SAVEトヨロック
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

暖かさは安心感
Cafe du Cycliste / Alphonsine・Albertine

 
1月、2月、3月とライドには厳しいシーズンがまだまだ続きます。
しかし寒さが厳しいとはいえ冬のライドは空気が澄んでおり、眼に映る景色が四季の中でも一番美しいもの。 またペダルを回し、体が温まれば冷たい空気すら気持ちの良いものとなりとても魅力的なものです。
そんな冬のライド、気温に応じたウェアを持っていると快適なものになるのはもちろんですが、その暖かさを持ち得ているという安心感が温かい布団の中から飛び出しペダルを漕ぎだす原動力になったりもするのです。

私はといえば既に3シーズン目となったお気にりのカフェ ド シクリステのハイディを愛用、まだまだ現役ですがそろそろ新しいものに対する物欲が最高潮に達してしまいそうなこの頃。 今日はそんな私が気になって仕方のない、しかも保温性に優れた2つアイテムをご紹介。
 

【Cafe du Cycliste】 Alphonsine ¥25,000(税抜)

 
アウトドアウェアのフリースジャケットをイメージしたカフェ ド シクリステアルフォンシーヌ。 ついついデニムやクライミングパンツと組み合わせ、カジュアルなスタイルでも出かけれてしまいそうなルックス。 しかしそのタイトなシルエットはサイクルジャージそのもの、ビブタイツとしっくりとくるサイクルジャージ。 カジュアルなルックスでありながらしっかりとしたパフォーマンスを持ち合わせたカフェ ド シクリステらしいアイテム。

使用するフリースは高い保温性を持ち、加えて吸湿性にも優れたもの。 メリノウールがブレンドされた生地を使用することで、多くの汗をかくライドにおいてその機能性が活躍するものです。
 

また密に編まれた生地は伸縮性が高く、タイトなシルエットでありながらストレスの無い快適な着心地。 ダブルジップの使用はライド時にリラックスしたい時や体温調整時に役立ちます。
 

 
厳冬期のライドでは、コゼット ベースレイヤーのような冬用のベースレイヤーとの組み合わせが最適。 防風対策としてマドレーヌ ジャケットを携行するれば幅広いシチュエーションに対応でき、それ以上の暖かさを求める際にはジャケットを厚手のものにしたりベースレーヤーを1枚プラスするば愛知県近郊であればどこへでも安心してライドに出かける事ができるでしょう。
 
このアルフォンシーヌ、実はファーストオーダー分は既に秋口に完売。 今回は昨年末頃に再生産されたものを追加オーダーして入荷したもの。
ちなみに私が着ているものがSサイズ、実際であればXSがジャストサイズですが残念ながら既に完売となってしまっています。 サイズアップして少しカジュアルなスタイルで合わせてみるのもいいかもしれないと考えています。
 
 
 

【Cafe du Cycliste】 Albertine ¥33,500(税抜)

 
逆にこちらはXSサイズが最後の1着となったアルベルティーヌ ジャケット
サイクルジャケットとしては珍しいPrimaLoft®︎のインサレーションを使用した非常に保温性に優れたモデル。 しかしながらライド中の体温調整を可能とするため、ジャケット後部はアルフォンシーヌと同様のメリノウールのブレンドされたフリース生地を使用。 体温が上昇しヒートアップしてきた際も十分な換気と汗の処理が可能なためウェア内を快適に保つ事が可能。 こちらも嬉しいダブルジップの使用となっています。
 

 
厳冬期でもベースレイヤーと2着で十分快適なライドを楽しむことができます。 逆にシチュエーションによっては過度な保温性となってしまう事もあるかも。 体が温まりにくいゆったりとしたペースのサイクリングにもこの保温性は強い味方となるでしょう。

アルフォンシーヌにも同様に設けられるフラップ付きの胸ポケットは細かなものを収納できる利便性はもちろん、ウェアの表情をより豊かなものとしてくれます。
 
 
そしてこの2つのアイテムと合わせてご紹介しおておきたいのがこちら。
 

【Cafe du Cycliste】 Loulou Stripe Neck Warmer ¥5,000(税抜)

 
私が冬のライドに絶対に欠かす事のできないのがネックウォーマー。
首元を隙間なく保護し暖かさを得るためにはとても重要なもの。 太い動脈が通っている重要な部分でありながら皮膚が薄く、外気にさらされやすい首。 その首元を温めると、太い動脈で温められた多くの血液が体内を巡り、内側から効率よく体を温めてくれるのです。
 

 
このロロネックウォーマーはメリノウールがブレンドされているため、ただ暖かいだけでなく多くの汗を吸い、また匂いにも耐性のあるもの。 シルクも加わる事によりキメ細やかな柔らかな肌触りと適度張り感を備え、グっと口元まで覆ったり長時間の使用で生地がクタッと伸びた感じになる事はありません。

適度な薄さとボーダーのカジュアルなルックスはサイクルウェアはもちろん、カジュアルウェアともマッチします。
 
 
 

今期たくさんのカフェ ド シクリステのアイテムが入荷してきておりますが、
その多くのアイテムは以下よりご確認いただけます。
 
 
 
 
また今回私が着用したアイテムはこちらです。

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント