circles
CIRCLES INFO

今週末と来週末も催し物が目白押し!

 

・週末はライフスペックミーティング!

 
今週末はトヨロックが開催され、キッズロアBike To トヨロックも開催されますが、明後日10月7日(金)〜10月10日(月・祝)は、ディーパースウェアライフスペックミーティングも開催されます!
 
 
日常生活(LIFE)において衣服に求められる機能(SPEC)を追求して生み出された日常着(WEAR) = LIFE-SPEC WEAR/ライフスペックウェア生み出す彼らが、全ラインナップを携えて、名古屋にやってきます!
 
普段は、数あるラインナップの中からサークルズが自転車をベースとしてみなさんの生活にフィットするモデルをセレクトしてご提案させて頂いておりますが、この4日間は全てのラインナップが手に取ってご覧頂け、もちろんお買い求め頂けるチャンスです!
 
・現行の商品の販売会
・秋冬物新作の展示/販売会
・2017年春夏商品の展示会
 
そして、初日の7日夜には、ヘッジホッグダイナーの全面協力のもと、居酒屋おーるゆあーずを開店!
 
 
ケイタやまっつんによる、お酒の進むメニューや、しっかりとお腹を満たす事のできるメニューまでご用意して皆様のお越しをおまちしております!
 

DEEPER’S WEAR
LIFE-SPEC MEETING TOUR “1ST STEP”
Nagoya


 
日時:10月7日(金)〜10月10日(月・祝)
場所:サークルズ 2Fテーラードにて
※イベント詳細ページはこちら。

 
少しずつ秋めいてきて、店頭では汗や水分の染みが目立たないハンズアップシャツや、とにかく驚きの動きやすさをもったハイキックジーンズといったアイテムの動きが出てきています。是非この機会にみなさまの日常生活に活用できるライフスペックウェアを手に入れてみてはいかがでしょうか?
 
 
・来週末は新城のハングアウトに出展!

 

そして、来週末もイベントが続きます。10月15日(土)、16日(日)に新城市の愛知県民の森にて開催されるHANGOUT/ハングアウトにサークルズとして出展致します!
 
 
東海地方では初めてとなる、トレイルランニングやバックパッキングを初めとした国内外の名だたるブランドが集結する展示体験型のイベント。また、日曜日には同じ会場にてダモンデトレイルというトレイルランニングイベントも開催。こちらは既にエントリーが締め切られておりますが、様々なジャンルの垣根を越えて楽しめる2日間、サークルズでは、アウトドアライフに自転車をプラスする事で広がる楽しさをお伝えできればと思い、出展致します!
 
・オリジナル商品の販売

・OMM BIKEを実際に走ったスタッフバイクの展示・試乗

・ALLCITY・KONA・SALSA・SURLYといったメーカーのバイクの乗り比べ

・自転車に興味があるけど、乗った事がないという方や、バイクパッキングやツーリングに興味があるという方へ向けて、上記の試乗車による会場内のショートライドツアーを開催

 
山までのアプローチは自転車で、そして山に着いたらバイクを停めて靴を履き替えてトレイルに繰り出したりと、トレイルランニングや、ハイキング、キャンプやフィッシングなど、様々なアウトドアアクティビティを楽しむ上で、自転車があると今まで以上に色んな遊び方が広がっていきます。
 
この二日間は、ハングアウト会場にてそんなライフスタイルのご提案をしたいと思います。
試乗車の情報や、詳細については追ってご案内致しますので、乞うご期待下さい!

BIKE to トヨロック!

さあトヨタロックフェスティバルの開催が近づいてきました。
 
こどもバイクロア“キッズロアatトヨロック”のご案内もいたしましたが、もちろんこれもやりますよ。
BIKE to トヨロック!!
 
遊び場まで遊びながら行く。これ自転車の醍醐味です。
名古屋市内からトヨロック会場の豊田スタジアムまでは約30km。豊田西バイパスをかっ飛ばすのもいいけれど、ちょっといい感じの裏道をゆっくり走る予定です。
 
Bike to トヨロック
開催日 :2016年10月8日(土)、9日(日)両日開催
集 合 :朝9時パインフィールズマーケットに集合
参加費 :500円(現地で1ドリンク付き。ビールorソフトドリンク。)
募集定員:各日20人
参加方法:
「BIKE to トヨロック8日or9日参加希望!」と人数を書いてコンタクトからメールを下さい。
※現地解散です。
※ツアーではなくグループライドです。事故,怪我,迷子等のトラブルについては各自自己責任となります。
 
 

BEER BIKE

そして、会場にはパインフィールズマーケットがビアバイクとPFMバイクのカーゴバイク2台体制で、ビールとおつまみ、スイーツの販売を行います!
Bike to トヨロック BEER BIKE pinefieldsmarket
音楽と自転車とビールという最高の組み合わせ!
場所はキッズロアと同じく、スタジアムの東側サンライズパークです。
(豊田駅も近いので帰りの輪行も楽々〜♪)
 
 

CYCLE CLOAK

ライドで乗って来た自転車はもちろんのこと、会場まで自転車で来た全ての人の愛車はサイクルクロークに預ける事ができます。
 
cycle cloak at トヨロック イベント駐輪場
 
サイクルクロークはイベント会場の臨時駐輪場。
セキュリティのある駐輪場に自転車を預けて、心ゆくまでイベントを楽しもう。
ロードバイクやMTBだけでなく、ママチャリや子供自転車までどんな車種でもOKです。
場所は同じく、スタジアムの東側サンライズパーク
※ご利用はドネーション形式で100円〜ご協力をお願いいたします。
 
 
 
東海地区を代表するフリーフェス
トヨロックフェスティバル2016
http://toyotarockfestival.com/

ALL-CITY試乗会継続のお知らせ!

 
こんにちは!ナベタクです。
 
先週末は久々に晴れましたね!どんな休日を過ごしてましたか?

僕はというと、オールシティのサポートライダー、コッシーさんによるALL-CITY FUN MEETING #3 NAGOYAに参加していました!
 
titleimg_8779
ライドの内容はすばらしいレポートを書いてくださったモトクロスインターナショナルさんのブログをぜひご覧ください!
 
自然の中をリラックスして走るのはもちろん、都会の喧騒をスイスイと走り抜けるのも自転車の醍醐味の一つ。ほとんど自動車優先に作られている名古屋の道路ですが、自転車も「車両」です。自信をもって車道を走りましょう。どうしてもというときは歩道を徐行で。ヘルメットはかぶった方が安心だと思います。Tシャツにヘルメットの組み合わせはかっこいいです。
 
DSC_7032Photo by kikuzo
 
前川くん a.k.a kikuzoのオールシティライドの写真はこちらから!

ライドを企画してくれたコッシーさん、参加してくれた皆さん、ありがとうございました!
 
そしてライド後にサークルズで行われたオールシティ2017年モデルの試乗会。
本来であれば日曜日のみの開催でしたが、モトクロスインターナショナルさまのご好意により試乗車を1週間お借りできることになりましたので、
試乗会を今週の日曜日まで延長開催します!

 


 
試乗ご希望の際はスタッフにお気軽にお声がけくださいね!
 
all-city
MTBのログレディーや本来ならフレーム売りのマッチョキングなど、買わないと乗ることができない自転車を試せるいい機会です。
いい自転車とは何ぞやの答えと、その気持ち良さをぜひ、体験してみてください。
 
それでは本日もご来店お待ちしております!
 


 
あ、今日は#BIKETOFUTSALです!こちらもよろしくお願いしますね!では!

キッズロアatトヨロック開催!

バイクロア presents キッズロア at トヨロック
生粋の東海育ちには、このエリアの音楽シーンがどれだけ特殊でかっこいい事になっているか分かってるんでしょうか??と、引越して来て1年ちょっと、音楽イベントに行くたびに度肝を抜かれてるわたし、もんじゃは声を大にして問いたい!(知ってるよって声がいっぱい飛んできそう。)
 
そんな東海音楽カルチャーの屋台骨のひとつ、10年も続く入場無料の音楽フェス「トヨタロックフェスティバル2016」に、名古屋の自転車屋サークルズと全国で“おとなとこどものじてんしゃ運動会”を開催するバイクロアが共同で参加します。
 
まずは、こども版バイクロア「キッズロア」のご紹介!
http://bikelore.jp/kidslore/
 
バイクロアは埼玉の秋ヶ瀬公園ではじまったシクロクロススタイルの自転車レースと、ローカルのユニークなショップや美味しいフードが集まる野外フェス的な自転車イベント。来場者数7,000人を越える人気イベントに成長しつつあり、山梨の白州や愛媛の松山(初開催)でも開催されています。レースの勝者だけでなく、参加者全員が目立ち、楽しみ、遊べるというところに大きな特徴があります。
 
その中でも、名物のオウルクラスと同様に大きく盛り上がるキッズイベントを独立して開催するのがキッズロア。
 
会場に特設されたバイクロア流おもしろこどもコースを、みんなで自転車に乗る練習して、最後にちょっとしたレースをやってみます。
初めて自転車に挑戦するキッズから、スラロームや一本橋をクリアしちゃうツワモノまで、みんなが楽しいイベントです。
(そしてそれをめちゃくちゃかっこ良く写真に撮るという家族のチカラも見せどころ。)
こどもももちろん、おとなももっとじてんしゃを好きになる!
トヨロックは自転車を持って来て楽しもう!
 
バイクロア presents
キッズロア at トヨロック!
 
日時
2016年10月8〜9日(土/日)
10:00~16:00
 
会場
トヨタロックフェスティバル2016 サンライズパーク
 
参加対象
小学校に上がる前の元気な少年少女。
(キックバイクでも自転車でも参加可能。ヘルメット必須。)
 
エントリー
1,000円(当日1,500円)
自転車に乗るお子様のみエントリー料が必要です。ご家族は無料です。
 
内容
・こどもじてんしゃ教室
・オウルレース
・フォトコンテスト
・こどもじてんしゃ見本市
 
詳しくはホームページをご覧ください。
http://bikelore.jp/kidslore/

 
その他、イベント自転車駐輪場サイクルクロークと現地までのライドツアーBIKE to トヨロックも開催!
現地ではPFMがビアバイクで出店するので、乾杯するも良し!
詳細は随時アップします。お楽しみに!

bk06

バイクロア presents キッズロア at トヨロック

バイクロア presents キッズロア at トヨロック

シクロクロス開幕と人力リコメンド!

 
こんにちは!ナベタクです。
 
まだまだ残暑が続きますね。
週末は久しぶりの晴れでしたが、みんな自転車乗りました?
 
僕はというと東海シクロクロスの第一戦を走りに、ふれあいパークほうらいへ行ってきました!もしかしたら一番遅いレースレポートです。ごめんなさい!
 
29849604191_b0d422689d_k
ついに始まった2016-2017シーズンのシクロクロス。
自転車のレースはいろいろあるけれど、シクロクロスが一番好きです。
 
ありがたいことにカテゴリー1を走らせてもらっている僕ですが、東海シクロクロスは強豪揃いなので今シーズンは25%以内の順位に入れるように毎レース頑張っていきたいと思います。応援宜しくお願いします!
 
さて、今回のコースはほとんど平坦ながら複合コーナーを多く混ぜ合わせたコースレイアウトで、さながらサーキットのような高速ステージになるのでは?と思っていましたが、数日前から降り続いた雨の影響で、水を多く含んだ土はシクロクロスのブロックタイヤで耕され、試走が終わった段階でもう路面はドロドロ。スリッピーな路面をいかに速く走り抜けられるかがポイントとなるレース、のはずでした。
 
DSK_9203
これならいける!と思っていた自分でしたが、水を多く含んでいた泥は日中の気温が上がるたびに蒸発していき、粘り気のある泥に変わっていったため、パワーが相当必要なコースへと時間が経つにつれて変わっていったのでした。。。。
 
DSC_2871
そうなるとクライマー気質の僕には相当苦しいコースとなり、焦りからか転倒2回、チェーン落ち1回、さらに脚を攣ってしまい、23位/31人という残念な結果でゴールとなりました。順位よりもレースを楽しめなかったのが一番の失敗です。
 
僕は「勝つため」にレースはしません。「楽しみたい」からレースしてます。
本当はレースって楽しいんですよ!
 
irc-1
東海クロスの次戦、第2戦はは少し間をおいて11月6日、砂の起伏で有名なワイルドネイチャープラザ。シムワークスもブースを出す予定です。
 
選手が砂を巻き上げながらコースを走る姿はとてもカッコイイので、ぜひエントリーして走ってみることをオススメします。新しい自転車の魅力に気付けると思いますよ!毎レース出店してくれているBUCYO COFFEEのブースのご飯はとても美味しいですし。
 
レースに出ないけど面白そうと思った方はぜひパパや彼氏や友人の応援に来てください。わからないことはお店でじっくり相談に乗らせていただきますので、ご来店ぜひお待ちしていますね。
 
さて、今シーズンよりも開幕が早くなったシクロクロスですが、今から始めても全く遅くはありません!これから一番いい時期のツーリング、グラベルライドに向いているのもシクロクロスバイクですので。
 
僕が開催しているサンデーモーニングライドにもそろそろオフロードが混じってくるかもしれませんよ。事前に告知します!
 
ちなみに今週の日曜日はAll-city FUN MEETING NAGOYAです!


img_5817.jpg

僕もサークルズのスタッフの代表として参加します。サンデーモーニングライドの番外編という感じで楽しんでもらえたら!ペースはゆっくりですよ。
 
オールシティのシクロクロスバイクの試乗ができますので、ロードバイクよりもモッサリしてるんじゃないのー?と思っている方、ぜひ乗ってみてください。今のシクロクロスバイクはオンロードもよく進みますよ。
 
試乗できる車体はinstagram、facebookで後ほど告知させて頂きますね!

そんなシクロクロスのパーツの中で僕が一番重要視しているのが
 
20160924-12
タイヤと
 
_MG_0459
チューブです。
 
シクロクロスのタイヤは低圧にセッティングすることによりタイヤが潰れ、悪路でのグリップを稼ぐことができるようになります。
ただ低圧にしてしまうと怖いのがリム打ちのパンク。それを防ぐためにシクロクロスではチューブラー、もしくはチューブレスが使われることが多いのです。
 
そんなシクロクロスに向いてないと思われてそうなクリンチャーですが、シクロクロスタイヤの幅に対応したラテックスチューブを使うことにより、リム打ちパンクのリスクを最大限に抑えることができるのです!
 

明日の秘密兵器。詳しくはIRCカップで。 #cyclocross #challengetires #circlesjapan #cxjp

Watanabe Takutoさん(@nabetak100)が投稿した写真 –


僕、レースで使っています。チャレンジのクリンチャータイヤと一緒に使うと相性抜群!

ラテックスチューブのクリンチャーを使うもう一つのメリットは、タイヤをコースによって瞬時に変更できるところ。
もちろんチューブレスでも変更はできますが、リスクの少なさは皆が使い慣れているクリンチャーに部が及ぶのではないのでしょうか。シーラント入れて高圧のポンプでビード上げて、、、という手間も無くなります。

もちろんチューブラーの乗り心地には敵いませんが、劇的に走りが変わります。今まで普通のプチルチューブを使っている方にはぜひオススメしたいアイテムとなっていますので、ぜひお試しください!
 
_MG_0458
チューブラーの方にはやっぱりデュギャストですよね。サークルズはもちろん全種類、全サイズご用意しております!
シーズン終盤のマウンテンバイカーの方のために29インチ、27.5インチのデュギャストご用意しておりますので、切り札としての使用もオススメできますよ。

そんなオススメアイテムを一挙に人力リコメンドとしてトップページにまとめさせて頂きましたのでぜひご覧ください!
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-12-34-55
天気がぐづつきそうですが、今日もご来店お待ちしております!

浜松、静岡小旅行(ナベタク編)

 
こんにちは!ケイタさんからバトンを受けましたナベタクです。
静岡の小旅行から一週間が経ってしまいました。早い!
 
img_0500
ひょんなことからタイミングが合い、ケイタさん、みゆきさんと行った静岡の旅。(途中までハッピーさんも!)
 
僕のメインはやはり浜松市立美術館で開催されていた若木信吾さんの写真展「Come & Go」
 
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-21-22-15-33
学生時代、作品として写真を撮っていた僕にとって若木信吾さんの活躍は新鮮でした。
 
写真家ながら映画監督として映画作品を作り、自分の生まれ故郷である浜松で書店「BOOKS AND PRINTS」をオープンさせるというマルチな活動。そんなところに感銘を受けました。
 
そんな人が撮る写真は人に寄り添った人物写真がメインでした。人が好きなんだなぁ、と感じました。どれも若木さんだから撮れる表情ばかりでした。
 
僕もまた自転車に乗る人の写真を撮ろうと思いました。今週末から東海シクロクロスも始まりますし!
 
まだまだ勉強不足の僕はBOOKS AND PRINTSで「希望をくれる人に僕は会いたい」という若木さんが書いた本を買いました。
まだ読めていませんが僕も同じ気持ちです。
お店で働くということはいろんな人に会えるということですから!
 
さて、浜松の次の目的地は静岡市。
僕が訪れた静岡は「カッコイイ」が詰まってました。
 
img_0535
d design travel 愛知の発刊により僕たちにとってグッと身近になったd&departmentのショップであるd department store SHIZUOKA by TAITAへ。
 
浜松から静岡まで約80キロ、車で1時間と少し。自転車で走ったばかりの僕にはかなり近く感じました。(笑)
 
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-21-22-37-02
田園風景の中に溶け込むシンプルな外観から店内に入ると、余計な装飾のない、整然と商品が並ぶ心地よい空間がそこにはありました。
 
カフェも併設されている店内の家具はすべてカリモク60で統一。
洗練されていて素敵な空間でした。
 
img_0529
僕はそこで静岡は三ケ日みかんの100%ジュースを頂きました。
その土地に来たらなるべくその土地のものを食すというのはドライブでも自転車のライドでも変えないようにしています。
 
店内の商品で一番カッコイイと思ったのが、OLYMPUSの名機「TRIP35」がメンテナンスされて売られているということ。
 
8925320956856013_1
このカメラ、1968年から製造されていて、それを自分たちの手でメンテナンスして再生させるワークショップも行われているようです。
それって僕たちが自転車に対して行っている「オーバーホール」という作業にとても似ているな、という風に感じました。
 
長く使われていたいいものをさらに長く使うためにする作業。ロングライフデザインの概念は「モノ」だけにとどまらず「コト」にも。
レクチャーはサークルズでは出来ないけれど、カルチャークラブでマコトさんが教えてくれます。
 
そんな部分にサークルズとd&department storeにシンパシーを感じた今回の来店でした。
 
買って帰ろうかなと思ったものが何点かあったけれど、次回の楽しみに取っておくことにして、次の目的地であるIFNi ROASTING & Co.(イフニロースティングコーポレーション)へ向かいました。
 
焙煎をメインで行うイフニさんは、今回の旅の目的であった若木信吾さんの写真展のオリジナルグッズとして、コーヒー豆をブレンドして展示会場で販売しています。
 
若木さん本人も東京から浜松に戻る際に立ち寄るそうですが、そのお店はコーヒー豆の卸をメインに行っているためお店というよりは作業場といった雰囲気。
 
img_0551
サークルズに置き換えるとそこはピットスペース。マスターの「好き」が詰まった倉庫のような場所でした。
古いバイクが好きで、仕事が落ち着くと自分でメンテナンスをするそうです。
 
img_0552
その倉庫の一角に取られたカフェスペースには、コーヒー豆だけではなくコーヒーグラノーラコーヒーキャンディなどを並べており、ただ飲むだけではないコーヒーの楽しみ方を提案してくれているところに「カッコイイ」を感じました。もちろん「イフニブレンド」はとても美味しかった。
 
1日でアプローチの違うお店のあり方、それも自分が働いている自転車屋というカテゴリではないお店が見れてとても刺激になりました。
どちらにも共通するのはお店としてやりきっていること。自分の信念を貫いていること。それが「カッコイイ」ということなんだなと思いました。
 
そして最後は静岡といえばでおなじみ「さわやか」のハンバーグ!
 

念願の、初さわやかで〆。うんまかった!

Watanabe Takutoさん(@nabetak100)が投稿した写真 –


 
人生で初めての来店にテンション上がりました。元は喫茶店から始まっていたということを知りここでも刺激を受けてしまいました。
 
もっと面白い自転車屋になれるように頑張ります!
 
急遽決まった小旅行でしたが、やっぱりインターネットが発達した今でも自分の足で気になる場所に訪れて自分で見て、話をするということはとても大事です。

旅、しましょう。自転車、車、電車、歩きを上手く混ぜ合わせて。

それでは、本日もご来店お待ちしてます!

浜松、静岡小旅行
(アーリーバーズケイタ編)

 
こんばんは。アーリーバーズのケイタです。3連休の中日ですね。天気はパッとはなかなかしませんでしたが、たくさんのご来店ありがとうございました。
連休最終日の明日も元気に営業しますのでご来店お待ちしてます。
 
さて、先日のお休みに、ちょっとした小旅行に行ってきました。水曜の営業後に、自転車を輪行し豊橋を経由し、浜松へ。
 
ずっと行ってみたかった浜松。行ってみると近いもので、新幹線を使わずにでも1時間半くらいで着いちゃいます。浜松駅を降り、自転車を組み立て、少し街の中をフラフラと走ってみる。初めての街を行くのはいつもワクワクするし、いろんなお店や人がとても気になります。

繁華街は賑わっており、気になる佇まいのお店が何軒もありました。
 
14375250_757965390972653_1115874348_o
30分くらい街をなんとなく散策した後、お目当てのお店「naru蕎麦」さんに入りました。以前から知っていた浜松の有名店ですが、ようやく行くことができました。
 
大将の石田さん(通称ゴリさん)は以前より面識はありましたが、3月に渡米した際に、オークランドにある人気なラーメン屋「THE RAMEN SHOP」にてお会いしました。

ゴリさんはこの時このラーメンショップに蕎麦のワークショップをしに来たついでに数日間ラーメン屋でインターンシップ的に働いていました。そのタイミングであの日会えたのがとても印象深い出来事で、それからずっと浜松には会いに行かねばと思っていたので念願の訪問でした。
 
14374718_757965354305990_264348510_o
わかってはいたけど細部にまでこだわっているお店がかっこいいし、女将によるこだわりのおばんざいに、ゴリさんの魂込めて打つ蕎麦が美味しすぎて最高です。蕎麦というキーワードは老若男女誰でも好きなものですので、店内には様々な方いらっしゃり、終始賑やかでした。とても居心地の良い場所だったので、3時間もいてしまいました。(笑)「くるみタレせいろ」が絶品でした。
 
するとゴリさんが「一杯飲みにいく?」って誘ってくださり、もちろん「はいっ、お願いします」と。浜松の美容室「EN」の方も加わり行きつけのかっこいい飲み屋に連れて行ってもらい、いろんなお話をさせてもらいました。浜松や名古屋のことや、お店のことや、くだらないことも。
とっても刺激的な夜はあっという間に過ぎ、気づけば日をまたいでしまっていました。次の日もランチに行きます。と約束し別れました。
 
次の日の朝、早6時前に浜松駅から自転車で30分もしないところにある「中田島砂丘」へ、浜松出身のサークルズスタッフ「ハッピー」も同じタイミングで実家に帰省していて、朝はサーフィンするってことなので見学に行きました。僕は泳げないので見学です。
 
14374745_757965377639321_686223272_o-2
サーフスポットでもある海岸はその日結構荒れていましたが、海にはすでに何十人もの地元サーファーがいました。みんな荒れた海の中でも波に乗ってかっこいいです。「よし、ハッピーも見せてよっ」と表情を見ると、暗い。(笑)
 
どうやらこの波は上手い人じゃないとなかなか厳しいらしい。それでも果敢に挑戦してくれましたが、やはり波に乗るのは難しいようだ。経験のない僕にとっては、どのくらいが上手いのかの尺度がないので、ハッピーの苦戦している姿を見て、波に普通に乗れている人たちはだいぶ上手いんだって実感しました。
 
14329226_757977687638090_669880387_o
 
多分やれないけど、サーフィンもやっぱりかっこいいスポーツだなって改めて思えたし、海を見続けるだけでだいぶ癒されました。中田島砂丘がだいぶ好きになりました。
 
サーフィン見学も終えて、また街の方へ自転車で戻り、さらに名古屋から朝向かってきたサークルズスタッフ「ナベタク」パインフィールズマーケットの「ミユミユ」とnaru蕎麦で合流。4人で蕎麦を食べました。昨晩も食べたのにやっぱり美味しすぎて感動しました。みんなも満足の表情でうれしかったです。
 
14375210_757965374305988_543629609_o
食事後は写真家、若木信吾さんがオーナーを務める本屋「BOOKS AND PRINTS」へ。普段は木曜日がお休みなのですが、展示の関係によりラッキーなことにオープンしていました。こだわりのセレクトの本屋さんでとても見ごたえがあり、面白かったです。

そもそもこのお店のある建物「KAGIYAビル」が良くて、各階に魅力的なお店ばかりがありました。
 
14359663_757965360972656_1858253311_o
車で浜松市立美術館に移動し、先ほどの本屋さんのオーナーである「若木信吾」さんの写真展へ。CIRCLESカメラマンのナベタクが今回の浜松小旅行の目的の大きな一つでもあったので僕らも一緒に見てきました。
 
14339910_757965347639324_451184779_o
 
【若木 信吾(わかぎ しんご、1971年3月26日 – )は、日本の写真家、映画監督。静岡県浜松市生まれ。 ニューヨーク州ロチェスター工科大学写真学科卒業。雑誌・広告・音楽媒体など、写真家として幅広い分野で活動。 自身で出版社ヤングトゥリー・プレスを主宰し、2010年4月には故郷である静岡県浜松市に書店“BOOKS AND PRINTS”、2012年10月10日には浜松市に2店舗目“BOOKS AND PRINTS BLUE EAST”をオープンさせた(2013年に両店舗をKAGIYAビルにて統合)。】 Wikipediaより
http://www.shingowakagi.net

 
テレビや雑誌でもよく目にする芸能人の方のポートレイトが多く、そして大事な家族や友人を撮影し撮りためていたものが多かったです。一つ一つがとても力強く、写真からとてもエネルギーを感じました。まああんまり詳しくはないので大げさなことは言えないのですが、とても面白かったです。
 
 
写真展を見た後はどうしようかって話していたら、ここまできたら最近何かと縁があり気になっていたお店「d&department shizuoka」に行っちゃおうっていうことに。浜松からおよそ80km。車で飛ばせば1時間ちょっとの道のり。僕らの静岡小旅行はさらに深みを増しました。静岡で行ったお店などの続きはナベタクにバトンタッチ。
 
14329371_757965367639322_988299564_o
この日僕は、BLACKCATのディスクロードにレジスタントのリュック、ラル バイ ディーパーズウェアのショーツにメリノウールのTシャツのスタイルでした。
 
バイクパッキングするまでもないこんな感じの小旅行ではこのくらいが個人的には楽ですね。次回はしっかり走るスタイルでディープ浜松を楽しみたいです。その時はRIDEALIVE2016でも参加してくれた自転車屋GREEN COGさんに色々連れて行ってもらいたい(希望)。
 
年内にまた必ず来訪しますっ。それではナベタク続きよろしくーっ。

GIANT2017年展示会!

 
こんばんは!ナベタクです!
お待たせしてます。展示会ブログ第3弾です。
今回はGIANTの展示会で気になったバイクをご紹介します!
 
2017年のジャイアントは前年度に比べてラインナップを絞って、販売モデルの価格を抑えた傾向にあります。
コストパフォーマンスには定評のあるジャイアントでしたが、そのお得感はさらにUPしているように感じました。
 
新しいテクノロジーを積極的に発表してきているジャイアントですが、基本性能も変わらず高く、間違いないクオリティです。
 
それではご紹介します!
 
_mg_1267 
giant-10
IDIOM2 ¥60,000-(税抜)
 
マットモスグリーンのカラーリングが素敵なイディオム2。ロードバイク譲りの軽量アルミフレームと、小径車ならではのキビキビとした加速感がやみつきになる自転車です。9.6kgと軽量なのもオススメなポイント。ハンドルが折れて小さくなるので、車に自転車を積んで旅先でサイクリングしたい方にもオススメできる1台です。
 
giant-9
GREAT JOURNEY ¥100,000-(税抜)
 
自転車で長旅をしたいと思ったときに必要なものはなんでしょうか。
まず自転車がなければ車体、パニアバッグ、それを取り付けるキャリアなど、意外と出費が多くかかってしまいますが、グレートジャーニーならこの1台で全部まかなえます。全部標準装備でこのお値段はジャイアントにしかできません。
 
ツーリングシーズンにはもうメーカー在庫ないこともある人気車種です。そんなグレートジャーニーを欲しい!と思ったあなたにこの言葉を贈ります。
 
”今から20年後、君は「やったこと」よりも「やらなかったかったこと」にずっと後悔することだろう。さあ、もやを解き放て! 安全な港から船を出せ! 探検せよ、夢を抱け、発見せよ!(マーク・トウェイン)”
 
giant-2
TCR SLRシリーズ ¥165,000〜(税抜)
 
ジャイアントが誇るアルミロードバイクの最高峰がTCR SLRです。
アルミロードで8kgを切る重量を実現。カーボンバイクを凌駕するほどの性能を持ち合わせています。
レースバイクははただ硬いと思われがちですが、快適性も考慮したこのバイクは驚くほどに気持ち良く走ってくれるでしょう。
アルミ特有のシャキシャキ感も損なっておらず、加速の気持ち良さはピカイチです。
 
105仕様で16万5000円、アルテグラとワンランク上のホイールを装備した仕様で23万円は、レースやエンデューロを始めたい人、自転車で速く走ってみたいにオススメの1台です。完成車を買ってしまえば、もう変えるパーツはほとんどありませんよ!
 
giant-7
LIV ESCAPE R3 ¥50,000-(税抜)
 
ジャイアントの名クロスバイクであるESCAPEにはない小さめのサイズ設計と女性らしいカラーリングラインナップのLIVエスケープは軽快車からワンランクUPしたい女性にオススメのバイクです。
 
欲を言えばサドルを女性専用設計のサドルに交換するともっと快適になります!
 
普段使いから休日のちょっとしたサイクリングにまで使えるエスケープは、もちろんメンズ用もポップなカラーに変更になってさらにカッコ良くなりました。スポーツバイク入門にどうぞ。
 
giant-6
AVAIL 2 ¥78,000-(税抜)
 
LIVの中でも僕がいいなと思ったのがこのアベイル2。
 
サドルからハンドルまでの長さを短くして、前傾姿勢を緩くした女性専用設計のフレーム。ドロップハンドルにはサブのブレーキレバーを装備。ギアにクラリスの11−32Tを装備して峠が楽に登れるように設計されています。
 
アベイルシリーズは、ロードバイクを始めたい女性のファーストチョイスにぴったりですよ!
 
giant-1
TCX ADVANCED PRO 2 ¥280,000-(税抜)
 
最後に東海シクロクロスの開幕が待ちきれない僕が気になるのは、やっぱりジャイアントのシクロクロスバイク。
TCXアドバンスドプロ2は泥抜けに定評のあるカーボンフレームにSRAMのRIVAL1を装備して、重量は8.6kgと、そのままレースに出ても勝ちを狙えるバイクに仕上がっています。前後12mmのスルーアスクルになったことも見逃せないポイントです。
 
giant-11
BRAVA SLR ¥195,000-(税抜)
 
LIVは女性のシクロクロッサーのためにに油圧ディスクブレーキ搭載のブラビアSLRをラインナップ。少しの力で大きなストッピングパワーを得られる油圧ブレーキはレースを安全に走ることができると同時に、疲労の軽減にもつながります。
 
女性シクロクロッサーが増えてきて機材も女性向きのものを選べるようになってきました。オフシーズンは太いタイヤを履いてツーリングにも使えるシクロクロスバイク、オススメです!
 
giant-8
そしてキッズ向けに24インチのシクロクロスバイクもラインナップに用意されていて、親子で自転車のカラーををお揃いにできるジャイアントは最高のブランドだな、と感動してしまいました。家族全員で自転車を楽しめるって素敵なことだと思いませんか?
 
他にも紹介しきれないぐらい良いモデルが沢山ありました。
是非、ジャイアントも店頭で詳しくお話しさせてくださいね!

明日木曜日は定休日ですので、金曜日からサークルズでお待ちしてます!
 
それでは!

RAL COMMUNE (FUTSAL MEETING vol.2)

 
ケイタです。先日もフットサルをやってきました。スタッフ、お客さんを含め集まってくれたのは12人。平日にもかかわらず試合ができる人数が集まってくれて嬉しい限りです。
 
 
BIKE TO FUTSALってことで僕らはいつだってどこに移動するのも自転車。仕事を片付けて、パパッと着替えてフットサルコートへ。
 
準備運動を入念に済ませ(そう!絶対に怪我はしたくない!)、すぐにボールを蹴り、人数が集まったらすぐにコートにて試合です。
 
 
今日は冷静にのんびりやろうかなって思っていても、気づけば熱が入りどんどん白熱してしまいますね。
 
 
前回やった時がおよそ8年ぶりにボールを蹴りました。こう見えて小学低学年から、高校までずっとサッカー部でした。基本的に仕切りたがりの目立ちたがりなのでキャプテンをずっとしていました。過去の自分の動きがだいぶ美化されているので、全く動けない自分に愕然としながら。笑 それでも前回よりもなんだか体の動かし方がうまくいくような気がしました。笑
 
基本的には素人でも、経験者でも、男女も年齢も関係なくみんなで賑やかに楽しくやりたいと思っています。
 
スポーツを共に楽しむっていうのは自転車もフットサルでも一番のコミュニケーションになりますよね。
 
 
次回は10月4日(火曜)21時から23時まで 熱田のフットサルアリーナ名鉄神宮前にて。前回とは場所が変更となりますのでお間違えのないように。
 
屋内となるので、雨の心配もないと思います。
ぜひ参加希望の方は当日お待ちしておりますね。
 
その際はぜひ自転車でお越しいただければ尚、嬉しいですね。名古屋の街はとても走りやすいですし、便利ですよ。
 
それではまた来月。
 
PS 頑張って続けれたらユニフォーム作りたいなーーー。続いたらの話ですが。笑

KONAのニューモデル!

 
台風が過ぎ去って、昨日の午後から空気が一気に秋めいてきた気がしますね。早く終わってくれと思っていたうだる暑さも、今となっては懐かしくなります。
 

こんな日は自転車で出かけたくなる!風が気持ちいい! #circlesjapan #everydaybike

Watanabe Takutoさん(@nabetak100)が投稿した写真 –


 

夏が終わりそうだけど僕はTシャツでビールをひたすら飲み続けたいです!
残暑見舞い申し上げます。ナベタクです。

 
さて、先日のモトクロスインターナショナルさんの展示会に続き第二弾となる展示会ブログです。今週の水曜日にKONAとGIANTの2017年モデルの展示会に行ってきました!
 
_mg_1104
まずはカナダのブランドKONA(コナ)から。
今年のラインナップは最初の一台にも、新しいジャンルの自転車に挑戦するときにもまずオススメしたい完成車が多数あります。カラーリングがシンプルなモデルが多く、純粋にカッコイイ!と呼べるモデルが多いです。
 
それではMTBからご紹介します。
 
_mg_1090
UNIT(ユニット) ¥109,000-(税抜)
 
前年度からの継続モデルですが、27.5+のセミファットタイヤが標準装備になりクッション性と走破性が増しました。サスペンションも変速機もないリジットシングルスピードバイクになりますが、この太いタイヤと変速の煩わしさから解放されたバイクは里山のトレイルをスイスイと走り回ることができるでしょう!
 
カラーリングもマットグリーンの単色となり、カッコよさが増しました。
さらにこのモデルの良いところは拡張性が高いところにあります。ギヤが欲しい!となったときはRハブがカセットスプロケットに対応するのでホイールを組み直す手間がない所や、27.5+の走破性よりもツーリングでの巡航性能が欲しくなったら29erのホイールに履き替えられたりとシンプルがゆえの自由さも持ち合わせています。
 
あなたなら、どんな風に乗りますか?
 
_mg_1134
PRESEPT150(プリセプト150) ¥236,000-(税抜) 
 
長野県の富士見パノラマや山梨県のふじてんスノーパークはゴンドラでコースの上まで登って、エキサイティングなダウンヒルが楽しめます。ただ、MTBを近場で楽しみたいとなると、どうしても山を登らなければいけなくなります。そんなときにオススメしたいのがこのプリセプト150です。
 
下りもガンガン攻め込める150mmトラベルのフォークを装備し、リアサスにスインガーシステムを装備したプリセプト150は登りもしっかりとパワーをバイクに伝えてくれます。かっこいいカラーリングにフロントシングル、最大42Tのワイドレンジの11速スプロケ装備でこのお値段は正直びっくりです。もう変えるパーツが見当たりません!
 
里山もダウンヒルもどっちもやりたいけどバイクは一台でないと、という方にオススメします。書いてる自分が一番欲しくなってます。
 
_mg_1117
WHEELHOUSE(ウィールハウス) ¥185,000-(税抜)
 
ロードバイクが好きな僕が一番オススメしたいのがこのウィールハウス。
エントリーグレードのバイクからグレードアップしたレイノルズ853のパイプを使い、ディスクブレーキを装備したグラベルロードです。クロモリのなかでも軽量でシャキッと走るパイプを使用していますが、クロモリ特有のしなやかさと耐久性は健在です。
 
タイヤは30cを標準装備していて、リアディレイラーはティアグラの10速ながら坂に強い11−32Tのカセットを使用しているので走る場所を選びません。シクロクロスバイクとは一味違うグラベルロードは、あなたをどこまでも遠くへ、気持ち良く連れていってくれるはずです。キャリアダボも標準装備ですが、ぜひバイクパッキングで爽快な走りを体感してもらいたい一台となっています。
 
_mg_1107
COCO(ココ) ¥85,000-(税抜)
 
これは継続モデルなのですが、僕たちが思う理想のコミューターバイクなのでご紹介します。
女性でも跨ぎやすいミキストフレームに雨の日でも制動力が安定するディスクブレーキにフルフェンダーを標準装備。これにフロントバスケットやラックを追加で付ければ完璧なエブリデーバイクです。変速も信頼のシマノを使っていて性能もお墨付き。街乗りならフロントの変速はあまり必要がないですよね! 
 
こんなカッコイイ自転車に乗る女性が増えたらいいなぁ。なんて考えてしまうのは僕だけでしょうか。決して!決して!リアキャリアを付けて二人乗りはしてはいけませんからね!
 
本当であればもっとご紹介したいのですが、残りは店頭にてご紹介させてください。
写真を載せておきますので、ビビッときたらあのバイク何ですか?とぜひ聞いてみてくださいね!
 
_mg_1166

_mg_1097

_mg_1127

_mg_1152

_mg_1146
次はジャイアント編をお送りします。乞うご期待!