SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

オレゴンより愛を込めて。

 
すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、今私はアメリカオレゴン州ポートランドにいます。
 
 
つい先日もNAHBS2017トリップで行ったばかりではありますが、重大なミッションを果たすべく、再びこの地へ戻ってきたのです。
 
 
シアトルで乗り継いで、ポートランドの空港に着いたのはお昼過ぎ。 先週から雨季が終わり、誰もが口を揃えて最高だと言う時期がやってきたオレゴン、早速柔らかい陽の光がお出迎え。
 
 
空港に降りたって真っ先に向かったのは、手荷物受け取り口からすぐのところにあるバイクアッセンブルエリア。 そう、今回の滞在は約3ヶ月と長い。 ということで、もちろん持ってきましたマイバイク。
 

 
工具や空気入れも完備したバイクスタンドのおかげで、長旅の後にすぐバイクを組み立てて乗ることができるのです。 果てしなく広大な土地をもつこの国では、飛行機が日本でいう電車のような感覚で移動手段として使われ、特にポートランドのようなバイクタウンは、旅先でもライドを楽しむということに対して非常にウェルカムなのです。
 
 
街では、前回訪れたとき以上に多くのサイクリストが通勤や通学と行った日々の生活の中にしっかりと自転車を取り入れています。 この時期にポートランドを訪れるのは初めてですが、正直初日から既に、その過ごしやすい気候の虜になってしまいそう。
 
 
空港から一目散に向かったのは、この場所。 そう、前回の旅の軌跡でも記したように、シムワークスは新しい拠点を手に入れたのです。 そして私の役目はそのバトンをしっかりと受け継ぎ、次へ繋ぐこと。
 
会いたい人も行きたいところもたくさんありますが、3ヶ月しっかりとやってきます。 サークルズとして、シムワークスとして、色んな角度からこちらの様子を伝えて行きますのでどうぞお楽しみにしていてください。
 
 
っていうことで着いた次の日には早速、長旅で鈍った身体を動かすのがタノシムワークス的流儀。 パンプトラック行こうって言ったら、すぐにフルフェイスを被って準備万端待ちきれない蔵よろしく待ちきれない子ちゃんなオスカーの愛娘アディスンを連れて、近所のパンプトラックがある公園へ。
 
 
陽が長く、夜20時近くまで外は明るいので、この時期のポートランドは仕事終わりに気軽にライドに行けてしまう。
 
 
アディスンは父であるオスカーに後ろから追いつかれないように必死。
 
 
今回の襷を繋ぐ(a.k.a シムマラソン)前走者であるマコさんも元気そうで何より。 さぁ、ここから始まる3ヶ月。 終わってしまえばあっという間なのだろうけど、みんなから授かった襷をしっかりと握りしめて走り続けたいと思います。
 
とにもかくにも、みなさま良い週末を!