SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

パタゴニア / ナノエア・フーディで冬を乗り切る。

 
 
週末は野辺山へ行ってきました。
 
2週間前にはOMM JAPANが開催されたばかりのこの地に、今度は日本中のシクロクロッサーが集結。 そう、野辺山シクロクロスという年に一度のお祭りに参加するべく、SimWorks CX Racingの仲間とともに出陣したのです。
 
個人的には去年の野辺山以来、1年ぶりとなるシクロクロスレースの現場。 例年とは違う立場で、チームのみんなのサポートをメインに。 毎年、野辺山の寒さには少し気構えてしまいますが、今回は頼もしい道具を準備していたので全く心配なしでした!
 
 
保温性と伸縮性に加えて優れた通気性を提供するパタゴニアナノエア・フーディ。 パタゴニアが生み出すこの独自のインサレーションは、柔らかい肌触りと伸縮性がフリースのような快適さを与えながらも、しっかりと保温し、また、動いたり止まったりを繰り返す激しい運動の中でも蒸れることなくずっと着続けていられるウェアです。
 
実際、氷点下の冷え込む朝の寒さをしのぐことができ、またレースが始まり日中陽が高くなって、会場を走り回っていると体もかなり温まってきた中で蒸れることもなく、また軽いので羽織っていても全然気にならずに動き回れたのです。
 
 
ジャスミンも移動中はもちろん、ウォームアップやスタート前の招集時にも着ていました。 レース遠征や、旅のお供としてとても心強いアイテムです。
 
 
本来であれば、山で使うことを想定しているウェアですが、僕らとしてはシクロクロスレースのようなシーンにおいても非常に使いやすいと思いますし、日常でも間違いなく活躍するアイテムです。 布団にくるまっているように暖かく、柔らかい生地は実は撥水性も備えているのもポイント。
 
 
暖かいベースレイヤーと、ウールシャツの上に羽織って、シンプルなレイヤードで冬を快適に過ごすための最良のツール。 フーディタイプに加えて、ベストもあり、こちらはアウターとしてだけでなく、中に着込むミッドレイヤーとしても使えるので、ツーリングなどで使いやすい、よりライドフレンドリーなアイテムです。
 
もちろん、ウィメンズモデルもラインナップしておりますので、是非この冬はナノエアで快適に過ごしてみませんか?