The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

Ride & Run

さあ、みなさまいかがお過ごしでしょうかゴールデンウィーク。

皆さんいろいろな予定を立ててらっしゃることでしょう。



さて、私たちの身近なところでは、毎年恒例となってる

「Kyoto Ride」という名古屋 to 京都を一日かけて走り抜け、

京都で一泊し、帰りは京都観光して、ゆっくり新幹線で輪行して

帰ってくるというOne way Rideをします。

今年は総勢16~18人の大所帯でRideする予定です。

くれぐれも事故の無いように京都まで走ってもらいたいです。

途中アクシデントに見舞われるかもしれませんが、

それも「Ride」の醍醐味でありまして、そこから色々な

対処方法を身につけていくんだなとおもいます。



さて、本題です。

ところで皆さんは毎日履いている「靴」とは、

あなたにとってどういう存在なんでしょう?





このブログを見て下さる方の大半は自転車乗りだとおもいますが、

自転車に乗る、乗らないを別として、

「靴」は、私たちの一日の生活の大半を一緒に過ごす

たくましい(だって、踏ん付けられっぱなしだよ)

パートナーだとおもいます。

一日中私たちの足を守ってくれて、快適に毎日過ごせる

アスファルトだらけの現代に必要不可欠な(ちょっと大げさですか?)

存在の「靴」。

そんな「靴」が愛おしく見えてくるのは私だけでしょうか。




Pearl izumi X-Road Fuel (Womens)   ¥11550



チャリ用のクツ(ここではSPDのこと)となると、

まだまだ普段使いのスニーカーのように

ひとりで何足もといかないのが現実です。

それはおそらく例えば、サッカーのスパイクみたいに

特別な場所(グラウンド)で履くものと捉えてるからとおもいます。

チャリ用のクツを「靴」ではなく、「Foot Gear」つまり

道具として考えると、チャリ用のクツも用途に応じて

使い分けると楽しく自転車が乗れるのではないでしょうか。

最近では、自転車に乗っていろいろな場所に出かけたりと

使い方が多種多様になってます。



DZRのようなカジュアルSPDは、

そういった意味で、革新的でしたし、

服を選ばずラフに履けるようになりました。



そして、今回のPearl izumiのFuelですが、

「パールイズミ」は皆さんご存知かとおもいますが、

このクツは、「Pearl izumi U.S.A.」企画の商品です。

皆さんご存知の国内のパールイズミのカタログにある、

ロードシューズ、マウンテンシューズも実は、U.S.企画

だったことはあまり知られてないこととおもいます。

サイクルウエアーも非常にCoolで、Circleでも開店当初から

取り扱いをしています。こちらもぜひご覧ください。



ブログのタイトルにもありますように、

Ride & Run 乗って、走れるそんなFoot Gearです。




もちろんSPD対応です。




シュータン(ベロ)を捲って、




シューレースをinできます。






履いた感想は、まず軽い!はっきり言ってランニングシューズです。

通気性も抜群で、しかも、屈曲できるんです!

ランニングシューズ同様ミッドソールがついて、

踵部には、SKYDEXというクッション搭載で、

走るも歩くもストレスがありません。

ミッドソールがあると、クリートをペダルに装着した際、

ペダリングに影響があるとおもいましたが、

問題ありません。

クリート取り付け部にはナイロン製のプレートが入っており、

ペダリングはダイレクトです。

コンペティション向けのSPD シューズですと、

ペダリングダイレクトがなによりも重要になります。

ですので、OFF Bike時に歩くとどうしても踵が浮いて

歩きづらくなります。




見よ!このフレキシビリティーさを!


SKYDEX inside



DZRのように、カジュアル+SPDは予想できました。

実際にわたしも過去に試みたことがあります。

が、ランシュー+SPDは予想ができませんでした。




大げさでもなく、Ride & Run のコンセプトの

X-Road Fuelは、ひょっとしたら

新たなカテゴリーとして、一石を投じるのではないかと

期待しています。



そして、近い将来。

皆さんのクツ棚に、

何足ものSPDシューズが、NIKE. Adidas のスニーカーと

共に並んでいることでしょう。





==SAL==




Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント