどちらを選ぶべきかを迷われる方が多かったので、今回はその事に触れてみたいと思います。

抜群のフィット感を生み出すストラップシステム

まずフィット感について。これはCairn ProとCairn 3D Proどちらも同じシステムとなりますが、Oリングを中心に備えられた3本のストラップ、これでしっかりと足の甲を包むので、坂道を下り前加重となってしまう時でも、鼻緒が指の間に掛けるストレスを最小限に抑えるのです。 また使用しながら、ストレスのかかりにくい適した場所を探す事ができるのがこのシステムの特徴です。

履きかたとしては、まずは踵がはみ出さない位置で固定、そして甲の外側のストラップを引っ張り固定して頂く、これだけでしっかりと足をホールドしてくれます。 まずはこの状態で履き続けていただくのですが、鼻緒が掛かる指の股や、Oリングの当たる箇所が痛くなってくるようであれば、甲の内側のストラップ先のフックをかける位置を変更します。

そうする事で鼻緒の角度とOリングの当たる箇所が変わります。 すぐにとはいかないかもしれませんが、少しづつ調整しながら自分にあった場所を見つけてもらえるはずです。

Cairn 3D Proのクッション性を取るか、Cairn Proの素足感覚を取るか

次に3Dかそうでないかの選択についてですが、これは好みによって別れるとも言えるでしょう。 クッション性が高く、長い距離を歩く時に足をしっかりとサポートしてくれるのはやはり3Dです。 会場でも既にCairnを持っていらっしゃる方が3Dを試し、めちゃくちゃ履きやすいね、なんて事をおっしゃる方もいらっしゃいました。 それでも、より素足に近い感覚を好む方にはやはりCairn Proをお勧めします。

共通するのは優れたグリップ力と耐久性

また両者に言える事は、使用されるソールのグリップ力と硬さと耐久性です。 そほど厚みのあるものではありませんが、メガグリップのこのソールだからこそ、あらゆるシチュエーションにおいても優れたグリップ力を発揮し、岩の角、小石や枝先などの地面からの突き返しを最小限に抑えてくれるのです。そのおかげもあり、あらゆる場所へ足を踏み入れる事ができるのです。

さすがに今日のように気温が下がった雨の日では難しいでしょうが、先日の週末のような小春日和はBEDROCK SANDALSを履くのに最高のシチュエーション。 これから暖かくなるにつれ、活躍するシーンも増えてくるでしょう。

BEDROCK SANDALS 製品一覧

 

私もそろそろCarin Proを持って、恒例の鈴鹿セブンマウンテンの一つ竜ヶ岳へと足を伸ばす予定を立てております。日程が決まったらまた改めてお伝えさせて頂きますのでご興味ある方はご一報ください。もちろん登山口までは自転車で向かいますよ。


【HOUDINI Daybreak Pullover】
夜明け

令和。昨日の午前11時30分、待ちに待った新元号が発表されましたね。多くの有識者が集い、知恵を出し合って決まった名称なので色々な意味合いが込められているとは思いますが、耳にした時は平和?明和?と戸惑ってしまいました。しっくりとくるにはまだまだ時間がかかりそうです。

名前のつけ方もそうですが、物が作られるにも色々な意味合いや理由というものがあって、そこには当然求められる機能が備わっています。 もちろんそういったエトセトラが重要である事は百も承知なのですが、そこはさておき、ただただこれいいじゃん!と直感的に思ってしまったのがこのHOUDINI / フーディニDaybreak Pullover / デイブレイク プルオーバー。 ちょうど展示会にはアヤちゃんと出向いていたのですが、2人ともコレいい!!とただただルックスで惹かれてしまったアイテムです。

とは言え私たちが提案するものなので、もちろんどこに行くにも役立つ機能がしっかりと備わっているのです。

【HOUDINI】
Daybreak Pullover

Price : ¥20,000-(税抜)
Color : Shivering Blue

丈夫でしなやか、透湿性も抜群

デイブレイク プルオーバーは、ミニマルなデザインを採用した、ジャージのようなソフトな肌触りのプルオーバー タイプのジャケットです。 使用される生地であるPrime Ripstop™は、丈夫で伸縮性があり、さらに高い防風性をもちながらも透湿性にも優れるため、運動時においてもとても快適に過ごせるものです。 ウインドブレーカーとして1年を通して着用でき、トレッキング、カヤック、また自転車での通勤やトレイルライドの際などアクティビティから日常生活まで幅広いシーンで活躍します。 腹部にはカンガルーポケット、さらにその中には携帯電話用の小さなポケットを配しています。

メンズ・レディース、それぞれのスタイル

メンズ、レディース共に入荷していますが、少しだけ異なる点があります。 メンズモデルにはチェストポケットが備わっており、レディースモデルはそのポケットが無い代わりに、背中のヨーク部分にダーツを入れる事で女性らしい柔らかなシルエットを演出しています。 またジッパーの前立てもメンズは左側、レディースは右側に備わっています。

このように、自転車で出かける時や山遊に興じる際に色々と役立つ機能が十二分に備わっているのですが、ショールカラーがカワイイ!色目が好き!やっぱりプルオーバーっていいよね!というシンプルな理由で選んでもらいたいとも思う1着です。

ちなみにDaybreakとは夜明けという意味。新元号となる新たな夜明けまであと少し、残りの平成を兎に角突き進みたいものです。


そして、明日は春の高校野球決勝戦。
愛知県代表東邦高校が平成元年以来の決勝進出!
平成最後の優勝を手にすることができるかどうかの大一番です。

みなさん、ぜひとも東邦高校の優勝を願ってたくさんのエールを甲子園に送りましょう!

HOUDINI 製品一覧