大きな渦は海を越えて。

 
 
先月のNAHBS遠征の模様が、シムワークスのRoad to NAHBS2017にて綴られております。
 

– part1 / DESTINATION : SLC UT –

 
– part2 / BACK TO : PDX OR –

 
そう、この旅はNAHBSが終着点ではなく、その後ポートランドへ戻ってシムワークスの新しい拠点を稼動させるのが目的だったのです。 その場所はクリスキングの社屋の中。 厳しい情勢の中でこうやって我々に力を貸してくれる協力者がいることに感謝し、まだまだ現在進行形で進化を遂げている我々の新拠点で、海を越えて大きな渦となっていけるように力強く進んでいきます。 写真を楽しみながら少しでも今回の旅の様子を感じ取ってくれたら嬉しいです。
 
 
特に今回の渡米で公私ともに大変お世話になった、シエロのチーフビルダー / オスカーには本当に感謝してもしきれません。 先日のシーオッターのレースでは愛娘アリスンが素晴らしい走りを見せてくれたよう。 彼女上手なんですよ本当に。 忙しいなかでもちゃんと愛娘のためのバイクを組んじゃう溺愛っぷりが滲み出ていて、素晴らしい家族だなと思ってシャッターを押したのを覚えています。
 
その他にも、この旅で出会った自転車人たちの写真をWith Bicycleにて紹介していますので、是非覗いてみて下さい。
 
– With Bicycleページ –

 

あなたの人生に最良の1台を。
(オールシティ/スペースホース編)

 
先日のカモちゃんのブログに続き今日もオールシティをご紹介。
 

さて、今回のモデルはロード、シクロクロス、マウンテンなど多くの車種のラインナップを揃える同ブランドの中でも最も幅広く活用できる1台、スペースホースディスクです。
 

【All-City】SPACE HORSE DISC

完成車価格:¥215,000(税抜)
 

オールシティーは全てのモデルにフレーム/フォークでの販売をラインナップしており、殆どのモデルにおいて完成車での販売があります。
 

上のモデルはメーカーが提供する完成車です。 たとえば自転車にどう乗りたいか既に決まっているお客さまにたいしては、当店スタッフとともにパーツ選びからご相談頂いて、フレーム/フォークから組んで頂くのが最良だと思っていますが、みんながみんなそうではないことがほとんどであり、メーカー完成車はそんな方の為に用意されています。
 

完成車にアッセンブルされているパーツはもちろん申し分ない物ですので、先ずは完成車で乗り始めて、そこから自分の使い方に合ったパーツを選んでいくという選択も当然ありです。 例えば自転車でピクニックに行きたいから、サンドイッチとコーヒーが運べるラックを付けたいとかね。
 

今日これからご紹介する1台は、既にロードバイクに乗っておられるお客様からのオーダーで、フレーム/フォークセットからパーツを選んで0から組ませて頂きました。
 

【All-City】SPACE HORSE DISC

フレーム/フォーク価格:¥81,000(税抜)

 
 
SIM WORKSの製造する人気タイヤ、THE HOMAGEを付けても余裕のタイヤクリアランス。 公称クリアランスは42cなのですが、タイヤのサイズについてはメーカーの公表数値に依存する部分も多々あり、その数字もどこまで正確かはとても微妙で、実際にメーカー公表値が43cのこのタイヤも、実際にこのスペースホースには問題なく履かせる事ができるということが確認できました。
 
そして最近のラインナップではストレートフォークを採用するフレームが多い印象のオールシティーの中に於いて、際立つのがこのベンドしたフォーク。
 
 
レースバイクなどの設計数値と比べると安定感をより求める設計思想で作られているため、きびきびとした操作性は若干薄れてしまうものの、その程よいしなりと正しきトレイル値によってうまれるハーモニーからとても心地よい乗り味が得られます。 そして何より、スチールバイクでもカーボンフォークをアッセンブルすることが多くなってきた昨今において、スチールフォークでアッセンブルされていることで安心して走る事ができるという有り難みを強く感じると同時に、ツーリングがらグラベルライド、果ては毎日の通勤や買い物といった生活の相棒まで務めてくれるスペースホースのコンセプトが伺えます。
 
 
前後に金色の際立つパーツがこのバイクの肝、クリスキング社のR45ディスクハブです。
 
 
クリスキングの製品はベアリング、シール、Oリングといった内部パーツやフリーボディーなどの全てのスモールパーツが補修パーツとして用意されており、万一の場合には交換が可能です。
 
ハブやベアリング自体をただの消耗部品と考えずに、たとえそれが高価だとしても入手し得るかぎりの最良な材料を選択し、それをできる限り複雑ではなく、整備補修し易く、そして使えば使う程に馴染んでいき、リムが消耗したとしてもハブ自体は繰り返し使い、ホイールを組み替えていく最良なサイクリストをイメージしながら、モノを長く、そして使い切っていくことを製造の根幹に置いていること。 そしてその製作に従事するヒトや、作業環境、そして材料面においても自然環境への配慮をしている、クリスキング社のモノづくりにおける哲学が詰まったパーツです。 
 
  
今回のクリスキングのR45ディスクハブはセンターロックモデルのタイプを使っています。 ここで豆知識ですが、R45ディスク センターロックのリアハブは135mmのクイック/142mmx12mmスルーアクスルのどちらも、ローターのロックリングにはシマノのスルーアクスル用のタイプ(型番:Y29F98010)が必要になるのでご注意下さいね。
 
 

そもそも、サーリーとオールシティの違いって何なんだろう?


 
実は意外と語られていないお話で、似たようなものだと受け取られがちなこの2つのブランドですが、1998年に創業したサーリー、かたや2009年創業したオールシティ、その歴史にはもちろん大きな差があるのものの、実は両ブランドともに、アメリカの巨大自転車問屋QBPという母体の傘下に共存しています。
 
サーリーはマスプロダクションの中でも、マーケットには幅広い層、そして多くの人が存在しているということを理解した上で、製造できる限りの豊富なサイズ選択や、そのモデルごとに自転車乗りが考えうる限りの自由なアイデアをそれぞれに与え、かつそれをずっと使い続ける事のできる移動ツールとして、そして使い続けれるようにと多少の重さに目をつぶり、とにかく丈夫なスチール製のチュービングを選びバイクを頑丈に作っています。 もちろんそこに関わっている人たちはみな生粋のリアルサイクリストであり、自転車しか目に入らないような人種によって作られている会社です。(過去のサーリーに関するブログはこちらから。)
 
そして、オールシティは後発ブランドだからこその強みもあり、ありとあらゆるスチールバイクを研究しきった上で、綺麗なスチールバイクを組もうという意志が強く感じ取れます。 質実剛健なサーリーのチュービングに比べ、モデルによってはコロンバス・ゾナや、レイノルズ・853を用いたり、究極的にはA.C.Eというオリジナルのチュービングを開発してしまうなど(これはサーリーも同じくですが)、その目的や用途に合わせて適切なチュービングを選択し、マーケットの反応も重要視している点も特徴です。 もちろんサーリーからも多くの事を学んでいるのは確かですが、サーリーのような幅広いサイズ設定や、守備範囲の広さはないものの、良い意味でかゆいところに手が届く絶妙な車種設定で、日々楽しむことを前提とし、アーバンサイクリストの文化を発展させていこうという彼らの世界観を多くの人にとってわかりやすく表現しており、仮にサーリーをニール・ヤングとするならば、オールシティはブルーノ・マーズなんて無意味に比喩を考えたりもするわけで。(異論反論どしどしお待ちしています!w)
 
もちろん、どちらのメーカーが良いということではなく、それぞれに素晴らしい長所を持ち合わせており、僕らサークルズが自身を持っておすすめする2つの中心ブランドなので、もしこのブログを呼んでオールシティやはたまたサーリーのバイクに興味を持ったり、疑問に思った事があればお気軽にお尋ね下さい。
 

あなたのライフスタイルにベスト・フィットした最良の1台を一緒に作り上げませんか。
ぜひみなさまのご相談をお待ちしてます。  

 

新春目玉ホイール!

 
明けましてジャっす!
JUSです。
今年もどうかよろしくお願いいたします。
 
さてさて、年末年始は皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
なにやら#伊豆合宿2016と称して仲間達は楽しそうに遊んでいましたが、僕はと言うと、1月1日と3日に高校ラガーマンの聖地『花園』こと花園ラグビー場に第96回全国高校ラグビー大会を観戦しに行ってきました。
 
僕が出場したのはもう15年も前になりますが、当時と変わらない雰囲気や空気感は何年たっても興奮します。 白熱した高校ラガーマンの試合を観ると、なにか熱いものがこみ上げてきます。
 


 
2日はユニバーサルスタジオジャパンで朝から晩まで遊んでいました。
ワイフがエクスプレスパスと言う魔法のチケットを買っていたので、激混みの正月ユニバでもアトラクションにほぼ並ばずに乗れるので、エクスプレスパスはかなりオススメですよ。 値段はちょっと高いけど「お金で時間は買えるんだ」って、少し大人になれます。
 

ユニバ! #ユニバーサルスタジオジャパン

Seigo Itoさん(@jus0805seigo)が投稿した写真 –


 
さて、そんなお正月休みも終わって5日から新年初売りがスタートしています!!
サークルズ1Fコンセプトでは超超超〜お買い得なオリジナルコンプリートバイクや、ゴリラスパンホイールをご用意しております!!
そのなかでも今日は新春目玉ゴリラスパンホイールをご紹介!!
 
VeloCity Aileron 650B ✖️ SHIMANO XTR(M985)
 

¥72,869(税抜)→¥58,000(税抜)
 
VeloCity Aeileron 650B に今は無きクイックリリース仕様のSHIMANO XTRハブをDT SWISSのスポーク&ニップルで組み上げたこちらのホイール。
ツーリングバイクはもちろん、今お乗りのディスククロスや、エンデュランスディスクロードを今旬ロードプラス化するのにも最適なホイールです!! サーリーのストラグラーにこのホイールとオマージュタイヤが完璧な組み合わせですね!
 
VeloCity Dyad ✖️ VeloCity ATB Disc SS
 
¥56,929(税抜)→¥48,000(税抜)
 
シクロクロスバイク、ツーリングバイクに定番のVeloCity Dyadと、こちらも今話題のVeloCity ATB Disc SSハブを組み合わせたシングルスピーダーに最適なこのホイール!
丈夫さと汎用性の高いリムで25C~38Cまでのタイヤが履けます! とにかく丈夫なリムとハブですので、週末のレースからグラベルライドにもガンガン使っていただけます!! オールシティのネイチャーボーイディスクにおすすめな一本。
 
DT SWISS R585 ✖️ DT SWISS TRACK HUB
 
¥64,700(税抜)→¥55,000(税抜)
 
実はあるんです。 DT SWISS のトラックハブ。 高性能ベアリングに軽量ボディー、リムも精度に定評のあるDT SWISSのRR585。 フロント20ホール、リア24ホールの男前セッティング。 スポーク&ニップルももちろんDT SWISSでしっかりと組み上げてあります。 ストリートからバンクの決戦ホイールとしても使えるホイールです。
 
CHRIS KING R45 ROAD ✖️ NOTUBES ALPHA340
 
¥132,520(税抜)→¥115,000(税抜き)
 
そして最後は憧れのCHRIS KING R45 ROAD HUB と NOTUBES ALPHA340の組み合わせのスペシャルホイール!
フロント20ホール、リア24ホール、スポーク、ニップルはDT SWISSと文句の付けどころが無いこのホイール。
「いつかはキング」を今、手にするチャンスです!!
 
その他にも、常時多数のスペシャルホイールをご用意しております!!
是非、この機会にお見逃しなく!!
 

新春目玉ホイールはこちら

 

TeamDreamBicyclingTeam

 
ロサンゼルスに拠点を置くTeam Dream Bicycling Team/チームドリームバイシクリングチーム

New Director of Merchandising…And Being Super Awesome!

The Cub House (Pop Up Shop)さん(@itsnotabikeshop)が投稿した写真 –


 
そのチームドリームを動かしているSean Talkingtonは大のネコ好きで、実際にチームドリームのトレードマークになっているのも北米に生息するボブキャットがモチーフ。 その愛らしいデザインや、独特のポップなカラー使いで、ロサンゼルスだけでなく、世界中の多くのファンを魅了しています。
 
ロサンゼルスの名店Golden Saddle CycleryのKyleと古くから親交がある彼は、ショップオリジナルのキャップを作ったりしていくなかで、ローカルから少しずつ広がっていき、多くの感度の高いサイクリストに知られるようになっていきました。 そんなチームドリームの新しいアイテムがロサンゼルスからどっさり入荷です!
 
TeamDream ChrisKing 40th 

TeamDream ChrisKing 40th【Team Dream Bicycling Team】 Team Dream x Chris King 40th Collab Jersey ¥22,000(税抜)
 
TeamDream ChrisKing 40th【Team Dream Bicycling Team】 Team Dream x Chris King 40th Collab Cap ¥3,500(税抜)
 
TeamDream ChrisKing 40th【Team Dream Bicycling Team】 Team Dream x Chris King 40th Collab Socks ¥2,400(税抜)
 
クリスキングの40周年を記念して、チームドリームとクリスキングがタッグを組み誕生したのがこのコラボレーションアイテム。 一部サイズの欠けがありますが、奇跡の入荷を果たしました!
 
鮮やかなカラーのボーダー、実はよく見ると手書きタッチになっているところにチームドリームのユーモアを感じますね。 ジャージはロサンゼルスのENDO CUSTOMS/エンドカスタムによるもので、自然とストレスなく袖を通す事ができる心地良い素材と、ライドパフォーマンスを存分に発揮できるフィット感が特徴。 チームドリームのその他のジャージもすべてこのエンドカスタムにより製作されています。
 
【Team Dream Bicycling Team】 Chubby Bobcat Dream Supreme Sock ¥2,400(税抜)
 
変わってこちらはお馴染みボブキャットをモチーフとしたシンプルなソックス。 クールマックスをベースとし通気性が高いながらも、とても履き心地の良い絶妙なクッション性を持ちます。 通年通して活躍する場面の多いソックスです。
 
その他にも様々なアイテムが届いています。 既にご好評頂いており数が少ないアイテムもありますが、気になるアイテムがある方はお早めのチェックをおすすめします!
 

 TEAMDREAMのアイテムはこちら 

  

10th Anniv Edition!!

 
自転車部品製造の最先端を常にリードするメーカーであるChrisKing/クリスキング社。 良いものをより長く使い切って行く事を前提に、部品の性能はもちろん、実際に製品が使用される自転車コミュニティーの構築協力や、社会と従業員への環境保護に至るまであらゆる分野で常に意思を持ち、創造を続ける会社です。
 
今年で創業40周年を迎えたクリスキング。 サークルズはまだまだ彼が歩んできた歴史には遠く及びませんが、今ではシムワークスを通してビジネスパートーナーとしてお付き合いさせて頂くまでになりました。 我々サークルズもこの12月をもっておかげさまで10周年を迎える事ができたのですが、この記念すべき10周年に合わせて、スペシャルなものを形にしたいという、我々たっての希望に快く答えてくれた彼ら。 そう。 作りたいという思いがあれば作れるのです。
 
Circles 10th Anniv Edition Chris King

Circles 10th Anniv Edition Chris King Circles 10th Anniv Edition Chris King
Circles 10th Anniv Edition Chris King Circles 10th Anniv Edition Chris King
Circles 10th Anniv Edition Chris King Circles 10th Anniv Edition Chris King

【Chris King】 NoThreadSet Head Set Circles 10thAnniv Edition 1-1/8″ ¥19,800(税抜)
 
 ご購入はこちら 
  
 
お願いしたのは、クリスキングのプロダクトの中でも彼らの意志が最も詰まっているといっても過言ではないノースレッドセットにお馴染みサークルズのOKマークを特別にエッジングして頂いたスペシャルエディション
 
自転車の重要部分であるステアリング部は、サイクリストにとっても生命線といえる箇所。 走行中のガタつきは、ライダーにとってストレスを与えるだけでなく、場合によってはフレームにストレスを与える可能性もあります。 そんな重要な部分を司るヘッドセットに求められる、丈夫さ・精度の高さをクリアしながら、同時にそれを所有したいと強く思わせる美しいパーツであるということも特徴です。
 
このヘッドセットを装着したら何が変わるかと聞かれれば、そこには劇的な変化があるというよりむしろ、とにかく壊れる事なく、ガタつきなどのストレス等も気にする事なく、それを長く使い続けることができるという事実が、何よりこのヘッドセットを装着する事の本質だと私は答えます。 万一、フレームが寿命を迎えてしまったとしても、またこのヘッドセットを次のフレームに移し替える事だってできる、それほどの耐久性を持ち合わせながら、パーツ単体として見ても、非常に美しく洗練された作りのヘッドセット。 ずっと憧れのパーツであったこのヘッドセットが、今こうして私たちサークルズの10周年をお祝いするアイテムとして形になった事はとても感慨深いことです。
 
Circles 10th Anniv Edition Chris King 
カラーは、レッド・ブラック・シルバーの3色展開。 どのカラーも数量限定のスペシャルエディションとなります。 ステムキャップのみでの販売を!というお声も聞こえてきそうですが、セットでの販売となりますので悪しからず。 家宝にしたい気持ちもありますが、やはり使いきってこそクリスキングの哲学を実感する事ができると信じてやまないぼくらは、是非とも孫の代まで使い続けて欲しいと願うばかりでございます!

 

Chris King x Tenspeed Hero

 
Chris King Tenspeed Hero 
クリスキングの創業40周年を記念したアイテムといえば、オリーブクレートカラーを纏ったスペシャル40周年記念モデルがありますが(極めて少ない数ですが、入荷してきております)、今回はそれとは別のスペシャルアイテムが入荷致しました!
 
Chris King Tenspeed Hero 

Chris King x Tenspeed Hero Jersey ¥15,800(税抜)

 
今回、クリスキングが記念すべき40周年のアイテムとしてコラボレートしたのは、シカゴ発のサイクリングアパレルメーカー、テンスピード・ヒーロー。原色を巧みに組み合わせたパターンや、シンプルながらハイセンスなアートワークが光るブランドです。
 
メンズだけでなく、レディースモデルのラインナップが充実しているのも特長の同ブランド。ロカールライダーのサポートにも積極的に力を入れて活動しており、昨年来日したクリスキングのファクトリーライダー、ジョシュ・ケリーもサポートライダーとして活躍しています。
 
Chris King Tenspeed Hero 
Chris King Tenspeed Hero 
テンスピード・ヒーローらしい、原色を巧みに組み合わせた一着は、脇の部分やバックポケットにクリスキングのロゴをあしらい、40周年を祝うのにふさわしいスペシャルなジャージに仕上がっています。シエロユーザーはもちろん、そうでなくてもお勧めできる一着は、メンズのXSサイズからXLに加え、ウィメンズサイズもラインナップしています。
 
Chris King Tenspeed Hero 
店頭、Webshopでご購入の際には、先着でジャージと同じアートワークのボトルを一本差し上げます!(数に限りがありますので先着順とさせて頂く事をご了承下さい。)

キングハブのオーバーホールは1人でできるもん!

とにかく今日も暑かったです。

名古屋は本日最高気温34℃を超えたとか超えてないとか。

サークルズピットも毎年恒例灼熱状態ですが、みんな元気に頑張っております。

さて私JUS、最近生まれて初めてコンデジなる物をゲットいたしまして、ナベタクに色々と聞きながら使い方を勉強しております。

そんな新しいカメラを使って写真を撮ったので、今日はCHRIS KINGハブのオーバーホールの流れを写真多め、文少なめで紹介していきます。

以前にもCHRIS KINGハブのオーバーホールはブログ等でご紹介しておりますが、今回は専用工具が無くても出来るハブのオーバーホールをレクチャーしていきます!

キングハブユーザーの方は是非ご自身でチャレンジしてみて下さい!

13901755_1090451947700593_1949716781_o-2
まずは2.5mmのアーレンキーで「アジャストメントクランプ」のボルトを緩めます。

13901880_1090451914367263_1021490300_o-2
フリー側には5mmのアーレンキーをさして、アジャストメントクランプを反時計回りに回して外していきます。アジャストメントクランプが手で回らない場合は2.5mmのアーレンキーはボルトの横の穴にしっかりと入れて回していきます。写真1番右の「アクスルエンド」もこの時にまとめて抜いてやればOKです。

⚠️2.5mmアーレンキーがしっかり奥まで入っていないと、ボルト横のこの穴が広がってなめてしまうので注意しましょう。

⚠️組み付けの時は2.5mmアーレンキーはささずに手で締め込んで玉当たりを調整して下さい。

あとはそのままズボッとシャフトとフリーを抜いてやります。

13838605_1090451904367264_1403548950_o-2
ここまでは簡単に分解できますが、少し細かいパーツが出てくるので順番通りにならべたり、順番に写真を撮っておけば組み直す時に「アレ!?これどこだっけ?」がなくなりますよ!

