柳瀬公識
2F Tailored Manager

柳瀬公識

Yanase Kiminori


Facebook
strava
アパレル出身ってこともあり、Circles2Fで服やシューズ、バッグなんかを担当してます。
自転車はとりあえずロードからMTBまでなんでも好きで、舗装路だろうがダートであろうが山の中走るのが好きです。で、ぐいぐいと登るのが好き。速くは無いですけどね。カラオケでの尾崎は自分が一番だと思ってます。しっかり者の女性がタイプです。笑

Bikes:

DSC_0003

ViciousCycles/ ElectricWorrier
【詳細】
DSC_5973-1024x680

Retrotec / TwinTop 26″ MTB
【詳細】

Rapha2013 Spring&Summer 展示受注会

まだまだ寒い季節ではありますがそろそろ春夏の新作ウェア、
気にしてみませんか?

毎シーズンご好評頂いております”Rapha”の新作展示受注会、

もちろん今シーズンも開催させて頂きます。 

“Rapha 2013 Spring&Summer 展示受注会”
日程 : 2/22(fri)~2/26(tue)
場所 : Circles2F tailored 
今シーズンは新作、また定番品でも新色が多数リリースされる予定です。
今回の展示受注会では新作、新色はほぼご覧頂けますので、今シーズンの購入予定を起てて頂くのにもよいかとは思います。
もちろん、これは!ってものはその場でご注文承ります。
そうして頂いたのほうがより確実にお届けできます。
また、これと同時に春夏秋冬問わず、
旧モデルセールプライスにて販売させて頂きます!
旧モデルといっても時代に流される事のないラファのアイテム、
気に入って頂けるものも多数あるはずです。
新作をじっくり見て悩むもよし、
掘り出しものを見つけていただくのもよし、
皆様こぞってご来店下さい!
“WindJacket”
“ClassicJersey”
そしてTeamSkyモデル、
は、もうすぐ入荷のはず、今しばらくお待ちください!
ではでは、皆様お誘い合わせのうえご来店お待ちしております!
Yanakku
*期間中に時間ないじゃん!って方、明日の夕方頃だったらご覧いただける予定ですのでお気軽に足をお運び下さい。

GIRO"RUMBLE"

カリフォルニア州サンタクルズにて、1985年よりヘルメットメーカーとしてスタートをきった”GIRO”
その機能性の高さとデザインでハイエンドヘルメットメーカーとしての地位を築き上げ、系列会社であるEASTONとの共同開発によるサイクルシューズも大変好評。
ここ最近ではグローブ、メリノキャップなんかのアクセサリー類も充実してきており、その勢いはとまりません。
しかしこの勢い、何もアイテムのクオリティの高さだけから生まれているわけではありません。
そこにあるのは”繋がり”だったりするのです。
ライフスタイルということまで意識をし、自分たちの作れるものを増やし、サンタクルズって場所に還元していこうって気持ちで”もの作り”をしているからこそ、生まれる勢いだったりするのです。
だから、HunterCyclesのリックもシューズやヘルメットを使っていたり、フォトグラファーであるブライアン・バーナーはGIROのカタログの写真を撮り、アイテムを使うのです。
もちろんこの2人もサンタクルズゆかりの人物。
ここ日本では、シューズ関連、ROADシリーズは昨シーズンより、そしてようやく今シーズンより本格的にDIRTシリーズが登場します。
(どうしても欲しかった僕は昨年NAHBSに行く為渡米した際に購入してまいりました。)
そんなDIRTシリーズの先陣を切って入荷してきたのがこちらの”RUMBLE”
この”RUMBLE”、DIRTシリーズとは言っても本格的なレース指向のものではありません。
アウトドアシューズのようなデザインでカジュアルなスタイルでのシティライド、またツーリングなんかにも使ってもらいやすいモデルです。
ノンスリップの靴ひもとレースホールは快適なフィット感を、また締めた紐のゆるみを防いでくれます。
ソールはペダルへの力の伝達を損なう事なく、しかも歩きやすさも考えた程よい堅さとなっています。
一度足を通してみるだけで、紐うんちゃらソールうんちゃら、て書いた事はなんとなくわかってもらえると思います。
そしてちょっと歩いてみると、その”歩きやすさ”もわかってもらえるはず。
これはフットベットやソールの素材も良いってのもあるとは思いますが、そのカタチがとっても良いからだとも思います。
いやいや、この価格でこのクオリティ、流行のコスパってヤツですね。
良きシューズです。
ビンディングシューズ初めての人から玄人さんまで皆さんにお勧めです!
ちなみに全モデルとはいかなくとも各アイテムにこんな紹介映像があったりします。
みなさんお待ちかねのEMPIREはもう少し暖かくなるまでお預け、その他のモデルも入荷次第ご報告しますのでお楽しみに!
Yanakku

CHROME SALVAGE

軍モノって聞くだけで、どこの?何用?てなかんじにテンション上がっちゃうスタッフがCirclesにはちらほら...もちろん僕も。
そんな僕らががこのSALVAGEシリーズに食いつかない訳が無い!!!
アメリカ軍の放出品のテント生地を使っていて、その佇まいや質感はもう胸キュンもんです!
今回はCHROMEの中でも初期のころからラインナップされているロールトップタイプのバックパック、PAWN!
CHROME SALVAGE SERIES “PAWN”
¥25200
いやいや、こりゃ素晴らしい組み合わせです!
バッグの自体のちょっと無骨なスタイルと、軍モノ感がプンプン匂う使い込まれたテント生地の質感が見事なハーモニーを奏でております!笑
今回も生産数350個の限定生産、
日本国内にはその内30個が入荷してきております。
で、Circlesにはこの2個が入荷しております。
ま、ナンバーなんか気にせずに、それぞれの質感で選んでもらってもいいですし、自分に由来した数字で選んで見るのもよいのかも。
前回”CITIZEN”でのリリースの際は今回よりも数が少なかったこともあり即入手困難に、今回も気になっている方はお早めにどうぞよろしくです。
Yanakku

Ribcap

 寒い日が続きますね...やんなっちゃいますね。

でも、そんな事いわずに自転車乗りません?
買ってもらった長靴を履きたくて、雨が降るとはしゃぐ子供のように...
雪化粧がきれいな山が見える河川敷まで行ってみようかな...
なんて、気分は上々に、自転車にまたがって走り出したくなっちゃう、
スイス生まれのRibcapをご紹介。
2005年、スイスで生まれたRibcapはニット帽みたいにかわいくて、軽くてあったかい、頭を保護するプロテクターです。
素材はStructUre-SAFという粘弾性のポリウレタン。
ヘルメットほどではないですがしっかり頭を保護してくれます。
しかも通気性があるので、自転車をはじめ、スキーやスノーボードといったウィンタースポーツ、ちょっと視点をかえてクライミングだったりと、いろんなスポーツにもってこいです。
ま、もともとはヘルメットよりストレスがすくなく見た目もカジュアルなものが欲しいってとこからスキーヤーの方が考案したのがはじまりなんですけどね。
こんな感じでカジュアルなスタイルにもピッタリです。
Facebookではおなじみの1Fのトルソーくん。
本日より衣替え、Ribcapの”Bjork”をかぶってくれています。
もこもこ具合がかわいいです。
で、冒頭で僕がかぶっているのはこのモデルのBrown
そうそう、こんなふうにつばを上げる事もできます。
こちらはCoolmaxを使ったちょっと涼しいモデル
そしてスタンダードなモデル、
(僕、決して不機嫌とかではないです...。”Welldone”イノッチ良い笑顔!)
このRibcap、けっこうおりこうさんで、こんなふうにコンパクトにもなります。
てことは持ち運びにもとっても便利。
FreightBaggageのSatchelにだってすっきりおさまります。
ちょっとヘルメットの持ち運びが...てな輪行にもピッタリです!
で、このバッグも気になちゃった人もいると思うのでついでにご紹介。
FreightBaggageのちっちゃなショルダーバッグ、財布や携帯プラスアルファくらいの容量がとっても使い勝手のよいバッグ。
ちっちゃくてもちゃ~んと”きゅっ”としぼって、
“シュッ”とゆるめれます。
カラーも盛りだくさん!
yanakku

のんびり走ってました。

先日の休み、関西シクロin堺を控えたshigeはがっちり走ってきたようですが、僕は一人、河川敷をのんびり?走ってまいりました。

いつもだったら頑張って踏んでいく河川敷、のんびりと川や空を眺めながら走るのも気持ちいい、はたまた砂利道走ってガタガタくる振動もなんだかテンション上がって、それはそれで楽しいもんです。
家を出て、ちょいと走るとこんな具合。
お正月の名残...ありゃ取れんわね。
(凧です、凧、仮面ライダーの!)
またガタガタガタガタ。
ちょっと楽しいそうじゃないです?
こんな動物達にも出会えます。
亀 vs ライオン
切ないパンダ...暖かくなると仲間が増えるとか。
もちろん舗装路だって走ります。
最近はこんなとこばっか走ってます。
だって気持いいですから。
こんなときの僕の相棒はこの”Retrotec HalfTop CX”
何もレースで走るだけがシクロクロスじゃないんです。
タイヤもシクロ用ではなくツーリング向けのタイヤ。
これはサンフランシスコのRivendellがパナレーサーと一緒に作ったツーリング用タイヤ。
僕が履いているのは幅33.3とちょっと太め、シクロフレームにはバッチリなサイズでガンガンいろんなとこを走れます。
タイヤパターンも独特で、けっこう気持ち良く転がってくれます。
でもそんなサイズのタイヤ履けないや、てな人にはこんなのありますよ。
これならロードにもいけるかも。
ロードでこんなの履いていいの?って人もいるかもしれませが、タイヤがちゃんと収まれば履いちゃえばいいんです。
あ、別に自転車はなんだっていんです。
タイヤをかえるだけ、それだけで今までとはまたちょっと違った楽しみが味わえるかもってお話です。
そうそう、以前ブログで紹介したこれも良いタイヤです。

という事で、他にもいろいろ揃ってるのでwebshopのほうもチェックしてみて下さい!
yanakku