Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

HOKA oneoneと僕。

ジャっす!

今日はHOKA oneone/ホカ オネオネについてご紹介。
ついに!!
あのジャスが!!
ランニングシューズを紹介する日が来た!!

わかります。わかります。
突っ込みどころ満載なのは重々承知。

でも紹介したいのです。
紹介させて下さい。
 
20161001-19
 
ホカ オネオネはフランスの中東部、スイスとの国境近くにあるアネシー(Annecy)という町に本拠を置く、スポーツシューズメーカー。
とにかくトレイルランニング、アウトドアが盛んな町。
そのアナシーで、ジャン・リュック・ディアード(Jean-Luc-Diard)と
ニコラス・マーモッド(Nicolas Mermoud)の二人によってHOKA oneoneは2009年に設立されました。

「HOKA oneone」とは、ニュージーランドのマオリ族の言葉で、意訳すると「It’s time to fly」
これは、HOKA oneoneのシューズを履いている際に感じる、自由でのびやかな走りをイメージさせるブランド名となっています。
 
20161001-22
 
特徴でもある肉厚なソール。衝撃吸収性にも優れ、アウトソールは幅が広く、左右のラグを大きく設計し着地時の安定感があります。
 
20161001-23
 
と、まぁ性能があーだ、こーだ、というのももちろんご紹介させて頂く上で大事なのですが今日は僕がここ半年、HOKA oneoneを履いてみた感想を書きたいと思います。
 
20161001-8
 
左が僕の足。右がハッピーの足。
2人ともかれこれ半年以上履き込んできました。
まず、僕はと言うと頸椎ヘルニア、腰椎ヘルニア持ち。高校時代に右膝の半月板が粉砕したのと大学の時に左アキレス腱断裂。
以前はオンロードをランニングをすれば膝やアキレス腱が痛くなり、オフロードを走れば腰が痛くなると言う状況でしたが
HOKA oneoneを履きだしてからオンもオフもランニングの際に、その痛みを感じないようになってきました。
ですのでランニング以外でも普段から履くようにしています。
最近は1日中店頭に立っているのですが、他のシューズとは足の疲れ方が全然違うのです。

サークルズの野生児ハッピーも「足の疲れが全然違うね。」と言って性能うんぬんより、本能で毎日履き続けています。

知っている方も多いと思いますが、サークルズに入社する前は整体師をしていました。
骨格、筋肉はもちろん、靴やインソールの事まで色々な事を勉強してきましたが
ちょっとこれにはびっくりしました。
あくまでこれは個人的な意見ですので「絶対に効果がある。」
とは言えませんが、是非ランニング以外の普段履きとしても是非使って頂きたいと思います。

春高バレー出場経験のある【元】バレーボーラーハッピーと
花園出場経験のある【元】ラガーマンジャスのW【元】アスリート伊藤コンビが毎日愛用しているんだから間違いない!!