13898240_1090451867700601_530646959_o-2
次にいよいよベアリングのお手入れ。外見はすごくキレイに手入れされているホイールですが、中身はやはりジャリジャリです。

まず「スナップリング」と言うベアリングの外側のパーツを取ります。今回のオーバーホールではここが1番難しい所だと思います。精密ドライバーのマイナスや先端の細く尖った工具を使うとグイッと外れます!

⚠️この時あまりグリグリやりすぎるとスナップリングの下にある「シール」と呼ばれる黒いゴムが破れてしまうので気をつけましょう!

13662634_1090451844367270_2015736678_o-2
ちなみに僕はスナップリングを外す時には自作の工具を使っています。それ用の工具が無ければ自分の使いやすいように作ってしまうのも面白いかもしれませんよ。あくまで自己責任ですが。

13901697_1090451774367277_1551080580_o-2
もちろんシェル側のベアリングも同じ仕組みなので同じ手順で外していきましょう!

13898563_1090451797700608_594234571_o-2
さぁ!後はパーツクリーナーなどを使って徹底的に磨いていきましょう!

13646930_1090451751033946_87156385_o-2
磨き終えたらお待ちかね!グリスアップ!!クリスキングハブのベアリングには専用の「Ring Drive Lube」がありますのでこちらを注油。

13839929_1090451724367282_593257176_o-2
後はグリスや潤滑剤などをシャフトなどに塗りながら組み付けていけば完成です!!

万が一部品を壊してしまったとしても安心して下さい、CHRIS KING社製のパーツはしっかりとスモールパーツが用意されています。

もちろんサークルズでもご用意しておりますので、お困りの時はご相談下さいね。

CK 40th Limited Edition & GCRASUKE…

 
週末は大盛況でしたサマーセール。皆様お目当ての品をゲットされたでしょうか?
 
まだまだ30日(木曜日)まで続くサマーセール、期間中は夜22:00まで営業しておりますので、お仕事帰りにも余裕を持ってご来店頂けます。平日という事もあり、週末と比べると少し落ち着いております。ホイール組みのご相談や、バイクのアッセンブルの相談など、是非この機会をお見逃しなく!
 
今日は新しく入ってきたアイテムをご紹介します。
 

【SimWorks By Nitto】Sim Drops CK40 Limited Edition ¥2,500-(税抜)

 

 
今年で創業40周年を迎えたChrisKing/クリスキング。その祝祭に捧ぐべく、シムワークスが用意したのは、シム・ドロップスの CK40th スペシャル・エディションです。 オリーブ・グリーンのアノダイジングにキング氏のサインがレーザーで刻印されています。
 
日東さんにはこの特別仕様のために研磨工程を増やし、より美しい光沢と染色の実現からボルトの仕上げに至るまで余念の無い、まさに「特別」なアイテムを作って頂きました。
 
隅々まで余念の無いバイクアッセンブルを目指す時には、文字通りその先端に至るまで気をつかいたくなるものです。 シムワークスが送る日東製の美しいハンドル群、そのエンド部分に間違いのない輝きと安全をどうぞ。 そして今年はクリスキング社の生誕40周年ということで、クリスキング x 日東 x シムワークスがタッグを組んで、みなさまとその祝福を分かち合えればと、数量限定で生産した特別なシムドロップです。
 
ドロップバー用とフラットバー用のラインアップがございます。
 

【Chris King】Gourmet Century Ride Asuke 2016 Water Bottle ¥1,700-(税抜)
 
先日開催されたグルメセンチュリーライド足助。その開催を記念して作られたウォーターボトルも、少しだけですが販売しております。残念ながら当日ご参加できなかった人。参加したけどもう1つ欲しいっていう方、是非この機会にどうぞ。
 

 
そしてこれらの商品はWebshopにもアップ完了です。
どちらの商品もセール対象となります。まるで火に油を注ぐようですが、数に限りがございますので、皆様お早めに。
 
明日も22時まで営業しております。皆様のお越しをお待ちしております!

ナベタクの相棒 その1

 

Cielo MTB 2016 MODEL

 

シエロのファクトリーレーサーJosh Kelley(ジョシュ・ケリー)。

彼のMTBがSimWorksのブログにUPされているのを見て、

MTBを買うなら絶対にシエロ!と心に決めていました。

 

 

前年度仕様からの変更点

・全モデルで全カラーパターンから選択可能

・シートポスト径が27.2mmから30.9mmへ大径化

・シャドウドロッパーポスト用のケーブル穴がBB上に装備

・142x12mmスルーアスクルのエンドが選択可能

・フレーム同色塗装のENVE製リジットフォークがセットオーダー可能

 

レーサーレッドにゴールドのクリスキングは乗る前からレースに出る自分を奮い立たせてくれます。

 

_MG_6313

 

サイズは華奢な自分でも振り回せるようにに27.5inchのタイヤとなるXSサイズ。

リムは27.5inchで396gと軽量なVelocity BLUNT SS

CHRISKING ISO DISCが極上のアングリービーサウンドを奏でてくれます。

 

 

タイヤは転がり抵抗を意識してWTBのNANOをチョイス。

トレイルに行くときはもっとノブが高く、太いタイヤに変更しますが、王滝のようなハードパックメインではこのタイヤの特性が活きました。

今はチューブド仕様となっていますが、今後はチューブレスでの使用も考えています。

ちなみに、このNANOには700x40cのラインナップもあるので、シクロクロスバイクをアドベンチャーバイクにしたい!という方にオススメです。

 

_MG_6317

 

シクロクロスでもフロントシングルを使う自分にはピッタリだと思い、メインコンポにはShimano 8000系XTを選びました。最近では7000系SLXも11速化されてフロントシングル仕様が登場しましたね。

 

_MG_6319

 

ひとたび山へ出掛ければ、色々とトラブルがついてまわるので、安心して使い切れるグレードをチョイスするのが良いと思うのは、メッセンジャー時代から変わらない僕の考え方です。

 

 

チェーンリングはケイデンス重視でフロントに30Tをチョイス。
11−42Tのワイドレシオのスプロケットのお陰で王滝の坂でも登ることができます。

レースやツーリング、トレイル探検など、幅広く使いたい方には、少しだけバイクの重量は増えてしまいますがフロントダブルをオススメします。

 

 

走り終わった後、自転車を眺めていたらとてもカッコよく見えたので

王滝を走ったままの姿でお店まで持って帰ってきました。

クリスキング氏にぜひこの姿を見てもらいたので、6月1日のPBSまで洗わずに残しておこうと思います。

 

 

 

さあ、次はどこを一緒に走ろうか!

 

-BIKE SPECS-
Frame Cielo By Chris King MTB(size:XS)
Folk ROCK SHOX REBA
HeadSet Chris King Inset7 GOLD
BB Chris King ThredFit 24 BB
Crankset Shimano XT 170mm 30T
Brake Shimano XT F/R 160mm
Brake Lever Shimano XT
RD Shimano XT
CS Shimano XT 11-42T
Rims Velocity BLUNT SS 32H
HUBS Chris King ISO DISC
Spokes DT Swiss Champion Black
Tires WTB NANO 27.5×2.1
Handle Simworks PROTOTYPE
Stem Simworks by Nitto RHONDA 100mm
Seatpost THOMSON ELITE 30.9mm
Saddle WTB High Tail PRO

CHRISKINGの食堂。

自転車という乗り物に出会ってから、自分自身の人生の道筋は大きく変化し、いろんな価値観を知る事ができました。

CHRISKINGという自転車のパーツはもう随分前から目にしていたけど、未熟な僕はそれがどんなものなのかを理解したいと思えるように成長できたのはここ3、4年だと思います。そのパーツの美しさ、機能美、作られている過程、会社の方針、哲学、そこで働く素晴らしいスタッフ、食に対してのこだわり、そしてCHRISKING本人のことなどを知るたびに僕の中に映るCHRISKINGから生み出されていく物事は圧倒的になりました。

その中でも僕の中で本当に素晴らしいなと思えたのはこの会社の「食」へのこだわり。実際、アーリーバーズが自転車屋サークルズの中に併設されているというやり方もCHRISKING社からの影響も大きいと言えます。
今回のアメリカ出張では飲食チームとしてたくさんの食の勉強をするというミッションでした。その中でこのCHRISKING社へ訪問し、実際どのような形をとりスタッフ達への食の提供をしているのかというのは僕たち自身においてもとても興味深く、この目で見ることがとても楽しみでした。

工場見学からスタートし(ここが一番このブログを読むみんなが聞きたいところだとは思いますが、今回は食レポで。)一通りを見させて頂いた後に食堂でランチをさせてもらいました。

CHRISKING社はおよそ150人ほどの社員が働いております。そこで働くスタッフの朝食と昼食を賄ってくれる食堂が会社内に完備されています。もちろん休憩時にも利用できます。どのスタッフでも使用でき、3日前から当日の昼前までに昼食の希望時間を紙にサインすることにより簡単に食事が予約できます。自転車通勤によるポイントも付き、食堂での「食べ物」との交換ができます。金額はとてもリーズナブルで、毎日食べても外で食べるよりずっといいですよね。何より素晴らしいのが料理はすべて専属の一流シェフが腕をふるってくれます。この日、僕らが食べたのは豚のローストにデリが2品とスープのプレート。レストランで食べるのと何ら変わらない味と手間暇がかけられたものだというのは食べてすぐにわかりました。

11時のランチタイムが始まると少しづつスタッフがやってきては食べていきます。2時すぎくらいまでに各スタッフが自分の仕事との都合を上手くつけたところで食べにやってきます。

フリーで飲めるコーヒーには地元ロースターのSTUMPTOWN COFFEEの豆が使用されているところなどはさすがの一言。

食後にはCHRISKING本人がその豆を使い僕たちにカフェラテを入れてくれました。エスプレッソマシンを操るのには慣れていて、手際よくやってくれます。もちろんラテアートもお手の物。本人自身の食への探究心がこのような場所を作るんだなーってしみじみと感じる瞬間でした。

CHRISKINGのパーツはどれをとってもそれは超一流なのは誰もが知っていて、そのモノができるためにはやはりヒトの手が動いていて、そのヒトが健全に働くためには「食」というのはとても大事なことであるという当たり前だけどそのすべての繋がりを理解した上での、このような食堂のシステムは素敵なことだなと現地で体験することにより改めて素晴らしいと思いました。日本の企業でも実際行っているところもあるとは思いますが、アメリカで感じることはまたとても新鮮でした。

そしてそんな「食」へのこだわりは今回NAHBS2016の会場でも発揮していました。CHRISKING 40th aniversallyと題してNAHBS1日目の夜にたくさんの自転車好きを招待し、野外でタコスを振舞ってくれました。そしてなんと僕たちEARLYBIRDSチームもそのパーティーのケータリングのお手伝いをさせて頂くというありがたい機会を設けてもらいました。事前にアナウンスされた告知にも名前がしっかりと記載されており、なかなかプレッシャーでした。w およそ300人以上は集まっていたんじゃないかな。しかもそこに集まる人たちといえば北米自転車業界のキーマンがたくさん。そんな場所でサポートとして働けたことは本当に僕らにとって良い経験になりました。

さらに、クリスデミーノよりネーム入りのコックコートをプレゼントしてもらえたのはもはや事件です。w ちゃんと明朝体の漢字ってとこがまたナイスでした。これは本当にテンションが上がりました。デミーノも乗せ上手です。w 僕も踊っちゃいますよね。。。

ここでのパーティーも無事終え、またデミーノとの信頼関係がより深まることができたと思います。

そう。もはや皆さんの耳には届いてはいると思いますが、今年もやります。

「グルメセンチュリーライド足助2016」

去年瞬く間にチケットは完売し、当日のあの奇跡のような1日。また今年も参加者に最高に楽しんでもらえるように現在急ピッチで準備を進めております。とにかく皆さん6月4日はぜひスケジュールに空け、チケット発売の4月1日にぜひパソコンの前へ。詳細は近日発表です。

CHRISKINGという素晴らしい会社とまた同じ場所で力を合わせ大きなことができることにとても感謝しております。今回のアメリカ出張で得た経験を活かし、僕たちももっと面白い場所を「食」を通じて、この日本で創っていけるように精進していきます。

それでは。

PS :CHRISKINGに関してのことは僕自身が理解した中でもまだまだここに書ききれないほどに沢山の素晴らしいコトが詰まっております。ぜひアリバのカウンター越しにでも良ければお伝えしたいので、ぜひお気軽にお越しくださいね。ここはあえて英語で説明しますわ。笑

EARLYBIRDS ケイタ