TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【ゴリスパ通信】4月15日号

 
不定期刊行ゴリスパ通信。 おかげさまで店頭・WebShop問わず多くの方々にホイール組みのご相談やご依頼をいただいておりますが、最近組んだホイールをご紹介します。 今日紹介するのは、手組みだからこそできる夢の組み合わせなホイール。 早速チェックしてみましょう!
 
 
この角度でわかった方は鋭い! 存在感のあるハブはシマノ アルフィーネのハブダイナモと内装ハブの組み合わせです。
 

 

そして、リムは26インチの【Velocity / ヴェロシティ】Dually / デュアリー。 いわゆるプラス規格(セミファット)に対応しているリムです。 最近ではプラス規格のバイクが増えたこともあって、特に27.5インチのものがよく動いています。 他にもWTBのScraperなどもありますが、Duallyは 質実剛健なVelocityらしいリムにも関わらずポリッシュカラーの選択肢があるっていうのもポイントです。 そして今回は26インチということで、Surly / サーリーのTroll / トロールに履かせてコミューターとして使いたいということでオーダー頂きました。
 
ダイナモ+内装ハブという組み合わせのホイール。 しかもプラス規格のタイヤを奢るというこで、きっと素敵なバイクが完成するに間違いありませんね。 あいにく遠方からのオーダーだったので、バイクに取り付けた様子が見えないのが残念ですが、今回ハブ自体に重量があるということもあって、DT Swissのチャンピオンスポークに真鍮のニップルをチョイス。 とにかく頑丈に組みました。
 
Velocityリムの多くはチューブレス対応のものもあるので、Velotape Tubeless Kit / ヴェロテープチューブレスキット を用いてチューブレス化するも良し、チューブレスにはしないけど少しでも重量を抑えたいという場合には、リムテープを貼らずにVeloplugs / ヴェロプラグ をつけるという裏技もあります。 ぜひホイール組みと一緒にご検討してみては?
 
 
この度ゴリスパステッカーも完成しまして、オーダー頂いたホイールには組み立てたメカニックのサインも入れさせてもらっています。 もちろん組み手のご指名なんていうのもご希望ドシドシ受付中ですので、ホイールのご用命はサークルズまでお気軽にどうぞ!
 

 

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント