柳瀬公識
2F Tailored Manager

柳瀬公識

Yanase Kiminori


Facebook
strava
アパレル出身ってこともあり、Circles2Fで服やシューズ、バッグなんかを担当してます。
自転車はとりあえずロードからMTBまでなんでも好きで、舗装路だろうがダートであろうが山の中走るのが好きです。で、ぐいぐいと登るのが好き。速くは無いですけどね。カラオケでの尾崎は自分が一番だと思ってます。しっかり者の女性がタイプです。笑

Bikes:

DSC_0003

ViciousCycles/ ElectricWorrier
【詳細】
DSC_5973-1024x680

Retrotec / TwinTop 26″ MTB
【詳細】

【GIRO Synthe Mips AF】待ちに待った一品

そう、ずっと待っていました、昨年から。

既に限界を迎えていたGIRO / ジロAeon AF / イーオン アジアンフィットの代わりになるヘルメットとして、入荷を待ち望んでいたSynthe Mips AF / シンセ ミプス アジアンフィット。3週間前にようやく手に入れ、通勤からライドまで、毎日僕の頭を守ってくれています。

先日、ジロのSyntax Mips AF / シンタックス ミプス アジアンフィットをご紹介させて頂いたのはもう1ヶ月も前のこと。 アジア人の特徴とも言える横幅が広い頭に最適なカタチとなっており、やはりその被り心地を気に入って頂くかたが多く、それ以来店頭ではSMITH / スミスNetwork / ネットワークと一二を争う人気を得ているヘルメットとなっています。

おそらくこのシンセもそこに割って入る人気モデルになるでしょう。

【GIRO】
Synthe Mips AF

Price : ¥27,500-(税抜)
Color : Matte Black, Matte White / Silver, Matte Dusty Purple / Heatwave

ジロが優れたエアロダイナミック効果と頭部の冷却性能を求め、ブランドのフラッグシップモデルとして掲げていたシンセ。 これまでは標準の海外モデルが展開されていましたが、今年の日本国内流通はMips搭載、しかもアジアンフィットモデルがメインとなっています。

アジアンフィットの被りやすさ

被ってまず感じたのは、鉢の張った頭でもしっかりと収まるかたちの良さ。イーオンよりも深く、しっかりと被れているように感じられました。

そして驚かされたのがその通気性。 イーオンは、ヘルメット内に風が流れていくのがその見た目からでもはっきりとわかるものでしたが、このシンセは想像以上でした。

優れた通気性

もともとシンセはイーオンよりも16%の空力性能と、2%の冷却性能の向上を図ったモデルなのでそれは当然なのですが、そのルックスからはそれがなかなかイメージできなかったのです。 しかしいざ走り出すとヘルメットの中で風が流れていくのがはっきりと感じられ、それはもうイーオン以上のものなのです。

Mips搭載ということもあり、夏場の蒸れを気にしていたのですが、とんだ取り越し苦労だったようです。

シンセとシンタックス、どっちを選ぶ?

ちなみにシンタックスとも被り比べてみました。 確実にシンセにほうが通気性が良さそうな形状をしています。 隙間からサイクルキャップの色が丸わかりです。 また、以前シンタックスをご紹介したブログでは、シンセよりシンタックスの方がスッキリ見えるとお伝えしましたが、この画像を見るとそんな事はなさそうです。 さほど変わりはありませんね。

アジアンフィットでサイズが変わるかも

ちなみに私が被っているのはMサイズ。 アジアンフィットがラインナップにない時はLサイズを被っていましたが、その登場でサイズダウンすることができました。 同じモデル、同じサイズのものを見比べるとその形状が明らかに違う事がわかります。

ヘルメット選びで悩んでいらっしゃった方、ぜひこのシンセもその候補に加えてみてください。 ルックス、被りやすさ、通気性、そしてMips搭載の安全性、決め手を幾つも兼ね備えています。

そしてアジアンフィットを試したことがまだ無いというかた、ぜひ試しにいらしてください。 全モデルとはいきませんが、店頭にはSサイズからLサイズまで、全てのサイズを揃えています。

ヘルメット一覧

そっと手を伸ばせばそこにある便利なバッグ – BLIND CHIC Roo

昨日の休日は、朝からひどい雨降りだったこともあり、奥さんと2人、車で色々と用事 (修理に出してた温風ファンヒーターは暖かくなり始めてから戻ってくるという切なさ…。) を済ませました。 しかし夕方頃には雨も上がり綺麗な茜色の空を少しだけ見ることができ、その風景と、冷たくも若干生温かい空気を肌で感じると、やはり今日も自転車に乗りたかったなと思ったりもするわけです。

その日はちょうど昔からの馴染みでもあり、サークルズで使用している什器でもお世話になっているアンティークショップ、STORE IN FACTORY / ストア イン ファクトリー が新しく移転オープンしたこともあり、その系列店のTHE APRMENT STORE / アパートメント ストアにも合わせて足を運びました。

3月末にアパートメント ストアもストア イン ファクトリーと同じ建物に移り、グランドオープンとなるのですが、早くその様子をみたかったですし、無くなってしまう前に私たち夫婦の思い出の場所(実は結婚パーティーを行った場所)であるアパートメント ストアをもう1度訪れておきたかったのです。

2つのお店の距離は約1km程度、そしてどちらのお店も自宅から5km程度。このくらいの距離であればやはり自転車で、ゆっくりと街の風景を眺めながら移動したいですし、単純にそちらの方が便利だったりもするのです。

私たちは何も遠くにライドに行くためだけに自転車に乗っているだけではなく、毎日使う道具として、移動の足として自転車を使っているのです。

今日はそんな街中で自転車を日常的に使う人たちにオススメのアイテムがBLIND CHIC / ブラインド チックから入荷したのでご紹介します。

【BLIND CHIC】
Roo

¥9,800(税抜)
Color : Yellow, Olive Green, Burgundy, Charcoal, Orange/Field Tan, Field Tan/Orange

Roo / ルゥはマルチに使える小振りなハンドルバーバックです。
ライド時にカメラやスマートフォンなどの貴重品をしっかりと保護するために、内側はポリフォームが備えられています。 またウォーターボトルがすっぽりと収まる大きさがあるので自転車の鍵などその他のものを収めるのにも役立ちます。

2本のマジックテープとナイロンコードでハンドルとフレームに固定します。 ほぼ全てのサイズのハンドルバー、ステム、フレームに装着することができる便利な小型収納バックです。

もちろんトレイルやグラベルなどの未舗装路ライドでも活躍しますが、ゆったりとしたペースで街中を巡る時にこそ便利さを実感するでしょう。

毎日のライドを快適にするブラインドチック

自転車のある暮らしの中で、その毎日を快適に過ごすためのアイテムを精力的にリリースするブラインド チックのその他のアイテムにも同じことが言えます。

ワックスド キャンバスで作られたバッグ類や、ゴリラジャケットは、カジュアルな服装と街の風景にとても良く似合います。 ぜひその他のブラインド チックの製品もチェックしてみてください。

少しずつ暖かくなってきたので、ちょっとそこまでを自転車で足を運んでみませんか。

【OUTDOOR STYLE】あれもこれも遊び尽くす為のウェア選び

先日のBike to Skiや昨年のRIDEALIVE in 山梨Bike to Hikeのような遊びかたをすると、ただ自転車に乗ることだけでも楽しいのに、それ以上に楽しさの可能性が広がっていくことを実感でき、もっと色々な遊びを混ぜこぜにしていきたいという欲求が湧いてきます。 外で遊ぶという意味合いでは、ランニングやハイキング、キャンプだってスキーだって同じ、できるならばあれもこれも遊び尽くしたいですからね。

そんな色々な遊びに対応できるように、サークルズには先日紹介したDEEPER’S WEAR / ディーパーズ ウェアのようなウェア取り扱っていたり、PATAGONIA / パタゴニアをはじめとするアウトドアウェアを扱っているのです。 もちろん自転車に乗ることだけに特化している場合はサイクルジャージやレーサーパンツをよく着るのですが、乗る距離や道中に立ち寄りたい場所、目的地での過ごし方によってはそんなウェアがとても活躍するのです。

丁度先週のお休みは、街中をのんびり抜けて、里山トレイルライドを楽しみ、帰りは最寄りの駅から輪行というカタチで楽しんできました。 その時のスタイルをご紹介したいと思います。

 

【ACLIMA】
Woolshell Jacket with Hood

Price : ¥25,000-(税抜)
Color : Jet Black, Blue Sapphire

メリノウールを使用したパフォーマンスウェアを得意とするACLIMA / アクリマ。 このジャケットの内側にもメリノウールを主な素材としたフリースが配され、ウールの特性である保温力と吸湿性が活かされています。また外側にはポリエステルを配しており、雨や雪などの外的要因から身を守ることを考慮してます。伸縮性にも優れているので激しい動きにもしなやかに対応します。 同じようなスタイルのHOUDINI / フーディニPower Houdi / パワーフーディーと比べると、少し薄手のものとなっていますので、より幅広い気温帯で活躍してくれます。 汗っかきという人にも適したウェアです。

 

【HOUDINI】
W’s MTM Thrill Twill Pant

Price : ¥21,000-(税抜)
Color : Blue Illusion, Rock Black, Reed Beige

やはり自転車乗りがパンツに求めることといえばペダリング時の快適性。 登山やクライミングでの体の動きを考慮し、立体的なパターンで作られたこのHOUDINI / フーディニW’s MTM Thrill Twill Pant /ウィメンズ エム ティー エム スリル ツイル パンツは、生地の伸縮性も合わさり、一切のストレスを感じることの無い動きやすさを提供してくれます。

また優れた速乾性と耐久性を備えますので、これからの暖かな時期の汗だくなライドでも、その機能性が活躍してくれることでしょう。 ちなみに生地は薄手なので、この日はHALISON / ハリソンのニッカホーズを履いて足元の暖をとっています。

また立体的で独特なシルエットとなるのですが、日常のカジュアルウェアとしても自然に着てもらうことができます。 もちろんその他のアウトドアアクティビティや旅行などでも活躍することは間違いありません。

そしてモデル名にあるように、今回私が履いているのはウィメンズモデル。 シルエットや丈の長さを考慮するとメンズよりウィメンズの方が良いバランスで履けてしまうのです。 私でSサイズを履いているんですが、サイズ展開はXXSからとなっていますので、もちろん女性の方にもオススメのものとなっています。

どうでしょう、こんなスタイルであれば外で体を動かして遊ぶ時はもちろん、毎日の生活にだってフィットします。

暖かくなりはじめたのに合わせて店頭にも新製品が続々入荷してきています。
ぜひ足をお運び頂き、実際に手に触れ、試着をしてみてください。

ライドでもゲレンデでも視界良好なサングラス – SMITH OPTICS Wildcat

みんなで白銀のゲレンデに向かったのはもう2週間も前のこと。 ウインタースポーツなんてもう何年もしていなかったこともり、足りないアイテムも多かったので、このタイミングでをあれやこれやと揃えることになりました。 ゲレンデでは最新アイテムの機能面の高さに驚かせれるばかりでしたが、 SMITH OPTICS / スミス オプティクスのゴーグルもその1つでした。

ゲレンデでの2日間は、晴れ、曇り、雨あられなど、あらゆる天候となりましたが、スミスのゴーグルはレンズが曇ることもなく、陽が隠れた状況でもはっきりと雪面を見せてくれたのです。 昔の印象だと、ちょっとした事でレンズが曇ったり、少しでも視界がはっきりしなくなるとゴーグルを外したりしていたのですが、そんな状況下でも気付けばずっとかけ続けていたのです。

サークルズでは、自転車用のヘルメットやアイウェアを扱っており、特にNetwork / ネットワークSession / セッションといったヘルメット類は昨シーズンから人気アイテムです。 しかしご存知の方も多いとは思いますが、元々スミスはスキー用のゴーグル ブランドとして立ち上がり、設立当社から今尚そのシーンを牽引し続けているのです。 アイウェアは、彼らが1番の得意する分野なのであります。

そんなスミスより、今季新作のサングラスが入荷したのでご紹介します。 もちろんスノー用ではなく、ライドで活躍するモデルとなっております。

【SMITH OPTICS】
Wildcat

Price : ¥26,000-(税抜)

Flame / Lens
Matte Olive / Sun Black & Clear
Matte Citron / Sun Black & Clear
Matte Black / Sun Red Mirror & Clear

SMITH OPTICS / スミス オプティクスより今季新しく登場したWildcat / ワイルドキャットは、ゴーグルからインスパイアされた大きなレンズを備えたサングラスです。 その形状は、風の巻き込みを抑えるのと同時に通気性を損なわないように設計されています。 くわえて隙間からの光の差し込みも少なく、フレームも視界に入りにくいためとても広い視界を確保することができます。

二段階のノーズパッドで鼻の高さに合わせ調整可能

またレンズのカーブが若干緩やかで、なおかつノーズパッドの角度も2段階で調整可能となっているため、しっかりと鼻にフィットし、サングラスが頰に当たってしまうということも起こりにくいです。

付属のクリアレンズにもすぐに交換可能な軽量フレーム

フレームは、軽量で弾力性と耐衝撃性に優れるTR90とゴーグルなどに使用される伸縮自在のTPUを組み合わせて作られています。 そのため耳にかけた時のストレスも少なく、なおかつレンズ交換も簡単に行うことができます。

スミスの最新クロマポップレンズ採用

標準装備されるスミス オリジナルレンズのChroma Pop / クロマ ポップは、通常のレンズよりも明暗の対応範囲が広いという特徴を備えているため様々な天候やフィールドでその優れた機能性を発揮します。 また付属するクリアレンズを装着すれば、夜間や陽の光が届きにくい薄暗い森の中でも使用が可能です。

シムワーカーのMonyjaさんは、早速使用しはじめており、ライドはもちろんゲレンデでも大活躍だったようです。

自転車をはじめとする様々なアウトドアアクティビティにおいて、その機能性を発揮するワイルドキャット。 新しくサングラスをお探しの方はぜひお試しください。

SMITH OPTICS のアイテム一覧

https://shop.circles-jp.com/collections/vendors?q=SMITH%20OPTICS


【DEEPER’S WEAR FAST PASS】乾伸耐3拍子揃ったマルチプレイヤー

走攻守、3拍子揃ったマルチプレイヤーはどんな世界でもとても重宝される存在ですよね。

DEEPER’S WEARFAST PASSシリーズのアイテムは、そんなスポーツ選手同様、私達が日常からライドまで使用するパンツの中で、例えるなら乾伸耐の3拍子揃った最高のマルチプレイヤーと言えるでしょう。

乾伸耐というのは少し強引かもしれませんが、素早く乾く速乾性、様々な動きに追従する伸縮性、そしてハードに長く使用できる耐久性というのは、私たちが日々着用するウェアにおいて必要不可欠な機能性だと思っています。 なかなかその全てが揃うものも少ないですが、このファストパスシリーズはそれらを兼ね備え、多くのサークルズのスタッフとカスタマーにも重宝されています。

私たちの周りでは、日常はもちろんライドに出かけた時にも必ずと言っていいほど誰かが履いているのですが、この人気ぶりは単に機能性が充実しているというだけではなく、一見普通のカジュアルウェアにしか見えないというのもポイントです。 機能面に特化しすぎて日常生活にフィットしないルックスだと登場回数は減ってしまいますからね。 幅広いシチュエーションで履けるという意味でも最高のマルチプレイヤーと言えます。

今回は、9部丈のベイカータイプがカーキとネイビーの2色、ロング丈のチノタイプのベージュ、合計3モデルが再入荷致しました。 まだファストパスを履いた事がないという方は声を特大にしておすすめいたしますので! ぜひお試ししてみてください。 そしてもう既にお持ちという方は、さらにもう1本、あなたのワードローブ加えてみてはいかがでしょう。

【DEEPER’S WEAR】
Fast Pass Baker

Price : ¥15,000-(税抜)
Color : G Khaki, Navy

【DEEPER’S WEAR】
Fast Pass Chino Long

Price : ¥15,800-(税抜)
Color : Beige

ちなみに、私(身長170cm 体重63kg)が履いているのはどちらも30インチでジャストサイズとなっております。 同サイズでもモデルによってシルエットの違いがわかると思います。 9分丈の方がぎゅっと細くなっています。 また冒頭の写真のShige(身長163cm 体重57kg)は32インチを着用、太腿が太いこともあり、ワンサイズアップでゆとりを持って履いています。

このように、自分好みの履き方ができるというのも最高のマルチプレイヤー、そして懐の広さなのでしょう、ぜひ一度ご試着がてらのご来店をお待ちしております!

【RAL / Player Sweatshirt】 New work arrived from RAL meets holk

毎日でも飽きる事なく袖を通したいと思えるもの。 もし何かのタイミングで袖を通さなくなってしまったとしても、時が経った時、また袖を通していたいと思えるもの。 気づけばクローゼットの中に何着かのストックがあり、着心地も使い勝手も良く、それがあれば毎日の生活が豊かになるもの。 RALウェアは、そういうものでありたいと強く思っています。

昨年はRAL meets holkとして、シャンブレーシャツ・コーデュロイシャツをholkさんにご協力頂き、その思いをカタチにしてきましたが、今回は新しくスウェットシャツをご案内できることとなりました。

スポーツウェアとして登場したスウェットシャツは、誕生してから時を重ねる毎にそのスタイルも確立され、カジュアルウェアのスタンダードとなり、誰もが一度は袖を通したことのあるものとなりました。 もちろん私たち自身も、夏を除くスリーシーズンにおいて欠かす事のできないデイリーウェアとして常日頃着用しています。

このPlayer Sweatshirt / プレイヤー スウェットシャツも、クルーネックのシンプルなルックスで、気兼ねなく、いつでも袖を通してもらえるものとなっているのですが、そのスタイルを崩すことなく、私達なりのエッセンスを加えさせて頂いています。

自転車に乗るときや、その他の運動など何かしらの大きな動作をすることを想定し、着丈と袖丈は長めに設定。 袖や裾が足りなくなったり、めくれ上がってしまうことのないようにしました。 身幅は少し広くすることでリラックスしたシルエットとなっています。 また逆に、肩幅やアームホールは少しスッキリとしたパターンにすることで、ただゆったりとしていて楽で動きやすいものではなく、全体的なシルエットがバランス良く、カジュアルウェアとしても整ったものとなっています。

もちろん、このプレイヤー スウェットシャツにもRALウェアのアイコンともなっているバックポケットが、 左右に2つ備えられています。 間口はジッパーが備えられているため、鍵や携帯なども安心して収納しておく事が可能です。

 

【RAL meets holk】
Player Sweatshirt

Price : ¥15,800-(税抜)
Color : Grey, White

使用される生地は、スウェット生地の産地である和歌山に残る吊り編み機でゆっくりと編まれたコットン100%のもの。 軽くて柔らかな質感でありながら耐久性が高いという特性を持ったこの生地は、編まれている時に糸に余計なストレスがかからず、独特の収縮性を備えることによって生み出されます。 リブも柔らかで、きつく締め付けることがないうえ、着込んでいった後もだらだらとゆるくなりにくいものとなっています。 生地への負担を考えずに着込んでもらいたいです。

ジャケットなども羽織りやすいシルエットのため、今の時期から活躍するのはもちろんなのですが、早く暖かい季節となって、その姿を表に出して着たいと思わせてくれるものでもあります。 カラーはグレーとホワイトの2色、サイズはS・M・Lの3サイズ展開となっています。


今回もわれわれの思いを実現するために協力して頂いたのは、地元愛知を拠点に活躍するブランド holk / ホーク

現在そのアトリエは冬の長期お休み中、再開は2月23日からとなっております。 その頃にはholkの新作が揃い始めるとの事。 私たちもどのような展開を見せてくれるのか期待して待っているところです。 アトリエはCircles店舗より自転車で10分ほどとなりますので、気になった方は是非足をお運びください。

【WINTER ARCHIVE SALE】More items, higher discount rate

史上最強の大寒波。

なんだか今までにも何度となく耳にしたような気がしなくもないですが、天気予報の通り、今日は一気に冷え込みが厳しくなってきました。 ここ名古屋でも最高気温が6度と、この冬一番の寒さとなったのではないでしょうか。 例年よりも暖かいと感じていたらこの冷え込みよう、さすがに外に出るのも気が引けてきます…。 なんていう弱音があちこちから聞こえてきそうですので、今日はそんな声を搔き消すようなお知らせをさせて頂きます。

先週よりスタートしたWINTER ARCHIVE SALEもありがたい事に多くの人が活用してくださっています。 先日オススメした、BLIND CHIC / Gorilla Jacketや、CAFE DU CYCLISTE / Alphonsine Jerseyも残り僅かとなってまいりましたが、本日よりセール品を追加、また一部の商品の割引率をアップさせて頂きました。

丁度先日の水曜・木曜の2日間はお休みを頂き雪山へと遊びに行ってまいりました。 多少暖かかったとはいえ、標高も高く、時にはあられや雨も。 やはり自転車もウインタースポーツも冬の外遊び、厳しい環境下で楽しむには装備をしっかりしなければならないなと改めて確認致しました。

という事で、一段と寒くなったこの週末から続く厳しい寒さの中でも、通勤通学はもちろん、ライドやハイキングを楽しむときに、とっても役立つオススメアイテムをご紹介させて頂きます。

【PATAGOIA / Beanie Hat】

¥5,400→20%off ¥4,320

パタゴニアのビーニーハットは、リサイクル・ポリエステルを100%使用したビーニー。すっきりとしたシルエットはヘルメットの下に被る事もでき、様々なシチュエーションで活躍します。 軽くコンパクトにもなるので持ち運びも容易です。

 

【ACLIMA / Woolshell Jacket W/hood】

¥27,000→15%off ¥22,950

このウールシェル・ジャケットは、アクリマの得意とするメリノウールをブレンドした生地を使用。 起毛処理された内側は、ウールの特性を活かした優れた保温力、吸湿性を備え、表面は雨や雪などを防ぐようにポリエステルの配分が多くなっています。 スウェットパーカーのように、アウターとしてもミッドレイヤーとしても使用できる、汎用性に優れた1着です。

 

【SWRVE / Lightweight Wwr Regular Trim Fit Trousers】

¥16,200→30%off ¥11,340

速乾性と通気性に優れた”LIGHTWEIGHT WWR”シリーズのトラウザー。 軽く、伸縮性に富んだ生地はペダリングの際も一切ストレスを感じさせる事の無い快適性を実現。撥水性も備え、尚且つ濡れてもすぐ乾くのはとても有難い機能。シルエットはオーソドックスなストレート。 流行に左右される事なくいつの時代も変わらず履き続ける事ができる1本です。

 

【ALTRA / Lonepeak 3.5】

¥16,200→20%off ¥13,770

ローンピーク3.5は、ゼロドロップ・ベアフットといったアルトラの特徴的な機構を備えた定番のトレイルシューズ。トレイルランやハイキングはもちろん、ソールがしっかりしているので、フラットペダルのを踏む際にも適しています。 自転車で山まで行き、そのままトレイルランニングやハイキングなんて楽しみ方も可能です。

 

さらに、サークルズでも常に人気のアイテム、THE ATHLETICのソックスも、旧モデルや偏ったサイズのみの在庫となってしまったものを今回セール対象とさせて頂きました。 特に女性の方にオススメなモデルが多いです。

 

さてさていかがでしょう。 気になるアイテムはございましたでしょうか。 この冬はもちろんの事ですが、春先を見据えてアイテムを探して頂くのもオススメです。

まるで宝探しをするかのように、楽しんでWEB SHOP内を探検してみてください。

 

【Giro / Syntax MIPS AF】横幅広めのアジアンフィット

ヘルメットを選ぶとき、皆さんは何を基準に選ばれますか?
軽さ、空気抵抗、ルックス、被りやさなど様々な要素の中で、何を重要視して選ぶかはその人次第だと思います。

私はと言うと、まず第一に考えるのが被りやさ、その次にルックスといったところでしょうか。 もちろん機能性も気になりはしますが、僕の中ではそれは二の次三の次の要素となっています。

そんな私のオススメはGIRO / ジロ、その中でもアジアンフィットと呼ばれるシリーズです。 以前はCATLIKE / キャットライク、ジロの通常モデルを被ってきましたが、このシリーズが登場してからは、他のものは被っていません。

今更説明は不要かもしれませんが、アジアンフィットは通常のモデルに比べると横幅が広く、縦方向のサイズが短くなっています。 日本人の足型の特徴が、よく幅広甲高と表現されますが、これは頭の型にも言えるということです。

またルックスも大きな要因となっており、アジアンフィットがあるものや、比較的日本人が被りやすいと言われるヘルメットの中ではやはりジロのものが単純に好みでもあります。

そんなジロから2019年のニューモデルとして登場したSyntax MIPS AF / シンタックス ミプス アジアンフィット

【GIRO】Syntax MIPS AF

¥14,600 (税抜)

アジアンフィットとして好評であったSAVANT / サヴァントの後継モデルとして登場したMipsを搭載したシンタックスは、 幅が広く、しかも深さもあるので、鉢の張った僕の頭も包み込み、しっかりと被れているという安心感を与えてくれます。

全体的にも整ったカタチをしていますので、見た目の収まりも良く、サイクルジャージからカジュアルな装いまで、様々なスタイルにマッチします。

帽体はポリカーボネイトで覆われ、また転倒時の頭部への衝撃を約30%緩和すると言われるMipsを搭載する事で安全性にも優れます。 そしてMipsを搭載する事で心配される通気性も、専用の形状のものを使用する事でスムーズな風の流れを作り、頭部を快適に保ちます。

頭にしっくりくるものが中々見つからないと言う方はぜひ一度試して頂きたいですし、ヘルメットを初めて購入すると言う方は、選択肢の一つとして候補に入れて頂きたいモデルです。

また今シーズン、ジロのアジアンフィットのモデルは、Synthe / シンセAether / イーサーと上位モデルが今後登場する予定です。 シンセは数シーズン前からリリースされており、好評を得ておりましたが、2019年はMipsを搭載し、アジアンフィットとして再登場。 またイーサーは最新モデルでありながら、スタートからアジアンフィットでの登場です。

こちらの2モデルは、また入荷次第あらためてご案内させて頂きますが、先日メーカーさんの展示会で試着をした感じでは、被った時のシルエットはこのシンタックスが一番落ち着いたものでした。 被りやすく、少しでもシルエットを抑えたものにしたいと言う事であればこのシンタックスがオススメです。

シューズと同じくヘルメットも、試してみなければそのカタチが本当に自分自身に合っているかどうかの判断がつけづらいものだと思います。 ぜひ店頭に足をお運び頂き、試してみてください。

店頭には、サイズはSMLの全サイズ、カラーはMatte BlackMatte White / Silver、そしてMatte Midnight / Blueの3色を在庫しております。 もちろんメーカーさんに在庫があれば、その他サイズ、カラーのお取り寄せも可能となっております。

 


2月6日(水曜日)の営業案内

2月6日(水曜日) は、Bike To Skiに伴い、店舗の営業をグロッサリーでの修理受付のみとさせて頂きます。

尚、ウェブショップは通常通り営業しております。 お詫びとして本日より6日(水曜日)の16:00までご利用可能な送料無料クーポンをご用意しておりますのでご利用くださいませ。

送料無料クーポンコード:BikeToSki


 

【WINTER ARCHIVE SALE】

2019年も早くも1月が終わろうとしています。 今年は年始から様々な場所へ、ロードバイクやマウンテンバイクとシチュエーションに合わせバイクをチョイスして、楽しいライドへとスタッフや仲間と足を運んでおります。

冬のライドはもちろん寒く、動き出すまでは少しばかり気が引けてしまうものではあります。 しかし、いざペダルを回し出せば体は温まり、肌をさす冷たい風も心地よく感じられるようになり、また澄んだ空気はどの季節よりもを美しい景色を私たちに届けてくれます。 冬には冬の醍醐味を味わう事ができるのです。

日が経つにつれ、冬が過ぎ去っていくのに寂しさを感じたりもするのですが、とは言えまだ2月、3月と寒さの厳しい季節が続きます。 まだまだそんな冬のライドを楽しむ事が出来るのです。そして後半戦はよりを備えを万全なものとして、快適に楽しんで頂きたいと思います。

そこで皆様に朗報です。  2月1日金曜日より冬物ウェアを中心としたWINTER ARCHIVE SALEを開催いたします。

今すぐに活躍するアイテムから春先に使用できるものまで、たくさんの魅力的なアイテムが10%から最大50%offまでと、お得にお買い求めいただけるチャンスです。 悩んでいたアイテムを購入するのはもちろん、ここ最近の冷え込みで必要になってきたアイテムを見つけてみてはいかがでしょう。

もちろんCafe du CyclisteASSOSといったサイクルウェアだけでなく、HoudiniAclimaといったアウトドアウェアまでセールアイテムとしてご案内させて頂きます。

ぜひこの機会をお見逃しのないようお気をつけ下さい!!!

尚、WEB SHOPセールスタートは2月1日の正午からスタートとなっております。 店頭へお越し頂くのが難しいという方は、その時をいまかいまかとお待ちください。

一部ではありますが、私のオススメアイテムを少し紹介させて頂きます。

 


【Cafe du Cyclsite / Alphonesine】

¥28,080→10%off ¥25,727

アウトドアウェアのフリースジャケットをイメージしたそのスタイルは、ついついデニムやクライミングパンツと組み合わせ、カジュアルなスタイルでも出かけたくなってしまいそうですが、そのタイトなシルエットはサイクルジャージそのもの。 まさにビブタイツとしっくりとくるサイクルジャージです。

メリノウールをブレンドした暖かく吸湿性を備えたフリースを使用し、冷え込みが厳しい時でもウインドブレーカーで風をシャットアウトすれば暖かさを保ちます。

 

【Blind Chic / Gorilla Jacket】

¥30,240→10%off! ¥27,216

ゴリラ・ジャケットは、コンクリート・ジャングルを駆け巡るアーバン・サイクリストのニーズに応えるソフトシェル・ジャケット。 突然の雨や小雨を防ぐ撥水性、冷たい風をシャットアウトする防風性、体を暖かく保つための保温性など真冬の厳しい寒さの中でも快適なサイクルライフを過すための優れた機能性を備えています。

また今年はフロントジッパーがダブルジップ仕様に変更されており、リラックスしたい時や体温調整を容易にすることが出来るなど状況のに応じた幅広い使用を可能としています。

 

【Giro / Empire VR70 Knit】

¥30,670→40%off ¥18,402

Xnetic™Knitと呼ばれる独自のニット構造のファブリックはポリエステル糸を編み上げて造られるため縫い目や段差が極端に少なく、またワンピース構造のため軽量でまるでソックスのような快適な履き心地を実現。 くわえて伸縮性、通気性、耐久性など必要となる機能面は、編み方やテンションの強弱で必要とする箇所に自在に備える事を可能とします。 つまりは足入れ部分はテンションが甘めで靴下のように柔らかく、甲を中心としたメインのパートはテンションをキツめに編み込み、しっかりとした固定力を実現させているのです。

 

 

もちろんこの他にも様々なアイテムをご案内しております。 その中にはきっとあなたのアンテナがピクリと反応するものがあるはずです。

どうぞよろしくお願い致します。

【山と道】普遍的なものの中にある機能性

山と道のデザイナーである夏目さんが、山遊びで使用するために必要な機能性を求め、完成させたUL Rain Hoodyは、通常であれば足し算されていくギミックを敢えて引き算をしたことで独創的なスタイルのウェアとして生まれました。 何事においても必要不必要の価値基準は人それぞれではあると思いますが、そこにはしっかりとした理由があるのです。

そして、新たに入荷したこのMerino Hoodyにも、もちろん同じ事が言えます。

【山と道 / Merino Hoody】

¥16,000_(税抜)


Material: Merino Wool(170-180g/m2, 19.5μ) / 山と道 Original Blend
Weight : 274g (Size S) / 9.7oz
Color : Navy, Espresso, Charcoal Marl, Gray Marl

 

一見すると昔からよく目にする、普遍的なフーディースタイルのカットソー。 着慣れたルックスのものなので、何気なく袖を通してしまうでしょうが、これにもまたしっかりと裏打ちされた理由があり、辿り着いたスタイルなのです。

もちろんご承知の事も多いとは思いますが、改めてチェックしてみましょう。

フードは体温調節や体を暖めるのに非常に優れています。寒い冬の日や、風の強い時にフードをかぶると単純に暖かさが増します。 例え帽子を被っていたとしてもその上から被ればさらに暖かいです。 またこのMerino Hoodyのフードはさほど地厚ではないため、自転車に乗る際にはヘルメットの下に被っておく事も可能です。 もちろん耳も暖かく、襟元は鼻元まで高く上がるので、バラクラバのように口から首元を保護し、また胸元からの嫌な隙間風の侵入を防ぎます。 ストレッチコードも備えられていますので必要や好みに応じてフィッティングの調整も可能です。

また首元から腹部まで取られたジッパーを開く事で換気をスムーズに行うことができるので、体がヒートアップしてきた時には一気にたくさんの外気を取り込めます。

スウェットのような折り返しのリブは風の侵入を防ぐだけでなく、手首を温め血流を良くする効果も担います。 よりしっかりと手首を温め、保護したい時は備えられたサムホールを使用してもらえます。 また締め付けはさほどきつくないので、血流を妨げる事もありませんし、クールダウンのために袖をたくし上げることも容易です。

腹部に備えられたカンガルーポケットは、補給食の収納やハンドウォーマー的な役割を果たしますが、実はお腹を冷やさないということが最大の目的。 夜を通してなどの長時間、過酷な状況下において、お腹が冷えきってしまうと身体的なパフォーマンスが著しく低下してしまいます。 また一度冷えきってしまってから再び温めるのは容易な事ではありません。 気温の低い山での過酷な経験から得られた回答こそが、このカンガルーポケットなのです。

当たり前と思っていたようなスタイルでも、改めて見てみると気付かされる事が多々あります。

また使用される生地は、夏涼しく冬暖かい天然の調湿機能や消臭機能など優れた特性を持った100%メリノウール生地。 しかも特殊な技術で高い強度を得た、山と道オリジナルのもの。 いかなる状況下でも快適性を維持し、尚且つ永く使い続ける事ができるものとなっています。

冬のミッドレイヤーとしてはもちろんカットソーとして春先まで活躍する生地の厚さですので、これからのシーズン、ヘビーローテーションになる事は間違い無いでしょう。

既に入荷を待ち望んでいた方々がご来店くださり、生地の質感やサイズの確認はもちろん、様々なシチュエーションを思い浮かべながら検討をしてくださっています。 また先日紹介したUL Rain Hoody・PnatsMiniも少量となりつつありますが、店頭にて取り扱いをしております。

また山と道の製品につきましては、実際に手に取り、試着等をして、本当に必要なものかどうかを判断した上でご購入頂きたいため、通信販売は行っておりません。 気に留めてくださった方は、まずはご来店を頂き、その製品のクオリティーをお確かめください。